じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国【全国】絶景”夕日”スポット40選!限られた時間にしか見られない奇跡の美しさ♪

【全国】絶景”夕日”スポット40選!限られた時間にしか見られない奇跡の美しさ♪

2018.04.23

全国各地にある海岸や展望台など、絶景「夕日スポット」を厳選してご紹介。
空をオレンジ色に染め上げ沈んでいく夕日は、最高にロマンチックで思わず写真を撮りたくなるほど幻想的!中には夕日百選に選ばれた場所も!
限られた時間にしか見られない奇跡の美しさを、大切な人と見に行ってみては?カップルのデートにもおすすめです!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

<目次>
■北海道・東北エリアはこちら
■関東エリアはこちら
■北陸・東海エリアはこちら
■関西エリアはこちら
■中国・四国エリアはこちら
■九州・沖縄エリアはこちら

■北海道・東北エリア

夕日ヶ丘展望台 【北海道】

夕日ヶ丘展望台
出典:じゃらん 観光ガイド 夕日ヶ丘展望台

落日のドラマの名所。

\口コミ ピックアップ/
夕陽ヶ丘展望台の名前の通りに素晴らしい夕日を見る事ができました。何も遮るものがないのでオレンジ色に染まってとても綺麗でした。
(行った時期:2016年6月)

名前の通り、夕日を見るには最高の場所かも知れません。ペシ岬はかなり険しい勾配を登り頂にたどり着かなければなりませんが、こちらは比較的に緩やかでかつ眺望も優れていますので、子供連れにもお勧めです。利尻岳、礼文島、ペシ岬など眺めは非常に良い展望台です。
(行った時期:2014年8月9日)

夕日ヶ丘展望台
住所/北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字富士野
「夕日ヶ丘展望台」の詳細はこちら

祝津パノラマ展望台 【北海道】

祝津パノラマ展望台
出典:じゃらん 観光ガイド 祝津パノラマ展望台

「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に位置する展望台です。 目の前には一面に日本海が広がり、赤岩方面の勇壮な海岸線や高島岬の日和山灯台、小樽市鰊御殿などを見渡すことができるほか、 朝日・夕日の名所としても知られており、時間によっては漁船やフェリーも目にすることができます。 また、祝津がかつて鰊(にしん)の千石場所として栄えたことから、「江差追分節名歌碑」と「北海浜節民謡碑」も建てられており、愛好家などが立ち寄る姿も見られます。 2008年9月に地元の「おたる祝津活性化委員会(祝津たなげ会)」がネーミング募集を行い、「祝津パノラマ展望台」と名付けられました。

\口コミ ピックアップ/
おたる水族館、小樽市鰊御殿の近くにあります。展望台なので天気がよければいつでも絶景を見ることが出来るのですが、ちょうど夕日の時間に行くことが出来たため、地平線に沈む夕日を見ることが出来ました。しばらく言葉を失って見つめてしまうほどきれいでした。
(行った時期:2015年7月)

祝津パノラマ展望台
住所/北海道小樽市祝津3丁目
「祝津パノラマ展望台」の詳細はこちら

黄金岬海浜公園 【北海道】

黄金岬海浜公園
出典:じゃらん 観光ガイド 黄金岬海浜公園

海岸景勝地で,海水浴,釣り,磯遊びにも最適。とくに日本海に沈む夕日の眺めがすばらしい。

\口コミ ピックアップ/
ちょうど天気もよく、時間を見計らって黄金岬の夕日を見に行きました。本当に綺麗で写真も綺麗に撮れたので良かったです。やはり写真より直接見たほうがいいかと思いますが、場所も札幌からはそれなりに離れているのが難点ですね。
(行った時期:2017年9月)

夕暮れ時期に行くととってもロマンチックです。
黄金岬という名に恥じぬ、キレイな景色。駐車場もあるので気軽に行けます!
(行った時期:2016年5月)

黄金岬海浜公園
住所/北海道留萌市大町2丁目
「黄金岬海浜公園」の詳細はこちら

五能線 【青森県】

五能線
出典:じゃらん 観光ガイド 五能線

西海岸の町々を結ぶローカル線で、沿線風景の美しいことから旅行者に大人気。全国から鉄道ファンがやってくる。弘前から鯵ヶ沢までは津軽平野を走り抜け、左手に津軽富士と呼ばれる岩木山が眺められる。鯵ヶ沢からは右側に雄大な日本海が。四季により表情が違う海岸を途中下車しながらのんびり行こう。夕陽を眺めながら、ゆっくり各駅停車の旅を

\口コミ ピックアップ/
弘前~秋田能代までのローカル線です。
鯵ヶ沢付近から西海岸沿いを走るので、海岸線の美しさ特に夕日は絶景です。
夕日海岸と言われる所以、納得です。
リゾートしらかみという観光列車に乗りましたが、窓が大きく景色の眺めも最高でした。
沿線の不老不死温泉やウエスパ椿山によるのもおすすめです。
(行った時期:2016年10月)

天気が良ければ夕日がとってもきれいです。
地平線がずっと続いているのでまっすぐの海に
きれいに沈んでいきます。一度見たら忘れらないくらいです。
(行った時期:2016年10月1日)

五能線
住所/青森県南津軽郡田舎館村~秋田県能代市
「五能線」の詳細はこちら

鵜ノ崎海岸 【秋田県】

鵜ノ崎海岸
出典:じゃらん 観光ガイド 鵜ノ崎海岸

男鹿半島南部に位置する1.5kmの海岸線で、「日本の渚・百選」にも登録されています。環状に広がる磯の地形や広い海岸線のすばらしい景色は、まさに男鹿の象徴です。

\口コミ ピックアップ/
男鹿半島を初めて訪れました。半島の付け根に近い鵜ノ崎海岸は夕景色が最高との情報を得て日没時間を待ち構えて撮影の準備をしていました。堤防の上か波打ち際がいいか迷いましたが、結局波打ち際に決定。空気が澄んでいたので、沈みゆく夕日がとてもきれいに見えました。男鹿半島の夕景色ではこの海岸はベスト3に入るスポット
ということだけあって、雄大で素晴らしい夕景色に魅了されました。
(行った時期:2017年10月8日)

渚の景色の代表といってもいいぐらい綺麗なところです。岩場が続く海岸線を散策していくのが楽しく、夕日が有名です。
(行った時期:2016年5月)

鵜ノ崎海岸
住所/秋田県男鹿市船川港 女川字二ツ坂
「鵜ノ崎海岸」の詳細はこちら

ゴジラ岩 【秋田県】

ゴジラ岩
出典:じゃらん 観光ガイド ゴジラ岩

潮瀬崎と呼ばれる岩礁地帯にゴジラ岩は構えています。まるでゴジラ。海に向かってほえているかのようです。夕陽に照らされた時間帯が狙い目の時間帯です。

\口コミ ピックアップ/
とにかくとにかく絶景です!
夕方がオススメ!
日本海の荒々しさ、広大さ、を感じられるはず!
自然が創り出した芸術作品。
地元民として、自慢できる場所です。
(行った時期:2017年8月)

ゴジラ岩見てきました!夕日が落ちるタイミングに行ったので凄い綺麗でした。でも、ゴジラに見えるかどうかはなんとも言えません!笑
でも、凄い綺麗だったので一度は行くことオススメです!
(行った時期:2016年5月)

ゴジラ岩
住所/秋田県男鹿市船川港小浜
「ゴジラ岩」の詳細はこちら

■関東エリア

大洗磯前神社 【茨城県】

大洗磯前神社
出典:じゃらん 観光ガイド 大洗磯前神社

大洗岬にあって大己貴命(おおなむちのみこと)・小彦名命(すくなひこなのみこと)の2柱をお祀りしています。県指定文化財の本殿をはじめ関東一の大鳥居が知られ,古くから家内安全,海上交通の守り神として信仰を集めてきました。境内には高浜虚子三代句の碑などがあります。

\口コミ ピックアップ/
カップルでこの場所に訪れました。神社から見える夕日はとても美しいもので、いい雰囲気になることができましたよ。
(行った時期:2016年9月)

海の中にある鳥居は、とても神秘的。
とくに日が沈む夕方頃はとても綺麗なので、おすすめです。
デートにも是非。
(行った時期:2017年11月)

大洗磯前神社
住所/茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890
「大洗磯前神社」の詳細はこちら

江川海岸 【千葉県】

江川海岸
出典:じゃらん 観光ガイド 江川海岸

\口コミ ピックアップ/
千葉でフォトジェニックな場所といえばここ。
潮干狩り場ですが、ウユニ塩湖みたいな景色が見れることがあることと、夕日がきれいなポイントです。
富士山も見えて、本当にきれいなマジックアワーが満喫できました。
(行った時期:2018年2月)

江川海岸
住所/千葉県木更津市江川576-6
「江川海岸」の詳細はこちら

九十九里浜 【千葉県】

九十九里浜
出典:じゃらん 観光ガイド 九十九里浜

“天地の四方の寄合”と伊藤左千夫によって詠われたように,砂と空と海とが造り出す雄大な自然である。南は太東崎から蜿々約66km,北の刑部岬にいたる弓形の海岸線は,白い波濤に幾重にも縁どられた岩礁一つない砂浜である。

\口コミ ピックアップ/
今はだんだんと砂浜が少なくなってきてはいるけど、広く長く続く砂浜は見ものです。
海からのぼる朝日や、だんだん落ちてくる夕日が海面に写るのもとてもきれい!
(行った時期:2017年11月)

海が目いっぱいに広がっています。夕方頃に行くと夕日が沈む様子が見れるのでとてもロマンチックです。おすすめです。
(行った時期:2017年8月)

九十九里浜
住所/千葉県山武郡九十九里町ほか
「九十九里浜」の詳細はこちら

大坂トンネル展望台 【東京都】

大坂トンネル展望台
出典:じゃらん 観光ガイド 大坂トンネル展望台

八丈富士・八丈小島・横間海岸を眺め,美しい夕日が見られる。

\口コミ ピックアップ/
夕景は抜群に良く、非常に見応えがある。ただ駐車スペースがほとんどないため、タイミングが悪いと車が停められない。
(行った時期:2018年1月)

八丈島の南側に渡る高架橋に作られた展望ポイント。
島の西側と八丈小島と太平洋を一望でき、圧巻なのは八丈小島のそばに沈む夕日。
息を呑む美しい光景を眺めていると時間を経つのも忘れてしまう。
島随一とも言えるスポット。
(行った時期:2017年5月)

大坂トンネル展望台
住所/東京都八丈島八丈町大里
「大坂トンネル展望台」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング