じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ山口県自然豊かな11月の山口に旅行するならここがおすすめ!魅力的な観光スポット20選をご紹介!

自然豊かな11月の山口に旅行するならここがおすすめ!魅力的な観光スポット20選をご紹介!

2016.11.06

海に面する山口県には角島大橋や関門海峡、下関市立しものせき水族館といった海にまつわる観光スポットが目白押し!
他にも青海島や角島灯台など、絶景を拝める写真スポットも多く、紅葉と海のコラボレーションは見逃せない♪

さあ、山口に行こう!みんなで旅行を楽しんで、11月の素敵な思い出作りを!
(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

角島大橋

角島大橋
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35201ae2192018664/photo/

平成12年度に開通した角島大橋は、離島に架かる橋のうち、無料で渡れる一般道路としては、日本屈指の長さ(1780m)です。当地特有のエメラルドグリーンの海をまたぎ、景観と調和した雄姿は、西長門海岸地域随一の景勝地となる実力は十分です。

\口コミ ピックアップ/
ガイドブックに載っているあの景色が見たくて萩から下関へ向かう途中に寄りました。本当にあの景色を目にする事ができて興奮したのを覚えています。あんなに優美な橋は余りないと思います。
(行った時期:2013年11月)

一度行ってみたいと思っていましたが、今回やっと行けました!エメラルドグリーンの海がとてもキレイでした♪橋も長く、車で走ってる間はテンション上がりました!
(行った時期:2011年11月)

角島大橋
住所/山口県下関市豊北町
「角島大橋」の詳細はこちら

角島

角島
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35444ab2050120750/photo/

下関市豊北町の沖に浮かぶ面積約3.93平方kmの玄武岩台地の島です。まるで海の上を滑るようにして橋を渡ると、そこには手付かずの自然が残された北長門海岸国定公園で、心地よい潮風に吹かれながら、悠久の昔から今へと続く、人と自然とが共生する営みを肌で感じられます。ハマオモト(ハマユウ)の分布北限地であり、島の西端には角島灯台(一等灯台)があります。本州と角島をむすぶ角島大橋からは、エメラルドグリーンの美しい海を眺めることができます。

\口コミ ピックアップ/
なんといっても景色が綺麗です。また、お魚も美味しいです!!!こじんまりとした可愛い灯台もあります。のんびりできます。
(行った時期:2015年11月)

日々の忙しさや煩わしさを忘れ、人間らしい優しさを取り戻させてくれる所です。一度行くと何度も行きたくなる不思議な魅力を持つ角島。きっと安らぎいっぱいの暖かい気持ちになれますよ!コバルトブルーの海は絶景です!
(行った時期:2008年11月)

角島
住所/山口県下関市豊北町角島
「角島」の詳細はこちら

唐戸市場

唐戸市場
出典:https://www.jalan.net/gourmet/grm_35201ga3550085356/photo/

ふく汁やふくの握りなど色々選んで食べれるのが楽しい。市場の雰囲気も楽しめる。実際のセリの様子も見学できます。金・土・日・祝日には露店がでます(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/
昼過ぎに行ったのに、新鮮な魚がたくさん売られていて、たくさんの人々でにぎわっていた。タイムサービスかなにかでフクのにぎりが一貫100円で食べれた。非常に美味しく、大満足でした。
(行った時期:2009年11月28日)

前の日が雨風が凄かったので、漁にでれないなら…。って心配しながら朝を迎えましたが、市場の中活気に溢れていて見てるだけでも満足できるし、とにかく美味しい(^o^)行ってみる価値ありですよ!
ウニ丼とか千円前後で安いですし、タイムセールもしたりしてありました。
(行った時期:2009年11月3日)

唐戸市場
住所/山口県下関市唐戸町5-50
「唐戸市場」の詳細はこちら

秋芳洞

秋芳洞
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35462ab2072006097/photo/

秋吉台の山麓にある東洋屈指の大鍾乳洞。洞口の高さ24m、横巾8mに達し、洞内の最も広いところが200m、天井の高いところが40m、最も高いところは80mに達しています。延長は約10kmといわれているが、一般観光ルートは約1kmまで。洞内の気温は四季を通じて17℃のため、快適に探勝できます。

\口コミ ピックアップ/
紅葉にシーズンに行きました。とても綺麗です。秋芳洞の中は、神秘的ですばらしかったです。広くて見て回るのに1時間ほどかかります。
(行った時期:2010年11月24日)

子供の頃きた以来しばらく来ていませんでしたが、来て良かったと思いました。長い年月でここまでなったと考えるとすごいなと思います。百枚皿は光でキラキラしてキレイでした。また、最後洞窟を出たところの景色も最高でした!
(行った時期:2011年11月)

秋芳洞
住所/山口県美祢市秋芳町秋吉
「秋芳洞」の詳細はこちら

秋吉台

秋吉台
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35462ab2022006096/photo/

500~600m級の山脈に囲まれて盆地状の台地を形成しています。台地面の標高180~420m、主として古生代の石灰岩からなり、台地の地下には雨水によって侵食された鍾乳洞が多数散在しています。

\口コミ ピックアップ/
日本最大級のカルスト台地。草原が広がり標高200mぐらいの台地に石灰岩が露出していました。地下には、雨水で浸食された鍾乳洞が多数点在していました。行った日はちょうど天気も良く青空とあわさってとてもキレイでした。ドライブを満喫しました。
(行った時期:2013年11月11日)

日本最大のカルスト台地です。
とっても広く、異国に来たかのような光景が広がっています。
お土産やさんには夏みかんソフトクリームも販売されていてとても美味しかったです。
(行った時期:2014年11月)

秋吉台
住所/山口県美祢市秋芳町 青景
「秋吉台」の詳細はこちら

千畳敷

千畳敷
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35482ab2020120785/photo/

標高333mの高台に広がる草原の地(26,400平方m)で,眼下には日本海に浮かぶ島々、果てしなく広がる海と空の360度一大パノラマが展開し、海をわたる爽やかな風が、波のざわめきを伝えます。まさに「日本海を望む大広間」です。

\口コミ ピックアップ/
ココからの眺めはほんとにきれい まさに自然を感じる
今回は曇っていたが反対側の雲の間から光が差し込みきれいでした
なかなか見れない景色に感動した
(行った時期:2013年11月22日)

何度も行ったところでしたが、今回はここにある「CountryKitchen」での食事が目的でした。お天気が良かったので、景色も食事も楽しめました。
(行った時期:2015年11月)

千畳敷
住所/山口県長門市日置中1138-1
「千畳敷」の詳細はこちら

いろり山賊

いろり山賊
出典:https://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000153343/photo/

どっしりした店構えとのぼりが目印
幟(のぼり)をはためかせた重厚な民芸風の店。ここに来たら『山賊焼』(若鶏ブロイラーの炭火焼588円)と皇牛(すめらぎぎゅう)入り『山賊うどん』、握りこぶしより大きな『山賊むすび』を食べよう。契約農場で育てた自慢の皇牛は絶品。店頭販売の竹の皮に包んだ『山賊弁当』(1155円)も人気。

\口コミ ピックアップ/
玖珂ICから、下りてすぐに案内板があるので分かりやすかったです。
食事だけでなく、館自体や景色も楽しめてオススメです。
こんな風に年齢を問わず、全てを楽しめるところもなかなか無いかも。
今時期は、紅葉がとてもキレイでした♪
(行った時期:2008年11月)

山小屋のような建物で食べることにテンションが上がります。大きな山賊おにぎりには3種の具が入っています。鳥肉を焼いた山賊焼きも香ばしくタレが美味しいです。
(行った時期:2015年11月)

いろり山賊
住所/山口県玖珂郡玖珂町一の迫1380-1
「いろり山賊」の詳細はこちら

瓦そばたかせ

瓦そばたかせ
出典:https://www.jalan.net/gourmet/grm_guide000000135032/photo/

元祖ならではの瓦そばは全てにこだわった本格派。(じゃらん現地スタッフの耳より情報)
アツアツの瓦の上でいただく瓦そばを考案したのは、このお店の初代店主。京都の高級宇治茶を使った茶そばの上に牛肉、錦糸卵、海苔、レモン、もみじおろしがのり、さらに特製のタレで食べるこだわりの一品。他に、うなめしも人気。また食事をした人には別館の露天風呂が100円で利用できるサービスもある。

\口コミ ピックアップ/
お座敷で頂きました。注文したのは、瓦そば・うな茶の定食。瓦そばが好きで家でも作りますが、やっぱり瓦で焼かれた瓦そばは美味しいです!宇治茶の風味の良さと、つゆも辛くなく、かつおが効いていて好きな味です。うな茶はお茶をかけるのでうなぎが少しさっぱりして美味しかったです。何回か食べに行っています!
(行った時期:2014年11月)

昼食が遅かったし、宿にも夕食を頼んでなかったのでどうしようかと思っていたら宿の方に歩いて行ける距離に瓦そばのお店がありますよ!と言われて、すぐ行きました。お店の雰囲気はとてもよく、落ち着いた感じです。瓦そばは二度目ですが、今回の方がはるかに美味しかったです!!一緒に頼んだうなぎ茶飯もサイコーでした。
(行った時期:2011年11月7日)

瓦そばたかせ
住所/山口県豊浦郡豊浦町川棚5437
「瓦そばたかせ」の詳細はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館

下関市立しものせき水族館・海響館
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35201cc3320040593/photo/

総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

\口コミ ピックアップ/
館内は広くて見応え十分でした(゜Д゜)
学習コーナーやペンギンになりきるコーナーなど他の水族館にはないものもあり、楽しむ事ができました。フグのコーナーが充実しており、下関ならではだなぁ~と下関を満喫することができました。また行きたいです★
(行った時期:2010年11月27日)

下関ならではだろう、ふぐの展示も多くてわかりわすく説明などあり楽しかったです。
また、ペンギンコーナーは拡大されてより楽しめるようになっていました!
イルカショーも多彩に芸をしてくれて、見ていてもわっ!と驚く素敵なショーでした。
近隣のホテルに泊まったのですが、宿泊すると入館料の割引チケットをもらうこともできて、お得に楽しめたと思います。
(行った時期:2015年11月)

下関市立しものせき水族館・海響館
住所/山口県下関市あるかぽーと6番1号
「下関市立しものせき水族館・海響館」の詳細はこちら

関門海峡

関門海峡
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35201ab2050130581/photo/

下関市と北九州市門司区の間の幅約700mの海峡です。中世から近世へ、また近世から近代へ、日本の国が大きく変わるときには、いつもこの海峡が舞台となってきました。時代を動かす熱いエネルギー、それは1日に4度も流れを変える急潮がこの地に育てたのかもしれません。いまも日に大小約700隻の船が行き交い、風景を優しく彩る潮騒と汽笛の音は、環境庁選定「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

\口コミ ピックアップ/
どの時間の風景も、どれが一番とは言えないほどの素晴らしさです。そして行き交う数々の船や海峡周辺の建物が、関門海峡そのものの素晴らしさを引き立てています。また狭い箇所に見どころが集中していて、飽きることなく移動に困ることなく堪能できると思います。また行くのを楽しみにしています。
(行った時期:2015年11月)

本州から、九州がみれます。
夜の夜景もとてもきれいです。
サービスエリアから、よく、見れます。
海がキラキラ光るのも、きれいにみえます。
(行った時期:2015年11月)

関門海峡
住所/山口県下関市豊前田町3丁目3
「関門海峡」の詳細はこちら

角島灯台

角島灯台
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35444ae2180021881/photo/

イギリスの技師により建てられたもので、石造り(総御影石)の灯台としては日本でも最も美しいとされています。灯台内部の105段のらせん階段を上ると、360度のパノラマが広がります。

\口コミ ピックアップ/
おしゃれな灯台で、かっこいいな、最近のものかな?
なんて思っていたら、なんと130年の歴史ある灯台でした。
しかも全部御影石で作られているそうです。これにはびっくり!
灯台の横には灯台公園もありますが
この公園も可愛らしくて、灯台も含め絵になる景色です。
(行った時期:2015年11月)

夜はダイヤモンドみたいにきらきら光ってて本当に綺麗!プロポーズされる指輪みたいな感じです!交通量は夜は少ないので夜の角島もいいですよ。
(行った時期:2015年11月)

角島灯台
住所/山口県下関市豊北町大字角島2343-2
「角島灯台」の詳細はこちら

カモンワーフ

カモンワーフ
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35201ga3552006036/photo/

関門自慢の海の幸を中心としたレストランや土産物店が立ち並ぶシーサイドモール。ボードウオークからは関門海峡が一望できます。関門海峡の潮騒と汽笛は、「残したい日本の音風景百選」に選ばれ、一帯は壇之浦の合戦・武蔵と小次郎の巌流島決闘など歴史に彩られた「海峡劇場」とされています。目前に立つ赤と白の灯台は「恋人灯台」と呼ばれ、ロマンチックな伝説を秘めています。

\口コミ ピックアップ/
お土産店も食堂も数多く出店しています。海峡を一望できる座席がある食堂で食べるのがベストです。外がものすごく寒かったので釜飯を食べられる食堂に行きましたが、暖かい屋内で熱いものを食べられる、しかも海峡が見えるのはこれ以上ない幸せでした。
(行った時期:2015年11月27日)

唐戸市場のとなりにあり、お土産屋さんやレストランが数多く建ち並びます。おすすめは下関で取れたふぐを使った料理です。ふぐ天やふぐ刺しなど、取れたてのふぐをおいしくいただくことが出来ます。
(行った時期:2015年11月)

カモンワーフ
住所/山口県下関市唐戸町6-1
「カモンワーフ」の詳細はこちら

火の山公園

火の山公園
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35201ah3330044013/photo/

関門海峡をはさみ、下関と門司を一望できるスポット。桜、つつじの名所でもあります。

\口コミ ピックアップ/
山の上にあるので下関の夜景が見れます。関門大橋も一緒に見えるのでとっても綺麗です。ぜひ、夜にカップルで行ってみてください。
(行った時期:2013年11月)

門司へ行く時は関門橋で渡り、門司から帰ってくる時は関門トンネルを通って戻ってきました。その足でパークウェイを通って頂上まで行き、関門海峡を真下に見ることができました。
(行った時期:2015年11月4日)

火の山公園
住所/山口県下関市みもすそ川町
「火の山公園」の詳細はこちら

萩城城下町

萩城城下町
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35204ad2150017167/photo/

1604年に毛利輝元が萩城を築いて以来、260年間にわたって36万石の城下町として栄えた萩市は日本有数の史跡都市。重厚な武家屋敷、夏みかんがのぞく土塀やなまこ壁、鍵曲など、町並みには今なお城下町の風情が色濃く残っています。

\口コミ ピックアップ/
NHKの坂本竜馬のファンでもあり、やっと念願の萩市を訪れることができました。静かな城下町を散策していると、大都会の騒々しさを忘れるいい心の旅になりました。
みなさんも是非時間を作って、訪ねてみてください。
(行った時期:2010年11月14日)

萩の城下町は、いたるところに白壁があり、
まるで屋外博物館のようになっています。
当時の雰囲気がそのままです。
結構、町中は広いので自転車で巡るのをオススメします。
江戸時代にタイムスリップしたかのような、
風情が味わえると思います。
(行った時期:2014年11月)

萩城城下町
住所/山口県萩市南古萩町付近
「萩城城下町」の詳細はこちら

湯田温泉

湯田温泉
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35203cd2110077622/photo/

山陽路随一の湯量を誇る名湯として知られる温泉。アルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴です。起源は古く室町時代からの歴史を誇る温泉です。傷ついた白狐が温泉に足をひたして、その傷をいやしたと伝えられています。

\口コミ ピックアップ/
全国の温泉地に出かけています。お湯がきれいで、1泊で温泉の効果を実感できるほどでした。又機会があれば、ぜひ出かけたい温泉の一つです。
(行った時期:2009年11月11日)

湯田温泉駅の前の足湯には、机があり、読書をしながらゆっくり浸かることができます。ここを拠点にぐるっと足湯めぐりをしました。温度の高いところ、低いところといろいろでした。タオルは持参してください。
全部まわると、出た後も足だけではなく、体全体がぽかぽかでした。
(行った時期:2014年11月15日)

湯田温泉
住所/山口県山口市湯田温泉
「湯田温泉」の詳細はこちら

秋吉台サファリランド

秋吉台サファリランド
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35461cc3310040133/photo/

動物達を野生に近い状態で見ることができる動物園。かわいい動物たちとのふれあい広場もあります。ジェットコースター、ゴーカートなどのある遊園地も併設しています。

\口コミ ピックアップ/
自家用車やバスなどで猛獣の近くを通ることができ楽しかったです。特にバスからライオンに直接餌をやるのは少し怖い部分もあったが迫力があり面白かったです。
(行った時期:2014年11月)

自分の車に乗ったまま、1回も降りずに入場できます。また園内を説明してくれるラジオみたいな物を別途いりますが、貸してくれます。動物の説明や注意事項など言ってくれるので、私は借りて良かったです。動物が柵の中にいるのではないので、近くで見れ、自分のペースで園内を進めるので良かったです。最後には駐車場に車を停め、動物ともふれあえて、すごく楽しかったです。
(行った時期:2011年11月11日)

秋吉台サファリランド
住所/山口県美祢市美東町赤1212
「秋吉台サファリランド」の詳細はこちら

青海島

青海島
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35211ad2252084525/photo/

北長門海岸国定公園の中心に位置する青海島は周囲約40kmで、別名「海上アルプス」と称され大自然が削り上げた洞門や断崖絶壁、石柱など数多くの奇岩・怪石などが連なる景勝地です。観光遊覧船で島を一周することもできるほか、散策路「自然研究路」も整備されています。また、島内には海水浴場やキャンプ場もあります。

\口コミ ピックアップ/
仙崎駅からてくてく散歩して橋を渡った先にあります。島の高さが意外とあって、橋を登るのが大変でしたが、その分上から見下ろす仙崎の町並みが素晴らしかったです。
(行った時期:2014年11月)

今回、船ではなく遊歩道から歩いてみました
私の感想ではこちらの方がきれいでマジかに見えます
大変良かったです、いつでも見れますし、費用もかからないので
(行った時期:2013年11月24日)

青海島
住所/山口県長門市
「青海島」の詳細はこちら

岩国城

岩国城
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35208af2120008938/photo/

慶長13年(1608年)初代藩主吉川広家が築城。 現在の城は昭和37年に再建されたもので、桃山風南蛮造りの全国でも珍しい山城です。 四階の展望台からは、古い街並みや錦川に架かる錦帯橋、瀬戸内海に浮かぶ島々、遠くは四国の山並みを望むことが出来ます。

\口コミ ピックアップ/
麓の錦帯橋、吉香公園からロープウェイで登頂。ロープウェイは約20分間隔で山頂まで約5分程度で到着
岩国城からの眺めは市街・米軍基地はもちろん瀬戸内海の多島美を一望できて絶景。
(行った時期:2012年11月26日)

錦帯橋を渡りしばらく歩くとあるロープウェイで登った先にあります。
下から見た限り大きい城ではないように見えましたが実際に近くでみてもこじんまりした城でした。
こじんまりとしたお城ですが天守閣から眺める景色が最高です。
錦帯橋はもちろん岩国を一望できとても気持ちいいです。
(行った時期:2015年11月)

岩国城
住所/山口県岩国市横山3丁目
「岩国城」の詳細はこちら

川棚温泉

川棚温泉
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35443cd2110077017/photo/

静かな山里の温泉で、三恵寺の恰雲和尚が薬師如来の霊験により発見したと伝えられています。近くにゴルフ場、妙青寺雪舟庭、下関市烏山民俗資料館、リフレッシュパーク豊浦、川棚のクスの森などがあります。

\口コミ ピックアップ/
気持ちイイイイよぉ!近くには、これまた有名な川棚名物「瓦そば」があります。その名の通り、瓦の上で茶そばを焼きます。絶品なので、まずはこれを食べてから、温泉にゆっくりと浸かって下さい!
(行った時期:2015年11月15日)

川棚温泉
住所/山口県下関市豊浦町川棚
「川棚温泉」の詳細はこちら

松下村塾

松下村塾
出典:https://www.jalan.net/kankou/spt_35204ae2180021981/photo/

松陰神社の境内にある瓦ぶき平家建て8畳・10畳半の2室の家で、吉田松陰が安政3年(1857)から2年半の間、下級武士や庶民の子弟を教育した私塾。高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など、明治維新期に活躍した多くの人材がこの塾から輩出されました。

\口コミ ピックアップ/
ここに、吉田松陰を筆頭に
多くの幕末の志士達が通っていたと思うと、
非常に感慨深い場所です。
意外に建物は小さくて、果たしてどれだけの人が、
この部屋に入れたのか、気になるところではありますが、
それでも、かつての姿が残っているのは凄いと思います。
(行った時期:2014年11月)

今は大河ドラマで脚光を浴び、足を運ぶ人が増えてるかと思います。
思った以上に小さくて、すぐに見て回れます。
ここから、素晴らしい方々が排出されたと思うと、感慨深いものがあります。
(行った時期:2011年11月)

松下村塾
住所/山口県萩市椿東松本市1537
「松下村塾」の詳細はこちら

※この記事は2016年10月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
中国
山口県
この記事に関連するキーワード
家族旅行
観光スポット
デート
女子旅
友達
レジャー
一人旅