じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国恋人はツンデレ上司!?夜景の見えるホテルで刺激いっぱい誕生日デート

2017.06.26

恋人はツンデレ上司!?夜景の見えるホテルで刺激いっぱい誕生日デート

じゃらん編集部  じゃらん編集部

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pockt

みなさん、ホテルのクラブフロアってご存知ですか?
一般的に、以下のようなサービスを受けられるものを指しますが……

・専用ラウンジの利用(ソフトドリンク、お酒、軽食など)
・高層階への宿泊
・専用コンシェルジュの利用(観光のことやサプライズに協力してもらえる)
・レイトチェックアウト

これがまた、デートや記念日のお祝いにぴったりなんです♪
ということで、クラブフロアのサプライズをテーマに、胸キュンが止まらない妄想ストーリーを描いてみました!


◆登場人物

◆登場人物

●川瀬すず(26)
主人公。PR会社で働くOL。
元気で明るいが、おっちょこちょいの一面も。
趣味は新作スイーツを食べに行くこと。

●綾野光一(35)
すずの上司でチームリーダー。
イケメンだけど、ちょいSな性格。
仕事中は厳しく、部下に恐れられている。


同僚リナ「すず~! 早く行かないとあの店ランチ終わっちゃうよ」
すず「大丈夫、パパッと済ませるから!」

―金曜日、午後1時半。すずは同僚にせかされて、PCモニターとにらめっこする。その時、離れた席から男の声に捕らえられた。上司の綾野だ。

綾野「川瀬~。お前、ちょっと来い」
すず「げっ……。このタイミングで呼び出し!?」

彼のデスクに着くやいなや、オフィスに怒号が響いた。

綾野「また同じミスだ! 何度言えば分かるんだよ。クライアント、相当怒ってるぞ」
すず「す……すみません!!」

オフィス

毎度自分の不注意に悔やみながら、必死に頭を下げるすず。社内で唯一怒られたくない男。何を隠そう、二人は内緒で付き合っているのだ。

綾野「お前さ、こんな軽いミス、中学生でもしないよ。いや小学生以下だな。もう4年目だろう。ったく、しっかりしてくれよ…。」
すず「……すみません」

重たい憂鬱がどんと背中にのしかかる。

すず(小学生以下なんてヒドイ……。そこまで言うなんて。もう私のこと好きじゃないのかな)

いつもよりブルーな気持ちになるのは、明日、デートを予定しているからか。しかも自分の誕生日。なんて悪いタイミングだろうと、睫毛が影を落とした。

―誕生日当日。すずは重い気持ちを引きずりながら、家を出た。待ち合わせ場所には、いつもの優しい笑顔の綾野がいた。今日は上司と部下ではなく、恋人同士の二人である。

待ち合わせ

綾野「すず、お誕生日おめでとう。今日は楽しもうな」(頭ぽんぽん)
すず「うん……ありがとう」
綾野「なんだ、今日元気ないな」
すず「だって昨日……ううん、なんでもない」

綾野の手が、すずの手をぎゅっと捉えた。あたたかい。

綾野「じゃ、行こう。ここからタクシーに乗るよ」
すず「え? タクシー?」
綾野「実は、今日はホテルを予約してたんだ。せっかくの誕生日だから」
すず「うそ……!」
綾野「夜景の見える部屋で、朝までゆっくり過ごそう」

―女なら誰もが恋人と泊まってみたい有名外資系ホテル。タクシーがエントランスに到着すると、黒い制服のボーイがうやうやしくドアを開ける。先に綾野が降り、すずの手をとってエスコートした。もやもやした気持ちの裏で、胸が高鳴る。

綾野「先にチェックインしておこう」

艶やかな大理石のグランドフロアを歩く綾野。しかしメインのフロントとは逆方向に向かう。

すず「チェックイン、あっちじゃないの?」
綾野「違うんだ。今日はクラブフロアを予約したから、専用の場所でチェックインするの」
すず「なに、それ?」
綾野「ちょっといい部屋のことだよ。今日は特別な日だからな……」

30代の男ならではの、大人なデートを披露する彼の背中を、尊敬のまなざしで見つめる。高級感のある絶妙な照明が、恋人をより紳士的に魅せる。胸のときめきが、昨日からの不安を解きほぐしていくように感じた。

綾野「レイトチェックアウトできるから、お前みたいなねぼすけでも、朝はゆっくりできるよ」
すず「も~!」

―午後5時、無事にチェックイン。部屋は50階に位置する。窓に手をついて見下ろせば、黄昏の都会の景色がずっと下に広がる。ここは、2人だけにしつらえられた天空の部屋。すずの頬は染まり、胸はうっとり潤う。

綾野「食事の時間まで、まだちょっとあるな。少しラウンジで飲もうか」

クラブフロアの専用ラウンジで、フリーのシャンパンを傾ける二人。夕方から夜に変わる空の美しさは格別だ。シャンパンの泡はいっそう細かく上昇する。

ラウンジ

綾野「すず、誕生日おめでとう」

―夕食はホテルのフレンチレストランへ。各テーブルにキャンドルが置かれた薄暗い空間に、ピアノとジャズ歌手の生演奏が、艶っぽい色どりを添える。

すず「うれしい。こういうの憧れてたの」
綾野「そうか。喜んでくれてよかった」

すずの喜ぶ顔にほっとする綾野。フルコースを楽しみ、終盤にさしかかる。

綾野「このあとデザートが来るよ。食べられるか?」
すず「うん。甘いものは別腹だもん!」
綾野「お前、太るぞ」
すず「うるさい~! 誕生日だからいいの」

綾野は表情が和らぎ、スタッフに目配せをした。するとピアノ演奏が、ジャズ調のバースデーソングを奏で、歌手がしっとりと歌い始めた。

♪Happy Birthday to you~

綾野「すず、お誕生日おめでとう」
すず「嘘……!」

生演奏は、すずのためのものだった。感激しているすずのもとに、スタッフがそっと近づく。手には豪華なケーキを持っている。

フレンチレストラン

スタッフ「本日はお誕生日おめでとうございます」
すず「!!」
綾野「コンシェルジュの人に協力してもらって、サプライズでケーキを用意してもらったよ」
すず「ありがとう。すごい、感動しちゃう……ぐすっ」
綾野「機嫌は直ったか?」
すず「うん……」

―午後10時。デザートを食べ終え、レストランを出る二人。部屋に戻ろうとエレベータを待っていると、見覚えのある小太りの中年が近づいていた。

部長「あれ……綾野?」
綾野「うわっ! 部長」
部長「川瀬も一緒じゃないか」
すず(やばっ……。付き合ってること、バレちゃう)

無意識に綾野の後ろに隠れようとするすず。たまらず、綾野が切り返す。

綾野「あれ、偶然ですね~部長。実は、俺たち、たまたま共通の友人の結婚式があって。ちょっと飲み直してたところなんですよー!」
すず「そうなんですー。世間って狭いですよねぇ。アハハ」
部長「そうだったのかぁ。おれは、ヒック。家族と。ヒック。◎×☆♪……」
綾野「ぶ、部長、相当飲まれてますね」

遠くから「パパ―」と呼ぶ幼い声が聞こえてきた。

部長「わはは。娘が呼んでる。じゃ、おれは行くからな。心配するな……ヒック」
綾野「はい!おつかれさまです!」

部長が店の中に消えた。ほっと胸をなでおろす二人。

綾野「部長って、酒に酔うと、記憶がなくなるタイプだろ。たぶん、今日のことも忘れてるはずだよ」
すず「よかったぁ。どうなるかと思った」
綾野「だな」
すず「でも、幸せそうだね。家族でこんなところに来るなんて。私もあんな風に仲のいい家族を作れたらいいな」
綾野「……そうだな」

頭ぽんぽん。綾野はすずを軽くなでて、部屋に向かった。

―部屋に戻ると、窓の下には、宝石を散りばめたような夜景が広がっていた。窓にしっかり手を当てて、見とれるすず。横に綾乃がそっと立つ。

綾野「今日は、何で元気なかったんだよ」
すず「だって……昨日、会社で私のこと『小学生以下だ』『4年目なのに使えない』って言ったじゃない。もう私のことなんて、好きじゃなくなっちゃったかなって思って」
綾野「バカだな。そんなこと気にしてたのか。会社では公平に接するのが俺のポリシーだからな。でも、2人の関係がバレないようにと思って、逆に強く言いすぎたかも。ごめんな」
すず「ううん……ミスしたのは私の責任だし。もっと力になれるように頑張る」
綾野「すずのそういう前向きなとこ、好きだよ。ずっとそばにいような」

すずは綾野の自分への愛情を改めて認識する。からだを綾野に預け、目をつぶり、そっと顔を近づける二人。

恋人はツンデレ上司!?夜景の見えるホテルで刺激いっぱい誕生日デート

と、その時。

ヴヴ―ッ!

綾野のスマホが鳴った。

綾野「なんだよ、邪魔しやがって。あ、例のクライアントからメールだ」
すず「げっ……」
綾野「まだちょっと怒ってるな。お前、罰として月曜日から残業な」
すず「やだーっ!」

(おしまい)

クラブフロアを利用できる人気ホテル一覧はこちら




■この記事を書いた人

シナリオ:東 香名子

シナリオ:東 香名子
コラムニスト。おもに恋愛コラム、小説を執筆。外資系企業受付を経て、女性サイト編集長を歴任。独身女性の視点から、リアルで繊細な文章を得意とする。ウェブコンサルタントとしても活躍。著書に「超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。


イラスト:佐木郁

イラスト:佐木郁

イラストレーター。商品タイアップ漫画なども手がける。Twitterに投稿されたサイレントショート漫画を集めたコミックス『好きって言うのに、言葉はいらない』(ワニブックス)、『恋のかけら』(一迅社)発売中。
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pockt

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
全国
この記事に関連するキーワード
デート
ホテル
ノウハウ