宿・ホテル予約TOP > 秋山兄弟と正岡子規特集 > 正岡子規/秋山兄弟と正岡子規特集

正岡子規/秋山兄弟と正岡子規特集

正岡子規の人生とゆかりの地

正岡子規の人生

1867年松山藩士の息子として生まれる。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。俳句・短歌・新体詩・小説・評論・随筆など多方面に渡り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人である。松山にはじめて野球を紹介したのも子規である。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。享年34。


正岡子規

正岡子規を生んだ愛媛へ行こう!

正岡子規ゆかりの地

正岡子規ゆかりの人物

宿・ホテルビジネスホテル温泉・露天風呂じゃらんパックJR/JAL/ANA)|ツアーレンタカー高速バス夜行バス)|航空券観光ガイド海外ホテル
(C) Recruit Lifestyle Co.,Ltd.
リクルートグループサイトへ