close

梅干しの気持ちになれる!?企画展「デザインあ展 in TOKYO」が楽しすぎた

2018.09.08

「お弁当に入っている梅干しってどんな気分だろう」なんて想像したことありますか?

そんな身の回りにあるものを「デザイン」という見かたで楽しむ企画展『デザインあ展 in TOKYO』が、日本科学未来館で2018年7月19日(木)~10月18日(木)まで開催中です!

この企画展では、NHKで放送中「デザインあ」の世界を見るだけではなく体験できちゃいます。子どもだけでなく大人も楽しめるとあって、連日大盛況だそうです♪

今回は番組を知らなかった方や、まだ行けていない方にお勧めの体験スポットを、じゃらん編集部の前田が動画付きでご紹介します!事前に予習をして、企画展『デザインあ展 in TOKYO』を遊び尽くしてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

デザインあ展を知ろう

デザインあ展 in TOKYO

NHKのEテレで放送中の「デザインあ」。
私たちの身の回りに存在するものを、デザインという視点で捉えて、テンポの良い映像と音楽で表現されています♪「こんな見方もあるんだ~」とデザインの面白さを教えてくれるので、大人のファンも多いんだそうです!そんな世界観を見るだけでなく“体感“できるのが『デザインあ展』の魅力です。ぜひ、観察して、遊んで、学んでデザインをもっと知ってくださいね。

3つのへやで遊ぼう!学ぼう!

企画展『デザインあ展 in TOKYO』では、「A 観察のへや」「B 体感のへや」「C 概念のへや」の3つのエリアに分かれています。ワンフロアにたくさんの展示が並んでいるので、気になるものから覗いてみてくださいね!展示名の横に“あそべる”マークがあると、体験することができます。今回はその中から、イチオシの作品をご紹介しますよ♪

(A) 観察のへや

デザインあ展 in TOKYO

まず最初に現れるのは「A 観察のへや」。身近なモノ・コトから「お弁当」や「マーク」、「容器」、「からだ」、「なまえ」の5つがテーマになっているそうです。デザインと私たちの生活がどのように繋がっているのか、いくつか見てみましょう♪

梅干しのきもち

デザインあ展 in TOKYO
大きな白い箱に大きな穴がぽっかり。これは一体…!?
デザインあ展 in TOKYO
梅干しのきもち パーフェクトロン

「白い大きな箱に階段?」とハテナがいっぱい。

ドキドキしながら階段をのぼってみると、ウィンナーや焼き鮭、玉子焼きなど大好物なお弁当の具たちが視界にドーンっと入ってきました。

かなりデカい!!と興奮しながら、「梅干しはこんな気持ちなのか(笑)」なんて妄想しちゃいました!

〇回の動作

画面の前に立つと「〇の前で手を打ってみよう」と表示されます。一緒に取材に行っていたじゃらん編集部の二宮が体験してみると、手を叩いた回数によって映像が映し出されました。

「昔、やってたかも?」みたいな動作や、「そういえばこの動作、5回だったな」なんて新しい発見がありましたよ。同じ回数手を叩いても違う映像も流れるので、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

名は顔をあらわす

その名の通り、名前で顔をあらわしてくれる展示。実際に入力してみると、文字だけなのにどこか表情があるような気がしてきました!顔を揺らしたりまばたきしたりすると、文字も同じ動きをしてくれるんです。「愛嬌あるな~」と自画自賛 (笑)。

デッサンあ

モチーフをよく見てデッサンするコーナーです。席は12席あるので、好きな角度からデッサンしてみてください書いてみると、「意外とムズい…(笑)」
何とか完成!スタッフさんに書いた紙を渡すとスキャンしてくれます。

すると、会場にある巨大モニターに、自分の書いたデッサンが映し出されます。モニターで見つける時は、席番号を覚えておくとすぐ発見できますよ!ちなみに、特設サイトにアップされます!

(B)体感のへや

デザインあ展 in TOKYO

番組のオリジナルソングや音楽とぴったりシンクロする映像が、360度四方の壁面いっぱいに映し出されます。
映像は「『あ』のテーマ」「解散!」「森羅万象」「ガマンぎりぎりライン」の4種類があります!映像と音に囲まれて、デザインを体感してみてくださいね。

「あ」のテーマ

番組のオリジナルソングに合わせて、さまざまな「あ」が登場します!たった一文字なのに、こんなに表現できることが衝撃でした。ぜひライブで味わっていただきたい…。

森羅万象

紋の成り立ちが表現されています。意外と身近なモノが紋になっていたり、そもそも「こんなに種類があるんだ」と驚いたり勉強にもなる作品でした!

(C) 概念のへや

デザインあ展 in TOKYO

「くうかん」「じかん」「しくみ」の3つのテーマで構成されているへや。
例えば「トイレが1m先にあったらどんな感じなんだろう」という視点で、いつもと違うデザインに変えてみると…見るからに不便!
目的や動作に合わせてデザインされていることが改めて分かるへやになっていますよ。

歯車になる

たくさんのタイヤらしきものが置いてあるな~と思っていたら、自分が歯車になるという展示!腰のあたりにはめて、展示されているしくみにかみ合わせて動かします。最初は力が必要だったり、うまくかみ合わなかったりしますが、慣れてくると動きもスムーズに!立派な歯車になれました(笑)。

みらいの「あ」

みらいの「あ」 写真 太田拓実
みらいの「あ」 写真 太田拓実

展覧会の外に設置されたみらいの「あ」は、自分が想像する未来を「あ」を使って書いて、投稿することが出来ます。「おもしろい」と選ばれた作品は、会場に展示されたり番組で放送されたりすることもあるそうです♪ぜひチャレンジしてみてくださいね。

【お・ま・け】たっぷり遊んだあとはお土産をチェック!

デザインあ展 in TOKYO

ファンの方も、初めて知った方も欲しくなるようなシンプルで可愛いお土産がたくさんあります♪
今回はその中でも特に気になった3点をご紹介します。粋な計らいのデザインにキュンキュンしちゃいますよ。

あアクリル

あアクリル
1,080円(大)、864円(小)
あアクリル
デザインあ展のポスターを背景にパシャり!インスタ映え間違えなしです

あビーサン 

あビーサン
1,620~2,160円 ※サイズ17cm~28cm 
あビーサン
足跡が「あ」になる仕組み。くぅ~可愛すぎる!

あシール(マスキングロールステッカー)

あシール(マスキングロールステッカー)
626円
あシール(マスキングロールステッカー)
カラフルな「あ」がおしゃれ!

まとめ

あシール(マスキングロールステッカー)

夏休みが終わり来場者ピークも過ぎたこの時期、ゆっくり写真を撮ったり体験したりするチャンスかもしれません!平日か、土曜日の夜間がおすすめだそうです♪
「あ」になってみたり「梅干し」の気持ちになってみたりと、いろんな視点からデザインを楽しんでくださいね!

企画展「デザインあ展 in TOKYO」
開催期間/2018年7月19日(木)~10月18日(木)
開催場所/日本科学未来館1階 企画展示ゾーン
TEL/03-5777-8600(ハローダイヤル)
住所/東京都江東区青海2-3-6
営業時間/10:00~17:00 
※入場は閉館時間の30分前まで 
※土曜日、祝前日9月16日(日)、23(日)、10月7日(日)は20:00まで
休館日/ 9月4日(火)、11日(火)、18日(火)、25日(火)、10月2日(火)、9日(火)、16日(火)
アクセス/新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」より徒歩約5分、新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」より徒歩約4分、東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」より徒歩約15分
料金/ 大人(19歳以上)1,600円、中人(小学生~18歳以下)1,000円、小人(3歳~小学生未満)500円
「デザインあ展 in TOKYO」の詳細はこちら

※この記事は2018年9月時点での情報です

前田琴美  前田琴美

山口県出身、バラエティ番組の元AD。海外旅行が大好きで、暇さえあれば次の旅行先を模索中。今は、ラテアートにハマっています。

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード