埼玉のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 埼玉のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

埼玉のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

埼玉 ホテル・宿泊施設情報

埼玉県は、関東地方に属する県で、東京都のベッドタウンとして開発された地域です。また、大宮・浦和地区を中心に都市機能も整備されています。交通機関も発達しており、同県の主要ターミナル駅となっている大宮駅は新幹線、在来線ともに複数路線が乗り入れています。観光施設としては、さいたま市にある鉄道博物館や東玉博物館などの文化施設が複数所在していますが、いずれも駅から近く商業施設が多いエリアにあるため、ショッピングとともに観光もしやすいです。
埼玉県は県庁所在地のさいたま市内を中心に複数のホテルが営業しており、駅からの距離が近い宿泊施設もあります。また、郊外には無形文化遺産に指定され、川越市都市景観条例によって保護されている川越市の街並みや、2400年の歴史を持つとされる古社である氷川神社などの観光スポットがあります。他にも、有馬ダムによりせき止められた水がたまった人造湖である名栗湖のある飯能市は、避暑地として知られており、紅葉が見られる行楽シーズンの際に訪れる観光客も少なくありません。また、周辺には観光客向けの宿泊施設が点在しています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 埼玉県 人気の温泉・露天風呂

    • 秩父温泉

      古くは江戸時代より、湯治客や秩父札所巡りという、埼玉県秩父地方にある34か所の観音霊場を回る巡礼者で賑わいを見せていたこの土地。ここ秩父にはさまざまな温泉がある。秩父郡市には40箇所以上の宿が点在。87%の山々に囲まれた静かな環境で素朴な温泉湯浴みを楽しめる。

    • 小鹿野温泉大竜寺源泉

      関越自動車道花園ICより約45分。秩父の山奥に位置するこの温泉。泉質はメタホウ酸泉・源泉は19.7度。効能は神経痛・腰痛・筋肉痛・創傷・冷え性など。古くは江戸時代は秩父の代表的温泉であったそうだ。秩父地方は養蚕の盛んな地方で、周辺諸藩の交通の要衝であった時代もある。※写真は「両神山」です。

    • 彩の国さくらそう温泉

      さいたま新都心にいながら、スポーツクラブ内クアハウスにて天然温泉(加水・加温・循環濾過)を楽しむことができる。温泉は化石海水系の湯ながら茶色でなく、鮮やかなエメラルドグリーン。塩辛いが、肌はベタベタせずしっとりし、浴後は体の芯からホカホカするのが特徴。クアなので、水着着用が条件。

    埼玉県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 埼玉県 人気の観光スポット

    • 聖神社本殿には大きな和同開珎のモニュメントがある

      聖神社

      4.2

      「銭神様」が祀られている神社。今から1300年前、日本で初めて誕生した流通貨幣が造られた由緒正しき場所なので、「銭神様」と呼ばれている。御本尊の聖神社は入母屋造りの礼拝殿が正面にあり、その奥に一間社流造りの本殿がある。社殿は、江戸中期宝永6年(1709)年から7年頃に大宮郷の工匠大曽根与兵衛によって建立されたものだという。 桃山期の遺風を残した活気と優雅さを思わせる彫刻が施されていて、「聖神社の社殿」として秩父市指定有形文化財になっている。本殿脇の和同開珎のモニュメントやその静かな佇まいが厳粛で厳かな気分にさせてくれる。

    • おがわ温泉花和楽の湯

      4.1

      大浴場を始め露天風呂、寝湯、掛け湯、サウナ、水風呂など多彩なお風呂で、お湯めぐりがお楽しみいただけるほか、サウナタイプの岩盤浴場「瓦黄坊」、お風呂あがりにゆっくりできるフリースペース「一休」と「はなれ雲」、お食事処「楽膳」、ご家族やご友人とくつろげる「家族風呂」など本格的な温泉を満喫していただくためのさまざまな施設やきめ細かなサービスをご用意しています。

    • 文殊寺

      4.0

      丹後の切戸、米沢の亀岡と並び、日本三体文殊師利大菩薩の寺として知られています。「三人寄れば文殊の知恵」のことわざ通り、文殊菩薩は知恵をつかさどる仏さま。遥かな昔から学業成就の願いを求め、関東一円から多くの人々が訪れます。梅の花が咲き誇る2月25日が文殊様の大縁日です。

    埼玉県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 埼玉県 人気のイベント情報

    • 小江戸川越七福神めぐり

      2017年01月01日〜2017年12月01日(予定)(開催場所:埼玉県 埼玉県川越市 小江戸川越七福神(妙善寺、天然寺、喜多院、成田山、蓮馨寺、見立寺、妙昌寺))

      江戸情緒漂う川越の街の七福神を巡ります。全行程は約6kmで、川越駅を出発し、第一番の妙善寺からまわるルートと、川越市駅または本川越駅を出発し、第七番の妙昌寺からまわるルートがあります。開催日の参拝時間内であれば、七ケ寺それぞれの御本尊が拝めたり、オリジナル色紙(有料)に朱印(有料)を押してもらえます。各寺には水琴窟があり、「小江戸川越七つの音風景」として癒しの音も楽しめます(喜多院は1月1日〜7日、正月行事のため水琴窟のところには行けません)。蔵造りの町並みや時の鐘、菓子屋横丁など、川越ならではの風景もあわせて楽しめます。※4か国語(日本語、英語、中国語、韓国語)に対応したスマートフォンサイトあり。

    • 大宮第二公園 梅まつり

      2017年02月18日〜2017年03月12日(予定)(開催場所:埼玉県 さいたま市 大宮第二公園)

      紅梅、紅冬至、白加賀、曙枝垂など、40品種約500本の梅が咲き誇る大宮第二公園で、「梅まつり」が開催されます。期間中の土日曜を中心に、作品展や梅まつりコンサート、全国大陶器市などが催されます。

    • 西武園ゆうえんち 雪の王国

      2016年12月17日〜2017年03月05日(予定)(開催場所:埼玉県 埼玉県所沢市 西武園ゆうえんち)

      冬の西武園ゆうえんちで雪遊びが満喫できる「雪の王国」が開催されます。“雪遊びエリア”では、長さ約20mのそりゲレンデをはじめ、雪玉をつくるスコップやバケツなどの玩具が用意され、そり遊びや雪遊びが楽しめます。今回は、雪遊びエリアに隣接して“遊具エリア”が登場し、子どもに人気の「ストライダー」や「ふわふわ」が体験できます。

    埼玉県 人気のイベント情報ガイドを見る

埼玉県の浦和はうなぎの蒲焼き発祥地として知られており、利根川産のものは味が良いために古くから珍重されました。また、越谷や吉川付近ではなまずが多く獲れたことから、天ぷらや団子にして揚げる調理法が発展しました。秩父地方ではつとっこという伝統食があります。大きな葉にもち米や小豆を包む山間部らしい料理です。
他にも埼玉B級ご当地グルメ王決定戦を契機として、全国的に有名になったメニューも多いです。手打ちの太麺を野菜と煮込んだ秩父の煮ぼうとうや、しょうゆラーメンに豆腐とひき肉の入った餡がかけられた豆腐ラーメンなどが知られています。

埼玉 その他宿情報

埼玉の民宿 埼玉の一人旅


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル