じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ東京都ハイキング&温泉からの…ビールが究極にウマいっ!高尾山で過ごす最高の休日

ハイキング&温泉からの…ビールが究極にウマいっ!高尾山で過ごす最高の休日

2018.09.07

関東山地の東側に属する、標高約600mの高尾山。樹齢数百年にもなる原生林をはじめ、様々な植物や野鳥にふれることができる人気スポットだ。

都心からは1時間ほどでアクセスができ、ハイキング初心者でも比較的エントリーしやすいことでも知られている。もちろん、ハイキングだけでも気持ち良いのだが、その麓には温泉が湧いていたり、山腹にはビアガーデンがあったりと、周辺の観光要素も充実している模様。

そこで今回は、ハイキングと温泉、さらにはビアガーデンを一日で体験する弾丸スケジュールを敢行してみた。

記事配信:じゃらんニュース

自然と歴史にふれる、高尾山ハイキング。登山初心者でも楽しかった!

高尾山

というわけで、時刻は朝9時50分。自宅の船橋から2時間かけてやってきたのは、京王線高尾山口駅。駅周辺には氷川神社やトリックアート美術館などの観光スポットも目白押しなのだが……

高尾山

やはりハイキング目的の人が多いのか、リュック姿が目立つ。若い女性グループからお年を召したサークルのみなさんまで幅広く、老若男女に親しまれている山だということが分かる。

高尾山

最初に向かったのは高尾山口駅から徒歩5分の場所にある「清滝駅」。まずはここから中腹地点にある「高尾山駅」を目指す。なお、高尾山駅まではケーブルカー、リフト、徒歩の3つの選択肢があるのだが……

高尾山

せっかくなので、今回は歩いていくことにした。ちなみに、筆者は登山ビギナーというか、登山自体が初体験。ホントに大丈夫か?

高尾山

山頂までのルートは、迂回コースやループコースも含めると10コース以上。舗装され、登りやすい1号路、植生の観察に適した2号露、吊り橋を渡る4号路などバリエーションも豊富。

高尾山

筆者が選んだのは6号路。小川に沿って進んでいくルートで、別名「水のコース」と呼ばれているそう。この日も暑かったので少しでも涼しそうなコースを、というへなちょこな理由でチョイスしたわけだが、ビギナーなのでこれくらいの甘えはご勘弁を。

高尾山

それにしても、夏の山って気持ちいい。たぶん全人類のほとんどが知っている普通のことを書いてしまったが、筆者にとっては二十数年の人生で初めて体験する気持ちよさだ。

調べてみたところ、5000年以上前の先史時代から人類は山に登っていたらしい。以来、王道のレジャーとして君臨し続けているわけだから、そりゃあ楽しいはずである。木々のざわめき、濃くて鮮やかな緑、セミや小鳥の鳴き声、それから、一つひとつの木がでかい!

琵琶滝

20~30分ほど歩くと、6号路の名所「琵琶滝」が見えてくる。現在も高尾山山頂付近にある「高尾山薬王院」の水行道場の1つとして使われているそうだ。出家者以外でも、滝修行を体験することができるという(要予約)。

高尾山

山頂に向かうにつれ、道も険しくなっていく。ついに山が本気を出してきた感じだ。本格的なハイカーからしたら近所の散歩道くらいの難易度かもしれないが、初登山の身にはなかなかにしんどい。

高尾山

そうこうするうち、「高尾山駅」に到着。所要1時間程度。しかし、ここでやっと2/3といったところだ。ここからは1号路に合流し、山頂を目指していく。

さる園・野草園

なお、高尾山駅周辺には「さる園・野草園」があり、70頭ほどのサルが暮らしているという。本気の登山家が登るような山には、おそらくこういう娯楽はないだろう。観光客向けの、カジュアルな山であることが分かる。

蛸杉

こちらは樹齢450年、高さ37m、目通り幹囲約6mにもなる「蛸杉」。根が蛸の足に見えることから名付けられ、高尾山内では飯盛杉に次ぐ大木だそうだ。

浄心門

蛸杉を過ぎると、「浄心門」呼ばれる門が見えてきた。この門をくぐった先が、薬王院の境内になるそうだ。
そのまま境内を進むと道が二手に分かれ、一方は「男坂」、一方は「女坂」へと続いている。

男坂

こちらが「男坂」。わりとしんどそうな急階段だ。

女坂

一方の「女坂」は、なだらかな坂道である。

男としての何かを試されている気がしたが、残りの体力と山頂までの距離、気候などを考慮した総合的な判断から「女坂」を選択した。己のプライドを優先するのではなく、プロジェクトを成功させるために適切な判断を下す。それもひとつの男らしさではないだろうか。と、都合よく解釈して楽な道を選ぶ。

高尾山薬王院

坂道を登り、さらに20分ほど進むと「高尾山薬王院」が現れた。関東三大本山のひとつであり、約1300年の歴史を持つ由緒あるお寺。

高尾山薬王院

ちなみに薬王院は天狗信仰でも有名な寺院のため、境内のいたるところに天狗の像が鎮座していた。

高尾山薬王院

山の中にこんな立派な寺院があるとは……。開運・勝運・財運・厄除けなど様々なご利益があるそうだが、苦労して上ってきたぶん、より有難いものに感じられる。

高尾山薬王院

そして、境内を抜けさらに山道を登れば、念願の山頂へ到着! 初心者向けの1号路とはいえ、それなりにしんどかった道のり。感動で思わず涙があふれ……たりはべつにしなかったけど、やはり達成感は十二分に感じられた。

高尾山

山頂では、持参した弁当を食べている人が多かった。達成感というスパイスが加わった山頂メシは、さぞおいしかろう。

高尾山山頂

山頂の景色と空気をたっぷり堪能し、ハイキング終了(実際にはこれから下山という行程があり、むしろ登りよりも辛かった。「ツラい」以外の感想がないので、まるっと割愛。)

天然の温泉に浸かって体をリフレッシュ。

京王高尾山温泉/極楽湯

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

小野洋平(やじろべえ)  小野洋平(やじろべえ)

編集プロダクション「やじろべえ」所属。最後に食べたいものを聞かれたら「旅館の朝食」と答えています。https://onobenriya.com/

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関東
東京都
この記事に関連するキーワード
温泉
高尾山
ハイキング
東京
ビアガーデン