じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ北海道【北海道ひとり旅】秋におすすめスポット20選!紅葉も!定番から穴場まで

【北海道ひとり旅】秋におすすめスポット20選!紅葉も!定番から穴場まで

2018.11.10

北海道にある「ひとり旅におすすめなスポット」をご紹介!

この秋は1人ならではの、自由気ままな旅行を楽しみませんか?紅葉絶景を散歩したり、自然のなかでリフレッシュしたり…♪

秋こそ行きたい北海道のひとり旅スポットを、定番から穴場まで集めました!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

モエレ沼公園

モエレ沼公園
出典:じゃらん 観光ガイド モエレ沼公園

札幌市東区に位置し、世界的な彫刻家イサム・ノグチの設計により造られた「モエレ沼公園」。
「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもと、1982年に着工し、2005年にグランドオープンし、自然環境保全の観点からも注目を集めました。
面積は約188.8ヘクタール を誇り、敷地内には公園を象徴するモニュメントのガラスのピラミッド「HIDAMARI」や、直径48mの海の噴水、サクラの森などがあり、
公園そのものが自然と芸術が融合する巨大なキャンパスとなっています。
春には桜、夏には水遊び、秋には紅葉、冬には雪景色と、四季折々の魅力を持ち合わせた総合公園です。

\口コミ ピックアップ/
芸術的な美しさがある公園です。広大な公園で、光と影とが融合してできる美しさを体感できると思います。美しいです。
(行った時期:2017年10月)

とても広大な敷地で、北海道の雄大な自然や、アートな作品を楽しみながら、のんびり散歩するにはもってこいでした。
(行った時期:2016年10月)

モエレ沼公園
住所/北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
「モエレ沼公園」の詳細はこちら

知床五湖

知床五湖
出典:じゃらん 観光ガイド 知床五湖

知床半島を造る知床連山の山裾に点在する大小五つの火山性堰止湖。
北海道斜里町にあり、一湖から五湖までの名前が付けられているが、湿地帯にあるため、融雪期には数が増えます。
原生林に囲まれ、水面に映し出されるその姿は神秘的。
知床八景のひとつとして数えられ、観光のために一湖を見下ろす展望台や湖をゆっくり探索する遊歩道が整備されているが、遊歩道ではエゾリスやエゾシカなどの姿も見られるが、ヒグマの目撃情報もあるため、注意が必要です。
近年では遊歩道の入場制限や、利用者の事前レクチャーの義務付け、有料化など、「利用調整地区制度」が導入されています。
※遊歩道は冬期通行止め

\口コミ ピックアップ/
とても景色がよく、北海道らしい大自然を感じられました。湖の水がきれいです。
展望台や遊歩道もあり、楽しめました。
(行った時期:2014年10月)

11月中ごろに観光で訪れましたが天気もすごく晴れてて
知床五湖を楽しめました!説明書き等もありガイドさんなしでしたが楽しんで見れました。落ち着いた雰囲気を楽しみたい方にもオススメです!
(行った時期:2017年11月)

知床五湖
住所/北海道斜里郡斜里町大字遠音別村字岩宇別
「知床五湖」の詳細はこちら

層雲峡

層雲峡
出典:じゃらん 観光ガイド 層雲峡

石狩川が大雪山北麓を削りとってできた我が国屈指の大峡谷。柱状節理の絶壁,奇岩,滝が約20km続く。

\口コミ ピックアップ/
見ごたえのある景色でした。2つの滝がすごく迫力があり感動しました。幻想的な自然の姿に見入ってしまいました。
(行った時期:2017年10月)

紅葉を見に行きました。初めて訪れましたが、息をのむ美しさでした。機会があれば、また伺いたい場所です。
(行った時期:2017年10月)

層雲峡
住所/北海道上川郡上川町字層雲峡
「層雲峡」の詳細はこちら

北大イチョウ並木

北大イチョウ並木
出典:じゃらん 観光ガイド 北大イチョウ並木

北大構内で秋のみどころは、何といっても北13条入口のイチョウ並木。歯学部と薬学部の間を一直線に貫く道の両側に続く400mのイチョウ並木が実にすばらしい。芽吹きの5月下旬のさわやかな緑、葉が黄金に染まり、それらを道路に撤き散らす9月下旬から10月上旬にかけて、パステルトーンの西欧画を見るようで美しい。

\口コミ ピックアップ/
初めて訪れましたが、とても綺麗でした!ライトアップされる日もありますが、日中訪れても美しいイチョウ並木を見ることができます。
(行った時期:2017年10月)

木や道にイチョウの葉がいっぱいあって、紅葉もきれいでした。池もあり散歩、森林浴にも最高だと思います。
(行った時期:2017年10月)

北大イチョウ並木
住所/北海道札幌市北区北区北13条
「北大イチョウ並木」の詳細はこちら

支笏湖

支笏湖
出典:じゃらん 観光ガイド 支笏湖

支笏湖は支笏洞爺国立公園に属するカルデラ湖で、長径13km、短径5kmのほぼ東西に長いマユ型をしています。シコツとはアイヌ語で「大きな窪地」という意味で、周囲は約40キロ、最大深度は約363m、千歳市の重要な観光スポットとなっています。また、日本で最もきれいな湖の1つで、日本最北の不凍湖としても知られています。 支笏湖周辺にはオコタンペ湖や苔の洞門、風不死岳、恵庭岳、樽前山などの高さが1,000mを越す山々や、天然の深い森など、美しい自然が残されています。 支笏湖周辺には支笏湖温泉、丸駒温泉、いとう温泉の3つの温泉があるほか、ボート遊びやキャンプ、スキューバダイビング、カヌーなども楽しむことができるほか、「支笏湖湖水まつり」や「支笏湖紅葉まつり」、「千歳・支笏湖氷濤まつり」など、様々なイベントが開催されています。

\口コミ ピックアップ/
札幌から、バスで一時間程で青い湖を囲む紅葉の山々を見ることが出来るなんて。すばらしい紅葉スポットを発見。到着までの道のりも紅葉の木々を見ながらの車窓観光で、ホント紅葉を堪能しました。
(行った時期:2017年10月15日)

天気がいいときは、穏やかできれいな湖の景色を堪能できます。
気分転換したいとき、癒されたいときに行ってみてほしいです。
(行った時期:2014年10月)

支笏湖
住所/北海道千歳市
「支笏湖」の詳細はこちら

豊平峡ダム

豊平峡ダム
出典:じゃらん 観光ガイド 豊平峡ダム

豊平峡は、豊平川の治水である豊平峡ダムを中心に湖と緑が織りなす雄大な自然の景観美あふれる、札幌有数のレジャー・スポットです。特に紅葉の季節は美しく、林野庁の「水源の森100選」や「ダム湖100選」にも選定。「レストハウス豊平峡」「リフトカー」「展望台」「カムイ・ニセイ橋」「九段の滝」など見所はいっぱい。昭和51年(1976年)から電気自動車を導入し、支笏洞爺国立公園の豊平峡ダム入口から豊平峡園地までの自然環境に優れた地域を運行するほか、定山渓温泉からのシャトルバスもハイブリッドバスにより運行し、永年にわたり地域の自然環境保全に尽力。電気バスは、現在3代目で、豊平峡で5台、定山渓温泉送迎で1台がそれぞれ運行しています。

\口コミ ピックアップ/
札幌市内の中でも、紅葉の名所として有名な場所です。札幌市内からも気軽にドライブで行くことができます。おすすめですよ
(行った時期:2017年10月)

ドライブがてら、紅葉を観に定山渓までお出かけしてきました。天気もよく紅葉とマイナスイオンをたっぷり堪能してきました。帰りの温泉も体の芯まで温まりました。
(行った時期:2017年10月14日)

豊平峡ダム
住所/北海道札幌市南区定山渓840番地先
「豊平峡ダム」の詳細はこちら

雲石峡

雲石峡
出典:じゃらん 観光ガイド 雲石峡

道南八景の一つ,朱色の赤岳,秋の紅葉は見事。夏には満天の星空を楽しむことが出来る。

\口コミ ピックアップ/
紅葉seasonに車で走りました。とても走りやすい道で、その途中に峡谷が見えます。駐車場もあり付近を散策することもできます。北海道の紅葉はほんと美しい。
(行った時期:2014年10月)

雲石峡
住所/北海道二海郡八雲町熊石大谷町
「雲石峡」の詳細はこちら

金山十梨別渓谷

金山十梨別渓谷
出典:じゃらん 観光ガイド 金山十梨別渓谷

秋には見事な紅葉に彩られた渓谷が見られる。

\口コミ ピックアップ/
秋の紅葉の時期に行ってきました。紅葉が色づいていて写真を撮っている方がたくさんいました。自然いっぱいな場所を眺めながらゆっくりと時間を過ごすことができました。
(行った時期:2016年10月)

絶景です。渓谷を眺めることができます。紅葉のシーズンにはモミジやイチョウなどが大変きれいなので皆様にもおすすめです
(行った時期:2017年10月)

金山十梨別渓谷
住所/北海道空知郡南富良野町字金山
「金山十梨別渓谷」の詳細はこちら

神居古潭

神居古潭
出典:じゃらん 観光ガイド 神居古潭

石狩川が上川盆地から石狩平野に流れ出る境に位置するこの渓谷は、アイヌ語で「カムイ(神)コタン(集落)」と呼ばれ、古くよりアイヌの人々の聖地とされてきました。峡谷を形成する緑泥片岩は1億年以上という気の遠くなるような長い年月をかけて石狩川の流れによって浸食され、アイヌの人々の伝説に登場する奇岩やおう穴群(天然記念物、日本の地質100選にも認定)を形成しました。急激に川幅が狭くなるため流れが激しく深く、かつては行き交う舟がよく転覆し、アイヌの人々は峡谷に住む魔神の仕業と恐れていたようです。 また、この地域は市内有数の景勝地としても知られています。かつては交通の難所でしたが、現在は国道もあり、その脇道に架かっている吊り橋から、かつて鉄道が通っていた対岸に渡ることができます。悠久の時の中で形成された峡谷が、春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪などに美しく彩られる姿は、私達の目を一年中楽しませてくれます。 さらに、アイヌ以前の人々の集落跡である「神居古潭竪穴住居跡」(北海道指定文化財史跡)や明治43年の建設当時の姿をそのまま残しているホームやSL機関車3両、駅舎(復元)が展示されている国道対岸の「旧神居古潭駅舎」など、アイヌ以外でこの地域に関わった先人達の生活の一端を垣間見ることができます。

\口コミ ピックアップ/
神居古潭と言えば神秘的なイメージですが、旭川中心部からも近い緑あふれる場所です。紅葉の季節は本当にきれいですよ。
(行った時期:2015年10月)

とても神秘的な場所でした。
橋を渡るのが少し怖かったですが、景色がとても良く癒されました。とてもおすすめです。
(行った時期:2014年10月)

神居古潭
住所/北海道旭川市神居町神居古潭
「神居古潭」の詳細はこちら

千鳥ヶ滝

千鳥ヶ滝
出典:じゃらん 観光ガイド 千鳥ヶ滝

夕張川に奇岩と大小無数の滝,秋の紅葉が素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/
小さな滝や大きな滝がたくさん集まっているだけです。大小様々な滝が集まっていた迫力がありました。ちょうど紅葉の時期だったのでとてもきれいでした。
(行った時期:2016年10月)

この千鳥滝(別名:夕張滝) 流れる水が凸凹の岩肌に添う様に幾筋にも分れて流れ落ちる非常に珍しい滝で、橋の上から見た時は思わず声を上げてしまいました。
(行った時期:2016年10月20日)

千鳥ヶ滝
住所/北海道夕張市滝ノ上5番地
「千鳥ヶ滝」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
北海道
この記事に関連するキーワード
季節のおすすめ
一人旅