close

今年の冬は京都観光!見どころ満載のおすすめスポット20選!

2019.11.13

絶景の宝庫、京都で冬の思い出づくりはいかが?一人旅もよし、デートや家族旅行にもおすすめな観光スポットをまとめました!清水寺や伏見稲荷大社、白銀の世界に包まれるといつもよりも幻想的な世界に変わってSNS映えも!魅力たっぷりな京都を満喫しよう♪

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

鹿苑寺(金閣寺)

鹿苑寺(金閣寺)
出典:じゃらん 観光ガイド 鹿苑寺(金閣寺)

お釈迦様の骨をまつった舎利殿の二層・三層が金箔を貼りめぐらしているところから金閣寺と呼ばれるが、正しくは「鹿苑寺」と言い、臨済宗相國寺派の禅寺。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世にあらわしたと言われる。世界文化遺産に登録されている。椿やアセビ、紅葉が美しい。西園寺公経の山荘を足利義満が別荘北山殿とした北山文化の中心。金閣の初層は寝殿造・二層は武家造・三層は仏殿造。

\口コミ ピックアップ/
前日から、明日は雪化粧の金閣寺が見られるなぁと思ってはいたんですが、行ってみたら金閣寺に入るための人で大行列でした。こんなん初めてでびっくりしました。でも、並んだ甲斐はありました。綺麗な金閣寺を見ることが出来ました。
(行った時期:2019年1月)

雪が降る冬に行くのがおすすめです。雪化粧した金閣寺はとても綺麗です。観光客が増えて混雑するので、ゆっくり観光したいのであればオフシーズンがおすすめです。
(行った時期:2019年2月)

■鹿苑寺(金閣寺)
[住所]京都府京都市北区金閣寺町1
「鹿苑寺(金閣寺)」の詳細はこちら

清水寺

清水寺
出典:じゃらん 観光ガイド 清水寺

西国三十三ヶ所めぐりの第16番札所。「清水の舞台」として知られる舞台造りの本堂は釘を使わず縦横に組まれた柱が見事。舞台の下方に音羽の滝、谷を隔てて安産祈願の子安の塔がある。桜、紅葉の名所でもある。

\口コミ ピックアップ/
どの季節、どの時間に行っても、景色が楽しめます。できれば夜間拝観をやっている時期に行くと、清水の舞台から京都の街並みが輝いて見えて綺麗だと思います。
(行った時期:2019年3月)

一度は行く価値があるところですね。
清水の舞台はとても迫力があります。建築のことは詳しくないですが、すごい造りです。
(行った時期:2018年12月)

■清水寺
[住所]京都府京都市東山区清水一丁目294
「清水寺」の詳細はこちら

銀閣寺(慈照寺)

銀閣寺(慈照寺)
出典:じゃらん 観光ガイド 銀閣寺(慈照寺)

世界遺産に登録されている。足利義政の山荘として造営,没後寺となる。北山文化に対し東山文化の中心となった。銀閣(観音殿)と東求堂は国宝。

\口コミ ピックアップ/
訪れたのは、苔生す頃でした。緑鮮やかな中、たたずむ銀閣寺は心落ち着きます。高台からの眺めも良かったです。
参道はいかにもという感じで観光地ですが、それもまた楽しいです。
(行った時期:2018年12月)

金閣寺とは異なり、お寺は地味ですが、お庭がとても美しいです。
お寺とお庭の調和が、荘厳な雰囲気を醸し出している場所です。
メジャーさは有りませんが、是非お勧めしたいお寺の一つです。
(行った時期:2019年1月)

■銀閣寺(慈照寺)
[住所]京都府京都市左京区銀閣寺町2
「銀閣寺(慈照寺)」の詳細はこちら

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社
出典:じゃらん 観光ガイド 伏見稲荷大社

全国3万社ある稲荷神社の総本宮。重厚な社殿・摂末社が建ち並び、五穀豊穣、商売繁昌の神として庶民信仰を集める。本殿背後より奥社に通じる参道の数多くの朱塗りの鳥居は“千本鳥居”と呼ばれ有名である。

\口コミ ピックアップ/
鳥居が写真の風景そのままで感激しました!しかし混雑しており山頂まではなかなか根性が必要です。軽い登山のような感じ、でも道々で眺められる景色や山頂へ到達したときはやはり気持ちよかったです。
(行った時期:2019年1月)

すべてがSNS映えな神社。お時間があるときは、是非稲荷山を登頂してみてください。京都盆地が見渡せる絶景が広がります。また、奥社限定の狐の顔の絵馬や根付けストラップもおすすめ。運試しにおもかる石も試してみてください。
(行った時期:2019年1月)

■伏見稲荷大社
[住所]京都府京都市伏見区深草藪之内町68
「伏見稲荷大社」の詳細はこちら

南禅寺

南禅寺
出典:じゃらん 観光ガイド 南禅寺

\口コミ ピックアップ/
個人的に日本で一番好きなお寺です。コレといった点ではなく雰囲気等含め琵琶湖の流れ出る水路も美しく、何より空気が素敵でした!
(行った時期:2019年2月)

京都五山の総本山ということもあり、本当に立派なお寺です。個人的にそれにもまして魅了されたのは、敷地内にある巨大な水路です。異国の橋のような巨大なそれはとても圧巻です。
(行った時期:2019年1月)

■南禅寺
[住所]京都府京都市左京区南禅寺福地町
「南禅寺」の詳細はこちら

平等院

平等院
出典:じゃらん 観光ガイド 平等院

平安時代の後期、1052年に宇治関白藤原頼道(よりみち)が、父道長の別荘を寺院に改めたものです。「鳳凰堂(ほうおうどう)」は、その翌年に阿弥陀堂として建てられ、仏師定朝(じょうちょう)の作になる阿弥陀如来坐像が安置されている中堂と、左右の翼廊、背面の尾廊で成り立っています。大屋根には鳳凰が飾られ、内部は絢爛な宝相華文様や極彩色の扉絵で装飾されています。二重の天蓋や雲中供養菩薩像も必見です。
「鳳凰堂」の前には池を配した庭園(史跡・名勝)がありますが、創建当初は宇治川や、対岸の山並みを取り入れて、西方極楽浄土を現したものといわれ、各地の寺院造営に影響を与えました。
1994年に世界遺産に登録されました。

\口コミ ピックアップ/
10円玉で有名な平等院鳳凰堂。実物を見ると非常に素晴らしい建築物です。さすが、世界遺産。先人たちがこのような建築物を造れたということを思うだけでも感動です。
(行った時期:2018年2月)

お正月休み中に行きましたが、
10時前に到着すると隣接駐車場に止められましたし
院内もミューズアムも混雑する事なくゆっくりと回れました。
御朱印授与所も並ばずにいただけました。
(行った時期:2019年1月)

■平等院
[住所]京都府宇治市宇治蓮華116
「平等院」の詳細はこちら

京都駅ビル

京都駅ビル
出典:じゃらん 観光ガイド 京都駅ビル

ファッション、おみやげ・名菓、レストラン、劇場、ホテルなどを取り揃えた地上16階、地下3階の大型駅ビル。ホテル・劇場のある東ゾーン、百貨店・専門店・グルメ等を擁する。その間の中央コンコースはガラスの大屋根で覆われた巨大アトリウムとなっている。

\口コミ ピックアップ/
大階段は迫力があります。屋上からは京都が一望できるので、観光にも良いです。建物も近代的でかっこいいです。スカイウォーク(空中経路)がおすすめです。ラーメン小路のある所から行けます。 ビル自体が面白いと思います。
(行った時期:2018年12月)

時間限定でライトアップがあります。
噴水の色がそれぞれ異なっていて、SNS映え間違いなしです。カップルにおすすめ!
(行った時期:2019年1月)

■京都駅ビル
[住所]京都府京都市下京区東塩小路町
「京都駅ビル」の詳細はこちら

東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)
出典:じゃらん 観光ガイド 東寺(教王護国寺)

平安遷都の時に羅城門の東西に建立された東西官寺の一つ。当時のままの伽藍配置で寺宝も多数所蔵する。五重塔(国宝)は徳川家光が再建、日本一の高さ。

\口コミ ピックアップ/
外から見るだけでも、五重の塔の上層部は見えますが、境内に入って見ると、五重の塔は圧巻です。
清々しい気持ちになります。
(行った時期:2019年1月)

12月初旬に夜間ライトアップを目指して訪れました。平日でのんびり散策出来ると思いきや大変な人で入場するのにも外周道路から並んで入る状況でしたがライトアップで昼間とは違う色彩を感じることができ満足しました。
(行った時期:2018年12月)

■東寺(教王護国寺)
[住所]京都府京都市南区九条町1
「東寺(教王護国寺)」の詳細はこちら

元離宮二条城

元離宮二条城
出典:じゃらん 観光ガイド 元離宮二条城

徳川家康が上洛時の宿舎として築城。家康と秀頼の二条城会見、慶喜の大政奉還の発表が行われた。二の丸御殿は、武家風書院造の代表的な建築で、各部屋の襖絵は狩野派の作品。廊下は鶯張りといわれ、各所に施された欄間彫刻、飾金具などの装飾が華麗な桃山文化を伝える。二の丸庭園は豪壮な石組みの書院造庭園。本丸御殿は明治中期に京都御所の旧桂宮御殿を移した公家風の瀟洒な建物で、本丸庭園は、芝庭風築山式庭園になっている。

\口コミ ピックアップ/
歴史ある建築物で、徳川の頃の紋章の入った部分や江戸の建築などを細かく見ることができる建物です。庭の作りもとてもきれいなのでこちらもお勧めです。
(行った時期:2019年1月)

とっても広くて見て回るだけでも疲れましたが、鴬張りの床や、広間に表現された将軍と侍のやりとりなどから、教科書をこえて、歴史の空気を生で感じることができました。
正面の門は見事でしたよ。
さすが世界遺産
圧巻でした
(行った時期:2019年1月)

■元離宮二条城
[住所]京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
「元離宮二条城」の詳細はこちら

渡月橋

渡月橋
出典:じゃらん 観光ガイド 渡月橋

嵐山というとまず頭に浮かぶのが渡月橋の風景である。平安の初期に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と感想を洩らしたことから「渡月橋」と呼ばれるようになった。橋の長さは155mある。2001年3月に橋はリニューアルされ綺麗になった。また南にある嵐山は春の桜、秋の紅葉など景色が見事だ。

\口コミ ピックアップ/
嵐山と言えばここはもうはずせません。
木造の橋で造りがとてもすごいです。
どこをとっても絵になります。
(行った時期:2018年12月))

嵐山と言えばこの渡月橋ですが、歴史ある橋と奥の山と川のバランスがとても良い景色を生み出していました。皆さんカメラを構えて写真を撮っているのも納得でした。
(行った時期:2019年1月)

■渡月橋
[住所]京都府京都市右京区
「渡月橋」の詳細はこちら

八坂神社

八坂神社
出典:じゃらん 観光ガイド 八坂神社

厄除け・縁結びの神、祇園さんの呼び名で親しまれている。日本三大祭のひとつ祇園祭は京都の代表的行事である。師走の風物詩「をけら詣り」も有名。全国の祇園社の総本社。

\口コミ ピックアップ/
昼間も良いのですが、ライトアップされた赤い鳥居はさらに雰囲気があり祇園の町と調和して艶っぽく見えます。周辺にはお食事やショッピングできるお店が沢山あるので、夜の観光スポットとして如何でしょうか。
(行った時期:2018年12月)

八坂神社、という名前からして神社はひとつなのかと思いきや、あちこちに小さな神社がありそれぞれ祀られている神様が異なっていて興味深かったです。厄除けと縁結びだけでなく、商売繁盛や美人になれる神社などたくさんあって、なんだか得した気分です。
(行った時期:2019年1月)

■八坂神社
[住所]京都府京都市東山区祇園町北側625
「八坂神社」の詳細はこちら

天龍寺

天龍寺
出典:じゃらん 観光ガイド 天龍寺

京都五山制度では第1位にもなった格式ある禅寺。当時の面影はないが明治以降再建の諸堂がたち並ぶ。夢窓国師の作といわれる亀山と嵐山を借景にした池泉回遊式の庭園が有名。庭園内天龍寺では節月謹製の精進料理がいただける。(要予約) 法堂(はっとう)の天井には、平成9年に加山又造画伯によって描かれた「雲龍図」があり、土・日曜、祝日と、春と秋の特別公開に参拝できる。

\口コミ ピックアップ/
お庭も素敵な天龍寺。紅葉の時はそれは見事な嵐山。池が大きいので、お寺の敷地とは思えません。タイムスリップした風情です。天井の龍もさることながら、全てに置いて浮世離れした空間です。
(行った時期:2018年12月)

嵐山駅の目の前にある天龍寺
お寺の中は大きな建物や広い庭園があり
お庭を眺めてるだけでもホッとします
(行った時期:2019年1月)

■天龍寺
[住所]京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
「天龍寺」の詳細はこちら

天橋立

天橋立
出典:じゃらん 観光ガイド 天橋立

展望所から股のぞきで眺めると天へかかる橋のように見え、絶景。日本三景の一つ。イナザギの命がイナザミの命のもとに、天から通うためにかけたという伝説が残る自然がつくり出した橋。約3.6kmの砂に約8000本もの松並木が続き、神秘的な美しさを持つ。天橋立の中には船が通るたびに90度回転する珍しい廻旋橋などがあり、絶景を眺めながらのんびり散策できる。

\口コミ ピックアップ/
観光船、リフト、ケーブル等で移動でき、神社や寺など見どころが多いです。また、展望所からの宮津湾の景色も素晴らしいです。
(行った時期:2018年12月)

傘松公園と天橋立ビューランドと両方から見ました。もちろん股覗きもしました!高さが違うので感じ方が変わります。また、天橋立を歩いて渡ったので余計に感動しました。
(行った時期:2019年1月)

■天橋立
[住所]京都府宮津市天橋立
「天橋立」の詳細はこちら

三十三間堂(蓮華王院)

三十三間堂(蓮華王院)
出典:じゃらん 観光ガイド 三十三間堂(蓮華王院)

妙法院の境外仏堂で、南北約120mの本堂内陣の柱間が33あることから三十三間堂と呼ばれる。丈六千手観音坐像、1000体の等身大千手観音立像、風神・雷神像、二十八部衆像など多数の国宝、重文の文化財を有する。

\口コミ ピックアップ/
なんてったて国宝が1001体。このド迫力。すき間なく並んだ仏様の軍団に圧倒されます。その他にも風神雷神など国宝があってすごいのですよ!
(行った時期:2019年1月)

偶然にも節分の日に行かせて頂きました。
ちょうど節分祭の時間でしたので、最後まで拝見させていただきました。
いつにない空気を感じることができ、今年一年よい年になるような気がしました。
(行った時期:2018年2月)

■三十三間堂(蓮華王院)
[住所]京都府京都市東山区三十三間堂廻町657
「三十三間堂(蓮華王院)」の詳細はこちら

京都タワー

京都タワー
出典:じゃらん 観光ガイド 京都タワー

京都の玄関口に佇む、地上131メートルの市内で最も高い建造物。海のない京都の町を照らす灯台をイメージして作られた「京都タワー」。
外から眺めるだけではなく、中で楽しむことができ、地上100メートルにある展望室からは市街地が360度見渡すことができます。
昼と夜で、また、季節で変わる眺望は必見!
タワー内にはお腹と心を満たすレストラン、自分用にも嬉しいお土産が買える名店街、そして大浴場と、幅広い年齢層の方が様々に満喫できます。
展望室3階にあるスカイラウンジ「空」-KUU-では、ガラス張りのラウンジで京都の夜景を眺めながらのひとときを過ごすことも。大人の楽しみがここにはあります。

\口コミ ピックアップ/
夜の京都の街を、はんなりと見下ろす 上品な京都タワー。
美しいフォルム・シルエットは、とても京都に似合う。
展望室からの夜景は、絶品そのもの!
ルビーの宝石をちりばめた、そんな夜景が堪能できます。
京都タワー たまにふらっと昇りたくなるタワーです。
(行った時期:2019年1月)

京都市街が一望できる展望台はとてもよく、本願寺あたりが昔の風景も残していて、昔探しも面白いです。
碁盤の目も見ごたえあります。
(行った時期:2019年1月)

■京都タワー
[住所]京都府京都市下京区東塩小路町721-1
「京都タワー」の詳細はこちら

北野天満宮(天神さん)

北野天満宮(天神さん)
出典:じゃらん 観光ガイド 北野天満宮(天神さん)

学問の神として知られる菅原道真公を祀っている。全国天満宮の宗祀(本社)の神社。国宝の本殿・拝殿は桃山文化を代表する神社建築。境内には御土居の名残があり、史跡に指定されている。毎月25日は縁日「天神さん」。梅・紅葉の名所としても有名。

\口コミ ピックアップ/
バスをおりたらすぐでした
参道は長かったですが、お正月で屋台が並び、とても賑やかでした
1月でしたが、もう梅の花が咲いていて感動しました
息子の学業成就をお祈りしてきました
(行った時期:2019年1月)

やはりなんと言っても、勉学の神様ですから、学生さん達が多いです。梅の時期は最高ですね!近くに舞妓さん達の歌舞練場があるので、夕方タイミングが合えば見ることができるかもしれません。
(行った時期:2018年1月)

■北野天満宮(天神さん)
[住所]京都府京都市上京区馬喰町
「北野天満宮(天神さん)」の詳細はこちら

下鴨神社(賀茂御祖神社)

下鴨神社(賀茂御祖神社)
出典:じゃらん 観光ガイド 下鴨神社(賀茂御祖神社)

当社の神域・史跡「糺の森」には国宝・重文の社殿55棟がある。延命長寿、縁結び、安産など多彩なご利益があるとされる。

\口コミ ピックアップ/
下鴨神社の手前には河合神社が祀られてます
美人になるらしく社務所には鏡絵馬や美人水?も販売されていて、女性のお参りも多かったです!
(行った時期:2019年1月)

上賀茂神社に行ったら下鴨神社にも行っとかないというノリで、上賀茂神社からバスで向かった。鴨の神様は水と切っても切れない関係。上賀茂神社同様本殿の脇から水が湧き出て糺の森の中を小川となって流れ行くのが風情があって好きです。
(行った時期:2019年1月)

■下鴨神社(賀茂御祖神社)
[住所]京都府京都市左京区下鴨泉川町59
「下鴨神社(賀茂御祖神社)」の詳細はこちら

出町ふたば

出町ふたば
出典:じゃらん 観光ガイド 出町ふたば

\口コミ ピックアップ/
行列はいつも覚悟しないといけませんが、いつ食べても変わらないおいしさです。ついついたくさん買ってしまいますが、当日中がおいしいですね。
(行った時期:2018年12月)

いつ行っても行列が出来ていますが、接客のお姉さんたちは裁くのが早いのであっと言う間です(あくまで個人の感想ですが)豆餅はやわらかい餅と餡、塩気のある豆のバランスが絶妙です。和菓子が好きなら食べてほしい。豆餅以外の和菓子も美味しいですよ。
(行った時期:2019年1月)

■出町ふたば
[住所]京都市上京区青竜町236
「出町ふたば」の詳細はこちら

中村藤吉本店

中村藤吉本店
出典:じゃらん 観光ガイド 中村藤吉本店

創業安政6年、140年以上も営業し続けている茶商。一見、お店に見えない佇まいでお茶を販売。中庭には樹齢約200年の見事な宝来舟松があり、ため息モノの美しさ。宇治市の名木百選にも数えられており、約8mの吹きぬけの現代風オープンテラスから、お茶を楽しみながら立派な姿を眺めることができる。

自慢の名木を見ながら宇治茶を味わおう

\口コミ ピックアップ/
先日、京都に遊びに行った際に立ち寄りました。楽しみにしていた抹茶のゼリーは、期待以上に濃厚で、感動してしまいました。抹茶好きは必見の美味しさだと思います。
(行った時期:2017年12月)

結構な待ち時間がありましたが、覚悟して待ちました。待ち時間はありますが、待ったかいあって、とっても美味しく頂けました。
(行った時期:2018年1月)

■中村藤吉本店
[住所]京都府宇治市宇治壱番10
「中村藤吉本店」の詳細はこちら

マールブランシュ カフェ

マールブランシュ カフェ
出典:じゃらん 観光ガイド マールブランシュ カフェ

\口コミ ピックアップ/
京都旅アンド出張の締めくくりはマールブランジュ。最近は茶の菓というお菓子が有名だがやっぱカフェで食べるケーキがいちばん
(行った時期:2018年1月)

茶のかで有名なお店ですが、ここ最近のこと。もとはモンブランの名店として有名でした。夏にはメロンのパフェを食べに行きます。各ケーキももちろん美味しいです。
(行った時期:2018年10月)

■マールブランシュ カフェ
[住所]京都府京都市下京区東塩小路釜殿町31-1近鉄名店街みやこみち
「マールブランシュ カフェ」の詳細はこちら

※この記事は2019年11月にじゃらん編集部が更新しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※台風19号により、お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを、不安な気持ちでお過ごしの被災された皆さまには謹んでお見舞いを申し上げます。台風の影響により、掲載されているスポットの情報、交通機関の運行については通常営業時と異なる場合がございます。必ず事前にご自身で最新情報をご確認いただきますようお願いいたします
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード