じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ愛知県【名古屋ひとり旅】秋におすすめスポット10選!紅葉も!定番から穴場まで

【名古屋ひとり旅】秋におすすめスポット10選!紅葉も!定番から穴場まで

2018.11.10

名古屋にある「ひとり旅におすすめなスポット」をご紹介!

この秋は1人ならではの、自由気ままな旅行を楽しみませんか?紅葉絶景を散歩したり、自然のなかでリフレッシュしたり…♪

秋こそ行きたい名古屋のひとり旅スポットを、定番から穴場まで集めました!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

白鳥庭園

白鳥庭園
出典:じゃらん 観光ガイド 白鳥庭園

世界デザイン博覧会白鳥会場を再整備してできた日本庭園。園内にある築山を御嶽山にみたて、木曽川や伊勢湾をイメージする渓流や滝、池などを配している。中心となる本館は数寄屋造の建物で、茶席などが設けられている。

\口コミ ピックアップ/
四季折々の花が楽しめます。夜の紅葉ライトアップシーズンに訪れました
手入れの行き届いた、きれいな庭園です。
(行った時期:2016年11月)

私のすきな日本庭園の一つです。お散歩するのにちょうどよい空間です。これからの季節もいいですが、紅葉はおすすめです。
(行った時期:2015年11月)

白鳥庭園
住所/愛知県名古屋市熱田区熱田西町2-5
「白鳥庭園」の詳細はこちら

二之丸庭園

二之丸庭園
出典:じゃらん 観光ガイド 二之丸庭園

尾張徳川家の初代義直のころに作られた玉澗流の庭園で北庭と南庭から成っている。北庭は、大築山を設けて渓谷を表現する豪華な石組を配し、石橋を上部に架け、枯滝の渓流を設けて幽谷とするなど、全体に豪快で変化に富んでいる。南庭は枯山水様式で巨石を立てた石組で豪華さを出している。昭和28年3月31日に「名勝」の指定を受けている。

\口コミ ピックアップ/
秋は紅葉も見られて綺麗でした(*^^*)
お抹茶を頂ける、「二の丸茶亭」というおみせもあります。
こちらもオススメです!
(行った時期:2016年11月)

名古屋城から最寄りの地下鉄駅への移動でたまたま通ったのですが、紅葉がとても綺麗でした。
他所より多少時期が遅いのか、12月でも真っ赤な紅葉が見られました。
(行った時期:2017年12月)

二之丸庭園
住所/愛知県名古屋市中区二の丸
「二之丸庭園」の詳細はこちら

東山植物園

東山植物園
出典:じゃらん 観光ガイド 東山植物園

動物園の裏手にあり約7,000種もの植物を展示しているほか、温室や世界遺産にもなった岐阜県の白川郷から移築した合掌造りの家などがあります。植物園は自然林を生かした展示になっており万葉の散歩道、薬草の道、東海の森などの散策コースがあります。

\口コミ ピックアップ/
秋の紅葉を見に行くのにオススメです。夜はライトアップされていて昼間に見るのとはまた雰囲気が変わり綺麗です。
(行った時期:2016年11月)

植物園の敷地はとても広く、桜、バラ、紅葉など季節ごとに違う様を楽しめます。
温室もありますが、自然そのままをいかした小道なども多くあります。
動物園を見てから植物園を散策して一日過ごすと、自然に触れ合って心身がリラックスできるように思います。
(行った時期:2013年11月)

東山植物園
住所/愛知県名古屋市千種区東山元町3-70
「東山植物園」の詳細はこちら

興正寺(尾張高野)

興正寺(尾張高野)
出典:じゃらん 観光ガイド 興正寺(尾張高野)

尾張高野と呼ばれ東西2山に分かれる。紅葉の名所。

\口コミ ピックアップ/
名古屋地下鉄の八事駅からほど近くにある、国の重要文化財である五重塔がシンボルであるお寺。
紅葉スポットとしても有名で、手軽にアクセスできるため、ちょくちょく訪れています。
またサクラの季節も満開になると、いいものですよ。
(行った時期:2015年11月)

名古屋の市街地(地下鉄の駅からすぐ)で、紅葉が楽しめる場所としてお勧めである。周りを樹木で囲まれているので、交通量の多い大通りから境内に入ると、静かで落ち着いた空間が広がる。シンボルである五重塔をはじめ、鐘楼、本堂など、歴史的建造物もあり、散策が楽しい。
(行った時期:2013年11月)

興正寺(尾張高野)
住所/愛知県名古屋市昭和区八事本町78
「興正寺(尾張高野)」の詳細はこちら

富部神社

富部神社
出典:じゃらん 観光ガイド 富部神社

社領百石,尾張藩の崇敬が厚かったといわれる神社。 桃山建築の姿を残す本殿は、国の重要文化財に指定され、祭文殿・廻廊そして享保12年(1727)作の山車(高砂車)は名古屋市指定有形文化財に指定されている。

\口コミ ピックアップ/
銀杏の紅葉と、名古屋市指定有形文化財の祭文殿とが見事なコントラスト。氏子さんが育てられた大輪の菊も見事でした。
(行った時期:2017年11月14日)

観月祭では、月を見ながらの夜の雅楽演奏と舞がありました。幻想的な雅楽の調べと、優雅ながら迫力ある舞が深い鎮守の森とマッチしていました。
(行った時期:2017年9月23日)

富部神社
住所/愛知県名古屋市南区呼続町4-13-38
「富部神社」の詳細はこちら

桜通りのいちょう並木

桜通りのいちょう並木
出典:じゃらん 観光ガイド 桜通りのいちょう並木

昭和12年に汎太平洋博覧会を記念して、道路整備された際に緩速車道分離帯に植えられました。両側の歩道にもイチョウが植えられており、ボリュームのある並木が形成されています。

\口コミ ピックアップ/
大通りの両端にいちょうが並んでいます。何車線もあるので走行しやすく、ドライブでイチョウ並木の合間を走行するのが気持ちいいと思います。
(行った時期:2013年11月)

街中にあるので、ちょっとしたオアシスだと思います。
お買い物ついでに見上げると綺麗ですよ。
また行きたいです。
(行った時期:2016年11月)

桜通りのいちょう並木
住所/愛知県名古屋市中区錦1
「桜通りのいちょう並木」の詳細はこちら

名古屋城

名古屋城
出典:じゃらん 観光ガイド 名古屋城

徳川家康が外様大名を動員して築城。慶長15年(1610)着工、同19年に完成した。本丸・二の丸・西の丸・御深井丸・三の丸の五郭から成る規模雄大な城で、ことに金鯱をのせた壮大華麗な天守閣はひろく天下に知られた。元和2年(1616)家康の九男義直が入城。以来、徳川御三家筆頭、尾張藩六十一万九千石の牙城となる。昭和20年、米軍の空襲で天守閣以下ほとんどの建物を焼かれたが、昭和34年、再建されたほか、西北・西南・東南の各隅櫓と表二ノ門がもとの建物で現存。本丸を囲む石垣や空堀・外堀などは原形を伝え、二ノ丸庭園も一部だけ残っている。◎徳川家康(1542-1616)岡崎城主松平広忠の子。織田信長・豊臣秀吉亡きあと、関ケ原の戦いで勝利を収め、征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府を開いて、徳川三百年の基礎を築いた。◎徳川義直(1600-50)家康の九男。尾州藩の祖。よく家康の遺訓を守って藩政を固め、学問を奨励し、藩風の基礎を作った、わが国で初の聖堂を建て、その廟所も儒教式である。◎徳川宗春(1696-1764)尾州藩第七代藩主。『温知政要』を著して施政方針を示し、遊芸を奨励し、名古屋を大いに繁栄させたが、財政難を招き、幕府から蟄居を命じられた。◎徳川慶勝(1824-83)尾州藩の支藩高須藩主の二男。尾州藩一四・一七代(最後)の藩主。親藩の藩主でありながら、終始、勤皇の立場をとった。

\口コミ ピックアップ/
お濠周辺を走ったことはあったけれど,有料エリアには初めて入りました。
紅葉シーズンとあり,天守閣からの名城公園などの紅葉も綺麗でよかったです。
天守閣の中の展示も充実していて,行ってよかったです。
(行った時期:2017年11月19日)

名古屋と言えば名古屋城と思い立ち寄りました。金のしゃちほこが展示してあったので、間近で見ることができました。
(行った時期:2013年11月)

名古屋城
住所/愛知県名古屋市中区本丸1-1
「名古屋城」の詳細はこちら

徳川園

徳川園
出典:じゃらん 観光ガイド 徳川園

もと尾張徳川家の大曽根下屋敷。池泉回遊式の大名庭園で、隣接する徳川美術館、蓬左文庫と合わせて近世武家文化が体感できる。

\口コミ ピックアップ/
紅葉が色付いてる時期で赤や黄色に染まった木々が綺麗で素敵な雰囲気でした。都会の中にもこんな静かな場所があるんだなー。とゆっくり散策することができリフレッシュ。
(行った時期:2017年11月)

紅葉の季節に訪れたのですが、本当にきれいなお庭が広がっていました。夜のライトアップは本当に綺麗だったな。
(行った時期:2015年11月)

徳川園
住所/愛知県名古屋市東区徳川町1001
「徳川園」の詳細はこちら

龍泉寺

龍泉寺
出典:じゃらん 観光ガイド 龍泉寺

伝教大師の創建。長久手の戦いで秀吉の兵火にあい焼失。1598年再建。宝物館に重要文化財の木造地蔵菩薩像や数百体の円空仏を安置する。 尾張四観音の一寺院。

\口コミ ピックアップ/
大曽根駅から歩いて3分くらいのところにあるお寺です。境内は、広く、厳格な雰囲気があり、心が洗われるような気分になれます。
(行った時期:2016年10月)

龍泉寺
住所/愛知県名古屋市守山区竜泉寺1-902
「龍泉寺」の詳細はこちら

山田天満宮

山田天満宮
出典:じゃらん 観光ガイド 山田天満宮

名古屋三天神の1つ。

\口コミ ピックアップ/
山田天満宮は、上野天満宮、桜天神社と共に名古屋三大天神と呼ばれています。
境内にある金神社は、名が示すように金運にご利益があるとされ、多くの参拝者が列を作って銭洗いをしていました。
(行った時期:2016年11月3日)

山田天満宮
住所/愛知県名古屋市北区山田町3丁目25
「山田天満宮」の詳細はこちら

※この記事は2018年9月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東海
愛知県
この記事に関連するキーワード
一人旅
季節のおすすめ