こんにちは♪ゲストさん  →ログイン・新規会員登録はこちら

エリア:島根県 > 松江・安来・玉造・奥出雲 > 松江・美保関・玉造

[旅館]宿番号:356560

湯元 玉井館

クチコミを読む

玉造温泉

JR玉造温泉駅から、タクシーで約10分。 MAP

この宿をクリップする

ポイント2% 【一人旅】〜わたしを休む温泉旅行〜(1泊2食付) オンラインカード決済可
食事: 朝・夕 夕/部屋出し チェックイン 16:00〜19:00 チェックアウト 〜10:00 残室・料金を見る
[ 部屋タイプ ]
和室 和室6畳〜8畳(基本客室)
※バスなし
昭和初期に建築された客室ですので、趣があります。

トイレ(ウオシュレット)、洗面所はありますが、バスはついていません。昭和初期建築の木造建築ですので、ご理解ください。古き良き時代の温泉旅館の雰囲気を感じることができます。

畳の大きさは、昔の大きさですので、近代建築の和室より、広く感じられると思います。こうした客室も珍しいのではないでしょうか?

エアコンは、設置してあります。冬場は少し寒いので石油ファンヒーターも置き、毛布も用意いたしますが、寒さが苦手な方は、寝る際に着る、暖かいものをご用意していただけると喜びます。

築100年を迎える木造建築です。現代建築にはない雰囲気を感じる一方、現代建築より少し不便さはありますが、古き良き温泉旅館文化として、味わっていただければ幸いです。
【出雲大社】平成28年3月まで、”平成の大遷宮”期間となります♪
[ プラン内容 ]
忙しい毎日。少し自分に休みをあげてみませんか?

日本の田舎、島根県で、やさしい時を・・・・。

神々の国 出雲。心を癒す旅に出かけてみませんか?


【スタイル】
お部屋から眺める、玉湯川。大きな川ではありませんが、そのせせらぎが、心を癒してくれます。

源泉かけ流しの浴場に入り、湯上り生ビールを飲みながら、夕食までのひとときを、静かに過ごしてみる。日常にはない時間では?

【お食事】
〜夕食〜
お部屋で、当館伝統の旅館会席料理を、おいしい地酒とともに。気兼ねなく、食事できるというのも、ひとり旅のいいところ♪

〜朝食〜
お部屋ではありませんが、当館オリジナルレシピで炊き上げる奥出雲産”仁多米”を、”宍道湖七珍味”のひとつ、宍道湖産しじみの味噌汁と一緒に。

和朝食となっております。

【ご提案】
食後は、少し温泉街を散歩。昔からかわらない街を感じてみてください。

【温泉】
当館は自家源泉を有しており、24時間入浴できる浴場で、やわらかい源泉に体を休めてください。

【お楽しみ!】
”湯上り生ビール”を夕方18時までサービスいたしております。セルフですが、おいしいですよ。

【モットー】
創業以来、ひとり旅のお客様も大切におもてなしさせていただいておりますので、女性の方でも安心してご利用いただけます。

お部屋の一例。”木”のぬくもりがやさしく包んでくれます。
 
旬の食材を活かしておつくりいたします〜会席料理イメージ(夕食)
料金  

人数等

部屋

大人

名

子供

0名

※以下は、1部屋あたり大人1名 での料金を表示しています。

「予約」は下のカレンダーをクリックしてください。

2014年7月 8月 >

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

受付終了
29

受付終了
31
\19,440
\19,440










予約受付は1日前の9時00分まで
カレンダーの見方
料金
上段:人数合計   下段:単価(大人1名)
空室状況
」:残室数余裕あり  「19」:残室数  「×」:満室  「-」:部屋提供なし
アイコン説明
リクルートポイントが通常より多く加算されます。詳細はプラン内容をご確認ください。
チェックインを受け付けておりません。前日までにチェックインし連泊する場合は利用可能です。
支払方法 オンラインカード決済とは
現地決済 / オンラインカード決済
子供料金 お子様連れの方へ
 
料金特記
小学生 受け入れなし
幼児:食事・布団あり 受け入れなし
幼児:食事あり 受け入れなし
幼児:布団あり 受け入れなし
幼児:食事・布団なし 受け入れなし
 
入湯税大人150円別途頂きます。
予約金 予約金について
 
キャンセル規定 キャンセルについて
一人当たりの料金(ルームチャージはルームあたり)
予約金 不要
 
2日前 宿泊料金の30%
1日前 宿泊料金の50%
当日 宿泊料金の100%
無連絡キャンセル 宿泊料金の100%
補足:上記規定以外のキャンセルは、キャンセル料不要。
電話で予約をされたい方はこちら →  じゃらんnetコールセンター
ページの先頭に戻る↑
湯元 玉井館 じゃらんnet