じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国全国の「観光列車」最新情報!2017年デビューの注目株6選をチェック!

全国の「観光列車」最新情報!2017年デビューの注目株6選をチェック!

2017.10.19

旅先への移動中も楽しむ、新たな旅のスタイルとして人気の「観光列車」。2017年は全国各地で新たな観光列車が運行を開始し、話題となっています。
そこで今回は、2017年デビューの観光列車から注目の6列車をご紹介いたします!沿線地域の魅力がぎゅっと詰め込まれた列車で、景色や食事を楽しむ観光列車の旅へと出かけましょう!

記事配信:じゃらんニュース

1.THE ROYAL EXPRESS(伊豆急行・東急電鉄)【神奈川県・静岡県】

ランチや観光を満喫しつつ伊豆へ。

7月21日デビュー

伊豆急行東急電鉄 THE ROYAL EXPRESS
数々の鉄道デザインを手掛けてきた水戸岡鋭治氏がデザイン(C)東急電鉄
伊豆急行東急電鉄 THE ROYAL EXPRESS
乗車定員は約100名。1両ごとに趣が異なり、車内で生演奏も企画している(C)東急電鉄

横浜と伊豆を結ぶ観光列車が誕生。ロイヤルブルーを基調にした列車は、客車やキッチン、多目的車からなる8両編成だ。乗車プランは、東京南麻布「山田チカラ」や大分市「方寸(ほうすん)」監修の昼食を提供する食事付き乗車プランの他、立ち寄り観光や伊豆の宿泊を組み合わせた1泊2日のクルーズプランも用意。

THE ROYAL EXPRESS
運転区間/JR横浜駅~伊豆急行線伊豆急下田駅
所要時間/食事付き乗車プランは約3時間~約3時間10分(運行便により異なる)
料金/食事付き乗車プランはゴールドクラス2万5000円、プラチナクラス3万5000円(9月の場合※受付終了)
購入方法/ホームページまたは郵送。申し込みが定員超過の際は抽選(9月運行分は受付終了)
備考/運転日などはホームページを参照
「THE ROYAL EXPRESS」の詳細はこちら

2.四国まんなか 千年ものがたり(JR四国)【香川県・徳島県】

里山や渓谷を愛でる、おとなの遊山。

4月1日デビュー

JR四国 四国まんなか千年ものがたり 大歩危小歩危峡
大歩危・小歩危峡(おおぼけ・こぼけきょう)をはじめとする渓谷美や田園風景が車窓を彩る
JR四国 四国まんなか千年ものがたり 弁当例
多度津駅発は洋風弁当、大歩危駅発は和風の重箱弁当(写真)がゆったりと味わえる

野山で遊ぶ小旅行をコンセプトに、四国山地を横断するJR土讃線の約65km区間を走る列車。先頭車両が若草色の多度津駅発「そらの郷紀行」と、実りの秋を思わせる赤色の大歩危駅発「しあわせの郷紀行」がある。車内では事前予約制の食事の提供も。

四国まんなか 千年ものがたり
運転区間/JR土讃線多度津駅~大歩危駅
運転日・本数/金曜日・土日祝を中心に1日1往復運転
所要時間/多度津駅発は約2時間27分、大歩危駅発は約2時間56分
料金/乗車料金(多度津駅~大歩危駅)3740円、食事料金5500円(多度津駅発)または4500円(大歩危駅発)
購入方法/乗車券等は全国のJRのみどりの窓口、主要旅行会社。食事券はJR四国旅の予約センター電話087-825-1662にて乗車1カ月前より、乗車10日前まで電話受付
「四国まんなか 千年ものがたり」の詳細はこちら

3.HIGH RAIL 1375【JR東日本/山梨県・長野県】

星空を見上げつつ高原を快走。

7月1日デビュー

HIGHRAIL1375ペアシート
客席(ペアシート)写真提供/JR東日本長野支社
HIGHRAIL1375ドーム天井
車内の「ギャラリーHIGH RAIL」にあるドーム型天井 写真提供/JR東日本長野支社

JRの標高最高地点・野辺山駅を通る観光列車のコンセプトは「天空にいちばん近い列車」。車内ギャラリーに天文関連の書籍を設置する他、天井部には星空映像が投影される。18時20分発の最終便は約1時間の野辺山駅停車時間中に、星空観察会を開催。

HIGH RAIL 1375
運転区間/JR小海線小淵沢駅~小諸駅
運転日・本数/土日祝を中心に1日3本
所要時間/約2時間~約3時間30分(運行便により異なる)
料金/運賃+指定席券820円
購入方法/全国のJRの主要駅・旅行センター、全国の主要旅行会社
備考/食事付き旅行商品もあり、JR東日本のびゅうプラザ・主要旅行会社にて発売
「HIGH RAIL 1375」の詳細はこちら

4.SL大樹(東武鉄道)【栃木県】

レトロなSLで鬼怒川旅行を。

8月10日デビュー

東武鉄道 SL大樹
「鉄道産業文化遺産の保存・活用」等を目的にSLを復活運転。SLや客車は全国の鉄道会社から借受・譲受。写真提供/東武鉄道
東武線 SL大樹 下今市駅
SL旅にふさわしくリニューアルされた下今市駅。写真提供/東武鉄道

東武鉄道としては約半世紀ぶりとなるSLを復活運転。7月22日開業の東武ワールドスクウェア駅にも停車する。SLが発着するのは昭和レトロ風に全面改修された下今市駅。この駅では日光方面行きの列車に乗り換えられ、日光観光と合わせて利用しやすい。

SL大樹(たいじゅ)
運転区間/東武鬼怒川線下今市駅~鬼怒川温泉駅
運転日・本数/土日祝を中心に1日3往復
所要時間/約35分
料金/運賃+SL指定席券750円(大人)
購入方法/東武線の主要駅、主要旅行会社。東武線各駅では乗車1カ月前より発売
「SL大樹」の詳細はこちら

5.特急「かわせみ やませみ」(JR九州)【熊本県】

人吉球磨の自然と焼酎に酔いしれて。

3月4日デビュー

JR九州 特急かわせみとやませみ
1号車「かわせみ」と2号車「やませみ」の2両連結
JR九州 特急かわせみ やませみの内装
木材を多用した落ち着く内装
JR九州 郷土料理の弁当
土日祝は郷土料理の弁当と「つぼん汁」のセットの車内販売も
JR九州 特急やませみかわせみ サービスコーナー
サービスコーナー(平日3~6号便、土日祝2~6号便で営業)で球磨焼酎が常時3種類提供される

四方を山に囲まれた人吉盆地や日本三急流・球磨川をめぐる新特急。リクライニングシートやテーブル席がある客席の他、球磨の郷土料理や焼酎を販売するカウンター、双眼鏡を設置した展望コーナーを備える。停車駅では土日祝を中心に特産品販売も。

特急「かわせみ やませみ」
運転区間/JR鹿児島本線熊本駅~JR肥薩線人吉駅
運転日・本数/毎日3往復
所要時間/約1時間32分~約1時間41分(運行便により異なる)
料金/熊本駅~人吉駅(乗車券+指定席特急券)3270円
購入方法/全国のJR主要駅のみどりの窓口、主要旅行会社など。乗車1カ月前より発売
「特急「かわせみ やませみ」」の詳細はこちら

6.SL「やまぐち」号(JR西日本)【山口県・島根県】

レトロ感と快適性を両立した客車。

9月新客車デビュー

SLやまぐち号
現行のSLに加えて「D51」の本線運転復活に向けた整備も進行
JR西日本 SLやまぐち号客車
客車は3タイプあり、普通車の他にグリーン車も新たに加わる

「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」開催にあわせ、昭和期の旧型客車を模した新客車を導入。形状はレトロながら、最新技術で快適な乗り心地も実現。開放式展望デッキやSLの運転シミュレーターなど、乗車中により楽しめる設備も。

SL「やまぐち」号
運転区間/JR山口線新山口駅~津和野駅
運転日・本数/土日祝日を中心に1日1往復
所要時間/約1時間45分~約2時間9分
料金/新山口駅~津和野駅1660円
購入方法/全国のJRの主要駅のみどりの窓口、主要旅行会社。乗車1カ月前より発売 http://www.jr-odekake.net/train/sl-yamaguchi/
「SL「やまぐち」号」の詳細はこちら

※この記事は2017年8月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング