close

一度は行きたい「日本の離島」33選!青い海と空に囲まれた絶景を

2021.03.30

波照間島【沖縄県】

日本最南端の有人島。青い海と降るような星空に、じっくり向き合うひとり旅

(画像提供:ピクスタ)
(画像提供:ピクスタ)

「最果ての島」と言われる波照間島は、青すぎる海と手つかずの自然が魅力の有人島。ひとり旅なら、レンタサイクルやレンタバイクで気ままに島内をまわれます。道中に広がる草原の景色や、放し飼いのヤギがのんびり歩く姿に癒されます。

日中は、透明度が高く、一度見たら忘れられないブルーのグラデーションが美しい「ニシ浜」や、サンセットが有名な「ペー浜」など、海辺の景色を存分に堪能。そして夜は天体観測がオススメです。日本最南端のため空に近く、驚くほど多くの星が観測できます。

\口コミ ピックアップ/
日本最南端へ行きました。お天気最高海も綺麗!お昼のソーキそばもおいしかった。アイスコーヒー黒糖シロップも最高。日本とは思えない南国の島また行きたいです。
(行った時期:2020年11月)

■波照間島
[住所]沖縄県八重山郡竹富町字波照間
[アクセス]【船】石垣島から船で60分~80分
[駐車場]施設により異なる
「波照間島」の詳細はこちら
「波照間島」の口コミ・周辺情報はこちら

由布島【沖縄県】

水牛に導かれて向かう楽園。絶景と色鮮やかな植物に心和みます

(画像提供:由布島)

西表島・美原集落の沖合から近く、水牛車または徒歩で海を渡ってアクセスできる由布島。特に水牛車に揺られてのんびり海を渡る様子は情緒たっぷり。

(画像提供:由布島)

島全体が亜熱帯の植物園になっていて、赤白黄色と色とりどりのブーゲンビレアが彩るブーゲンビリアガーデン、日本最大級の蝶「オオゴマダラ」を見ることができる蝶々園、さらにヤシ、パパイヤ、ハイビスカスなど色鮮やかな植物と小動物たちが出迎えてくれます。
また、マンタの浜には「由布茶屋」もあり、珈琲やジェラートを味わいながら、海と小浜島を眺めるのもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
宮古島から石垣島に渡り、朝一から離島4島巡りツアー参加しました。竜宮高速船で西表島のマングローブを観てから、水牛車で由布島に渡り、食事後植物園にて、初めて見る大型蝶々オオゴマダラの優雅な舞を見ることが出来感激しました。運がいいと蛹から孵化したての蝶を見ることが出来ます。
(行った時期:2020年2月)

■由布島
[住所]沖縄県八重山郡竹富町字古見689
[営業時間]9時~16時30分
[定休日]無休(台風等、悪天候時は休園)
[料金]【大人】1760円【子ども】880円
[アクセス]【水牛車】水牛車乗り場より水牛車10分
[駐車場]有(無料)
※新型コロナウイルス感染症防止対策による緊急事態宣言期間中(2021年3月7日(日)まで)は休園予定。詳細はHPで確認を
「由布島」の詳細はこちら
「由布島」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:由布島)

小浜島【沖縄県】

“コハマブルー”の海と白い砂浜…満点の星空に抱かれる離島

(画像提供:竹富町観光協会)
(画像提供:竹富町観光協会)

沖縄本島よりさらに南、石垣港から定期船で約30分の場所に、コハマブルーと呼ばれる美しい海がぐるりと囲む、周囲16.5kmほどの小さな島があります。

人工的な光の影響を受けにくい島で、漆黒の夜空に美しく輝く満点の星空も醍醐味です。
昼間は、島内で一番標高が高い「大岳展望台」からの景色がおすすめ。

300段の階段を登り切った先に360°の大パノラマは気分爽快!天気が良ければ、与那国島を除く八つの島も見渡すことができますよ。

その少し下にある「西大岳展望台」は、美しい海を近くに感じられる絶好のビューポイントです。

眼下にマングローブ林が広がる「石長田海岸」にも行ってみてくださいね。対岸に西表島、小浜島の半島を臨む、南国らしい景色を一望すれば、日頃のストレスも吹き飛びます。

\口コミ ピックアップ/
島の中心にある、小高い山にある展望台からは周囲の島が見渡せ、最高の景色でした。2時間ほどの滞在でしたが、楽しめました。
(行った時期:2019年5月)

■小浜島
[住所]沖縄県八重山郡竹富町小浜
[アクセス]石垣港離島ターミナルから高速船で25分~30分
[駐車場]有
「小浜島」の詳細はこちら
「小浜島」の口コミ・周辺情報はこちら

黒島【沖縄県】

牧場の風景に心癒されるハートアイランドで散策やダイビングを楽しもう!

(画像提供:スナップマート)
(画像提供:スナップマート)

日本最南端の町・竹富町に属し、八重山諸島の一つである黒島。人口より牛の数が多く、どこまでも広がる牧場が印象的な島です。島がハートの形をしているのでハートアイランドとも呼ばれていますよ。

また、島の北側にある伊古桟橋は2005(平成17)年に国の有形文化財に指定されています。遠浅の海に伸びる長い桟橋「伊古桟橋」や黒島展望台などの観光スポットも点在しています。八重山を代表するシュノーケリングスポット「仲本海岸」でシュノーケリングを楽しむのもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
黒島は、石垣港離島ターミナルから高速船で約30分で行く事が出来ます。サンゴ礁に囲まれた島で、上空から見るとハートの形に見えることから「ハートアイランド」と呼ばれています。
(行った時期:2019年12月)

■黒島
[住所]沖縄県八重山郡竹富町字黒島
[アクセス]石垣港離島ターミナルから高速船で25分~30分
[駐車場]有
「黒島」の詳細はこちら
「黒島」の口コミ・周辺情報はこちら

鳩間島【沖縄県】

海に沈む夕日と小さな灯台、穏やかな島時間を楽しめる鳩間島

(画像提供:PIXTA)
(画像提供:PIXTA)

ドラマのロケ地、モデルともなった鳩間島。4kmの島の周りはサンゴ礁に囲まれ、豊かな漁場に恵まれています。島に大きな施設はなく、のんびり流れる島時間を満喫するのにぴったりです。

木陰が気持ちよく鳩間島で一番広いビーチ「屋良浜」には、港から徒歩もしくはレンタサイクルで向かいます。穏やかな波音と美しい夕日…時間を忘れてしまいそうなロケーションです。

島のほぼ真ん中・鳩間中森に立つ灯台「鳩間島灯台」は、鳩間島の海を見守る小さな灯台。島にはペンションや民宿もあり、宿泊して島の休日を楽しむこともできます。

■鳩間島
[住所]沖縄県八重山郡竹富町字鳩間
[アクセス]石垣港離島ターミナルより高速船で45分~50分
[駐車場]有
「鳩間島」の詳細はこちら
「鳩間島」の口コミ・周辺情報はこちら

与那国島【沖縄県】

のどかな放牧地や断崖絶壁の景観、島の文化も体験できる日本最西端の島

(画像提供:与那国町観光協会)
(画像提供:与那国町観光協会)

日本最西端の島。隣接する台湾とは、約111kmの距離にあり、年に数回、台湾の山並みが見えることもあります。荒々しい波が打ち付ける断崖絶壁の景観は、力強く、自然・文化・歴史すべてが独特の雰囲気で訪れる人々を魅了しています。

テレビドラマのロケ地となった診療所の建物、日本で最後に沈む夕陽を望む「西崎(いりざき)」、「立神岩」など見所もたくさん。雄大な景色が広がる「東崎(あがりざき)の岬周辺はなだらかな放牧地で、与那国馬や牛が放牧されたのどかな風景が広がっています。

那国島の世界観を「体感」できる「DiDi与那国交流館」、与那国織の手作り雑貨を販売する「ひだまり工房」などもおすすめです。

\口コミ ピックアップ/
日本最西端、与那国馬、海の美しさ、本当に素晴らしい。最果て感いっぱいです。自転車で一周しました。25Kmで距離は大したことありませんが、アップダウンきつく慣れてない人には自転車はお勧めできません。
(行った時期:2019年6月)

日本最西端、与那国島、40年以上前に長期間居た与那国島へ再び行きました、久しぶりの与那国島は40年以上前の面影はところどころに有りましたがやはり観光地となっていました、今から与那国島の旅行計画している方に、与那国島での宿泊等を計画していなければ石垣島からの日帰りは飛行機で有れば可能です、与那国島は小さな島です、本当にゆっくりできる島です、是非1度は日本最西端与那国島でのんびり過ごす事お勧めします、与那国島の西崎からは天気良ければ台湾が見えます
(行った時期:2020年1月)

■与那国島
[住所]沖縄県八重山郡与那国町字与那国
[アクセス]【船】石垣港から4時間【飛行機】石垣空港から30分
[駐車場]有
「与那国島」の詳細はこちら
「与那国島」の口コミ・周辺情報はこちら

座間味島【沖縄県】

「ケラマブルー」に包まれる島で、アクティビティや島巡りを楽しもう

(画像提供:座間味村)

泊港から高速船利用で約50分、西へおよそ40km。船の窓から美しい慶良間(けらま)諸島が見えてきます。その慶良間諸島の一つで、亜熱帯樹原生林やサンゴ礁の海岸線など、風光明媚な島が「座間味島」。周辺の海域とともに国立公園の指定を受けています。

(画像提供:座間味村)

世界屈指のサンゴ礁、数々の熱帯魚に彩られた透明度抜群の海は、「ケラマブルー」としても名高く、世界中のダイバーが「いつか訪れたい」と願う憧れのスポット。夏場のマリンアクティビティはもちろん、冬場のホエールウォッチングも楽しいですよ。

慶良間の素晴らしい展望を望む高月山、ウミガメに会える確率が高い阿真ビーチや自然を満喫できるキャンプ場に展望台など、楽しみは多彩です。

\口コミ ピックアップ/
沖縄本島とはちがい、時間が流れるのがさらにゆっくりした島です。ビーチ以外はとくに観光スポットはありませんが、観光客もそれほど多くなく、ゆったり過ごせました。
(行った時期:2019年7月)

泊港から高速船で日帰りで観光してきました。島ではレンタカーを借りて隅々までまわりました。ビーチも凄く綺麗でしたが、あちこちにある展望台からの眺めは圧巻でした。またマリリンに会いたいという映画に登場したマリリン像が可愛らしかったです。今度はスキューバダイビングを是非してみたいです。
(行った時期:2020年7月)

■座間味島
[住所]沖縄県島尻郡座間味村字座間味
[アクセス]【船】那覇泊港から高速船で約50~70分、又はフェリーで約2時間
[駐車場]有
「座間味島」の詳細はこちら
「座間味島」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:座間味村)

渡嘉敷島【沖縄県】

色とりどりのサンゴとホエールウォッチングを楽しめる慶良間諸島最大の島

(画像提供:渡嘉敷村)

那覇から西に30kmほど、高速船で35分とアクセスも便利な慶良間諸島最大の島です。山林地帯が多く起状に富み、渡嘉志久、阿波連ビーチはサンゴ礁の美しい海浜が広がります。

(画像提供:渡嘉敷村)

透明度が高く世界的にみても美しいサンゴの海は”ケラマブルー”と称され、周辺海域は、慶良間諸島国立公園に指定されています。夏には “ウミガメ”、秋から春先にかけては子育てと繁殖のためにやってくるザトウクジラとの出会いも期待できますよ。

また島内には多くの史跡や遺跡もあるので、ゆったりと“しま時間”を過ごしながら巡ってみてくださいね。

\口コミ ピックアップ/
海が綺麗ですが、あまり混んでいなかったのでゆっくりとした時間を堪能できました。また機会があれば行きたいです。
(行った時期:2019年6月)

のどかな島で、サンゴがきれいな島なのでシュノーケリングに訪れる人が多い島で、熱帯魚が多く生息しています。
(行った時期:2019年7月)

■渡嘉敷島
[住所]沖縄県島尻郡渡嘉敷村字渡嘉敷
[アクセス]【船】那覇泊港から70分
[駐車場]有
「渡嘉敷島」の詳細はこちら
「渡嘉敷島」の口コミ・周辺情報はこちら

(画像提供:渡嘉敷村)

宮古島【沖縄県】

多彩なマリンアクティビティに観光施設、ホテルでリゾート体験を満喫

(画像提供:宮古島観光協会)
(画像提供:宮古島観光協会)

大小八つの島からなる宮古群島の中で最も大きく、沖縄県土総面積の約10%を占める島です。四季をとおして暖かい気候で、夏は海から吹く風が炎暑を和らげてくれます。

観光も盛んで大型リゾートホテルや宿泊施設、飲食店も多くあります。ダイビングやシーカヤックをはじめ、多彩なマリンアクティビティ、さらに植物園や宮古島海中公園などの観光施設も大きな魅力。

また、全日本トライアスロン宮古島大会や、各種スポーツ団体の合宿が行われる等「スポーツアイランド宮古島」の顔も持っています。「美ぎ島ミュージックコンベンション」や「MIYAKO ISLAND ROCKFESTIVAL」など多様なイベントも行われています。

\口コミ ピックアップ/
砂山ビーチは坂を昇って降りると幅はありませんが、素晴らしいビーチでした。砂地を裸足で昇りですが、昇ったかいがあります。池間島を橋で渡りましたが、透き通る程の海は1番でしたね。島の見守り警察官のまもるくんも道端で頑張っていました。
(行った時期:2020年3月)

大きな橋巡り&沖縄そば巡りなどシーズンオフにはまた違った楽しみ方もある◎ おすすめは宮古島温泉→茶色の温泉で非常に良い泉質◎ 宿泊施設も併設されている 市街にあるので車が便利。
(行った時期:2020年11月)

■宮古島
[住所]沖縄県宮古島市
[アクセス]【飛行機】那覇空港より約45分、羽田空港より約3時間
[駐車場]有
「宮古島」の詳細はこちら
「宮古島」の口コミ・周辺情報はこちら

池間島【沖縄県】

海景色を眺めながら池間大橋を渡って小さな楽園・池間島へ

(画像提供:池間島観光協会)
(画像提供:池間島観光協会)

周囲約10km、宮古島と池間大橋で結ばれた小さな池間島。エメラルドグリーンの海、白浜が美しいビーチ、広がるサトウキビ畑といったのどかな風景に心癒されます。島にはダイビングやシュノーケリングスポットも多くあり、マリンアクティビティを存分に楽しめます。

また、八重干瀬を間近に見られる観光船、釣りや島歩き、ナイトツアーなど島ならではの楽しみ方も色々あります。島の文化に触れたり、島の味覚を味わったり。または、流れる島時間に身を任せてあえて何もしないひとときを過ごしてみる。そんな魅力が詰まった自然豊かな島です。

\口コミ ピックアップ/
島を歩くのは一日もあれば歩けます。冒険がてら歩いてみましたが、子供に戻ったときのようにドキドキしました。島時間を味わうことができます。
(行った時期:2019年7月)

宮古島に旅行した際に、車で行きました。池間大橋の両端には展望スペースがあり、それぞれの景色を楽しめました。さらに島の中を進んでいくと「ハート岩」というスポットがあり、浜にも下りられました。短い時間での観光にはいいですよ。
(行った時期:2020年1月)

■池間島
[住所]沖縄県宮古島市平良池間
[アクセス]【車】宮古空港より約30分
[駐車場]有
「池間島」の詳細はこちら
「池間島」の口コミ・周辺情報はこちら

ITP47  ITP47

日本を楽しもう!47都道府県の話題スポットや楽しいイベント、美味しいグルメなど、おでかけに関する様々な情報をご紹介します♪

Topics