房州びわとは

明治42年から皇室へ毎年献上している初夏の味覚です。栽培の歴史は江戸時代に始まり、約260年が経過しました。栽培開始以来独自の品種改良をし、伝統と共に磨き上げてきました。肉厚たっぷりな大粒の果実で、みずみずしさが特徴です。


※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

千葉の他の人気ご当地グルメ

  • 神戸レタス

    神戸レタスは、千葉県で生産されたブランドのレタスです。房総半島の館山の中でも神戸地区で採れたレタスの...

  • こまち

    こまちでは、シーズンにあわせて各地のおいし地鶏を頂くことができます。冷凍している部位は使わず、新鮮な...

  • ホワイト餃子

    ホワイト餃子は千葉県では知らない人がいないと言われるほど県内では有名で、千葉県野田市に本店を構えるホ...

  • 落花生

    千葉県では、落花生の生産が盛んに行われています。品種も数多くある中で、煎った時の風味の良さがあるもの...

(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ