宿・ホテル予約TOP > 青森のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

青森のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

青森 ホテル・宿泊施設情報

青森県は、本州最北端に位置している県です。世界遺産である白神山地を有し、様々な自然の名勝地があります。また、農業が盛んな地域であり、農林水産省が2006年に実施した都道府県別食糧自給率の調査では118%をマークしています。また、八戸市に所在する八戸漁港を拠点として漁業も盛んな地域です。主要都市は、県庁所在地である青森市と八戸市と弘前市の3市で、県中央部を縦断する奥羽山脈を境に東西で歴史や文化に差異があります。
青森県には史跡も多くあり、縄文時代のものでは最大級の規模である、三内丸山遺跡をはじめとした数々の遺跡が観光地として知られています。また、白神山地以外にも十和田湖や仏ヶ浦などの名勝地があります。日本を代表する文豪、太宰治の生家を記念館としている「斜陽館」は、資料だけでなく近代和風住宅の貴重な史料であり、観光資源となっています。さらに、毎年夏に行われる青森ねぶたの時期には、多くの観光客が青森に訪れます。そして、これらに付随する形で各地に宿泊施設があり、温泉のあるホテルや、創業80年以上の旅館などを見つけることができます。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 青森県 人気の温泉・露天風呂

    • 十和田湖の温泉

      東北を代表する有名観光地である十和田湖周辺には、歴史のある十和田湖温泉郷に加え、休屋地区にも十和田湖畔温泉がある。秋の紅葉はもちろんのこと、春の新緑、夏の涼感あふれる湖面、時が止まったかのような冬の静けさなど、四季折々の違った景色を見ることができる。遊覧船やレジャーボート、乗馬なども楽しめる。

    • 浅虫温泉

      青森の奥座敷とも呼ばれる「浅虫温泉」。ヨットハーバーや海釣り公園では海水浴・サーフィン・ヨット・釣り等のマリンスポーツが楽しめる。日本森林浴100選にも選ばれた遊歩道が浅虫水族館裏手にあり、バードウォッチング・ハイキング・観湾台からの眺望が素敵で手頃な散策コースも有。湯治や獲れたて海の珍味も堪能。

    • 下北半島の温泉

      本州最北端に位置する下風呂温泉郷、青森ヒバに覆われた山の中にある薬研温泉を始め、下北半島には個性的な温泉が数多く点在している。下風呂温泉郷は、浜辺には珍しいと言われる硫黄泉で源泉によりにごり湯もある。温泉を引く宿はどこも源泉掛け流しで肌触りも柔らかい。また、新鮮な魚介類が食べれることでも人気の温泉。

    青森県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 青森県 人気の観光スポット

    • 奥入瀬渓流

      奥入瀬渓流

      4.5

      十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを加える。新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観をみせる。1928年に天然記念物に指定されている。

    • 吸い込まれそうな青い湖を眺めながら散歩を

      青池

      4.8

      まるでブルーインキのような湖水で有名な池。周りの木々が映り込みホログラムの様でとても神秘的。なぜ青く見えるのかいまだ解明されてないという。十二湖駅で下車し、「蜃気楼ダイヤ」を使って散策を楽しめる。帰りは秋田行きのリゾートしらかみを利用するつもりになれば、さらに深いトレッキングも可能。

    • 地平線まで黄色。満月の時の花畑もきれい

      横浜町 菜の花畑

      4.0

      5月上旬から約1ヵ月間、横浜町の丘陵地帯は菜の花に埋め尽くされる。作付面積は約50ヘクタールで、日本一の規模。下北鉄道の車窓からも一面の春の光景を眺めることができる。5月の第3日曜には、菜の花畑の真ん中でフェスティバルも開催。菜の花の各種特産品は一年中販売している。横浜なまこが有名。

    青森県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 青森県 人気のイベント情報

    • 2013年の様子(花魁とハリウッドスター)

      田舎館村 田んぼアート

      4.0

      2014年06月02日〜2014年10月19日(予定)(開催場所:青森県 青森県田舎館村 村役場東側水田(見学:役場)、道の駅いなかだて(見学:弥生の里展望所))

      6月1日に田植えが行われる田舎館村では、例年7月中旬になると、田んぼのキャンバスに稲で描かれた見事な絵が浮かび上がる「田んぼアート」が見頃となります。会場は田舎館村役場東側水田と、道の駅いなかだての2か所で、10月中旬まで見学できます。お城を模した外観の役場は、土日祝も開放(9:00〜16:30)されます。田植えと稲刈り当日は、役場会場からは見学できません。※道の駅いなかだて/JR奥羽本線「弘前駅」から弘南鉄道「田んぼアート駅」〜徒歩1分

    • 提供:中泊町水産観光課

      津軽伝統 金多豆蔵人形劇

      2014年01月04日〜2014年12月06日(予定)(開催場所:青森県 青森県中泊町 津軽中里駅)

      酒好きで失敗ばかりしている金多と、おっちょこちょいでおしゃべりな豆蔵が津軽弁で掛け合い、ふざけあったり、活躍したりする津軽の伝統人形芝居です。創始者・野呂粕次郎が作った金多と豆蔵は約100年の間、3代の人形劇師により受け継がれ、津軽地方の人々に古くから親しまれています。2009年、中泊町の無形民俗文化財に指定されました。

    • 提供:八戸市まちづくり文化観光部

      館鼻岸壁朝市

      2014年03月16日〜2014年12月28日(予定)(開催場所:青森県 青森県八戸市 館鼻岸壁)

      館鼻岸壁で行われている朝市には、新鮮な魚介類や干物などの海産物をはじめ、季節の野菜や果物など、近隣からの獲れたての食材が集まります。約350ほどの出店があり、雑貨、衣類などさまざまな商品も並びます。あわせて1万〜3万人もの人出で賑わうことから“日本一の朝市”と呼ばれます。毎週日曜開催の4か所の朝市会場を結ぶ循環バス「ワンコインバス・いさば号」も冬季間を除き運行予定です。

    青森県 人気のイベント情報ガイドを見る

青森県は国内でも有数の農業生産地として知られており、リンゴやニンニク、カシスなどの生産にとくに力を入れています。水産業も盛んであることから、それらの食材を用いたメニューを出す飲食店が点在しています。昔ながらの雰囲気を残すお店も見られ、季節ごとに旬の食材があり、それを目当てにした観光客が訪れます。
地元の食材を活かした日本料理の定番だけでなく、じゃっぱ汁やホタテ貝焼き味噌、けの汁などの郷土料理、味噌カレー牛乳ラーメンといった青森発祥のB級グルメなど、幅広いバリエーションを持ったご当地の味が根付いている県です。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル