はあちゅう流島宿リラックスのすすめ「ホテルニューアワジ ヴィラ楽園」

〜ホテルニューアワジ「ヴィラ楽園」〜兵庫県・淡路島 はあちゅうさん、初・淡路島へ。

東京での多忙な日々を抜け出して、つかの間の休息を求めて向かったのは、瀬戸内海に浮かぶ“国生みの島”淡路島にあるホテルニューアワジ。今回はその中でも、すべてのお部屋が温泉露天風呂付特別客室という、ハイクラスな寛ぎとおもてなしが人気の「ヴィラ楽園」へ。
普段の旅はホテルでおこもりステイが多いというはあちゅうさんの、羽田から3時間で行ける、“リアル楽園”の滞在レポートです。

この夏、関西国際空港と淡路島の洲本港を約55分で結ぶ高速船が運航開始(近日中)。関東方面からのアクセスがこれまでよりもぐっと便利になります。

この夏、関西国際空港と淡路島の洲本港を約55分で結ぶ高速船が運航開始(近日中)。関東方面からのアクセスがこれまでよりもぐっと便利になります。

ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。著作に「半径5メートルの野望」(講談社)など

day1 羽田から関空へ80分。高速船で洲本港まで55分の旅 全室温泉露天風呂付 和洋スイート14:00 チェックインはお部屋で

今回宿泊したのは2015年12月に誕生した「宙の庭」TypeK。海一望の露天風呂やダイニングスペースもある92.4m2の広々客室。アメニティも充実!

ウッドテラスからは遠くまで続く海と空。島ならではの贅沢です(写真はTypeG)
#オーシャンビュー #和モダンリゾート お部屋では本を読んだりPC作業をしたり。ふと視線を上げると海、っていいですよね。和室にローベッドっていうのも好き。和のテイストを崩さずに機能的で心地良い空間です。ウッドテラスからは遠くまで続く海と空。島ならではの贅沢です(写真はTypeG)

敷地内のグループホテルを含めて利用できる温泉は3つ。まずは淡路夢泉景の「天宮の雫」へ。 さて1泊で巡りきれる!?

ASHIYAバンクンメイ(タイ古式マッサージ)

温泉リゾートでリラックスといえばやっぱりコレ。
指圧とヨガストレッチの組み合わせで
湯上がりに、からだをスッキリ開放!

18:00 客室ダイニングでディナー

ヴィラ楽園宿泊者用の特別ディナーは客室に一品ずつ運ばれてくる。この日は桜鯛のお造りや桜蒸し、伊勢海老の二種揚げに春野菜、と春を感じる島食材がいっぱい。大人数でもゆったりできそうな広々としたダイニングテーブルに着き、島の銘酒「大吟醸千代の縁」で一献…。

#お部屋ディナー便利 #伊勢海老美味 #ちょっとずついろいろ ホテルではおこもり派の私にはぴったり。女の子が好きな、ちょっとずついろいろ楽しめるのもうれしいですよね。お部屋なら気兼ねせずにお料理の写真も撮れますし(笑)。
21:00 湯上がりにテラスでまったり

食後はもちろんお部屋の露天風呂で。湯上がりはウッドテラスで 涼みながら泡時間のお楽しみ。波の音も島のおもてなしです。

#お部屋の露天風呂が温泉 お部屋のお風呂と料理でホテル選びをする私にとって、客室露天が温泉なのはうれしいです!
浴場の湯上がり処には黒豆茶。こんなところにもホテルの方の心遣いを感じました。

化粧水、乳液、メイク落とし、ボディローション、拡大鏡や風力たっぷりのマイナスイオンドライヤー…充実過ぎるアメニティが滞在の快適さをアップ。浴衣やバスローブのほか、おやすみ用のワッフルガウンもうれしいな♪

DAY2 6:00 爽快なお目覚め温泉

島の東側に位置するホテルの浴場からはとっておきの朝陽が。「淡路棚田の湯」にはまろやかな洲本温泉と、敷地内に泉源を持つ赤湯・古茂江温泉がなみなみと注がれる。

#早起き #朝風呂 朝のお風呂は旅先ならではのリラックス。スパ「淡路棚田の湯」で開放感いっぱいに浸るか、お部屋でプライベートモードか、迷っちゃうな…。
8:00 朝陽にきらめく海を眺めてお部屋で朝ごはん
というわけで、今回はお部屋露天にて。朝陽が映る海を見ながらの入浴は最高の贅沢。ここに来られてよかった、としみじみ思えました。

淡路島産の鶏卵はオムレツやスクランブルエッグに、新鮮野菜はタジン蒸し風や具沢山スープ、サラダなど好みの調理法が選べるのがうれしい!

#プライベートモーニング #スープ美味
11:00 のチェックアウトまでホテルさんぽ♪
専用ラウンジ「天上の桟敷」には雑誌やマッサージチェアも

遅めチェックアウトで午前中ものんびり。ヴィラ楽園宿泊者専用ラウンジ「天上の桟敷」で寛いだり、海辺の回廊で結ばれたグループホテルのパブリックスペースをぶらぶらおさんぽ。

ラウンジにあったターシャ・テューダーさんの本。大好きな世界観の本です。滞在中のゆったりした気持ちにぴったり寄り添ってくれました。「渚の荘 花季」のNAGISAテラス。海風が気持ちいい淡路島在住の湊かなえさんの本や、淡路島出身で友人でもある清川あさみさんの本を発見。湊さんのお気に入りのコーヒー屋さんをホテルの方が教えてくれたので、帰りに寄りました。

「島」のイメージが強かったので、想像以上に モダンリゾートな空間でびっくり(笑)。客室の造りや備品の配置、アメニティなど細部への配慮で、滞在中ストレスフリーに過ごせますね。すごく居心地がよかったです。1日中海に囲まれていたのも印象的。次回はぜひ家族を連れてきたいな。

ホテルニューアワジの宿泊プランはこちらから
春のおすすめ 淡路島スポット国生みの地を知る 伊弉諾神宮 いざなぎじんぐう海と花の絶景を楽しめる! あわじ花さじき世界三大潮流のひとつ、春秋の大潮時には最大に 鳴門のうず潮

<PR企画>

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ

じゃらんnet