新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ岐阜県飛騨高山で発見した、心に馴染む「いいもの」3選【岐阜】

飛騨高山で発見した、心に馴染む「いいもの」3選【岐阜】

2016.12.30

江戸時代の古い街並と文化が色濃く残る、岐阜県・飛騨高山。酒蔵や町屋が軒を連ね、ちょっと大人な気分を味わうには最適のスポットです。
今回はそんな飛騨高山で出会える、心になじむ「いいもの」を厳選してご紹介。

職人技が美しい木目の漆器や、飛騨牛の旨みが凝縮されたハンバーグなど、大人女子にはぴったりの高級感あふれる出会いがそこにはあるはず。
飛騨高山の古い町並みをゆっくりお散歩するだけでも、きっと気分をリフレッシュさせてくれますよ。
さあ予定の決まっていない週末には、友達連れておとな女子旅を楽しみましょう。

1. 喫茶去 かつて

ぷるんと弾けてするり食感が楽しいわらびもち。

喫茶去 かつて
抹茶とわらびもち(750円)。点てたばかりのほろ苦い抹茶が、わらびもちの上品な甘みを引き立てる。座敷席でくつろぎながら味わうのもいい

築150年ほどの古民家をリノベーションした和モダンな喫茶店。「作りたてがおいしさの秘密」という名物のわらびもちは、弾力がしっかりあるのに、口の中ですっと溶けていくような食感。きな粉の香りと黒蜜の優しい甘さもたまらない。

喫茶去 かつて
8層仕立てになった和風パフェ あまがさね(950円)も「喫茶去 かつて」の人気メニュー
喫茶去 かつて
古布を利用して作られた小さな人形、朝市ばばさま(850円)など、すべてお店で手づくり。「喫茶去 かつて」で購入できる
喫茶去(きっさこ) かつて
TEL/0577-34-1511
住所/高山市上三之町92
営業時間/10時~17時(LO16時30分)
定休日/水
駐車場/なし
「喫茶去 かつて」の詳細はこちら

2. 旬亭 なか川

飛騨牛の旨みが凝縮した肉感豊かなひと皿。

旬亭 なか川
ランチの飛騨牛100%ハンバーグステーキセット(2370円)。2種類のソースで

東京のフランス料理店で修業した店主が9年前に地元で独立。飛騨の食材や日本海の鮮魚を使い、鉄板焼きをメインで提供する。ランチはA5ランクの飛騨牛を使ったハンバーグが人気で、店主が肉塊からミンチを挽くため肉の旨みが濃厚。

旬亭 なか川
TEL/0577-34-4433
住所/高山市上一之町33-2
営業時間/11時30分~15時(LO14時)、18時~22時(LO21時)
定休日/O火
駐車場/なし
「旬亭 なか川」の詳細はこちら

3. 伝統工芸飛騨春慶直売の店 戸沢漆器

飛騨の職人技が光る美しい木目の紅色漆器。

伝統工芸飛騨春慶直売の店 戸沢漆器
上から時計回りに、亀甲菓子器(5616円)、ケース付菓子楊枝(1030円)、7寸紅丸盆(3888円)。黄春慶が一般的だが、鮮やかな紅春慶も美しい

木地師と呼ばれる職人さんが形作った木地に、塗り師が漆を塗って完成させる「飛騨春慶」。天然の木目を生かした造りが特徴で、二つとして同じものはない。こちらの専門店では、盆や花器など約100作品揃うので、お気に入りを見つけよう。

伝統工芸飛騨春慶直売の店 戸沢漆器
TEL/0577-32-2966
住所/高山市上一之町6番地
営業時間/8時30分~18時
定休日/なし
駐車場/なし
「伝統工芸飛騨春慶直売の店 戸沢漆器」の詳細はこちら

※この記事は2016年11月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東海
岐阜県
この記事に関連するキーワード
雑貨
東海
女子旅