石川のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 石川のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

石川のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

石川 ホテル・宿泊施設情報

石川県は、本州中央部の北側に位置している県です。2014年時点での人口が約120万人となっています。県庁所在地は金沢市です。複数路線が乗り入れるターミナル駅の金沢駅は特徴的なデザインの東口が特徴です。駅周辺にも観光スポットがあり、現代美術を展示する施設として2004年に開館された金沢21世紀美術館は、地方の美術館としては驚異的な入館者数が注目を集めており、外国からの観光客も多く訪れます。
能登半島を含む石川県内は豪雪地帯であり、古くは冬の畑作が行えない時期に農家が家業として始めた伝統工芸品が数多くあります。特に「輪島塗」は国の重要有形文化遺産に指定されており、現在でも代表的なお土産として知られています。
また、日本三大名園のひとつに数えられる兼六園も金沢市内にあります。この庭園は、金沢城の外郭に造園されたものが起源となっており、1985年には江戸時代を代表する池泉回遊式庭園として国の特別名勝に指定されています。海外でも認知されていることから、21世美術館と合わせて外国人観光客が訪れることも少なくありません。そのため、金沢市内には多くの観光客向けホテルがあります。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 石川県 人気の温泉・露天風呂

    • 和倉温泉

      七尾湾に面した能登最大の温泉地。歴史ある豊富な食塩泉の伝説は、白鷺が傷を癒し、羽を休めた海の出湯が発祥とされている。街の中心には、総湯もあるので立ち寄りOK。能登観光の拠点としての人気が高い。

    • 山中温泉(加賀温泉郷)

      鶴仙渓沿いに広がる自然豊かな温泉地。かの松尾芭蕉が扶桑三名湯と称えた湯は日本屈指の古湯(含石膏芒硝泉)。肌にやさしくまろやかな湯はまさに名泉と言える。名所「こおろぎ橋」や芸術的な「あやとり橋」の鶴仙渓遊歩道がすばらしい。温泉街「ゆげ街道」も温泉情緒たっぷり。

    • 山代温泉(加賀温泉郷)

      昔、高僧・行基が傷口を湧き水で癒す烏を見て、その湧き水が温泉だったことが山代温泉の始まり。それ以来「からすの湯」と呼び親しまれた。1300余年の歴史を持ち、北大路魯山人や与謝野晶子が愛した伝統と文化の香りのする名湯。源泉64度の含石泉・食塩・芒硝泉の3つの泉質をもつ。

    石川県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 石川県 人気の観光スポット

    • 歴代藩主が好んで使った茶室

      妙立寺(忍者寺)

      4.3

      俗称忍者寺。拝観は予約制。

    • 輪島朝市

      3.8

      輪島市朝市組合という組織になっていて、現在300名を超える組合員がいる。その日によって出る店も場所もまちまちだが,だいたい100軒から250軒ぐらいの店が並ぶ。やはり鮮魚を扱う店が一番多く、珍しい魚もある。なかでも舳倉島の名物蒸しアワビやサザエが目を引く。また、民芸品を扱う店も結構目立つ。もちろん輪島塗りから始まって藁細工の小物や手作りのアクセサリーなど、女性向けが多いよう。

    • 兼六園

      4.2

      小立野台地の西北端近くにあり、金沢城跡とは百間堀をへだてて相対している。江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。延宝年間(1673年〜1681年)、五代藩主綱紀の時代に最初の庭が造られ、1822年(文政5年)十二代藩主斉広が竹沢御殿を建てるに際し、拡張整備を行い、さらに1837年(天保8年)、十三代藩主斉泰が竹沢御殿を壊して霞ガ池を造りほぼ現在の形となった。兼六園の名は奥州白河藩主白河楽翁が宋の李格非の“洛陽名園記”にちなみ、宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の6つを兼備する名園であるとして命名した。その名に恥じず、10万平方mを超える園内には池や滝があり、曲水が造られ、日本海方面や医王山方面の眺望もすばらしい。

    石川県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 石川県 人気のイベント情報

    • 那谷寺開創1300年大祭

      5.0

      2017年04月09日〜2017年10月31日(予定)(開催場所:石川県 石川県小松市 那谷寺)

      2017年に、那谷寺が開創1300年を迎えることを記念し、4月から10月にかけてさまざまな行事が開催されます。4月9日は「御柱立柱祭」と33年に一度の法要「御開扉」が、4月9日から10月31日までは「御本尊十一面千手観音菩薩の御開帳」が行われます。4月23日の「開創1300年御開帳法要」では、導師に高野山真言宗管長と、ゲストに松平健氏を招いて稚児行列や餅まきが行われます。4月22日から30日には那谷寺がライトアップされます。4月30日には巫女の舞や雅楽を奉納する「白山開山1300年神式大祭」が執り行われます。大祭期間中、宝物館での秘宝初公開特別展のほか、「なた祭」などが催されます。

    • 金沢マラソン2017

      2017年10月29日〜2017年10月29日(予定)(開催場所:石川県 金沢市 石川県西部緑地公園(ゴール))

      “金沢をまるごと「走る!」”をキャッチフレーズに、広坂通りをスタートし、石川県西部緑地公園陸上競技場をフィニッシュとするマラソン大会です。金沢の魅力を満喫できる7つのゾーンが設定された回遊型のコース(日本陸上競技連盟/AIMS公認コース)設定となっており、制限時間は7時間です。

    • 提供:金沢市

      金箔貼り体験

      2017年01月01日〜2017年12月31日(予定)(開催場所:石川県 金沢市 石川県観光物産館、今井金箔本店ショップ、かなざわカタニ、かなざわ美かざりあさの ほか合計8か所)

      空気が動けば吹き飛ぶような極薄の金箔を工芸品に貼りつける金箔貼り体験が、金沢市内の8か所の施設で体験できます。金沢は、全国シェア9割以上の生産量を誇る金箔の生産地です。金箔は漆器や屏風、仏壇など伝統の工芸品などに加飾されてきました。それぞれ市内の各施設で行われている体験では、自分で貼りつけたオリジナルの装飾が施された工芸品を手にすることができます。

    石川県 人気のイベント情報ガイドを見る

石川県は農業が盛んな地域です。また、北陸地方で雪が積もるため冬には冷え込む日も多く、古くから鍋物や汁ものが親しまれてきました。
山間部では狩猟が伝統的な地域であり、鴨を用いた郷土料理があります。アザミの打ち豆汁や、鴨のじぶすきなどで、山の幸を使ったものが使われることが特徴です。また、冬の飢えをしのぐために考え出された固豆腐や塩漬けアザミや餅を使った料理が伝えられています。
石川県は対馬海流とリマン海流のぶつかる地点であり、良質な漁場として知られています。海の幸では甘エビやブリが特産ですが、他にも新鮮な刺身を味わうことができます。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル