新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国【2019】日本全県の避暑地47選!夏でも涼しい高原や滝、鍾乳洞など厳選

【2019】日本全県の避暑地47選!夏でも涼しい高原や滝、鍾乳洞など厳選

2019.05.15

六甲山 【兵庫県】

六甲山
出典:じゃらん 観光ガイド 六甲山

\口コミ ピックアップ/
神戸市内から車、バスなので気楽に六甲山に行く事が出来ます。特に夏場の避暑にはもってこいで都心部より2,3℃は低く夜間は涼しく夜景も最高です
(行った時期:2018年8月)

自然の中で、動物とふれあうことができます。ソフトクリームがとても美味しかったです。ドライブウェイからは神戸の街が見下ろせ、綺麗でした。
(行った時期:2018年8月)

■六甲山
[住所]兵庫県神戸市東灘区本山町森
「六甲山」の詳細はこちら

瀞峡 【奈良県】

瀞峡
出典:じゃらん 観光ガイド 瀞峡

和歌山・三重・奈良3県にまたがる北山川の渓谷で、断崖と深淵がおりなす景観は神秘そのもので、今も多くの観光客を魅了している。 

\口コミ ピックアップ/
ウォータージェットに初めて乗りました。 船から眺める木々や岩々に自然のスゴさを感じました。素晴らしかったです。
(行った時期:2017年8月)

初めて瀞峡に行きました。ジェット船で遊覧しました。絶景でとても癒されました。エメラルドグリーンが最高です。
(行った時期:2017年8月)

■瀞峡
[住所]奈良県吉野郡十津川村、熊野川町、北山村
「瀞峡」の詳細はこちら

三段壁洞窟 【和歌山県】

三段壁洞窟
出典:じゃらん 観光ガイド 三段壁洞窟

平安時代に力を誇った熊野水軍の舟隠し場所であったと伝えられる洞窟。屏風のように濃緑の海に直立する高さ50~60メートルの絶壁が圧巻。地上から約24秒のエレベーターで地下36mの洞窟へ入ると、大自然のダイナミックな景観と千古の神秘、歴史ロマンに出会える。

\口コミ ピックアップ/
夏には少し涼しく感じられるようなスポットになっていますよ。涼みに行ってみるのもいいかもしれませんね。気持ちいいです。
(行った時期:2017年7月)

洞窟が地下にあるので海水が中に流れ込んでくる所を見ることができました。波の迫力がすごく夏でしたがひんやりすることができ良かったです。
(行った時期:2018年8月)

■三段壁洞窟
[住所]和歌山県西牟婁郡白浜町2927-52
「三段壁洞窟」の詳細はこちら


■中国・四国エリア

雨滝 【鳥取県】

雨滝
出典:じゃらん 観光ガイド 雨滝

袋川上流の瀑布で、「日本の滝100選」に選定されている。渓の水が40mのはるかに高い樹林の中の滝口から幅4mで止めどなく吐き出され、玄武岩の見事な柱状節理によって生じた断崖絶壁から、轟音を発して滝壷に落水する様は壮観である。

\口コミ ピックアップ/
日本の滝100選にも選ばれている滝です。滝つぼの近くまで行くと飛沫がとんできて、滝のパワーがしみ込んできます。この滝の前を通り過ぎて階段を上り、しばらく歩くと筥滝(はこだき)があります。この滝も二段になっていて見ごたえがあるのでおすすめです。ジオパークの一部に認定されているので、最近は案内図や道などが整備され、とても環境が良くなったと思います。
(行った時期:2017年8月)

■雨滝
[住所]鳥取県鳥取市国府町
「雨滝」の詳細はこちら

石見銀山龍源寺間歩 【島根県】

石見銀山龍源寺間歩
出典:じゃらん 観光ガイド 石見銀山龍源寺間歩

\口コミ ピックアップ/
江戸時代に採掘された坑道跡です。狭くてひんやりとしている坑道の壁はノミの跡がそのまま残っていました。一つ一つ手作業だったのがわかり興味深かった。
(行った時期:2017年7月)

銀山公園から歩いて約2.5キロ。自転車を借りている方も多かったですが、私はのんびり歩きました。少ししんどかったですが。龍源寺間歩は昔の方はどうやってこんなに掘る事が出来たのかと感心する歴史を感じるものでした。暑かったので中の涼しさにもとても驚きました。
(行った時期:2017年8月)

■石見銀山龍源寺間歩
[住所]島根県大田市大森町二183番地
「石見銀山龍源寺間歩」の詳細はこちら

蒜山高原 【岡山県】

蒜山高原
出典:じゃらん 観光ガイド 蒜山高原

大山隠岐国立公園内にある、なだらかな高原。ジャージー牛が放牧地に放牧され、そののどかな風景が多くの人に魅力をあたえ、岡山県下有数の観光地となっている。

\口コミ ピックアップ/
大自然を満喫できます。森林浴、サイクリングなど、いろいろな楽しみ方ができます。家族でも一人旅でも楽しめます。
(行った時期:2017年7月)

蒜山三座の麓に広がる蒜山高原は車で走っていても窓を全開にして気持ちよく走れる快適さでしたし、緑鮮やかな景色も良かったです。
(行った時期:2017年8月)

■蒜山高原
[住所]岡山県真庭市川上、八束
「蒜山高原」の詳細はこちら

帝釈峡 【広島県】

帝釈峡
出典:じゃらん 観光ガイド 帝釈峡

広島県庄原市東城町と神石郡神石高原町にまたがる国定公園・帝釈峡は、中国山地の中央に位置する全長約18キロメートルの峡谷。国の名勝にも指定される比婆道後帝釈国定公園の主要景勝地。石灰岩台地が深く浸食されて形成されたカルスト台地が広がり、鍾乳洞や渓水の浸食作用によってできた巨大な天然の橋、雄橋(おんばし)のほか、人造湖とは思えない自然と調和した景観の神龍湖(しんりゅうこ)がある。

\口コミ ピックアップ/
渓谷の遊歩道を歩きました。木々の緑が綺麗でと渓流の水もきれいでした。遊覧船にも乗れてとても良かったです。
(行った時期:2017年7月)

遊覧船からの眺めは、水辺の新緑と赤い鉄橋が映えてきれいでした。目線が水面近くだと、上から眺めるのとは異なる感覚なのでおすすめです。紅葉の秋にも訪れてみたい。
(行った時期:2017年6月25日)

■帝釈峡
[住所]広島県神石郡神石高原町永野
「帝釈峡」の詳細はこちら

秋芳洞 【山口県】

秋芳洞
出典:じゃらん 観光ガイド 秋芳洞

秋吉台の山麓にある東洋屈指の大鍾乳洞。洞口の高さ24m、横巾8mに達し、洞内の最も広いところが200m、天井の高いところが40m、最も高いところは80mに達しています。延長は約10kmといわれているが、一般観光ルートは約1kmまで。洞内の気温は四季を通じて17℃のため、快適に探勝できる。

\口コミ ピックアップ/
自然で出来たとは思えない不思議な洞窟。普段の生活ではなかなか見ることの出来ない不思議な場所です!是非一度行って欲しいです!洞窟内は涼しくて、暑い日には気持ちいい
(行った時期:2018年7月15日)

真夏の暑い日に涼を求めて伺いました。入口の滝の近くは本当に涼しくて、離れたくないくらい。中は神秘的な雰囲気で、寒いくらい涼しく非常にいいお散歩になりました。結構距離があるので歩きやすい靴で行かれるといいかと思います。
(行った時期:2018年8月)

■秋芳洞
[住所]山口県美祢市秋芳町秋吉3506-2
「秋芳洞」の詳細はこちら

吉野川 【徳島県】

吉野川
出典:じゃらん 観光ガイド 吉野川

別名『四国三郎』と呼ばれ、全長は194kmある。愛媛県石鎚山地の瓶ヶ森山が源。流れが穏やかなため、カヤック体験やキャンプ、川遊びなどが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/
船で下ることができます。思っていたより水の流れがあったような気がします。ラフティングも楽しむことができます。山の中にあり夏場でも少し涼しいです。
(行った時期:2018年7月)

とても水が澄んでいて、川底がよく見えます。急流で、ラフティングにもあっています。鮎もたくさんいるそうです。
(行った時期:2017年8月10日)

■吉野川
[住所]徳島県美馬市穴吹町三島
「吉野川」の詳細はこちら

寒霞渓 【香川県】

寒霞渓
出典:じゃらん 観光ガイド 寒霞渓

\口コミ ピックアップ/
雨上がりで、だんだんと晴れていき、きれいでした。眼下の街並み、瀬戸の島々と海、日本画をみているようでした。ロープウェイからも絶景でした。できればもう少しゆっくり動いて景色を堪能したかった。
(行った時期:2017年7月)

秋の寒霞渓は有名ですが夏場もオススメします。新緑の緑と遠くに見える海の色、空の青さがかなり綺麗な絶景になります。ただ山頂には野生の猿がいるので食べ物などは気をつけて下さい。一緒に写真に映る事も気をつけて下さい。たまに赤ちゃんを抱いてる猿もいて可愛いですけどね。
(行った時期:2018年7月)

■寒霞渓
[住所]香川県小豆郡小豆島町寒霞渓
「寒霞渓」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
全国
この記事に関連するキーワード
避暑地