静岡のホテル - 宿泊予約は<じゃらん>
宿・ホテル予約TOP > 静岡のホテル・宿泊施設

こんにちは♪ゲストさん (ログインはこちら)  →新規会員登録へ

静岡のホテル・宿泊施設

宿泊日

年 月 日

日付未定

泊

部屋

大人

名

子供

0名

静岡 ホテル・宿泊施設情報

静岡県は、東海地方に属している県です。代表駅である静岡駅は、平均利用者数が約6万人で、北口から望める中心街には商業施設が立ち並んでいます。県内の主な産業は、お茶やみかん、いちごなどの農産物であり、特に緑茶の生産高は全国で飛びぬけています。水産物も焼津港を中心としてマグロなどが水揚げされていることや、由比港では特産品のシラスや桜エビを漁獲していることで知られます。他にも、様々なメーカの本社や工場が誘致されている地域や、観光地となっている地域など、エリアごとに特色が異なります。
世界文化遺産に登録されている富士山とその裾野に広がる白糸の滝や朝霧高原をはじめとした自然豊かな場所が観光地となっている他、御殿場のアウトレットモールなどのショッピングスポットもあり、富士山周辺には多くの観光客が訪れます。また、熱海や伊豆高原は東京近郊の観光スポットとして古くから親しまれており、夏の長期休暇には温泉地として賑わいます。周辺地域は、ホテルや旅館が充実しており、目的に合わせてホテルを選ぶことができます。

ホテル・宿泊施設からの新着トピックス

  • 静岡県 人気の温泉・露天風呂

    • 熱海温泉

      夏冬の花火大会も有名な全国でも有数の湯量を誇る温泉地。開湯は1200年前と古く、江戸時代には徳川家康が家臣とともに訪れ逗留した記録が残っている。主な温泉成分は塩化物泉。観光名所として日本一早咲きの梅が美しい熱海梅園、断崖に広がる景勝地錦ヶ浦、MOA美術館、お宮の松、初島などがある。

    • 修善寺温泉

      807年に弘法大師が開いたとされる伊豆最古の温泉。弱アルカリ性単純泉は冷え性や筋肉痛、疲労回復に効果があると言われている。温泉街は街のシンボル、修禅寺の門前に開け、歓楽的な雰囲気はない。2000年には外湯も復活し「筥湯」として親しまれている。桂川のせせらぎをBGMに街をそぞろ歩くのも楽しい。

    • 伊豆高原温泉

      温暖な気候に恵まれた環境の伊豆高原は東京からも近く日帰り入浴や1泊温泉旅行にも最適立地。伊豆高原温泉の主な泉質はアルカリ性単純泉で神経痛、関節痛、筋肉痛、婦人科系疾患などがあげられている。お洒落なペンションから家族的な民宿まで様々な宿種がありシーンに合わせ選べる魅力エリア。3月に桜がメイン通りに咲き誇り美術館や博物館、体験モノ施設なども充実。

    静岡県 人気の温泉・露天風呂ガイドを見る

  • 静岡県 人気の観光スポット

    • 夢の吊橋

      4.3

      長さ90m・高さ約8mの吊橋で寸又峡の象徴的存在。大間ダムでせき止められたエメラルドグリーンの湖面を眼下にし、歩く部分には簡単な板を渡しただけで、進むにつれ少し揺れるのでスリル満点である。遊歩道の途中にはこの吊橋を見下ろす地点があり、絶好のカメラアングルとなっている。 旅行口コミサイトで、『死ぬまでに渡りたい世界の徒歩吊橋』第10位に選ばれました。

    • 富士サファリパーク

      富士サファリパーク

      4.3

      1980年に開演された、静岡県裾野市にある日本最大級のサファリ「富士サファリパーク」。 園内では、ジャングルバス(専用バス)に乗りながらライオンやチーター、ヒョウ、ゾウといった動物たちを間近で観察することが可能。 また、ライオンの子供との写真撮影や、アメリカンミニチュアホースのパレードなど様々なイベントが行われ、 猫や犬、ウサギと実際に触れ合えたり、餌をあげられる広場は子供達にも大人気。 日本最大の広大な面積を有する富士サファリパークは「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」とに分かれており、 それぞれに生息している動物が異なるのも魅力のひとつです。

    • 城ヶ崎つり橋(門脇灯台)

      4.0

      城ヶ崎ピクニカルコースにある高さ23m・長さ48mの海のつり橋です。ぼら納屋・海洋公園間の全長31kmのピクニカルコース(ハイキングコース)の、中間点に位置し、門脇灯台は展望台も兼ねている。

    静岡県 人気の観光スポットガイドを見る

  • 静岡県 人気のイベント情報

    • ※画像はイメージ

      おんな城主 直虎 大河ドラマ館

      4.0

      2017年01月15日〜2018年01月14日(予定)(開催場所:静岡県 静岡県浜松市 浜松市みをつくし文化センターホール)

      平成29年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映にあわせて、2017年1月15日に主人公“井伊直虎”ゆかりの地である浜松に大河ドラマ館がオープンしました。大河ドラマの舞台となる井伊谷や井伊家の居館内をイメージしたセットをはじめ、出演者の衣装や小道具などが展示されるほか、ロケのメイキング動画などを鑑賞できるパノラマシアターもあります。浜松でのロケ地や直虎ゆかりの地を紹介するコーナーのほか、VRヘッドセットを装着するとスタジオセットなどの空間に入り込むことができる3D体験も楽しめます。

    • 浜松市地域遺産センター開館記念特別展「戦国の井伊谷」

      2017年01月15日〜2018年01月14日(予定)(開催場所:静岡県 浜松市 浜松市地域遺産センター)

      NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放送にあわせて、戦国時代の井伊氏や井伊谷の歴史や文化を紹介する特別展が、浜松市地域遺産センターで開催されます。2階展示室では、井伊直虎の生涯や井伊谷周辺の戦国時代の様子をプロジェクションマッピングとジオラマで物語風に紹介する「井伊谷戦国絵巻」や、城跡の推定復元ジオラマと360度動かせる3D画像により井伊谷城を俯瞰できるコーナー、井伊直親ゆかりの笛を再現した「青葉の笛」、北神宮寺遺跡を中心に井伊谷の中世遺跡の出土品などが展示されます。1階エントランスには、巨大な笛の立体顔出しフォトコーナーがあり、記念撮影も楽しめます。

    • (c)伊豆ぐらんぱる公園

      伊豆ぐらんぱる公園 グランイルミ(GRAND ILLUMINATION)〜2ndシーズン〜

      4.6

      2016年11月11日〜2017年08月31日(予定)(開催場所:静岡県 静岡県伊東市 伊豆ぐらんぱる公園)

      東京ドーム約2個分(8万平方m)の広さを誇る伊豆ぐらんぱる公園で、「グランイルミ(GRAND ILLUMINATION)」が開催されます。400万球が高密度に敷き詰められ、キラキラした美しいイルミネーションの世界が広がります。イルミネーションを見ながらワイヤーロープを滑りおりる「ジップライン〜Julie〜」をはじめ、イルミネーションのトンネルを通り抜ける「ナイトレインボー」、「ナイトバルーン〜バブリィ・ザ・ナイト〜」などさまざまなアトラクションを楽しめる体験型イルミネーションが登場します。

    静岡県 人気のイベント情報ガイドを見る

静岡県のグルメとして挙げられるのは、駿河湾から水揚げされる海産物です。サバやアジを新鮮な刺身で食べられます。桜エビは駿河湾でしか獲れない小型のエビです。かき揚げてんぷらにすることが多いのですが、生食も可能です。同様に、ゆでたり干物にしたりすることが主流となっているイワシの稚魚、しらすも生で食べられます。
遠洋漁業の基地として有名な焼津港からは、まぐろやかつおも水揚げされています。かつおの心臓は「へそ」と呼ばれ、ゆでたりフライにしたりして食べます。他にもイワシのすり身を用いた「黒はんぺん」がフライやおでんの具として広く普及しています。


宿・ホテルホテルチェーンビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル