じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ東京都あんこ、ドーナッツ、コーヒー…専門店の絶品ソフトクリームが注目すぎる【東京】

あんこ、ドーナッツ、コーヒー…専門店の絶品ソフトクリームが注目すぎる【東京】

2017.04.15

皆さんは「ソフトクリームが食べられるお店」と聞いてパッと思いつきますか?
巷には「○○が美味しい専門店」がたくさんありますが、主力商品の後ろでマニアを唸らせるソフトクリームを提供しているお店がたくさんあるんです。
専門店だからこそ、主力商品以外にもこだわりたい。今回は、そんなお店の想いが伝わる絶品ソフトクリームを東京都内からご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

1.kono.mi【中央区日本橋】

ナッツとキャラメルの鉄板の組み合わせが織り成すハーモニー

プラリネグラッセ

コノミ プラリネグラッセ
トッピングにはもちろんプラリネ。ソフトとの相性抜群です

コレド室町にあるkono.miさんは、とても珍しいプラリネの専門店。
あまり聞きなれない名前ですが、プラリネとはピーナッツやアーモンド等のナッツをお砂糖でからめたお菓子のことです。
プラリネの専門店はkono.miさんが日本初だそう。

ここで食べられる絶品ソフトクリームはその名も「プラリネグラッセ」。
直訳すると“凍らせたプラリネ”です。

見た目は茶色いキャラメル色。
食べた瞬間にアーモンドの風味が口いっぱいに広がり、さらに後から続くのはキャラメルの芳ばしい香り!
これはまさしく幸せの組み合わせ。
アーモンドとキャラメルの組み合わせなので、味はとっても濃厚ですが、水分が多くてさっぱりとしているので、くどさがなくて食べやすいのもポイントです。
プラリネ味のソフトクリームを作っちゃうなんて、その発想がさすが専門店です。

プラリネ味のソフトクリームを食べられるのは、日本どころか世界でもここだけかもしれませんね。

kono.mi(このみ)
TEL/03-6262-3731
住所/東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1階
営業時間/10:00~21:00
定休日/不定休(コレド室町に準ずる)
アクセス/電車:地下鉄銀座線、半蔵門線三越前駅すぐ
料金/ プラリネグラッセ430円(税込)
「kono.mi」の詳細はこちら

2.BAKE CHEESE TART 自由が丘店【目黒区自由が丘】

北海道発の濃厚ソフトクリームが人気!

BAKEミルクソフト

BAKE ミルクソフト
6.5巻きのボリューム感が魅力的

BAKEさんと言えば焼きたてチーズタルトがと~~っても有名ですね。
北海道で誕生した『焼きたてチーズタルト』を取り扱う専門店として、国内だけにとどまらず海外にも進出している洋菓子屋さんです。

そのチーズタルトのおいしさを追求するために工房一体型の店舗で、ひとつひとつ丁寧に焼き上げて、できたてでご提供しています。

また、自由が丘店と限られた店舗のみで販売されている「BAKEミルクソフト」も、とても人気な商品で、季節を問わず沢山のお客さまがご購入されています。
「BAKEミルクソフト」の1番の魅力は、きめ細かでなめらかな食感。
ソフトクリームマニアの筆者ですら、初めて食べたときに衝撃を受けた食感です。
まるで生クリームをそのまま凍らせたかのような濃厚な味わいと、ふわっとした口どけは、まさしく北海道の本格ミルクソフトクリーム!
目をつむれば北海道の広大な大地へとワープしてしまいます(笑)

BAKE CHEESE TART 自由が丘店
TEL/03-5726-8861
住所/東京都目黒区自由が丘1-31-10 BAKEビル1F・2F
営業時間/11:00~20:00
定休日/無休
アクセス/電車:東急電鉄自由が丘駅より徒歩1分
料金/BAKEミルクソフト432円(税込)
「BAKE CHEESE TART 自由が丘店」の詳細はこちら

3.HIGUMA Doughnuts【目黒区鷹番】

道産子店主のこだわりが光る牛乳ソフトクリーム

北海道濃厚HIGUMAソフト

ヒグマ ドーナッツ ソフト
濃厚だけど甘すぎないソフトクリームとドーナッツの相性は抜群です
ヒグマ ドーナッツ
ベンチがあるのでその場で熱々を食べられます 

ヒグマドーナッツさんは、かつては、野外フェスや青山ファーマーズマーケットなどのイベントに2年ほど出店。そこで好評を博し、2016年に学芸大学駅で店舗販売をスタートさせました。
オープン当時からドーナッツ好きの間では話題のお店だっただけに、手軽に買いに行けるようになったことは、ドーナッツ好きには嬉しい限りです。

道産子の店主による北海道の素材を使ったこだわりのドーナッツを求めて、休日となればお店は大繁盛。
ドーナッツはオーダーしてから揚げるので、熱々ふわふわで提供されます。
そして、店主のこだわりは、ドーナッツのみならずソフトクリームにも現れています。
ほんのりと甘さのあるソフトクリームは、北海道の牛乳をたっぷり使いながらも、牛乳の濃厚な甘さを出しすぎず、おさえ過ぎずの絶妙なバランス。この味を出すためにレシピにはかなり工夫をされたとか。

熱々ドーナッツと冷たいソフトクリームの最強タッグ…美味しくないはずがない!(笑)
時間が経つとソフトクリームがどんどん溶けて、ソフトクリームが染み込んだドーナッツもまた美味しいです。

HIGUMA Doughnuts
TEL/03-6873-8803
住所/東京都目黒区鷹番2-18-16
営業時間/10:00~20:00(売り切れ次第終了)
定休日/火曜
アクセス/電車:東急電鉄東横線学芸大学駅より徒歩4分
料金/北海道濃厚HIGUMAソフト450円(税込)
「HIGUMA Doughnuts」の詳細はこちら

4.ミカフェート京橋店【中央区京橋】

コーヒー通も納得のコロンビア産コーヒーを使用したソフトクリーム

コーヒーソフトクリーム

ミカフェート コーヒーソフトクリーム
水分多めのさっぱり系なので、アイスコーヒーの代わりにもなるかも!?

ミカフェートさんは全国にカフェを展開しているコーヒー専門店です。
いずれもアクセスの良い場所にあるので、訪れたことのある方もいらっしゃるかもしれないですね。
京橋店等の一部の店舗ではコーヒーソフトクリームを提供していて、これがコーヒーに負けないくらいこだわり抜かれた一品なんです。

一般的にコーヒーソフトクリームは、どちらかと言うと“カフェオレ”なミルキーで甘いものが主流ですが、ミカフェートさんのコーヒーソフトクリームは、一口目からコーヒーの苦みを感じることのできる本格派。

コロンビアの名園「ベシャビスタ」産のコーヒー豆「レクエルド デ イヴァン」で抽出したコーヒーを使っていて、さすがコーヒー専門店のこだわりを感じるソフトクリームです。
ソフトクリームとあなどることなかれ。口に広がるコーヒーの芳醇な香りは、コーヒー通も納得させる一品です。

ミカフェート京橋店
TEL/03-6262-5986
住所/東京都中央区京橋2-2-1
営業時間/月~金 8:00~21:30 土日祝 10:00~19:30
定休日/なし
アクセス/電車:地下鉄銀座線京橋駅すぐ
料金/ コーヒーソフトクリーム500円(税込)
「ミカフェート京橋店」の詳細はこちら

5.PEGO【世田谷区桜】

季節を感じるあんこと、店主こだわりのソフトクリーム

PEGOソフト

PEGOソフト
PEGOソフト(夏限定のココナッツ餡)
ベゴソフト豆乳ソフトクリーム
トッピングはさつまいも餡にカボチャとサルタナレーズン入りのグラノーラ

あんこの専門店で、常時季節のあんこが数種類並んでいます。
あんこを使ったおはぎやお汁粉などのメニューにも定評がありますが、(おはぎは、秋・冬のみ販売)多くの人が「PEGOソフト」を求めて来店しているのではないでしょうか。

「PEGOソフト」は、自家製グラノーラの上に牛乳ソフトクリーム、そしてあんこがトッピングされた、聞いただけでもよだれが出るようなメニュー。

ソフトクリームは気候や仕入れた牛乳にあわせたものを製造していて、さっぱり系から濃厚系まで、店主の方の手によってその時にベストな状態のソフトクリームが提供されます。例えば、暑い日なら水分多めのさっぱり系、といった感じでしょうか。

そして、毎月最終週のソフトクリームは豆乳ソフトクリームになります。
濃久里夢(こくりーむ)という豆乳クリームを使用しているとのことで、豆乳なのにクリーミーでふんわりとした食感です。無駄な味がないのに、豆乳くささもなくとても食べやすのが特徴。

また、夏といえば欠かせない、かき氷も人気メニュー。PEGOさんのかき氷は、ザクザク氷の上に自家製シロップをかけて、あとは好きな具材をトッピング。定番のあんこは勿論、白玉やソフトクリームなどを乗せて、自分流のかき氷を作ってみてはいかがでしょうか。

秋にはカボチャ餡、春には桜餡等、いつ行っても季節を感じさせてくれる情緒あふれる素敵なお店です。
そして、あんことソフトクリームのマリアージュ…、この素晴らしさを教えてくれるがPEGOさんです。

PEGO(ペゴ)
TEL/03-6413-0383
住所/東京都世田谷区桜1-28-14
営業時間/11:00~16:00
定休日/火・水のみ営業(火・水が祝日の場合も営業)
アクセス/電車:東急電鉄世田谷線上町駅より徒歩約8分
料金/ PEGOソフト420円(税込)     
「PEGO」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

高久早苗  高久早苗

ソフトクリーム活動、通称“ソフカツ”に人生を捧げるソフトクリームマニア。全国各地のソフトクリームを年間200個以上食べ歩き、その様子をブログにアップ。カフェやレストランはもちろん、道の駅、物産展、アンテナショップ等、ソフトクリームのあるところはどこへでも出没。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関東
東京都
この記事に関連するキーワード
東京
関東
カップル
ソフトクリーム
グルメ