じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ三重県忍者村に行きたい人!外国人にもおすすめ忍者体験スポット5選

忍者村に行きたい人!外国人にもおすすめ忍者体験スポット5選

2014.01.31

外国人が日本に抱くイメージの代表格が「NINJA」こと忍者です。

まさか!と思われるかもしれませんが、外国人の忍者熱はまだまだ “Too Hot!” のようです。

我々日本人からすると驚きですが、その存在の秘匿性から、「本当は、今もひっそりと存在しているのでは…」と考えられている節があるのです。

実際、外国人の忍者好きは相当なもので、トム・クルーズ主演の「ラスト・サムライ」にはこんなエピソードもあります。

作中での忍者集団との格闘シーン。じつは当初、日本人スタッフが難色を示していました。

なぜなら忍者の登場は、時代考証から外れているためです。しかし監督をはじめアメリカ人スタッフの「間違っているのは解っているが、どうしてもNINJAを撮りたい」という要望でそのまま撮影されたそうです。

映画の時代考証から外れていることを承知しながらも、「それでも俺はNINJAを出したい!」と熱望する。「どんだけ忍者が好きなんだよ!」と突っ込みたくなるほどの忍者愛ですね。


このように今も外国人の心を惹きつけてやまない忍者ですが、めっきりその姿を見なくなりました。

このままでは期待に目を輝かせながら日本に来た外国人に、「どこにもいないじゃないか…」と悲しい思いをさせてしまいますよね。(そもそも簡単に見つかる時点で忍者失格ですが…)

というわけで今回は、忍者に憧れる日本人&外国人に夢を見せてあげられるスポットをご紹介していきます。

1.三重「伊賀流忍者博物館」

忍者、二大流派のひとつ伊賀忍者の本拠地

忍者の二大流派のひとつ、「伊賀忍」。戦国時代の忍者軍団「忍軍」の中でも、最大規模の勢力を誇っていました。その本拠地である三重県伊賀市にあるのが「伊賀流忍者博物館」です。

この博物館は5つの施設で構成されており、「どんでん返し」「抜け穴」「刀隠し」などの仕掛け、からくりの実演を見ることができる「伊賀流忍者屋敷」。

当時使用された本物の手裏剣を含む、約400点の忍具が展示されてる「忍術体験館」

忍者屋敷のジオラマ、古文書等が展示されており、忍者の日常生活や忍術について学ぶことができる「忍者伝承館」。

迫力満点の忍者ショーを鑑賞できる「忍術体験広場」。そして、オリジナルの忍者グッズが購入できる「NINJA坊」となっています。

徳川家康の忍者として有名な、あの「服部半蔵」も、伊賀忍者のうちの1人。忍者マニアでない方にも知られているビッグネームですね。そんな服部半蔵に憧れて訪れる日本人も少なくないとか。

伊賀流忍者博物館
TEL/0595-23-0311
住所/三重県伊賀市上野丸之内117
営業時間/9:00~17:00 ※入館受付は16:30で終了
定休日/12/29~1/1
「伊賀流忍者博物館」の詳細はこちら

2.滋賀「甲賀の里忍術村」

伊賀とくれば甲賀!甲賀忍者の里

甲賀忍者博物館

さてお次は、「伊賀」とくれば「甲賀」というほど並び称される流派。滋賀県の「甲賀忍」です。
特徴としては、甲賀の方が伊賀よりも開かれた存在であること。

甲賀の忍の里では外部から来た人が修行をしたり、そこで免許皆伝を受けて他の大名家に仕官したり、フリーの忍者として活動したりするなど、規律の厳しい伊賀と比較して自由度は高かったようです。

そんな甲賀の里にあるのが「甲賀の里忍術村」です。

村内には、前述の「どんでん返し」や、「隠し廊下・中二階」などのからくりを施した忍者屋敷3棟のほか、手裏剣など忍者の七つ道具を集めた博物館、実際に手裏剣を投げられる手裏剣道場、忍者必携の薬を作った薬草園などがあります。

さて、甲賀の忍者と言えば「猿飛佐助」が有名です。先ほどの「服部半蔵」しかり、忍びの者が有名になるってどうなの?という疑問が生じますが、なんとこの猿飛佐助は架空の人物とのこと。

今までずっと実在の人物だと思っていた筆者からすると残念ではありますが、名前がバレる忍者が良い忍とは言えませんからね…なんだか複雑な心境です。

さてさて話を忍術村に戻します。ここには「忍者道場」があり、修行が終わると免許皆伝の巻物を手に入れることができます。

正直、子供向けのアトラクションではありますが、巻物がもらえると聞いては大人であっても隠し切れない何かが内側からブワっと出てき…やめときますね。

甲賀の里忍術村
TEL/0748-88-5000
住所/滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394
「甲賀の里忍術村」の詳細はこちら

まだたくさんある忍者体験スポットまとめ

さて、二大流派の「伊賀」と「甲賀」をご紹介しましたが、実はまだまだたくさんの忍者体験スポットがあります。

3.長野「チビッコ忍者村」

門下生はなんと約10万人!忍者気分に酔いしれる

チビッコ忍者村

現存する忍術の流派の一派である、戸隠流(とがくしりゅう)。伊賀・甲賀に比べると知名度は低いですが、世界中に支部道場を持っており、その門下生はなんと約10万人もいるそうです!

アメリカの総合格闘技大会UFC初期には、戸隠流の弟子(アメリカ人)が参戦していたこともあるんだとか。
そんな戸隠にあるのが「チビッコ忍者村」。忍び装束のレンタル(大人も子供も可)もあり、忍者気分に酔いしれること間違いなし。

チビッコ忍者村
TEL/026-254-3723
住所/長野県長野市戸隠3193
営業時間/4月下旬~11月下旬9:00~17:00
定休日/冬季休業
「チビッコ忍者村」の詳細はこちら

4.佐賀「肥前夢街道」

九州唯一の忍者村

備前夢街道

舞台は長崎と小倉を結ぶ長崎街道の宿場町として栄えた佐賀県・嬉野。
「肥前夢街道」は、嬉野の町の江戸時代初期を再現した歴史型テーマパークです。九州唯一の忍者村でもあるため、近隣にお住まいの方は要チェックですね。

肥前夢街道
TEL/0954-43-1990
住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲716-1
営業時間/土日祝9:00~17:00、平日9:00~16:00
「肥前夢街道」の詳細はこちら

5.栃木「日光江戸村」

忍者屋敷をはじめとした江戸時代の豪壮華麗な建築群

日光江戸村

栃木県の日光江戸村は新しい大型レジャーランドで、忍者屋敷だけでなく関所街道、宿場町、下町、武家屋敷街などの江戸時代の豪壮華麗な建築群が奇想天外に演出されています。
忍者だけでなく江戸時代をそのままに感じたいという人へのおすすめスポットです。

日光江戸村
TEL/0288-77-1777
住所/〒321-2524 栃木県日光市柄倉470-2
営業時間/夏期(3月20日~11月30日)9:00~17:00、冬期(12月1日〜3月19日)9:30~16:00
定休日/毎週水曜日
「日光江戸村」の詳細はこちら

今回は、忍者を知れる、見られる、体験できるスポットをご紹介しました。

ところで21世紀になっても、未だに忍者の存在が外国人から期待されているのは、いくら当の日本人が存在を否定しても「日本人が忍者の存在を否定するのは、忍者の存在が表の社会には隠蔽されているから」という考えがあるからだそうです。

まるでサンタクロースを信じる子供達のようじゃないか!と言いたくなる気持ちを抑えて、外国人の方は、日本の忍者、いやNINJAにロマンを感じていると思うことにします。

そんなロマンに色を付けられるのは、私たち日本人の役目でもあります。
もし忍者好きな外国人と出会う機会があれば、握手を交わしながら袖口からポロッと手裏剣を落とし、「Keep this a secret…(このことは内密に…)」とささやいてみてはいかがですか?

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

まさと

ライターのまさとです。旅に関する名言をひとつ。 「今から20年後、君はやったことよりもやらなかったことにより後悔するだろう。 ゆえに、もやいを解き放て。安全な港から船を出せ。貿易風を帆に捕らえよ。 探検せよ。夢を見よ。発見せよ」 人生という旅もかくありたいものです。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関東
栃木県
長野県
三重県
滋賀県
佐賀県
この記事に関連するキーワード
遊園地
レジャー