じゃらんnet高速バスサービスご利用規約(高速乗合バス)

  1. 第1条(利用規約)

    1. じゃらんnet高速バスサービスご利用規約(以下「本規約」といいます)は、利用者の皆様(以下「ユーザー」といいます)が、株式会社リクルートホールディングス(以下「当社」といいます)が運営するじゃらんnet高速バスサービス(じゃらんnet高速バスサービスに付随するメール配信サービスや第三者がじゃらんnet高速バスサービスのために提供するサービスを含み、以下「本サービス」といいます)を利用するにあたり、ユーザーと当社との本サービスの利用及び運営等にかかる一切の事項に適用されるものとし、ユーザーは本規約を確認・承諾の上、本サービスを利用するものとします。当社は、ユーザーが本サービスを利用した時点で、ユーザーが本規約の全ての記載内容に同意したものとみなします。
    2. 当社が本サービスの提供に際して提示する、「ご利用案内」等の諸注意は、本規約の一部を構成するものとします。
    3. 当社は、ユーザーの承諾を得ることなく本規約を変更することができるものとします。変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除いて、本サービスを提供する当社のWEBサイト「じゃらんnet高速バス」(以下パソコン版・携帯版・スマートフォン向けアプリ等を総称し「本サイト」といいます)上で表示された時点より効力を生じるものとし、ユーザーが、本規約の変更の効力が生じた後に本サービスをご利用になる場合には、変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。
  2. 第2条(通知)

    1. 当社は、本サイト上で表示することにより、ユーザーに対し随時必要な事項を通知します。
    2. 前項の通知は、当社が当該通知の内容を本サイト上で表示した時点より、効力を生じるものとします。
  3. 第3条(会員登録)

    本サイト上又は当社指定のサイト上で受け付けがなされるリクルートID登録を希望するユーザーは、本規約及び会員規約を承認のうえ登録を申請するものとし、当該申請を当社が承認した方を会員というものとします。ユーザーは、会員登録を行うことにより、当社が本サービス上提供する会員向けサービスを利用することができます。なお、既に会員登録済のユーザーは、新たな会員登録を要しないものとします。

  4. 第4条(本サービスの内容)

    1. 会員は、本サービスを通して、本サイト上に掲載する一般乗合旅客自動車運送事業者(以下「運行者」といいます)が運行するバスの乗車券(以下「本乗車券」といいます)を購入できます。なお、乗車券を購入する際に予め座席の指定をすることはできないものとします。
    2. 本乗車券は、運行者の提供するバスサービス(以下「バスサービス」といいます)の提供を受けることのできる権利を表章する記名債権であり、債務者は当該バスサービスを提供する運行者であるものとし、会員は自己の責任においてバスサービスを利用するものとします。なお、乗車券の内容は、乗車日、乗車時間、路線名、乗車停留所、降車停留所、料金、号車番号、座席番号及び運行バス会社名とします。
    3. バスサービスに関しては、運行者が定める一般乗合旅客自動車運送事業運送約款によるものとし、当社は、バスサービスについて何らの保証も行わないものとします。また、バスサービスに関する問い合わせはユーザーが運行者に対して直接行うものとし、当社はこれに関して一切関与しないものとします。
    4. 本乗車券の購入を希望する会員は、本規約第2条に定める通知及び当社が定める「プライバシーポリシー」を予め確認・承諾の上、本サイト所定の方法で本乗車券の購入申請を行うものとします。なお、未成年の会員は保護者の同意も得たうえで購入申請を行うものとします。
    5. 本乗車券の購入を希望するユーザーは、前項に加え本サイト所定の方法で本乗車券の購入手続を行うものとし、本サイト上に定める方法に従い当該本乗車券の代金全額の支払いを完了した時点をもって、当社との間に当該乗車券にかかる売買契約が成立するものとします。
    6. 前項の場合、当社は、売買契約の成立を証するため、「乗車券メール」を当該会員が予め指定するメールアドレスに配信します。ただし、通信事情や当該メールアドレスの誤記等、何らかの事情により、「予約確認メール」を当該会員が受信することができない等の事態が生じても、売買契約の成立に影響を与えるものではありません。
    7. 本乗車券の購入後における「乗車日時の変更」や「乗車区間の変更」等は、一切できないものとします。
    8. 本乗車券は、本乗車券に記載される乗車日及び乗車時間に利用できます。なお、運行者及び当社には乗車日及び乗車時間を経過した本乗車券を買い戻す義務はありません。
    9. 売買契約成立から本乗車券の乗車日及び乗車時間までの間に、運送サービスを提供する運行者が倒産した場合やそのおそれがある場合等本乗車券の利用が困難であると当社が判断した場合、当該本乗車券を購入した会員は本乗車券の乗車日及び乗車時間までに当社に対して本乗車券の代金の返金を当社所定の方法で請求できるものとし、当社は代金の返金を行います。但し、返金の方法は別途当社の定める方法に従うものとします。
    10. 本乗車券の利用に際して、会員が、運行者に対して運行サービスの提供を受ける日時等について予約を行ったにもかかわらず、会員が予約当日に乗車しなかった場合等の事情により、一度発行された本乗車券が利用できなくなる場合があることを予め了承します。但し、当社又は運行者に故意又は重過失がある場合は除くものとします。
    11. 一度発行された本乗車券が利用できなくなった場合には、前項に定める場合を除き、会員は運行者と直接交渉するものとし、当社は一切の責を負わないものとします。但し、当社に故意又は重過失がある場合は除くものとします。
    12. 本乗車券の売買契約の成立の前後を問わず、本乗車券上明記される運行サービスの内容と実際に運行者が購入者に提供する運行サービスの内容が異なることが発覚した場合、運行者が購入者に対し本乗車券上明記される運行サービスを提供することが困難であると当社が判断した場合、本乗車券を購入者が利用することによって購入者が不利益を被る可能性があると当社が判断した場合、その他本乗車券の売買契約を解除することが妥当であると当社が判断した場合、当社は当社独自の判断で本乗車券の売買契約を解除することができるものとします。なお、当該解除後の本乗車券の代金の返金は当社所定の方法で行うものとします。
  5. 第5条(購入の取消)

    1. 購入者が本乗車券の購入後、取り消しをおこなう場合は、運行者にて別途定めるキャンセル料および当社が別途定める取消手続き代行手数料が必要となるものとします(ただし運行者が、対象となるバスサービスを運休した場合を除く。)。取り消しについては、当社所定の方法で行うものとします。なお、本乗車券の対象となるバスの出発後は、不乗証明書の発行、購入の取消はできないものとします。
    2. 運行者にてバス予約便の取消をされた場合、当該運行者から「不乗証明書」が発行されることがありますので、購入者が購入代金の払戻しを希望する場合は、当該不乗証明書を工房サポートセンターへ送付するものとします。ただし、払戻しの対象となるのは乗車日から2週間以内に工房サポートセンターに不乗証明書が到達した場合に限るものとします。
    3. 本乗車券の購入後の取り消しにともなう購入代金の払戻しは、別途当社の定める方法に従うものとします。
  6. 第6条(閲覧・利用環境)

    本サービスは、コンテンツの表示制御にクッキー及びJavaScriptを使用しております。ユーザーが設定を変更することにより、クッキー及びJavaScriptの機能を停止することも可能ですが、その場合は、本サービスを最適な状態で受けることができなくなりますのでご了承ください。

  7. 第7条(当社の免責)

    1. 当社は、ユーザーが使用する機器、設備又はソフトウェアが本サービスの利用に適さない場合であっても、サービスの変更、改変等を行う義務を負わないものとします。
    2. 当社は、アクセス過多、その他予期せぬ要因に基づく本サービスの表示速度の低下や障害等によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。但し、当社に故意又は重過失がありこれにより損害を生じた場合は、かかる損害について賠償します。
    3. 当社は、ユーザーが本サービスを利用する際に発生する通信費用や設備投資について、一切負担しないものとします。
    4. 当社は、本サービスに関連して送信される電子メール及びWEBコンテンツに、コンピュータウィルス等の有害なものが含まれていないことを保証しないものとします。
    5. 当社が相当の安全策を講じたにもかかわらず、以下の事由により損害が生じた場合、当社はいかなる責任も負わないものとします。
      (1)通信回線やコンピュータ等に障害が生じたことにより、本サービスのシステムの中断・遅滞・中止等によって発生した損害
      (2)本サイトが改竄されたことにより生じた損害
      (3)本サービスに関するデータへの不正アクセスにより生じた損害
    6. 当社は、ユーザーが本サービスを利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
    7. 当社は、本サービスで会員が購入した本乗車券について、その乗車券が使用できる運行者が本乗車券の有効期間中経営を継続していること、本乗車券の有効期間中運行サービスを受けられること、運行サービスが会員の希望を満たすこと、有用であること等その他一切を保証しません。また、当社は、会員が会員の責めに帰すべき事由(購入申請時に送信された情報の誤りを含みます。)により乗車券の受取りが遅延すること、又は当該遅延によって発生する運行サービスへの影響について、なんら責任を負うものではありません。但し、当社に故意又は重過失がある場合は除くものとします。
    8. 第4条第9項及び第12項並びに第5条第3項等に従い、会員が代金の返金や払戻しを請求する場合、当該請求手続を行った日から2ヶ月以内に当社の定める手続きを会員が行わない場合、当該返金や払戻しが受けられなくなることを、会員は予め了承します。
    9. 上記各項記載事項の他、本サービスの利用にあたりユーザーに発生した一切の損害について、当社は原則として責任を負いません。但し、当社が債務不履行、不法行為その他一切の行為によりユーザーに損害を与えた場合は、当社は、ユーザーについて発生した直接かつ通常の損害を本乗車券の対価を上限として賠償します(但し、当社に故意又は重過失がありこれにより損害を生じた場合は、かかる上限を超えて賠償します)。また、当社の責任に帰すべからざる事由から発生した損害、当社の予見の有無にかかわらず、特別の事情から生じた損害、逸失利益については、当社は一切責任を負わないものとします(但し、当社に故意又は重過失がありこれにより損害を生じた場合は、かかる損害について賠償します)。
  8. 第8条(本サービス利用の不許諾)

    当社は、会員に以下各号の事由が認められると判断した場合、本サービスの利用を許諾せず、また会員の退会処置、本サービスの全部又は一部の利用停止、発行済みの本乗車券の取消その他当社が必要と判断する措置(以下「不許諾等」という)を講じることができるものとし、会員はこれに対して理由の開示を求めること及び一切の異議の申し立てをすることができず、またこれにより損害又は不利益を被ったとしても、当社を免責し、賠償請求その他一切の請求を行わないものとします。但し、当社に故意又は重過失がありこれにより損害を生じた場合は、かかる損害について賠償します。
    (1)過去を含め本規約又は法令に違反したとき
    (2)会員ID又はパスワード及び本サービスを不正に使用し又は使用させた場合
    (3)会員登録事項に虚偽の内容又は不足があったとき又はそのおそれがあるとき
    (4)指定アドレスに電子メールアドレスが不通のとき、又は当社からの照会、資料提出等の要請に対して速やかに対処しないとき
    (5)クレジットカードの与信確認に問題が生じたとき
    (6)いわゆる反社会的勢力もしくは反社会的活動を行う団体に所属し、又はこれらと密接な関係を有するとき
    (7)会員に対し、差押、仮差押、仮処分、強制執行、破産等の申し立てがなされた場合、又は、会員が自ら破産、債務整理の申し立てをした場合
    (8)その他、当社が不許諾等を行うのが相当と判断した場合

  9. 第9条(本サービスの停止又は中止)

    1. 当社は、以下各号の事由に起因する場合、本サービスの全部又は一部を停止することができ、かかる停止に起因してユーザー又は第三者に損害が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとします。但し、当社に故意又は重過失がありこれにより損害を生じた場合は、かかる損害について賠償します。
      (1)定期的又は緊急に本サービス提供のためのシステムの保守又は点検を行う場合。
      (2)火災、停電、天災地変等の非常事態により本サービスの運営が不能となった場合。
      (3)戦争、内乱、暴動、騒擾、労働争議等により、本サービスの運営が不能となった場合。
      (4)本サービス提供のためのシステムの不良及び第三者からの不正アクセス、コンピュータウィルスの感染等により本サービスを提供できない場合。
      (5)法令等に基づく措置により本サービスが提供できない場合。
      (6)その他当社が止むを得ないと判断した場合。
    2. 当社は、前項により本サービスの運用を停止する場合、事前に本サイト上でその旨を通知するものとします。但し、緊急の場合は、この限りではありません。
  10. 第10条(本サービスの廃止)

    1. 当社は、自己の都合により本サービスを廃止することができるものとします。但し、当社が発行済の本乗車券の範囲内で、当社は本規約に定める義務を負うものとします。
    2. 当社は、本サービスを廃止する場合には、ユーザーに対し、廃止する日の2週間前までにその旨を本サイト等にて告知するものとします。
    3. 本サービスの廃止に起因してユーザー又は第三者に損害が発生した場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
  11. 第11条(個人情報の取り扱い)

    当社は、別途定める「プライバシーポリシー」に則り、ユーザーの個人情報を取り扱うものとします。なお、当社は、ユーザーからの問い合せ内容をもとに、個人を特定できない形式による統計データを作成し、当該データを利用させていただくことがあります。

  12. 第12条(知的財産権)

    本サイト上を構成する文章、画像、プログラムその他のデータ等についての一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、当社又は当該権利を有する第三者に帰属するものとし、ユーザーは、方法又は形態の如何を問わず、これらを当社に無断で複製、複写、転載、転送、蓄積、販売、出版その他ユーザー個人の私的利用の範囲を超えて使用してはならないものとします。

  13. 第13条(禁止事項)

    ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下の各行為をしてはならないものとします。
    (1)犯罪行為若しくは犯罪行為に結びつく行為又はそのおそれのある行為。
    (2)当社又は第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
    (3)当社又は第三者の財産権、プライバシー権、肖像権その他の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為。
    (4)当社又は第三者を差別又は誹謗中傷する行為。
    (5)本サービスを営利目的で利用する行為。
    (6)システムへの不正アクセス等本サービスの運営を妨げる行為。
    (7)当社又は第三者の信用を損なう行為。
    (8)他人になりすまして情報等を送信する行為。
    (9)法令、公序良俗若しくは本規約に違反する行為又はそのおそれのある行為。
    (10)本サービスとは関係のない団体やサービス、活動にたいしての勧誘行為。
    (11)本乗車券の購入申請を行う際に本サイト上に掲示される乗車券規約や注意事項等に反する行為、又はそのおそれのある行為。
    (12)本乗車券の利用条件や乗車券詳細等に反する行為、又はそのおそれのある行為。
    (13) 1ユーザーが複数の会員登録申請を行う行為、又はそのおそれがある行為。
    (14)その他当社が不適切と判断する行為。

  14. 第14条(反社会的勢力の排除)

    ユーザーは、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に該当しないこと、また暴力的行為、詐術・脅迫行為、業務妨害行為等違法行為を行わないことを、将来にわたっても表明するものとします。かかる表明に違反した場合には、異議なく契約解除を受け入れるものとします。

  15. 第15条(本規約の有効性)

    1. 本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約のその他の規定は有効とします。
    2. 本規約の規定の一部があるユーザーとの関係で無効とされ、又は取り消された場合でも、本規約はその他のユーザーとの関係では有効とします。
  16. 第16条(準拠法及び管轄裁判所)

    1. 本規約の準拠法は、日本法とします。
    2. ユーザーと当社の間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

※本規約は平成25年2月25日から全てのユーザーに適用されます。
平成25年4月1日 改定・適用