中播磨じゃらん
6/8

料理旅館 おかべ割烹旅館 志みず沼ぬしま島伊いざなぎじんぐう弉諾神宮 ご主人が15年かけて研究したという「じゃこ鍋」は、様々な魚介を串に刺し、ひとつの鍋に投入したまさに夢の贅沢鍋。すべての具材のエキスが浸み出した出汁は絶品!姫路おでん風に生姜醤油でいただくのも◎。 全室から海を望み、家島の新鮮な魚介類を使った郷土・創作料理が評判。穴子しゃぶ、島鯖のあぶり、ワタリガニのパスタなどご主人自慢の一品を。 淡路島の南方に位置する沼島。この海上にそびえ立つ30mの上立神岩はイザナギ・イザナミの二神が廻った「天の御柱」だという説も。 国生み神話が残る淡路島。島中部にある伊弉諾神宮はイザナギ尊・イザナミ尊の二神を祀り、古事記・日本書紀に記載がある最古の社として伝わる。01.季節により具材は変わる。1人前6980円(2人前~要予約)02.秋はワタリガニも名物。旨みを閉じ込める蒸しで03.身が太ったはもは、はも落としやはもすきで味わいたい蓄養された家島のサバは新鮮ゆえ刺身で。11月は脂が乗って絶品瀬戸内海の島々と青い海の絶景に浮かぶ「コウナイの石」上/採石場でもある西島。穏やかな風景と対比する荒涼とした風景も不思議 左/巨石の下には幾重にもなる台座らしきものが?今回案内してくれた高島さん。コウナイの石や国生みの島の研究を続ける「コウナイの石」に出会うには、海上から山上の石を眺めるクルーズと、島に上陸して片道約30分の坂道を石まで歩いていく2通りの方法がある。上陸後、山上から眺める瀬戸内海のパノラマ絶景もおすすめ。不思議な巨岩と、絶景と。コウナイの石に出会うツアー●家島諸島 姫路港から船でわずか30分ながら、島ならではの文化と空気感が漂う家島。古事記に登場するイザナギ・イザナミの二神による国土創生の始まりがこの地であるという一説もある神秘の島だ。家島からさらに船で15分の西島の頂上には、8mの巨石「コウナイの石」がオーラを纏まとい佇たたずんでいる。巨石を中心に周囲に複数の石が配置された石群になっていたり、石の一部には古代文字らしきものが発見されていたり。不思議な伝説が数多く残る国生みの島へ、いざ。プチ船旅は別世界への不思議な旅のはじまり。いつものんびり島のねこたち港町の夕暮れは和製アマルフィ!?原生林に包まれた神秘的な家島神社0102035

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です