北陸旅行ツアー

北陸行きツアーの出発地を選ぶ

北陸行きツアーのエリアを絞る

北陸のオススメ旅行特集

北陸旅行・北陸ツアーにピッタリなおすすめ情報

北陸エリアの観光ガイド

北陸へ旅行するなら周辺の観光・イベント情報も同時にチェック!

北陸エリア(石川県・富山県・福井県)を代表する旅行スポットは、前田家の城下町として栄えた石川県の金沢。情緒あふれる街並みが今でも残り、ゆったりとした時の流れを感じることができます。日本三名園のひとつに数えられる文化財指定庭園・兼六園はこの地を訪れたら、必ず足を運びたいスポット。広大な敷地に池や築山などを配置した、加賀百万石の文化を今に伝える歴史的な文化遺産です。この他にも見どころは多く、加賀の藩士たちの屋敷跡と石畳が続く長町武家屋敷跡、およそ70もの寺が集中する寺町寺院群、キムスコと呼ばれる繊細な格子の建物が特徴的なひがし茶屋街、藩政期に栄えた大店の繁栄を今に伝える尾張町などがあります。街の中をゆるやかにながれる用水も旅行者に人気で、長町武家屋敷跡周辺の大野庄用水、兼六園の池にも利用されている辰巳用水がその代表格です。富山県では、ケーブルカーの窓から絶景の山岳地帯を眺められる立山黒部アルペンルート、黒部渓谷にあり美肌の湯で知られる宇奈月温泉などが旅行者に人気を集めます。海に面した福井県の若狭は、新鮮な海鮮を食せる場所。冬の味覚の王様といわれる越前がに、日本海の荒海が育んだ若狭ふぐ、幻の魚といわれるクエ、活きづくりが美味しいアオリイカなどに舌鼓を打つことができます。同じ福井県にある東尋坊は、日本随一の奇勝の地として知られています。ビルの8?9階に相当する、水面から25メートルの断崖絶壁から見下ろす景色が絶景です。

兼六園

兼六園

江戸時代の代表的な回遊池泉式庭園で日本三名園の一つ。池や滝、曲水があり、日本海や医王山方面の眺望もすばらしい。

黒部ダム

黒部ダム

昭和38年に完成した日本最大、世界でも最高クラスに入るアーチ式ダム。毎秒10万立方メートル以上の放水は大迫力だ。

ひがし茶屋街

ひがし茶屋街

浅野川大橋近くに広がる茶屋街。江戸時代の雰囲気を残し「街並みの文化財」として重要伝統的建造物群保存地区に指定された。

東尋坊

東尋坊

海に突き出した柱状の断崖が1キロ余も続く奇観で、国の名勝・天然記念物に指定されている。断崖上に遊歩道が通っている。


↑北陸旅行ツアーページ先頭に戻る

目的地を変更する

北陸ツアーを探すならじゃらんnet