宿・ホテル予約TOP > 島根のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

島根のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

島根 ホテル・宿泊施設情報

島根県は、日本海側にある中国地方の県の一つです。世界遺産に登録されている石見銀山などの観光スポットで知られています。県庁所在地は松江市で、同地には松江城や玉造温泉などがあります。そのため、市内は観光地としての整備が進められており、ホテルや旅館が点在しています。浜田市や益田市など県内の沿岸部は豪雪地帯ではないことから、内陸部と比較すると過ごしやすいエリアだと言えます。
島根県はかつて出雲国・隠岐国・石見国と呼ばれていた三国から成り立っており、日本の神話にある逸話と関わりの深い史跡や場所が数多くある地域です。特に、日本神話の中でも重要な場所である出雲大社は同地の代表的な観光スポットであると言えます。また、出雲大社の近くには、遺跡から発掘された資料が展示されている古代出雲歴史博物館が営業しています。神社の建造物の中では日本で随一の大きさを誇り、三重県の伊勢神宮と同じく一定期間での遷宮を行うことも知られています。出雲大社を中心として周辺に多くの温泉地や観光スポットが点在しているため、出雲市を中心に回るのが島根県の代表的な観光コースとなっています。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 島根県 人気の温泉・露天風呂

    • 玉造温泉

      日本でも最古の歴史を持つ玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした、少彦名命の発見と伝えられるまさに「神湯」。「出雲国風土記」にもその名を記す玉造温泉は、宍道湖南岸から玉湯川を2キロほどさかのぼった山間に湧く。古くから美人の湯、薬湯としてその名が伝わってきた。温泉街は玉湯川の東西に独特の湯の街情緒を醸しだしている。

    • 松江しんじ湖温泉

      地下1250Mから湧き出す温泉は77度と高温なうえ、湯量が豊富。文豪小泉八雲がこよなく愛した宍道湖を眺めながら贅沢な時間が過ごせる。温泉街の西の外れにある湯元には、その恵みに感謝して「お湯かけ地蔵」が祭られており、お地蔵様に湯をかけて手を合わせれば、健康と幸せになれるとか。宍道湖の自然が育んだ「宍道湖七珍料理」が名物だ。

    • 温泉津温泉

      泉源は2つ有り、効能もそれぞれで微妙に異なる珍しい温泉。一つはその昔傷ついたタヌキが傷を癒している所を村人が見つけたという伝説が残る元湯。もう一つは明治5年の浜田地震で湧き出した薬師湯。昔ながらの温泉街の趣が温泉情緒を醸し出し、全国からの湯治客の足が絶える事はない。夏には近くの海岸で海水浴、ダイビングなどが楽しめる。

    島根県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 島根県 人気の観光スポット

    • 足立美術館庭園

      4.5

      近代日本画を中心とした美術館で,自然環境を生かした1万3千坪の純日本風の庭園は,枯山水庭,白砂青松庭,苔庭,池庭など館内至る所から異なった風情を楽しめます。 春はツツジ,夏は新緑,秋は紅葉,冬は雪景色と,四季それぞれの美しい庭園は一見の価値あり。 米国の日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の庭園ランキングで12年連続日本一(2003〜2014)に選ばれ、海外でも高い評価を得ています。

    • 出雲大社

      4.4

      伊勢神宮に並ぶ古社。大國さまとして親しまれる大国主命を奉る。縁結びの神・福の神として親しまれる。1744年に建てられた本殿は、日本で最も古い神社建築の形式である大社造りで、国宝に指定されている。参拝方法が「二拝四拍一拝」と一般の神社と異なる。

    • ラムネ銀泉

      頓原天然炭酸温泉ラムネ銀泉

      3.7

      炭酸泉で通称“ラムネ温泉”と言われています。炭酸泉は今、世界中から注目されヨーロッパでは病気の治療、リハビリなどに利用されています。 明治20年頃、頓原にあった塩ヶ口温泉という湯治場のお湯を、当時のまま引き継いでいます。源泉は無色透明ですが、空気に触れると3週間程度で緑、黄色、オレンジ、琥珀色へと変化していきます。源泉に手を入れると、天然の炭酸がたくさん付着します。

    島根県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 島根県 人気のイベント情報

    • 上村松園「待月」昭和19年(1944) 足立美術館(島根県安来市)所蔵 ※作品画像の転載ならびにコピー禁止

      冬季特別展 教えて巨匠!日本画ってなぁに?

      2016年12月01日〜2017年02月28日(予定)(開催場所:島根県 島根県安来市 足立美術館)

      日本画の基本的な知識を学べる冬季特別展「教えて巨匠!日本画ってなぁに?」が、足立美術館で開催されます。横山大観、竹内栖鳳、上村松園、鏑木清方など、近代日本画壇の巨匠たちの作品29点が展示され、和紙や絹、墨や岩絵具などの材料や、それらの材料の特性を活かして描く独特の技法など、日本画の基礎知識について分かりやすく解説されます。日本画特有の美しい線や余白を使った表現方法などを学びながら、日本画の魅力を堪能できます。

    • ぐるっと松江堀川めぐり 「コタツ船」運航

      2016年11月10日〜2017年04月10日(予定)(開催場所:島根県 松江市 ぐるっと松江堀川めぐり(乗船場所/松江堀川ふれあい広場、カラコロ広場、大手前広場))

      堀川遊覧船の冬の風物詩「コタツ船」が運航します。豆炭コタツで暖を取りながら風情を楽しむことができます。松江堀川ふれあい広場、大手前広場、カラコロ広場の3か所からの発着ルートで、遊覧コースの全長は約3.7km、遊覧時間は約50分間です。屋根があるので雨や雪が降っても乗船できます。コースの中にはさまざまな16の橋があり、なかには屋根を下げないと通ることができない橋などもあります。

    • 寒牡丹まつり

      2016年12月10日〜2017年02月28日(予定)(開催場所:島根県 松江市 由志園)

      牡丹の花が一年中楽しめる由志園で、「寒牡丹まつり」が開催されます。この季節は“寒牡丹”と“春牡丹”の両方を楽しむことができます。

    島根県 人気のイベント情報ガイドを見る

島根県の出雲地方は奥の院詣りの時、門前でそばを食べるのが庶民の楽しみ方となっていました。これが出雲そばの由来となっています。甘皮を挽きこんだ蕎麦粉をほぼそのまま使い、つなぎ粉も最小限にしているという点が特徴です。
また、島根県は漁業が盛んなこともあり、鯖の入り焼きやしば寿司といった魚を使った料理も有名です。その中にスズキの奉書焼というメニューがあります。これは焚火の熱灰で焼き上げたスズキを松江藩主が食べたところ、美味であったことから、明治になるまで庶民が口にできなかったというエピソードがあります。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル