鹿児島のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 鹿児島のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

鹿児島のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

鹿児島 ホテル・宿泊施設情報

鹿児島県は、九州南部に位置する県です。主に鹿児島湾東の大隅半島と西の薩摩半島から構成され、県の中央部には桜島があります。江戸時代に島津氏が統治する薩摩藩として発展しました。幕末には明治維新の原動力となる多くの人材を輩出しています。九州新幹線の開通により、博多駅から1時間20分ほど、新大阪から4時間ほどでアクセスできるようになりました。県の南西部海域には薩南諸島があり、種子島、屋久島など独自の風土を持つ島々があります。
鹿児島県のシンボルは桜島です。その勇壮な景色は鹿児島のイメージを決定づけるインパクトがあります。桜島は活火山のため、各所に温泉地があり、周辺には旅館やホテルがあります。幕末・維新期を象徴する名所も多く、維新ふるさと館や西郷隆盛像などがあります。グルメでは養豚が中心。名産の黒豚を用いた料理が充実しています。水産業も盛んで、うなぎやカツオなどが有名です。また、芋焼酎の産地である薩南諸島の奄美大島はサトウキビ栽培など、南国ならではの農業が発展しています。屋久島は離島ながら標高が高く、屋久杉に代表される独自の自然を擁し、世界遺産にも指定されています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 鹿児島県 人気の温泉・露天風呂

    • 霧島

      複合火山帯の霧島山系には数多くの温泉が湧出し、九州有数の温泉地。 11種類の温泉とそれらを引く約24軒の宿が点在し、泉質はそれぞれ違い、宿や温泉の雰囲気もバラエティ豊かだ。豊かな自然に囲まれ、四季折々の花が咲き、レジャー施設も充実。絶好のドライブスポットになっている。

    • 指宿温泉

      薩摩半島の東南に位置し、海岸沿いのフェニックスやヤシの木が南国ムードをかもし出している。豊富な湯量に恵まれ、市内いたる所から湧き出る源泉は約800在ると言われる。名物の天然砂むし風呂は、海岸の砂浜で砂をかぶるユニークな入浴法。泉質はナトリウム塩化物泉で、神経痛、筋肉痛に効き、エステ効果もあると女性に人気。

    • 宮之城温泉

      昭和7年までは湯田温泉と呼ばれていたが、宮之城温泉に改名。川内川沿いに位置し、情緒たっぷりの旅館が9軒。また温泉地入り口にペット専用温泉もあるのもユニーク。湯量が豊富で、特に胃腸病リュウマチなどに効能があると言われる。

    鹿児島県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 鹿児島県 人気の観光スポット

    • ヘルシーランド露天風呂「たまて箱温泉」

      ヘルシーランド露天風呂「たまて箱温泉」

      4.5

      眼前に東シナ海と雄大な開聞岳を眺望することの出来る絶景露天風呂。晴れた日には遠く屋久島や、竹島、硫黄島も見える。

    • 曽木の滝

      4.2

      川内川上流、巨岩の間を落ちる幅広の雄大な滝。滝上は平坦な岩盤。松・ツツジ・モミジが多く四季を通じよい。

    • 砂むし会館「砂楽」

      4.3

      指宿名物の天然砂むし温泉(砂風呂)の施設。海岸に位置し、潮騒をBGMに砂むし温泉を楽しめる。温泉熱で温められた砂は、かけた途端、じわ〜っと大量の汗が流れ、爽快な気分に。デトックス効果や美肌効果が高いと言われ、特に女性からの人気が高い。運がよければ、波打ち際で楽しむことも出来る。(気候状況による)砂をよく落とした後は、館内でゆっくりと温泉を楽しめる。

    鹿児島県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 鹿児島県 人気のイベント情報

    • ローズチャペルとカラーガーデン

      かのやばら祭り2017春

      2017年04月29日〜2017年06月04日(予定)(開催場所:鹿児島県 鹿児島県鹿屋市 かのやばら園(霧島ヶ丘公園))

      錦江湾と志布志湾を一望する霧島ヶ丘公園内にある「かのやばら園」は、8haの広大な敷地に3万5000株のバラが植栽された日本最大級のばら園です。春バラは、例年4月下旬から咲き始め、ゴールデンウィーク後半から満開を迎え、6月上旬まで見頃を楽しめます。祭りの期間中の土日祝を中心に、親子で楽しめるステージイベントや体験講座などが行われます。ばら焼酎などバラに関するグッズを取り揃えた売店や、「薔薇カレー」、「ばらソフト」など、かのやばら園オリジナルメニューを味わうことができるレストランもあります。

    • 枕崎お魚センター カツオわら焼き体験

      2017年01月01日〜2017年12月31日(予定)(開催場所:鹿児島県 鹿児島県枕崎市 枕崎お魚センター)

      獲れたての新鮮なカツオをわら焼きの強い火力であぶる、伝統的な調理法「かつおのたたき」が枕崎お魚センターで体験できます(※前日までの予約が必要)。燃えやすいわらを用いてカツオを焼くことで、表面のみを瞬時に焼き上げ、肉色を損なうことなく、しかもわらの燃えるときの香りが一層カツオの風味を引き立て、その美味しさを余すところなく味わえます。自ら焼く楽しさと旬の味の両方を堪能できる、カツオ漁の本場、枕崎ならではの体験です。

    • あくね新鮮朝市

      2017年01月08日〜2017年12月10日(予定)(開催場所:鹿児島県 鹿児島県阿久根市 阿久根市水産振興センター)

      阿久根港で、毎月第2日曜に朝市が開催されます。地元でとれた新鮮な魚介類や水産加工物、特産品などが販売されます。魚おろしなどの無料体験コーナーもあります。※荒天などにより、鮮魚がない場合もあります。

    鹿児島県 人気のイベント情報ガイドを見る

鹿児島県は、農業が盛んに行われています。特にサツマイモは、全国屈指の生産量を誇っており、そのサツマイモを使った焼酎もまた、鹿児島県の特産品となっています。また養豚業も有名で、鹿児島県の黒豚は全国的に知られています。郷土料理も、農作物を使用したものが多くなっています。「いもんこの田楽」は、里芋を使った田楽です。古くから家庭料理として食されてきました。「かいのこ汁」は、元々お盆のお供え物として作られていた、季節の野菜をたっぷり入れた味噌汁です。その他には、「パパイヤ漬け」という奄美大島の特産品もあります。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル