じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ東北もう一度行ってみたい!人気温泉地ランキング2018【東北】TOP5を発表!

もう一度行ってみたい!人気温泉地ランキング2018【東北】TOP5を発表!

2018.01.19

今年も人気温泉地ランキングの時期がやってきました!「温泉まんじゅう美味しかったよね!」「次行くなら露天風呂付きの宿泊まりたいな~♪」なんて読者の声が聞こえてきそうなランキング。今回は、東北エリアのTOP5温泉地を発表!
ランキングと各温泉地紹介スポットを参考に、あなたにぴったりの温泉地を探してみませんか?

記事配信:じゃらんニュース

5位 銀山温泉【山形県尾花沢市】

絵になる温泉街でタイムスリップ気分

銀山温泉
ノスタルジックな街並みに、非日常感への憧れが強まる

現代とは時の流れを別にするかのような空気に包まれている銀山温泉は、街歩きをしっぽりと楽しんで。細やかな意匠を凝らした木造建築が立ち並ぶ街並みは、冬こそが一番雰囲気のある季節とのクチコミ評価も多数集まった。

能登屋旅館

重厚な歴史を感じる国有形文化財の宿。

能登屋旅館
宿や通りに明かりが灯ると、より情緒に溢れた街並みに
能登屋旅館
各宿の趣向が表れる「鏝(こて)絵」にも注目

大正初期に建てられたという3階建ての木造宿。屋根の上には街を眺めるやぐらとしての役割を持つ望楼があり、銀山温泉のシンボル的な存在として撮影スポットとなることも多い。

●TEL/0237-28-2327
●住所/山形県尾花沢市大字銀山新畑446
※日帰り入浴はなし

旅館古山閣

江戸時代創業の老舗宿は歳時記鏝絵が印象的。

旅館古山閣
築90年の時を重ねた建物はどこを切り取っても絵になる

銀山温泉の特徴である漆喰で描かれた鏝絵。古山閣の2階にあたる部分には春夏秋冬の様子を表現した10枚の鏝絵が。2017年1月にはオーベルジュスタイルの新館も誕生した。

●TEL/0237-28-2039
●住所/山形県尾花沢市銀山温泉423

仙峡の宿 銀山荘

街の入り口に位置する湯宿で雪見風呂に浸かるひと時。

仙峡の宿 銀山荘

雪景色の山々を望む露天風呂。一段下には寝湯も

温泉街の入り口の高台に位置し、銀山川と山々の眺望が自慢の宿。温泉街では貴重な日帰り入浴をすることができ、露天風呂や寝湯から雪景色を眺める贅沢な時間が待っている。

●TEL/0237-28-2322
●住所/山形県尾花沢市銀山温泉新畑85
●営業時間/日帰り入浴10時~最終受付13時30分
●定休日/火・金
●料金/中学生以上1000円、小学生以下500円(フリードリンク付き)

和楽足湯(わらしゆ)

おやつを片手に足湯でおしゃべり。

和楽足湯
温泉街の入り口、銀山川のほとりにある

温泉街の真ん中を流れる川のほとりにある足湯で、おしゃべりしながらひと休み。まんじゅうや、カレーパン、豆腐など銀山の名物のグルメの用意もお忘れなく!

●TEL/0237-28-3933(銀山温泉観光案内所)
●住所/山形県尾花沢市銀山温泉
●営業時間/6時~22時
●定休日/なし
●料金/利用無料

銀山温泉(ぎんざんおんせん)
[泉質]塩化物泉
[効能]冷え性、筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり、きりきず、皮膚乾燥症など
[日帰り湯の数]3軒
[宿の数]12軒
アクセス/電車:JR大石田駅よりバスで40分
車:東北中央道東根ICより40分 
問合せ/銀山温泉観光案内所
TEL/0237-28-3933
「銀山温泉」の詳細はこちら

4位 鳴子温泉郷【宮城県大崎市】

めぐって比べて、違いに驚き

7種もの泉質がひとつの温泉郷に集まっているのは、全国でも稀。泉質、湯量ともに温泉のデパートと言っても過言ではないのが鳴子温泉郷だ。気分やシチュエーションによって、湯を選べる贅沢さが温泉美人を作るのだ。

湯めぐりシール

まずはGet!手軽に湯めぐりの必携アイテム。

湯めぐりシール
チケットデザインも様々

6枚のシールを、各施設で必要な枚数分渡して入浴するチケット。鳴子温泉郷のほか、山形県の赤倉温泉、瀬見温泉でも利用できる。

●販売場所/鳴子観光・旅館案内センター
●料金/1300円

湯めぐり広場

手湯がある鳴子温泉のランドマーク。

湯めぐり広場
鳴子エリアのシンボル、こけしがここにも。一緒に記念撮影!
湯めぐり広場
鳴子温泉・早稲田桟敷湯の温泉を引き湯している

鳴子温泉駅から滝の湯共同浴場へ向かう途中にある休憩場所。温泉街の散歩で疲れたら、広場でひと休みしてみては。町にはほかに4カ所の足湯も用意されている。

●TEL/0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)
●住所/宮城県大崎市鳴子温泉湯元
●営業時間/24時間
●定休日/なし
●料金/手湯利用無料

しんとろの湯

まるで美容液のような浴感。体はポカポカ、つるスベ肌に。

しんとろの湯
ワンコインでお釣りが来る手軽さで最上質の湯に浸かれるなんて、この上ない幸せ

しんとろの湯

中山平温泉エリアにある日帰り専門施設。とろとろ~っとした肌触りの湯は、樋を流して温度を調整する源泉を使用しており、素肌美人を求める女性に根強い人気がある。

●TEL/0229-87-1126
●住所/宮城県大崎市鳴子温泉字星沼18-9
●営業時間/日帰り入浴9時~21時30分(最終受付21時)
●定休日/なし
●料金/中学生以上420円、小学生210円、未就学児無料

滝の湯共同浴場

鳴子温泉を象徴する1000年の歴史を持つ湯処。

滝の湯共同浴場
あつ湯とぬる湯の2つの浴槽で白いにごり湯を堪能しよう。打たせ湯もある
滝の湯共同浴場
鳴子の温泉を語るならここはハズせない

すぐそばにある鳴子温泉神社のご神湯としての歴史を持つ、共同浴場。泉質豊富な温泉郷では珍しい酸性泉が惜しみなく注がれる湯船は、総ヒバ造りとなっている。

●TEL/080-9633-7930(番台直通)
●住所/宮城県大崎市鳴子温泉湯元47-1
●営業時間/日帰り入浴7時30分~22時(最終受付21時)
●定休日/なし
●料金/中学生以上150円、0歳~小学生100円

四季の宿 花渕荘

夜はライトアップで幻想的に季節の山里料理も評判。

四季の宿 花渕荘
肌当たりの優しい柔らかな湯は、何度でも繰り返し入りたい

山形県寄りに位置する中山平温泉にある湯宿。宿に自噴する温泉を、庭園露天風呂や大浴場などでゆっくりと満喫しよう。鳴子岩をくりぬいた野趣に溢れた一人用湯船もある。

●TEL/0229-87-2146
●住所/宮城県大崎市鳴子温泉星沼133-2
●営業時間/日帰り入浴8時~20時
●定休日/不定
●料金/中学生以上500円、小学生300円、未就学児無料

鳴子温泉郷(なるこおんせんきょう)
[泉質]単純温泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、二酸化炭素泉、硫黄泉、酸性泉
[効能]末梢循環障害、冷え性、きりきず、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬など
[日帰り湯の数]6軒
[宿の数]68軒
アクセス/電車:JR鳴子温泉駅より徒歩すぐ
車:東北道古川ICより40分 
問合せ/鳴子観光・旅館案内センター
TEL/0229-83-3441
「鳴子温泉郷」の詳細はこちら

3位 花巻温泉郷【岩手県花巻市】

じっくり1カ所でも、たくさんハシゴしても

東北道からのアクセスが20分前後で、盛岡や平泉観光の拠点としても利便のよい花巻温泉郷。源泉数は30本超と豊富で、東北有数の人気宿や湯治場風情の残る宿などタイプは様々だから、アナタ好みの温泉が見つかるはず。

花巻温泉 ホテル紅葉館

四季の移ろいを肌で感じる岩露天風呂。

花巻温泉 ホテル紅葉館
刺激が少ない単純温泉で、子どもからお年寄りまで安心して入れる湯
花巻温泉

花巻温泉エリアにあるホテル紅葉館の名物は、開放感に溢れた岩露天風呂。宿泊客なら、隣接するホテル花巻、ホテル千秋閣と合わせて3館の湯めぐりが無料で楽しめる。

●TEL/0198-37-2111
●住所/岩手県花巻市湯本1-125
●営業時間/日帰り入浴12時~21時
●定休日/なし
●料金/中学生以上800円、小学生400円、未就学児無料

精華(せいか)の湯

温泉郷ではここだけ日帰り入浴専門施設。

精華の湯
建物の半分は湯処、もう半分は「そば工房かみや」として営業
台温泉

温泉郷の中の台温泉エリアは、木造の宿が立ち並ぶ古き良き温泉街。精華の湯はほんのりと硫黄の香りが漂う弱アルカリ性泉の湯を、惜しみなくかけ流しで使用している。

●TEL/0198-27-2426
●住所/岩手県花巻市台2-56-1
●営業時間/日帰り入浴6時~22時(最終受付21時30分)
●定休日/なし
●料金/500円

結びの宿 愛隣館(あいりんかん)

バラエティに富んだ17の湯船を巡る幸せ♪

結びの宿 愛隣館
モノトーンの情景に浸る雪見風呂もいい
新鉛温泉

幅広い年代に人気の湯宿。信楽焼など趣向を凝らした7つの内湯と、立ち湯や岩風呂など自然浴を楽しむ露天風呂、そして貸切風呂や岩盤浴まであり選ぶ楽しみが満載!

●TEL/0198-25-2619
●住所/岩手県花巻市鉛字西鉛23
●営業時間/日帰り入浴10時30分~最終入館19時
●定休日/不定
●料金/中学生以上850円、3歳~小学生400円、2歳以下無料

大沢温泉 賢治ゆかりの自炊部 湯治屋

賢治も通ったという名湯は冬景色×渓流露天で情緒満点。

大沢温泉 賢治ゆかりの自炊部 湯治屋
20時~21時は女性専用時間となる「大沢の湯」
大沢温泉

湯治場時代の名残である渓流沿いの大露天風呂「大沢の湯」が名物。花巻で過ごした賢治も幼少の頃から通ったという歴史ある湯で、心ゆくまで雪見風呂の風情を堪能しよう。

●TEL/0198-25-2315
●住所/岩手県花巻市湯口字大沢181
●営業時間/日帰り入浴7時30分~21時
●定休日/なし(4月上旬にメンテナンス休館日3日あり)
●料金/中学生以上600円、3歳~小学生300円、2歳以下無料

花巻温泉郷(はなまきおんせんきょう)
[泉質]単純温泉、硫黄泉、硫酸塩泉など
[効能]冷え性、筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり、運動麻痺における筋肉のこわばり、痔の痛み、病後回復期、疲労回復、健康増進など
[日帰り湯の数]3軒
[宿の数]35軒
アクセス/電車:JR花巻駅よりバスで20分~30分
車:東北道花巻南ICより15分
問合せ/花巻観光協会
TEL/0198-29-4522
「花巻温泉郷」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東北
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
この記事に関連するキーワード
温泉
東北
良泉質
観光
露天風呂
ランキング
宿
日帰り温泉