じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ沖縄沖縄で食べる本場の味!地元で人気の「沖縄そば店」7選

沖縄で食べる本場の味!地元で人気の「沖縄そば店」7選

2015.09.03

沖縄県民がこよなく愛する定番グルメ。観光客にとっても「沖縄そば」はやはり外せないですよね。
普通の「そば」とはちがって、「沖縄そば」の麺は、黄色くて食感も少し独特。
それもそのはず!沖縄そばは、材料にそば粉を一切使っていないのです。

ただ「沖縄そば」とひと口に言っても、実は店ごとで味わいイロイロ。
個性派トッピングから麺そのものが変わりダネまで。地元でも人気の絶品全7杯をご紹介します。

1.[北部・本部町]そば屋よしこ

圧巻! 巨大てびちがドーン。旨みが溶けたスープも絶品

そば屋よしこ
てびちそば700円。煮込んだてびちとレタスの異なる食感が絶妙

店主のよしこさんが作る昔ながらのやんばるそば。名物「てびちそば」は、豚骨、昆布、カツオで煮込んだ和風スープにとろ〜り柔らかいてびちと大量の蒸しレタス入り。名護から仕入れる中細麺との相性もバツグン!

そば屋よしこ

笑顔がキュートなよしこさん。「むる、ま〜さん(全部おいしい)よ〜」
そば屋よしこ

「よしこ」と大きく描かれた看板が目印。そば激戦区の北部でも有名店
そば屋よしこ

テーブル席とお座敷がある広い店内。地元の常連客も多い

そば屋よしこ
TEL/0980-47-6232 
住所/国頭郡本部町伊豆味2662 
営業時間/10時〜17時 
定休日/金 
アクセス/沖縄道許田ICより25分
駐車場/20台 
[席数]44 [カード]不可

2.[中部・浦添市]高江洲そば

客のワガママから生まれた朝からイケるさっぱりそば

高江洲そば ゆしどうふそば
豚骨とカツオの濃厚な味わいのスープにゆしどうふが入ることでさっぱり!写真の大620円が普通サイズ。中520円、大盛720円の3サイズある

「そばもいいけど、ゆしどうふもいいなぁ」。そんな常連さんの声に応え先代女将が作った愛ある一杯。ゆしどうふは、そばとは別ダシで煮ているのがプロの技。通常のそばよりさっぱり感アップで二日酔いの朝にもいいと評判。

高江洲そば

2代目女将の高江洲さん。「横浜にも支店がオープンしたから行ってみてね」
高江洲そば

開店早々お客さんが押し寄せる人気店。2013年6月のリニューアルでお店は広く!地元はもちろん、那覇市内など遠くから足しげく通うファンも多い
高江洲そば

現在は2代目女将が暖簾を守る昭和46年創業の老舗

高江洲そば(たかえす)
TEL/098-878-4201 
住所/浦添市伊祖3-36-1 
営業時間/10時〜19時30分 
定休日/日 
アクセス/沖縄道西原ICより10分 
駐車場/20台 
[席数]50 [カード]不可
「高江洲そば」の詳細はこちら

3.[南部・八重瀬町]屋宜家

登録有形文化財で味わう磯の香りが漂う一杯

屋宜家 アーサーそば
800円。ツルツル食感の麺だけでなく、トッピングにアーサー(アオサ)をた〜っぷり

国の登録有形文化財に指定される古民家はゆっくりと時間が流れる別世界。そんな贅沢シチュエーションで味わえる沖縄そばは、ひと晩寝かせたまろやかスープが自慢。コシのある麺にアオサを練り込んだアーサーそばが名物。

屋宜家

 
屋宜家

母屋と離れからなる。沖縄そばのほか、黒糖を使ったぜんざい380円など甘味も

屋宜家(やぎや)
TEL/098-998-2774 
住所/島尻郡八重瀬町大頓1172 
営業時間/11時〜16時(LO15時45分) 
定休日/火(祝日の場合は営業) 
アクセス/那覇空港道南風原南ICより15分
駐車場/20台 
[席数]40 [カード]不可
「屋宜家」の詳細はこちら

4.[南部・那覇市]てんtoてん

こねて、踏んで、寝かせてこだわり相当! 木灰そば

てんtoてん

食事メニューは木灰そば650円と、無農薬栽培の古代米を使ったおにぎり160円のみ

小麦粉と木灰水と、塩をこねて、踏んで、3日間熟成。手間ひまをかけて生まれる麺はコシが強くモチモチ。ほとんどの人が飲み干すというあっさり豚骨ベースのスープとの相性もよい。

てんtoてん

開放的な雰囲気の店。奥にはテーブル席がある
てんtoてん

オーナーの住居を改装したお店。ツタが壁一面を覆い尽くしたインパクトある佇まい

てんtoてん(てんとぅてん)
TEL/098-853-1060 
住所/那覇市識名4-5-2 
営業時間/11時30分〜15時(LO)※売り切れ次第終了 
定休日/月(祝日の場合は営業) 
アクセス/沖縄道那覇ICより7分 
駐車場/5台 
[席数]50 [カード]不可

5.[北部・本部町]そば処 夢の舎

芳醇な極上スープで味わう陶芸家店主渾身の手打ち麺

そば処 夢の舎
地元でとれた海ぶどう入り三枚肉そば1000円。平日30食、土日祝は50食限定

木灰を使う昔ながらの麺は、コシと弾力を併せもつパワフル麺。カツオと野菜で作るスープは、提供する直前にカツオを加えるため、風味が格別。食感が楽しい海ぶどうをトッピング。

そば処 夢の舎

築70年ほどの風情ある建物。庭の緑を眺めながらのんびり寛げる縁側席が人気
そば処 夢の舎

原生林に佇む隠れ家ロケーション。休日ごとに現れ、半日ほど滞在して帰る常連さんもいるとか

そば処 夢の舎
陶芸家でもある又吉栄光さんと妻の妙子さんで営む。「土をこねるのと麺をこねる要領は同じ」

そば処 夢の舎
TEL/0980-48-4529 
住所/国頭郡本部町字古島794-2 
営業時間/11時〜17時(売り切れ次第終了) 
定休日/月(祝日の場合は翌日) 
アクセス/沖縄道許田ICより35分 
駐車場/10台
[席数]46 [カード]不可
「そば処 夢の舎」の詳細はこちら

6.[南部・那覇市]いしぐふー小禄具志店

シコシコつるつる手揉み麺に業界衝撃のアグー豚スープ

いしぐふー小禄具志店

700円。豚骨ベースのスープは上品な味わい。あまりの人気にかつてカップ麺も販売されたほど

アグー豚使用の贅沢スープは、甘みがありながらもあっさり。そこに絡む麺がまた秀逸。手揉み製法で独特の食感を生みだす。薄焼き卵が覆う提供スタイルは沖縄そばの原点とか。

いしぐふー小禄具志店

沖縄県民なら知らない人はいない人気店。県内に8店舗を構える。小禄具志店は閑静な住宅街に佇む
いしぐふー小禄具志店

あぶりソーキそばにはその名の通り炙りソーキが付く。トロトロ食感で、ワサビでさっぱり味わう

いしぐふー小禄具志店(おろくぐしてん)
TEL/098-858-0881 
住所/那覇市具志3-21-5 
営業時間/11時〜17時(売り切れ次第終了) 
定休日/月 
アクセス/沖縄道那覇ICより30分 P
駐車場/15台 
[席数]30 [カード]不可
「いしぐふー小禄具志店」の詳細はこちら

7.[南部・那覇市]麺処てぃあんだー

イロイロ選べる手打ち生麺業界衝撃のアグー豚スープ。香りを楽しむよもぎ入りも

麺処てぃあんだー よもぎそば

生ヨモギをトッピングするフーチバーそば(中)670円。軟水で作るスープはさっぱりカツオ風味

軟水と硬水を使いこなすこだわり店。コシを出すために麺づくりには硬水を使用。プレーンと、県産ヨモギを練り込んだフーチバー麺の2種。細麺と太麺から選べるのも嬉しい。

麺処てぃあんだー

数種類の小麦粉を独自にブレンドして作る手打ち生麺。売り切れ御免の1日200食限定
麺処てぃあんだー

人気のジューシーは220円。沖縄そばに欠かせない薬味、「こーれーぐーす」なども自家製。そばとの相性も良い
麺処てぃあんだー

那覇市の人気店。全面ガラス張りの店内はまるでおしゃれカフェ

麺処てぃあんだー
TEL/098-861-1152 
住所/那覇市天久1-6-10 
営業時間/11時〜売り切れ次第終了 
定休日/月 
アクセス/ゆいレールおもろま
ち駅より徒歩15分 
駐車場/14台 
[席数]30 [カード]不可
「麺処てぃあんだー」の詳細はこちら

※この記事は2014年10月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
沖縄
この記事に関連するキーワード
グルメ
ご当地グルメ