close

【関西近郊・中国】秋におすすめの肉自慢宿22選。ブランド牛を思う存分堪能♪

2018.09.18

[本場のスゴさ6]ブランド牛×絶品海幸 贅沢三昧も実現!

海が近いブランド牛産地では、新鮮な魚介類とのコラボレーションも大きな魅力の1つ。一度のおでかけでアレコレ楽しみたい欲張りさんは要チェック!

19. ホテル アルティア鳥羽【三重県鳥羽市】

三重以外では実現不可能!?スター食材、夢の共演。

ホテル アルティア鳥羽
[松坂牛]鮑のグリルサラダや牡蠣のクリームスープなどバラエティ豊富

コラボ食材は「伊勢えび」

ホテル アルティア鳥羽
[伊勢海老のポワレと鮑のブルギニオン]伊勢えびを丁寧にソテーし、素材の味を活かす
ホテル アルティア鳥羽
[松阪牛のフィレ肉のグリエ]最高級の松阪牛をジューシー&とろとろにグリル

松阪牛+伊勢えびという二大ブランド食材に加え、鮑や牡蠣まで味わえる「御食国(みけつくに)」三重ならではの贅沢プラン。目で舌で、ハイグレードフレンチを堪能しよう。

ホテル アルティア鳥羽
TEL/0599-25-7711
住所/三重県鳥羽市安楽島町1061-9
アクセス/電車:近鉄鳥羽駅より無料送迎あり(予約不要)
車:伊勢道伊勢西ICより伊勢二見鳥羽ライン経由で15分
駐車場/40台(無料)
「ホテル アルティア鳥羽」の詳細はこちら

20. かつうら御苑 那智の滝を遠望できる 海辺の絶景露天と美食の宿【和歌山県那智勝浦町】

熊野の海山を代表するブランドグルメ独り占め。

かつうら御苑 那智の滝を遠望できる 海辺の絶景露天と美食の宿
[熊野牛]生マグロならではのもっちりとした食感を体験して

自然豊かな熊野地方ならではの組み合わせ。素材の味を活かした創作料理をご賞味ください。(板長 小西さん)

コラボ食材は「マグロ」

かつうら御苑 那智の滝を遠望できる 海辺の絶景露天と美食の宿
[本鮪トロ・鮪他三種お造り]勝浦港で水揚げされたマグロは鮮度抜群
かつうら御苑 那智の滝を遠望できる 海辺の絶景露天と美食の宿
[熊野牛温泉せいろ蒸し]余分な脂が落ち、ヘルシーにいただける

生マグロの水揚げ量で国内トップの那智勝浦。当地に位置する美食宿では、マグロと熊野牛を組み合わせた豪華会席が人気を集める。ご飯にはマグロの釜飯も登場。

かつうら御苑 那智の滝を遠望できる 海辺の絶景露天と美食の宿
TEL/0735-52-0333
住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町北浜海岸
アクセス/電車:JR紀伊勝浦駅より徒歩10分
車:紀勢道すさみ南ICより1時間10分
駐車場/100台(無料)
「かつうら御苑 那智の滝を遠望できる 海辺の絶景露天と美食の宿」の詳細はこちら

21. かくれの里ゆかり【島根県浜田市】

島根の山海で厳選した豪華食材が勢ぞろい!

かくれの里ゆかり
[しまね和牛]地元の食材づくしで、釜めしやハーブ鶏鍋も付く全13品の会席料理

しまね和牛は陶板焼きで。とろけるほどの柔らかな食感と豊かな旨みををご堪能ください。(料理長 田城さん)

コラボ食材は「ノドグロ」

かくれの里ゆかり
[ノドグロ料理]脂ののりが格別。煮付けか焼きが選べる
かくれの里ゆかり
[しまね和牛の陶板焼]ふっくら柔らかく、ジューシーに焼き上がる

自然に囲まれた山里で日々の疲れを癒す隠れ家。柔らかく上品な味わいのしまね和牛と脂がのったノドグロ、さらに活アワビの刺身も味わえる豪華さで満足度120%。

かくれの里ゆかり
TEL/0855-45-1180
住所/島根県浜田市旭町木田1006-1
アクセス/電車:広島バスセンターより高速バスで2時間、旭ICより無料送迎あり(要予約)
車:浜田道旭ICより県道329号経由で2分
駐車場/55台
「かくれの里ゆかり」の詳細はこちら

22. ホテルニューアワジ【兵庫県洲本市】

ほんのり紅く色づいた鯛とビーフの秋色コンビ。

ホテルニューアワジ
[特選淡路牛と秋の松茸のすき焼き]ほどよくとろけたサシが柔らかな口当たりを演出

コラボ食材は「紅葉鯛」

ホテルニューアワジ
[秋の紅葉鯛の姿造り]名前の通りほんのりと赤みを帯びた紅葉鯛

春の桜鯛が有名ですが、この季節の真鯛は脂がのって、それに勝るとも劣らない美味しさです。(料理長高津さん)

ホテルニューアワジ
ふっくら食感が楽しい「淡路穴子と旬野菜の天麩羅」

香り高い淡路牛のすき焼きを楽しんだ後は、紅葉鯛や伊勢えびなど旬を迎えた魚介類のお造りを。食材の宝庫・淡路島らしさが詰まった人気温泉宿の季節限定プラン。

ホテルニューアワジ
TEL/0799-23-2200
住所/兵庫県洲本市小路谷20
アクセス/電車:洲本バスセンターより無料送迎あり(予約可)
車:神戸淡路鳴門道洲本ICより15分
駐車場/200台(無料)
「ホテルニューアワジ」の詳細はこちら

※この記事は2018年9月時点での情報です

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。