close

初めてでも楽しめる!「チームラボ ボーダレス」おすすめ作品5選【お台場】

2020.09.03

お台場に2018年6月21日(木)にオープンした「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless(森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス )」。森ビルとチームラボがお台場で共同運営する“地図のないミュージアム”で、オープン当初から入場チケットは完売、週末もすぐに売り切れてしまうほどの人気でしたが、現在は新型コロナ対策を実施し、日時指定の事前予約制で開館しています。

今回はチームラボ大好きな、じゃらん編集部の二宮が実際にミュージアムを訪れてきましたので、初めての方でも楽しめる「チームラボ ボーダレス」のおすすめ作品をご紹介します!

2020年夏には新しい作品も追加され、大人気のため混雑必至ですが、東京初の常設ミュージアムで期間限定ではありません。ぜひ事前予約してのんびり・どっぷりとボーダレスなチームラボの世界に浸ってくださいね。

※この記事は2020年9月3日時点での情報です。休業日や営業時間など掲載情報は変更の可能性があります。日々状況が変化しておりますので、事前に各施設・店舗へ最新の情報をお問い合わせください。
 

記事配信:じゃらんニュース

チームラボとは?


デジタル技術を駆使した「デジタルアート」の先がけとして知られるアート集団チームラボ。

2014年~2015年には日本科学未来館で開催された 「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」では約47万人を集客するなど、たくさんの人をデジタルアートで魅了しています。「お絵かき水族館」で自分の描いた魚たちが目の前で動く!という体験に感動した方も多いのでは?

2016年の「お台場みんなの夢大陸2016」内のDMM.プラネッツ Art by teamLabでは、超巨大なデジタルアート作品群を展示し、あまりの人気に大行列ができるほどでした。この年にCMなどで目にして方も多いかもしれませんね。ちなみに私は作品に魅了されて、炎天下の行列にも関わらず、汗だくで並び、2度も訪れました。

コンセプトは「さまよい 探索し 発見する」

チームラボ in TOKYO

入場して、スタッフさんが展示のコンセプトについて説明してくれる場所があるのですがその正面の壁に大きく書かれたこの文字。

入るまでは「確かにこれまでにない作品もあるだろうし、約1万平米もの空間にはさぞかしわくわくするものがあるだろう。発見しちゃうぞー!」ぐらいの気持ちでした。でも実際に体感してみると、「さまようわ~!楽しいわ~!」と良い意味で期待を裏切られました!

「チームラボ ボーダレス」は、
1 Borderless World
2 運動の森
3 学ぶ!未来の遊園地
4 ランプの森
5 EN TEA HOUSE 幻花亭

この5つの世界で構成されているのですが、本当にさまよいます。
手さぐりです。

「境界のないアートに身体ごと没入し、1万平米の複雑で立体的な世界を、さまよい、意思のある身体で探索し、他者と共に新しい世界を創り、発見していく」ことがチームラボ ボーダレスのコンセプト。

案内ガイドやマップなどもないので、心の赴くまま、気のむくまま進んでください。探索して新たな感動にたくさん出会えますし、それこそがこの展示を楽しめる方法なんです!

さて、気持ちを盛り上げるのはこの程度にして本題へ入ります。

ここからはインスタで人気の作品3つと、実際に体験してみて二宮がコレははずせないと思ったもの2つ、合わせて5つの作品をご紹介しますね。(どうしても紹介したくて番外編も1つあります笑)。

【インスタ人気1】呼応するランプの森 – ワンストローク

ため息しか出ない、「ランプの森」で迷子になろう

呼応するランプの森  - ワンストローク

まずはインスタなどで人気の作品1つ目。SNSに画像がアップされることも多く、みかけた方も多いのが「ランプの森」ではないでしょうか。

展示スペースに入る前から期待でわくわく、「早く入りたい!」とテンションMAXです!

呼応するランプの森  - ワンストローク

中に入ると、「わぁ~~~~」という言葉とともに、ため息しかでてきません(感動)。

ランプは一筆書きのように色が変化していくため、人のいる場所や人数によって色も変わっていくんです。

呼応するランプの森  - ワンストローク
こんなカラフルな色合いになったり、どんどん変化します♪

360度、鏡(床も鏡面!)に囲まれているので、ふと自分がどこにいるのかわからなくなることがありました。どこまで空間が広がっていて、どこが壁(鏡)なのかわからず、端っこを歩くときはドキドキ。

私は鏡のせいで距離感がつかめなくなりました(笑)

呼応するランプの森  - ワンストローク
呼応するランプの森  - ワンストローク
こんな淡い色にも。
呼応するランプの森  - ワンストローク
本当ため息しか出てこない…

どこを撮影してもフォトジェニックになること間違いなし!また床や壁の鏡面をうまく利用してキレイなリフレクション写真も撮れそうです♪

ここはとっても人気エリアなので、ミュージアムに入ったらすぐに向かうことをおすすします!
※入れ替え制になります
※ランプには触れないようご注意ください

【インスタ人気2】人々のための岩に憑依する滝

滝の流れと花が咲き誇る空間に自分も溶けこむ

チームラボ in TOKYO

インスタで人気の作品2つ目はこちら。(私が一番楽しみにしていたのもこちら)
壁から流れ落ちる滝が、岩にあたって広がっていく水の動きをシミュレーションして描いています。壁や床など一面に水が流れ、花が咲き、自分を包み込んでくるような感覚に。

もうね、ずっと滞在していられます、この空間。

チームラボ in TOKYO
花の森をぬけると見えてきます
チームラボ in TOKYO

入口からちらっと見えただけで駆け出したくなるほどの、存在感。
(真ん中に盛り上がっている岩の部分は、意外と角度があるので、気をつけてのぼってくださいね)

この空間も人によって変化が起こるんです。上から流れてきた滝はきちんと岩を打って、足元を流れる水は人をよけて流れていくんですよ。

チームラボ in TOKYO
足元を見ると水が分かれています

岩の方は、人が増えれば増えるほど花が咲き乱れます。

チームラボ in TOKYO
チームラボ in TOKYO

壁には文字が流れていくので、そっとタッチしてみるとその文字にあった変化が起きます。風や虹、花などたくさんの漢字があるので気になる文字にふれてみてください。

チームラボ in TOKYO

タッチするとこんな風に映像が変わります。

【インスタ人気3】Wander through the Crystal World

アプリで作品に参加して、光と鏡の世界を操る

クリスタルワールド Wander through the Crystal World

インスタで人気の作品3つ目はこれ。光と鏡が連動したこの作品は、たたずんでいるだけでも癒されるキラッキラな空間。フォトジェニックな写真を撮影して楽しむのはもちろんですが、実はアプリを使って作品に参加することができるんです!

アプリは「チームラボアプリ」です。ぜひ会場へ行く前にダウンロードしておきましょう。会場内にもQRつきのポスターがあるのでそちらでもダウンロード可能です♪連動するためにはBluetoothと位置情報をONにしておく必要がありますのでご注意!

クリスタルワールド Wander through the Crystal World
クリスタルワールド Wander through the Crystal World

スタートボタンで始めると、象形文字のようなものが現れました!!気になる形を選んで、上にスワイプしてみると作品に投げ込んでみると、その演出が作品に反映されるんです~。
※特定の演出が行われている間はスマホで操作できないようになっています

クリスタルワールド Wander through the Crystal World
クリスタルワールド Wander through the Crystal World
上へスワイプしてみましょう

こちらの作品も色がくるくると変わっていき、目が離せません!

クリスタルワールド Wander through the Crystal World
クリスタルワールド Wander through the Crystal World
クリスタルワールド Wander through the Crystal World

ここも床が鏡面なので、床を撮影してみると上下がよくわからない感覚に陥ってしまいます。

クリスタルワールド Wander through the Crystal World
床を撮影しているので写真下の方に私の携帯が…

作品内を歩いていると、光と鏡の効果で自分のいる場所がわからなくなることも。方向音痴の私はどっちから来たかもわからなくなったり。

作品内は立ちどまって鑑賞している人が多い場所もありますが、細かい分かれ道もあったりして、意外と人がいない穴場スポットもありますので探してみてくださいね。

次ページからは編集部・二宮おすすめの作品です!>>

二宮知子  二宮知子

新しいものとカフェラテとお酒が大好きな編集者。おしゃれカフェをめぐるのが休日の楽しみ。ゆるキャラが好きすぎて、旅先で探さずにはいられません。知らないご当地キャラに出会うとテンションがあがります。

tag

この記事に関連するエリア