close

東京都内穴場デート。夜景に大自然、インスタジェニックな絶景スポットに行きたい

2017.04.12

都内には四季折々の景観を楽しめるスポットがたくさんあります。ビルや街並みを一望できる穴場や幻想的な夜景を味わえるのも、東京ならではの楽しみです。

今回紹介するのは、気軽に行けるのに絶景・穴場なスポットばかり。ショッピングやカフェでのデートとはまた違った楽しみ方ができるハズ。

デート中は、カメラアプリをオンにしておくのを忘れずに。写真好きの本格派も満足でき、インスタ映えするフォトジェニックな場所ばかりです。

記事配信:じゃらんニュース

東京ゲートブリッジ

大パノラマを楽しむ海上絶景散策

東京ゲートブリッジ
東京ゲートブリッジ自体もフォトジェニックな造形

東京ゲートブリッジは、2012年に開通した東京湾の中央防波堤外側埋立地と江東区若洲を結ぶ恐竜のようなチャーミングな形をした橋です。

車道の他に歩道があり、歩行者は通行できますが、自転車は通れませんので、ゆったりと歩きながら絶景を楽しむことができます。

東京ゲートブリッジからの景色
海面と空の青さを感じる歩道からの景色

絶景スポット

歩道部は最も高いところで海面から約60mの高さにあり、海の上を歩いているようなワクワク感を味わうことができます。
見渡す限りの大パノラマが広がっていて、東京湾はもちろん、房総半島の山々や2大タワー(東京タワー&スカイツリー)も見渡せます。

また、近くにある羽田空港から飛行機が飛び立つ姿も見えます。海上絶景散策を楽しめる穴場スポットです。

■東京ゲートブリッジ
[住所]東京都江東区若洲
[定休日]毎月の第3火曜日、12月第1火曜日※該当日が祝日の場合はその翌日(歩道部分、車道は通行可)
[アクセス]新木場駅から都バス「木11系統」で若洲キャンプ場行き終点「若洲キャンプ場前」/15分
「東京ゲートブリッジ」の詳細はこちら

六義園

庭園と池畔の景観を楽しむ和情緒デート

六義園
紅葉の季節にはライトアップも

六義園(りくぎえん)は、江戸時代に五代将軍・徳川綱吉の御用人として使えた柳沢吉保が古今集や万葉集などの和歌をテーマに造営した庭園です。文化財保護法により「芸術・観賞上価値の高い庭園」として指定された「特別名勝」です。

一周30分ほどでまわれる庭園ですが、園内には大芝生や築山「藤代峠」、春はしだれ桜、初夏はツツジ、秋は紅葉など季節ごとに楽しめる樹木があり、随所で眺望を楽しめます。

六義園
水面に反射する木々の色合いが映える

絶景スポット

(写真がきれいに撮れそうなところ、眺望の良いところ)
園の中央には「大泉水」という池があり、池に浮かぶ「中の島」には「妹山(いもやま)・背山(せやま)」と呼ばれる築山があります。

「妹山」は女性、「背山」は男性のことを指し、和歌の歌枕をイメージして作られています。
情緒ある景観は撮影はもちろん、デートにもぴったり。「中の島」や池畔に映る木々をふたりで静かに眺めつつ、ゆったりと贅沢な時間を過ごせます。

■六義園
[住所]東京都文京区本駒込6-16-3
[定休日]年末年始(12月29日~翌年1月1日まで)
[アクセス]東京メトロ南北線「駒込」駅/徒歩7分
「六義園」の詳細はこちら

世界貿易センタービル展望台シーサイド・トップ

ペアシートでゆったりくつろげる夜景スポット

世界貿易センタービル展望台シーサイド・トップ
都心のビル群を背景にした東京タワーを間近に眺められる

シーサイド・トップは港区浜松町にそびえる世界貿易センタービルの40階、地上152mにある展望台。大人620円、小中学生360円、幼児260円で入場できます(※)。
(※団体割引あり)

世界貿易センタービル展望台シーサイド・トップ
夜には街の灯りが華やぐ景色を堪能できる

絶景スポット

(写真がきれいに撮れそうなところ、眺望の良いところ)
360度ひらけた大パノラマで、東京タワー&東京スカイツリーの二大タワーや東京湾、お台場まで見渡せ、天気がいい日には富士山も一望できます(※注訳1)。

夜は美しい星空や東京の夜景を堪能することができます。ペアシートのソファーが設置されていて、ゆったりとくつろぎながら絶景を楽しめる定番ではない穴場スポットです。
ムード満点で「脱マンネリ」できちゃいそう。

おすすめは土曜夜・2時間限定の特別ライトアップ「ダイヤモンドヴェール」。東京タワーが七色に輝く様子はとてもロマンティックです。

(※注訳1)東京タワー側の展望に関して、隣地のビル建設工事の関係で進捗度合いにより眺望が異なる可能性があります。

■世界貿易センタービル展望台シーサイド・トップ
[住所]東京都港区浜松町2丁目4-1世界貿易センタービル40階
[定休日]12月30日、31日、ビル全館休館日
[アクセス]JR・東京モノレール「浜松町」駅/徒歩2分
「世界貿易センタービル展望台シーサイド・トップ」の詳細はこちら

等々力渓谷公園

マイナスイオンを浴びて絶景を楽しむ「都心の渓谷」

等々力渓谷公園
緑と川のせせらぎが心地よい

「都心にある渓谷」と聞くと「遠いかも?」と思うかもしれませんが、等々力渓谷公園は東急大井町線「等々力」駅から歩いて5分。

東京都指定名勝に指定されている、東京都23区内唯一の「渓谷」なのです。渋谷から約20分で行けるのに絶景を楽しめる穴場です。

ゴルフ橋
赤い柱が印象的なゴルフ橋

絶景スポット

等々力駅前の表示に従って5分程歩いたところにある「ゴルフ橋」。階段を降りたら、大自然のど真ん中。谷沢川沿いの散策路を歩きながら、桜や緑の木立、紅葉など、四季折々の景観を楽しむことができます。

散策路の途中には不動の滝や日本庭園、横穴式古墳など様々な見所があるので飽きることもないでしょう。渓流のせせらぎを聞いていると、自分たちが都内にいることを忘れてしまいそう。ちょっとお疲れな二人にもおすすめの、リフレッシュできるスポットです。

■等々力渓谷公園
[住所]東京都世田谷区等々力1-22
[定休日]なし
[アクセス]東急大井町線「等々力」駅/徒歩5分

文京シビックセンター展望ラウンジ

入場無料でスカイツリーを楽しめる穴場スポット

文京シビックセンター展望ラウンジ
周囲に高い建物がないため景色は良好

文京シビックセンターはホールや区役所などが入った文京区民のための総合施設。

25階の東・西・北側が展望ラウンジとなっており、誰でも無料で利用することができます。

南側には展望レストランが併設されています。

文京シビックセンター展望ラウンジ
昼とは違った一面を見せる文京シビックセンターからの夜景

絶景スポット

地上約105mの大パノラマからの眺望は実に見事! 文京区内にある東京大学、小石川植物園はもちろん、西側からは新宿副都心高層ビル群や富士山が、北側からは筑波山まで見渡せます。
東側から望む東京スカイツリーの眺望は特におすすめです。

無料で利用できる公共施設ですが、夜景を撮影しすいように窓ガラスが斜めに設置されているなど、夜景を楽しむための配慮がしっかりされているのも嬉しいポイントです。

■文京シビックセンター展望ラウンジ
[住所]東京都文京区春日1-16-21文京シビックセンター25階
[定休日]年末年始(12月29日~翌年1月3日)、文京シビックセンター全館休館日(5月第3日曜日)
[アクセス]東京メトロ「後楽園」駅・丸の内線(4a・5番出口)南北線(5番出口)/徒歩1分
「文京シビックセンター展望ラウンジ」の詳細はこちら

おわりに

知っているようで知らない絶景スポットも多かったのではないでしょうか。「春は桜、秋は紅葉」というように季節によって見どころが変わりますし、ライトアップが行われるシーズンもあるので、タイミングによって楽しみも違うのがうれしいところ。カメラ片手に穴場デートスポット、今度の週末に行ってみてはいかがでしょうか?

※この記事は2017年3月時点での情報です

デートを楽しんだ後は・・
美味しいお肉食べにいきませんか?

https://www.jalan.net/news/article/159683/

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード