沖縄県のレンタカー検索・予約

全国のレンタカーを予約できる!

地図から探す

今選択中のエリアで再読み込み

日付・条件から探す

貸出場所
貸出日時
返却場所
返却日時
予算

車両タイプを選択

レンタカー会社から探す

沖縄県のドライブスポット情報

古宇利大橋
古宇利大橋

日本屈指のリゾートアイランド沖縄県。全国民から愛されるこの島は、非日常を体験しに多くの人が訪れます。沖縄にはエメラルドグリーンの海の上をドライブできる橋がいくつもあります。沖縄らしい景色に包まれてドライブを楽しみましょう。 一番のおすすめは宮古島と来間島を結ぶ全長1,690mの「来間大橋」です。パンフレットや雑誌、TV等でよく取り上げられている有名な橋なので、一度はどこかで見たことがあるでしょう。日本にこんな美しい海があったの?と思う程息をのむ美しさを持った色の海の上を走るドライブは、日本最高峰の気持ちよさと言っても過言ではありません。 続いては古宇利島と我地島を結ぶ全長1,960m「古宇利大橋」です。本島から車で行ける離島として人気の場所。こちらも海の美しさは抜群。まるで海の上を走っている感覚が味わえます。 最後は、沖縄本島の健堅と瀬底島を結ぶ全長760mの瀬底大橋です。海面からの高さが25mと意外と高さがある橋なので、車を止めて歩いて渡ってみるのもお勧めです。高い橋から眺めるコバルトブルーの大海原は納得の景色です。 沖縄らしい景色のドライブをするなら、是非海の上を走ってみましょう。ドライブの通過点ではく目的地として十分魅力ある場所がそこにあります。

辺戸岬
辺戸岬

リゾート地としての沖縄も魅力ですが、手つかずの自然を満喫できるやんばるエリアも見逃せません。今回紹介する、太平洋と東シナ海に面しサンゴ質の絶壁からなる沖縄県本島最北端の地「辺戸岬」は、濃紺の海が美しいスポット。絶壁に打ち付ける波しぶきが遊歩道まで飛んで来ることも。北風で波のうねりが強まる秋から冬にかけては、さらに荒々しい光景がみられます。「辺戸岬」へのルートは、那覇空港から車で約120km。沖縄自動車道を経て海沿いを走ること約2時間半。時間をかけてでも訪れたくなるのは、雄大な自然が待っているからかもしれません。やんばるエリアには、ダイバーのみ入れる海底鍾乳洞「辺戸岬ドーム」、パワースポットとして注目を集める琉球神話の杜「大石林山」、足がすくむほどの高さの断崖絶壁「茅打ちバンタ」など、独特の自然地形からなるスポットが点在。シーカヤックやトレッキング、野鳥観察などのアウトドアでは、珍しい動物に出会えるハプニングも期待できそう。夜になれば満点の星空が広がり、まさにパワーチャージできるエリアです。ルート上にある国道58号線の道の駅には、国頭村独特の赤土が原料のくんじゃん焼の器や国頭村産のイノブタ料理など、やんばるならではの特産品やグルメがずらり。眺めて、触れて、遊んで、食べて…。五感を満たし、リフレッシュさせてくれるスポットを訪れてみてはいかがでしょうか。

ニライカナイ橋
ニライカナイ橋

沖縄県南城市に位置し、太平洋が一望できる沖縄屈指の絶景ドライブスポット「ニライカナイ橋」。沖縄地方で神々の楽土を意味する”ニライカナイ”橋は大きなS字カーブの一本橋ですが、カーブの真ん中より本島側を「ニライ橋」、海側を「カナイ橋」と呼ぶふたつの橋で構成されています。那覇市街地より斎場御嶽やガンガラーの谷など南部の観光スポットへの途中にあり、薄暗いトンネルを抜けるとパノラマの青い空と海が現れ、その光景は思わず息を呑むほど。窓を開けて、北・東・南の3方向に広がる海を眺めながら全長1200mのゆるやかなカーブを下るのは、まさにドライブの醍醐味でしょうね。一番のビュースポットはこのトンネルの上にある展望台。橋の途中に駐停車スペースはありませんが、待避スペースに停めるのは可能です。日常を忘れて、ただただ眺めていたい気分になります。橋には海側に歩道があるので、歩いて風を感じるのもいいですね。沖縄らしい青い海も魅力ですが、東の水平線から昇る日の出の時間帯もまた素晴らしい光景が見られます。約2km先にある知念岬公園でも日の出を望むことができ、いずれも初日の出スポットとしても人気。オレンジ色に輝く海に向かって車を走らせて、朝イチは、人気のカフェスポットが点在する南部で”朝カフェ”するのも楽しい時間となりそうですね。

他の都道府県からレンタカーを探す