じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ関東【関東近郊】2018年7月・8月開催のイベント31選!観光やデートにおすすめ

【関東近郊】2018年7月・8月開催のイベント31選!観光やデートにおすすめ

2018.07.07

ついに待ちに待った夏が到来!そこで今回は、関東近郊エリアで7月・8月に開催される、おすすめの注目イベントをご紹介致します。
軽快な祭囃子、体にズンと響く花火の音や、煌びやかな山車など心躍る夏祭りをはじめ、夏の夜を楽しむ、イルミネーションから、アートイベントまで、楽しいイベントが目白押し。
おでかけ計画はこれで決まり♪家族、友達、カップルで、ぜひ観光やデートプランの参考にして、見て、聞いて、体感してこの夏を満喫しよう!

記事配信:じゃらんニュース

1.アパリュージョン2018【新潟県妙高市】

光と水と音がコラボ!超世界級の体験型イルミネーション。

アパリュージョン2018
「世界レベルの企画」と「体験型イベント」が融合 ※イラストイメージ
アパリュージョン2018
水面に鮮やかな光が舞うウォータープロジェクションマッピング

夜景評論家・丸々もとお氏プロデュース。イルミネーション、大型プロジェクターやレーザー機器等を使用し、7つの異次元空間が登場。ただ見るだけではない「光のアトラクション」をぜひ体験しに行こう。

■開催期間/6月20日(水)~11月15日(木)
■開催時間/6月20日(水)~8月31日(金)/18時~23時、9月1日(土)~11月15日(木)/17時~22時 
■開催場所/アパリゾート上越妙高
■休日/期間中なし 
■料金/当日券大人1500円、小学生1000円

イルミ見どころポイント

●水面を大きなスクリーンに見立ててプロジェクターで投影する世界最大級の「ウォータースクリーン演出」
●圧倒的な存在感を放つ、天空へと続く「レインボーロード」と巨大な光のオブジェ「光富士」に思わず目を奪われる

アパリュージョン2018
TEL/0570-004-111
住所/新潟県妙高市桶海1090
アクセス/電車:JR上越妙高駅より宿泊者は無料送迎バスで45分 ※定時運行/利用前日まで要予約
車:上信越道妙高高原ICより25分
駐車場/1200台
「アパリュージョン2018」の詳細はこちら

2.佐原の大祭夏祭り〔八坂神社祇園祭〕【千葉県香取市】

まるで江戸時代の情景の山車祭り。

佐原の大祭夏祭り〔八坂神社祇園祭〕
迫力の大人形は江戸・明治期の人形師が作成

約300年の伝統ある祭りで小江戸と呼ばれる町を練り歩くさまは風情たっぷり。山車に施された彫刻も見事。

■開催期間/7月13日(金)~15日(金)
■開催時間/10時~22時
■開催場所/佐原 本宿地区(八坂神社周辺)

佐原の大祭夏祭り〔八坂神社祇園祭〕
TEL/0478-54-1111(香取市商工観光課)
住所/千葉県香取市佐原イ地先
料金/観賞無料
アクセス/電車:JR佐原駅より徒歩10分
車:東関東道佐原香取ICより10分、大栄ICより20分
駐車場/1000台(利根川河川敷臨時駐車場)
「佐原の大祭夏祭り〔八坂神社祇園祭〕」の詳細はこちら

3.いくとぴあ食花 GROWING ILLUMINATION -Flower-【新潟県新潟市】

新潟市の夏の風物詩。光と花のファンタジー。

いくとぴあ食花 GROWING ILLUMINATION -Flower-
今年で5回目の開催で、大型庭園「キラキラガーデン」がメイン会場 ※画像は昨年の様子

食と花をテーマとする施設で夏、冬と季節ごとに趣向を凝らしたイルミを実施中。プロジェクションマッピングや光と音の演出が、広大な花畑を幻想的に彩る。

■開催期間/7月14日(土)~9月24日(休・月)
■開催時間/18時~21時(最終受付20時30分)
■開催場所/いくとぴあ食花
■料金/大人500円、小中学生300円

いくとぴあ食花 GROWING ILLUMINATION -Flower-
TEL/025-282-4181(9時~17時)
住所/新潟県新潟市中央区清五郎401
営業時間/施設により異なる
定休日/施設により異なる
アクセス/磐越道新潟中央ICより5分
駐車場/420台

4.熱海こがし祭り 第50回山車コンクール【静岡県熱海市】

木彫りや装飾山車が豪華絢爛で圧巻。

熱海こがし祭り 第50回山車コンクール
会場が多数の人で賑わい露店が並ぶ

各町内から出る伝統の木彫り山車、アイディアを駆使した装飾山車約30基、神輿数基が審査会場に集結!

■開催期間/7月15日(日)・16(月・祝)
■開催時間/15日18時30分~21時30分、16日18時30分~21時
■開催場所/国道135号(東海岸町)

熱海こがし祭り 第50回山車コンクール
TEL/0557-85-2222(熱海市観光協会)
住所/静岡県熱海市東海岸町
料金/観賞無料
アクセス/JR熱海駅より徒歩15分
駐車場/250台(30分100円)
「熱海こがし祭り 第50回山車コンクール」の詳細はこちら

5.南魚沼市兼続公まつり【新潟県南魚沼市】

伝統芸能をフルで堪能できる3日間。

南魚沼市兼続公まつり
最終日は大輪の花火が美しく咲き乱れる

直江兼続公の生誕地で、ゆかりの民謡流しや伝統芸能が催される。最終日は花火大会も開催され、賑わう。

■開催期間/7月17日(火)~19日(木)
■開催時間/17日12時~22時、18日10時~22時、19日13時~22時 ※一部22時30分まで
■開催場所/兼続通り商店街など

南魚沼市兼続公まつり
TEL/025-783-3377(南魚沼市観光協会)
住所/新潟県南魚沼市六日町
料金/観賞無料
アクセス/関越道六日町ICより10分
駐車場/500台
「南魚沼市兼続公まつり」の詳細はこちら

6.熊谷うちわ祭【埼玉県熊谷市】

熊谷が最もアツくなる3日間。

熊谷うちわ祭
お囃子の叩き合いは迫力満点!

12台の山車と屋台が市街地を巡行する様子は豪華絢爛。最終日はお祭り広場に集結し、盛り上がりは最高潮に!

■開催期間/7月20日(金)~22日(日)
■開催時間/20日13時~20時、21日13時~21時、22日13時~22時
■開催場所/熊谷市中心市街地

熊谷うちわ祭
TEL/048-527-0002(熊谷うちわ祭協賛会事務局)
住所/埼玉県熊谷市
料金/観賞無料
アクセス/電車:JR・秩父鉄道熊谷駅より徒歩すぐ
車:関越道東松山ICより30分
駐車場/250台
「熊谷うちわ祭」の詳細はこちら

7.第35回 日本のまんなか渋川へそ祭り【群馬県渋川市】

へそに位置する渋川市ならではの祭典。

第35回 日本のまんなか渋川へそ祭り
お腹に描かれた顔はそれぞれ個性的で面白い

お腹に顔を描き「へそ出せヨイヨイ」の音頭に合わせ、体をくねらせながらパレードを行う。ユニークで笑いあり!

■開催期間/7月21日(土)
■開催時間/10時~20時
■開催場所/渋川市中心街(新町五差路周辺)

第35回 日本のまんなか渋川へそ祭り
TEL/0279-25-1311(渋川へそ祭り実行委員会)
住所/群馬県渋川市
料金/観賞無料
アクセス/電車:JR渋川駅より徒歩5分
車:関越道渋川伊香保ICより10分
駐車場/500台(無料臨時駐車場)
「第35回 日本のまんなか渋川へそ祭り」の詳細はこちら

8.サマーナイトプレゼンツ【新潟県長岡市】

光輝く越後の夏まつり、真夏の夜の祭典。

サマーナイトプレゼンツ
公園のシンボルツリーをライトアップした「きらめきの大ケヤキ」

広大な公園を多彩な光が彩るほか、期間中はお化け屋敷や噴水前でのステージショー、世界大昆虫展などイベント満載。昼間も水遊び広場など楽しみが満載。

■開催期間/7月21日(土)~8月26日(日)の土日および8月13日(月)~17日(金)
■開催時間/18時30分~21時
■開催場所/国営越後丘陵公園
■休日/期間中なし 

サマーナイトプレゼンツ
TEL/0258-47-8001
住所/新潟県長岡市宮本東方町字三ツ又1950-1
営業時間/9時30分~18時(季節により変動あり)
定休日/7月9日、8月27日
料金/入園料大人450円(18時以降は290円)、65歳以上210円、中学生以下無料
アクセス/関越道長岡ICより10分
駐車場/2000台(有料)
「サマーナイトプレゼンツ」の詳細はこちら

9.水無神社例大祭「天下の奇祭 みこしまくり」【長野県木曽町】

400年の歴史あるみこしが見どころ。

水無神社例大祭「天下の奇祭 みこしまくり」
最終日には、みこしを壊すという天下の奇祭

2日間にわたりみこしが町を練り歩く。最終日にはみこしを落とし、最後には壊すという全国でも珍しい奇祭。

■開催期間/7月22日(日)・23日(月)
■開催時間/22日11時30分~20時(花火大会は19時15分~)、23日12時~
■開催場所/木曽町福島市街地他

水無神社例大祭(すいむじんじゃれいたいさい)「天下の奇祭 みこしまくり」
TEL/0264-22-4285(みこしまくり実行委員会事務局)
住所/長野県木曽郡木曽町
料金/観覧無料
アクセス/電車:JR木曽福島駅より徒歩15分
車:中央道伊那ICより40分
駐車場/600台(1時間200円)
「水無神社例大祭「天下の奇祭 みこしまくり」」の詳細はこちら

10.益子祇園祭【栃木県益子町】

「御神酒頂戴式」は一見の価値あり。

益子祇園祭
伝統にのっとって行われる御神酒頂戴式

御神酒頂戴式は男衆10人で3升6合5勺の熱燗を3杯飲み干すというもの。その他山車や屋台で賑わう。

■開催期間/7月23日(月)~25日(水)
■開催時間/23日10時30分~、24日13時~(御神酒頂戴式)、25日10時30分~
■開催場所/鹿島神社周辺、当番町

益子祇園祭
TEL/0285-72-6221 (鹿島神社社務所)
住所/栃木県芳賀郡益子町
料金/観覧無料
アクセス/電車:真岡鐵道益子駅より徒歩10分
車:北関東道岩瀬桜川ICより20分、真岡ICより25分
駐車場/近隣に無料駐車場あり
「益子祇園祭」の詳細はこちら

11.第43回 上越まつり【新潟県上越市】

1週間にわたり開催されるお祭りエンターテインメント。

第43回 上越まつり
みこしが船で川を下り、両地区を結ぶ

23日の前夜祭にはじまり、みこし市内渡御、大民踊流し、大花火大会、お饌米奉納など地元の熱気が集約する。

■開催期間/7月23日(月)~29日(日)
■開催時間/イベントによって異なる
■開催場所/高田地区:23~26日、直江津地区:26~29日

第43回 上越まつり
TEL/025-543-2777(上越まつり委員会事務局)
住所/新潟県上越市
料金/イベントにより異なる
アクセス/北陸道上越ICより15分、上信越道上越高田ICより20分
駐車場/近隣に有料駐車場あり
「第43回 上越まつり」の詳細はこちら

12.貴船まつり【神奈川県真鶴町】

港町ならではの船祭りに心踊る。

貴船まつり
華やかな小早船が真鶴港を優雅に渡る

貴船神社の108段の石段を下る勇壮な神輿渡御や、港に浮かぶ華やかな小早船、囃し船などが見られる。

■開催期間/7月27日(金)・28日(土)
■開催時間/27日10時~17時30分、28日8時20分~22時
■開催場所/真鶴港

貴船まつり
TEL/0465-68-2543(真鶴町観光協会)
住所/神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴
料金/観覧無料
アクセス/JR真鶴駅より徒歩20分、または伊豆箱根バスで8分の魚市場より徒歩すぐ
駐車場/なし(公共交通機関をご利用ください)
「貴船まつり」の詳細はこちら

13.真岡の夏まつり【栃木県真岡市】

音楽とレーザー光線の迫力演出。

真岡の夏まつり
近距離から見られる花火は迫力満点!

華麗な花火が打ち上がる中、五行川への入水渡御は必見。数多くの神輿と屋台がさらに会場を盛り上げる。

■開催期間/7月27日(金)~29日(日)
■開催時間/9時45分~21時、花火大会:28日19時30分~21時
■開催場所/真岡市内中心部、真岡市役所周辺

真岡の夏まつり
TEL/0285-83-8135(真岡市商工観光課)
住所/栃木県真岡市
料金/観賞無料
アクセス/電車:真岡鐵道真岡駅より徒歩15分
車:北関東道真岡ICより10分
駐車場/4000台
「真岡の夏まつり」の詳細はこちら

14.第46回信州・御代田龍神まつり【長野県御代田町】

45mの伝説の主人公、甲賀三郎が勇壮に舞う。

第46回信州・御代田龍神まつり
甲賀三郎伝説発祥の大沼の池での開眼式からまつりが始まる

全長45mの龍の形をした三郎と全長30mの舞姫が、龍神太鼓の演奏にあわせて舞い踊る勇壮なまつり。

■開催期間/7月28日(土)
■開催時間/12時~21時
■開催場所/真楽寺、しなの鉄道御代田駅前広場、龍神の杜公園

第46回信州・御代田龍神まつり
TEL/0267-32-3113(龍神まつり実行委員会事務局)
住所/長野県北佐久郡御代田町
料金/観賞無料
アクセス/電車:しなの鉄道御代田町駅より徒歩すぐ
車:上信越道佐久ICより15分
駐車場/1000台
「第46回信州・御代田龍神まつり」の詳細はこちら

15.第27回小田原ちょうちん夏まつり【神奈川県小田原市】

伝統の「小田原ちょうちん」がシンボル!

第27回小田原ちょうちん夏まつり
地元小学生製作のちょうちん約2000個を装飾

小田原城址公園ではオリジナルのちょうちんを作れる体験コーナーも。パレードや盆踊りなど内容は多種。

■開催期間/7月28日(土)・29日(日)
■開催時間/12時~20時30分
■開催場所/小田原城址公園二の丸広場と周辺

第27回小田原ちょうちん夏まつり
TEL/0465-22-5002(小田原市観光協会)
住所/神奈川県小田原市
料金/観賞無料
アクセス/JR・小田急電鉄小田原駅より徒歩10分
駐車場/なし(公共交通機関をご利用ください)
「第27回小田原ちょうちん夏まつり」の詳細はこちら

16.大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2018【新潟県十日町市】

アートを道しるべに豊かに残る「里山」を巡る旅へGO!

大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2018
大地の芸術祭2018の新作となる「香港ハウス」 ※香港ハウス 作品イメージ
大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2018
アートによる地域づくりの先進事例として国内外から注目されている

日本有数の豪雪地である越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭。

■開催期間/7月29日(日)~9月17日(祝・月)
■料金/鑑賞パスポート当日大人3500円、高・専・大学生3000円、中学生以下無料

大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2018
TEL/025-757-2637(大地の芸術祭実行委員会事務局)
住所/新潟県十日町市本町6(越後妻有里山現代美術館[キナーレ])、ほか
定休日/なし
アクセス/関越道塩沢石打ICより50分
「大地の芸術祭 越後妻有 アートトリエンナーレ2018」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング