じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ神奈川県鎌倉のあじさい名所【2018】おすすめ14選!定番から穴場まで

鎌倉のあじさい名所【2018】おすすめ14選!定番から穴場まで

2018.04.06

じめじめしてちょっと憂鬱な梅雨の季節はおでかけもおっくうになってしまいますよね。でも、この季節だからこそ楽しめる景色だってあるんです!そう、梅雨といえばあじさいが美しく咲き誇る時期。
色とりどりのきれいな紫陽花がきっと心を晴らしてくれますよ。

鎌倉エリアのオススメのあじさいスポットをご紹介します!
記事配信:じゃらんニュース

\2019年の記事はこちら!/
【2019】鎌倉あじさい名所!見頃情報もチェック

長谷寺(長谷観音)

長谷寺(長谷観音)
出典:じゃらん 観光ガイド 長谷寺(長谷観音)

坂東三十三ヵ所霊場の第四番札所。木造仏では日本一大きい9m余の十一面観音立像や、重要文化財の梵鐘がある。鎌倉七福神の一つ大黒天が祀られている。

\口コミ ピックアップ/
紫陽花を見に行きました。さすが鎌倉でも有数の紫陽花の名所とされているだけのことはあり、壮観でした!!
(行った時期:2017年6月)

あじさい寺としても有名でシーズンには沢山の人で賑わいます。あじさいだけでなく、海を見下ろせる景色もきれいです。
(行った時期:2015年6月)

長谷寺(長谷観音)
住所/神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
「長谷寺(長谷観音)」の詳細はこちら

あじさい公園

あじさい公園
出典:じゃらん 観光ガイド あじさい公園

3,000株のあじさいがあり散策によい。

\口コミ ピックアップ/
あじさい公園という名前のとおり、あじさいの季節はあじさいが色とりどりとても綺麗です。そこから見る海もとても綺麗です。
(行った時期:2017年6月)

海がすぐ間近で、あじさいのいろどりと、海の青さのコントラスト素晴らしかったです。ここまでたくさんのアジサイはなかなかないです。
(行った時期:2015年6月)

あじさい公園
住所/神奈川県三浦郡葉山町堀内1537
「あじさい公園」の詳細はこちら

明月院(あじさい寺)

明月院(あじさい寺)
出典:じゃらん 観光ガイド 明月院(あじさい寺)

北条時宗が建立した禅興寺の塔頭(禅興寺は明治初年に廃絶)。開基は上杉憲方で、開山は密室守厳。境内を埋める数千本のアジサイは見事で、シーズンには多くの人で賑わう。臨済宗建長寺派寺院。

\口コミ ピックアップ/
紫陽花寺ともいわれるくらいあじさいの名所です。院内のいろんなところにあじさいが咲きほこっていてとても美しいです。
(行った時期:2017年6月)

明月院ブルーと称される青い紫陽花が有名ですが、四季折々の花々に彩られた優しいお寺さんです。
丸窓からの景色は絶好の写真スポットですよ。
(行った時期:2017年6月)

明月院(あじさい寺)
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内189
「明月院(あじさい寺)」の詳細はこちら

成就院

成就院
出典:じゃらん 観光ガイド 成就院

弘法大師が護摩を焚いたという場所へ、1219年(承久1)三代執権北条泰時が創建した。相模国風土記によれば、1333年(元弘3)鎌倉幕府の攻防戦で境内が踏み荒らされ、一時別の場所へ移っていたが、江戸時代に再び現在地へ再建されたと伝えられる。アジサイの美しさでも有名。鎌倉三十三観音第21番。

\口コミ ピックアップ/
海とアジサイを一望できる、穴場スポット。鎌倉でも成就院のような景色を見られるところはほかにないと思います。
(行った時期:2012年6月)

こちらも紫陽花の名所です。紫陽花が両脇に咲く坂道の先には海が見えます。この景色がまさに絶景、ぜひ一度見てみてください。
(行った時期:2013年6月)

成就院
住所/神奈川県鎌倉市極楽寺1-1-5
「成就院」の詳細はこちら

極楽寺

極楽寺
出典:じゃらん 観光ガイド 極楽寺

開山は忍性、開基は二代執権北条義時の三男重時で、1259年(正元1)に建立された。全盛期には、金堂、講堂、十三重塔などの伽藍のほかに49の塔頭を備えた大寺院だったが、合戦や火災、地震等により、今ではただ一つ残った吉祥院が本堂となっている。鎌倉三十三観音第22番・鎌倉二十四地蔵第20・21番。

\口コミ ピックアップ/
駅名にもなっている江ノ電の極楽寺駅からすぐです。
極楽寺は中心地と違って落ち着いた駅、落ち着いた場所で鎌倉らしさの感じられるところ。
そこにある極楽寺も小さな落ち着いたお寺です。
私が行った6月にはアジサイの花も咲いていて、一層雰囲気がよくなっていました。
(行った時期:2015年6月8日)

鎌倉でアジサイ巡りをしていた時に立ち寄りました。極楽寺駅からすぐの場所にあります。周辺にあるアジサイが有名なお寺のような華やかさはありませんが静かで落ち着く雰囲気のある場所です。
(行った時期:2014年6月)

極楽寺
住所/神奈川県鎌倉市極楽寺3-6-7
「極楽寺」の詳細はこちら

御霊神社

御霊神社
出典:じゃらん 観光ガイド 御霊神社

後三年の役で活躍した鎌倉権五郎景政をまつり、地元では「権五郎さま」と呼び親しまれている神社。毎年9月18日に行われる面掛行列が有名で、その際に十人衆がつける仮面が境内の宝物庫に保管されている。

\口コミ ピックアップ/
成就院から長谷寺へ向かう途中にある忘れてはならないアジサイの名所。
花と江ノ電を写真に撮る人が多いです。
本殿の裏にアジサイが咲き、珍しい種類もありました。
(行った時期:2016年6月)

この神社のあじさいもとても素敵です。ここでは、江ノ電とお花の写真を一緒に撮ることができます。ベストショットになると思うのでおすすめです。
(行った時期:2015年6月)

御霊神社
住所/神奈川県鎌倉市坂ノ下4-9
「御霊神社」の詳細はこちら

鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区

鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区
出典:じゃらん 観光ガイド 鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区

由比ガ浜の南西端に突き出す懸崖。新田義貞の碑や「真白き富士の嶺」の歌で知られるボート遭難の記念碑が立ち、遊歩道も設けられている。

鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区
住所/神奈川県鎌倉市稲村ガ崎3丁目
「鎌倉海浜公園稲村ガ崎地区」の詳細はこちら

鎌倉中央公園

鎌倉中央公園
出典:じゃらん 観光ガイド 鎌倉中央公園

鎌倉市のほぼ中央に位置し、谷戸と呼ばれる山合いの地形を利用して作られています。自然とのふれあいや農業体験などのできるゾーンと、二つの溜池を中心に湿性花園や庭園植物園、子供の森などを配した植物園ゾーンとがあります。

\口コミ ピックアップ/
お散歩に最適な公園です。人もあまりいないのでのんびり過ごすことができます。紫陽花もあるのでおすすめです。
(行った時期:2015年6月)

鎌倉中央公園には鎌倉方面へ行った際にはよく寄ります。園内が広々しており、ベンチも多く気持ちよくくつろげます。アジサイも綺麗に咲いていました。
(行った時期:2016年6月26日)

鎌倉中央公園
住所/神奈川県鎌倉市山崎
「鎌倉中央公園」の詳細はこちら

光則寺

光則寺
出典:じゃらん 観光ガイド 光則寺

日蓮上人の弟子日朗上人が、北条時頼の側近宿屋光則の屋敷に開いた。1260年(文応1)日蓮上人が「立正安国論」を幕府に差し出した場所として知られている。境内は、四季折々の花が絶えない美しい庭で、特に4月上旬に咲く樹齢約150年のカイドウが見事。

\口コミ ピックアップ/
あまり有名ではありませんが、アジサイと菖蒲がきれいでした。奥まで敷地が続いていて、日朗上人の牢が残されているのは知りませんでした。なぜかクジャクもいます。
(行った時期:2013年6月8日)

長谷寺の近くにあり、こちらもアジサイの名所なのに、季節に行っても混んでいない穴場スポットです。
奧の長い階段を上っていくと、日朗上人の土牢があります。
(行った時期:2016年6月)

光則寺
住所/神奈川県鎌倉市長谷3-9-7
「光則寺」の詳細はこちら

円覚寺

円覚寺
出典:じゃらん 観光ガイド 円覚寺

文永・弘安の役の戦死者を慰霊するため、北条時宗が無学祖元(仏光国師)を招いて1282年(弘安5)に創建。門に至る杉木立の階段が印象的。鎌倉五山第二位。臨済宗円覚寺派大本山。本尊は木造釈迦如来坐像。塔頭16

\口コミ ピックアップ/
鎌倉でアジサイ巡りをしていた時に立ち寄りました。歴史を感じる場所でアジサイも綺麗に咲いていました。次回は茶席にも寄ってみたいです。
(行った時期:2014年6月)

梅雨の時期だったのであじさいがたくさん咲いてた
あじさいと一緒に写真を撮るのがおすすめ
駅から近いのですぐわかる!
(行った時期:2016年6月)

円覚寺
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内409
「円覚寺」の詳細はこちら

東慶寺

東慶寺
出典:じゃらん 観光ガイド 東慶寺

開山は北条時宗の妻であった覚山志道尼、開基は時宗の子、北条貞時で1285年(弘安8)に創建。縁切寺法で女性を救済したことから「駆け込み寺」や「縁切り寺」の俗称で名高い。鎌倉三十三観音第32番。東国花の寺。

\口コミ ピックアップ/
多くの種類のアジサイの花を楽しめます。どの花も驚くくらい綺麗です。同時にショウブの花、イワタバコの花も楽しめます。
(行った時期:2015年6月)

昔は縁切寺であったとのことで、どことなくしっとりとした雰囲気のお寺です。こちらもあじさいで有名ですが、他にも梅や桜、菖蒲など季節の花をたくさん見ることができます。
(行った時期:2014年6月)

東慶寺
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内1367
「東慶寺」の詳細はこちら

建長寺

建長寺
出典:じゃらん 観光ガイド 建長寺

鎌倉五山の第一位で、北条時頼が1253年(建長5)に宋から高僧蘭渓道隆を招いて創建。総門・三門・仏殿・法堂などの主要な建物が中軸上に並ぶ大陸的な伽藍配置を残している。仏殿の前にある樹齢約730年のビャクシンの古木が寺の歴史を感じさせる。一番奥にある半僧坊から は天園ハイキングコースへ通じる。本尊は木造地像菩薩坐像。塔頭10。鎌倉三十三観音第27・28・29番、鎌倉二十四地蔵第9・10・11番。

\口コミ ピックアップ/
アジサイの季節とお正月にお勧めの場所です。大人のスポットといえると思います。お庭の観賞ができます。また見晴らしのよい場所もあります。
(行った時期:2013年6月16日)

建長寺
住所/神奈川県鎌倉市山ノ内8
「建長寺」の詳細はこちら

瑞泉寺

瑞泉寺
出典:じゃらん 観光ガイド 瑞泉寺

開基は二階堂道蘊、開山は夢窓疎石で1327年(嘉暦2)の創建。鎌倉御所初代公方、足利基氏がここに葬られてから公方家の塔所となり、関東十刹に名を連ねる。夢窓疎石が庭園の後の山に建てたへん界一覧亭は、鎌倉五山の僧による五山文学の中心となり、また、江戸時代には徳川光圀がここで「新編鎌倉志」を編纂させたという。開山に供えるために丹精される四季の花は、同時に訪れる人々を楽しませてくれる。鎌倉三十三観音第6番。鎌倉二十四地蔵第7番。

\口コミ ピックアップ/
思いつきで天園ハイキングコースを歩いていたところ鎌倉によく来られるという方に教えていただきました。
繁忙期なのに人が少なく、知る人ぞ知る穴場です。
緑が豊かで、構内の風景も美しかった。
紫陽花の前にベンチがあったのでしばらくそちらに座ってゆったりしていました。
喧騒を忘れるのにとても良いところです。
(行った時期:2015年6月)

瑞泉寺
住所/神奈川県鎌倉市二階堂710
「瑞泉寺」の詳細はこちら

亀ヶ谷坂切通し

亀ヶ谷坂切通し
出典:じゃらん 観光ガイド 亀ヶ谷坂切通し

山に囲まれた鎌倉幕府は外部との連絡をスムーズにする必要があった。そのために作られた通り道が鎌倉7つ口と呼ばれる7か所の切通し。ここはそのひとつで、険しい山の真中を貫くように道が作られていたことがわかる。当時は軍事的にも敵の攻撃を食い止める場所として、この狭さが有効に機能していた。

鎌倉時代の7通路は今もその姿を残している

\口コミ ピックアップ/
亀ヶ谷坂切通しを訪れました。北鎌倉駅から建長寺を目指して歩いている途中に紫陽花がきれいに咲いていて観光客の人が多かったので立ち寄りました。地元の人の生活道でもあるのかバイクが通るので、写真を撮る際は周りに注意が必要です。
(行った時期:2017年7月)

亀ヶ谷坂切通し
住所/神奈川県鎌倉市扇ヶ谷3
「亀ヶ谷坂切通し」の詳細はこちら

※この記事は2018年3月時点での情報です。投稿された口コミをもとに記事を作成しています。
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関東
神奈川県
この記事に関連するキーワード
観光スポット