宿・ホテル予約TOP > 国内ツアー > 北海道ツアー > 利尻島・礼文島ツアー

利尻島・礼文島旅行ツアー

利尻島・礼文島行きツアーの出発地を選ぶ

北海道のオススメ旅行特集

北海道旅行・北海道ツアーにピッタリなおすすめ情報

利尻島・礼文島エリアの観光ガイド

利尻島・礼文島へ旅行するなら周辺の観光・イベント情報も同時にチェック!

日本最北の国立公園「利尻礼文サロベツ国立公園」として1974年に指定された日本海の洋上に浮かぶ利尻島と礼文島(国立公園には他の市町も含まれる)。ありのままの大自然や温かい地元住民とのふれあいを求めて、多くの旅行客が訪れる地です。利尻島は、国内でも有数の魚田を持つ「漁業の町」で、周囲約60キロからなります。その中心には、古くから海上交通の目印としても使われていた標高490メートルの利尻山があり、2つの登山コースから山頂を目指すことができます。この島の名産品として全国的に知られているのが「利尻昆布」。高級料亭などのだし昆布として用いられています。島のもう一つの名産品として全国的に名高いのがウニ。栄養たっぷりの利尻昆布を食べて育ったウニは、味・色・香り、どれをとっても絶品と評されています。一方の礼文島は、面積約82キロ平方メートル、最高峰の礼文岳からなだらかな丘陵が広がっています。映画「北のカナリア」のメインロケ地にもなった島です。西側エリアには、桃岩・地蔵岩・猫岩などの怪岩・奇岩が多数点在。約300種類ともいわれる高山植物が自生する花の島でもあり、レブンウスユキソウやレブンソウなど固有種も数多く自生します。中でも香深地区の桃岩付近一帯は植物が豊富で、北海道の天然記念物に指定されています。礼文島唯一の湖である久種湖は、春になると、水芭蕉が咲き乱れます。この湖には、たくさんの渡り鳥も見られ、遊歩道からバードウォッチングを楽しむこともできます。

利尻島・礼文島のおすすめ観光スポットをpickup

自然に恵まれた北海道の中でも、独特の動植物が生息することで知られる離島部。民宿・ペンションなどではウニ、アワビ、ヒラメをはじめとしたの海の味覚を楽しめるほか、土産には名産の利尻昆布が人気。夏場にはトレッキングやキャンプ、釣りなどのアウトドアゾーンとして多くの人でにぎわう。

北海道エリアおすすめ観光スポット

函館

函館

異国情緒溢れる町並み、世界三大夜景のひとつである夜景。メインストリートである大門通りは飲食店が密集し夜遅くまで賑わう。

小樽

小樽

倉庫を改築したレトロなレストラン、ロマンチックな雰囲気のガス燈、石造りの倉庫群や歴史的建造物が点在していることで有名。

大通り公園

大通り公園

市街地の中心部を東西に貫き、噴水・彫刻・花壇で彩られ、さっぽろ雪まつりやホワイトイルミネーションなど催しの会場でもある。

屈斜路湖

屈斜路湖

コバルトブルーが美しい日本最大のカルデラ湖。北海道の代表的観光地のひとつで湖岸には露天風呂付きのキャンプ場がある。


↑利尻島・礼文島旅行ツアーページ先頭に戻る

エリアを変更する(北海道)

目的地を変更する

利尻島・礼文島ツアーを探すならじゃらんnet