じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ東京都日本茶を飲んで・食べて・泊まる!お茶がテーマ「ホテル1899東京」がオープン

日本茶を飲んで・食べて・泊まる!お茶がテーマ「ホテル1899東京」がオープン

2018.12.24

“お茶”をテーマにした「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」が、2018年12月1日(土)新橋・虎ノ門エリアにオープンしました。「茶屋」をイメージしたこのホテルにはくつろげる縁側スペースや茶せんがモチーフの照明、アメニティのシャンプーは緑茶成分入り…と日本らしさやお茶の要素が満載!

また、ホテル1階は抹茶やほうじ茶を使った和洋の惣菜を味わえる「日本茶」をテーマにしたレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR1899 東京」がディナー営業を先行して12月20日(木)からオープン。都会の真ん中で楽しめる現代の茶屋をじゃらん編集部の阿部がご紹介します!

記事配信:じゃらんニュース

「ホテル1899東京」って?

老舗「龍名館」が手掛ける新ホテル

ホテル1899東京

ホテル1899東京

「ホテル1899(イチハチキュウキュウ)東京」とはホテル・レストラン運営の老舗、龍名館の創業年(1899年)を冠したブランド「1899」の第1号ホテル。1階がレストラン兼デリカテッセン、2階がフロント、3階から9階が客室になっています。

銀座・六本木・丸の内などの主要エリアに近く、羽田空港からタクシーで約20分。JRやメトロなど4駅が徒歩圏内と好立地です。
建物全体のデザインコンセプトは「現代的に解釈された茶屋体験」…。

ホテル1899東京
いざ潜入!

「ん?どんなホテル?なんだかオシャレすぎて分からん!」
ということで実際にじゃらん編集部の阿部がプレス内覧会に潜入してきました。

1階はレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR1899 東京」

ホテルに泊まらなくてもお茶料理が味わえる!

DELI&BAR1899 東京

DELI&BAR1899 東京
惣菜は1品120円からとお手頃
DELI&BAR1899 東京
本物の茶箱!いたるところにお茶のコンセプトが

ホテル1階は、“お茶料理”や“お茶スイーツ”が味わえる、「日本茶」がテーマのレストラン兼デリカテッセン「DELI&BAR(デリ&バル)1899東京」をオープン。ホテル開業当初は宿泊客向けに営業し、朝食メニューをオーダー式のビュッフェスタイルで提供されます。ちなみに宿泊者は無料!

一般向けのレストランディナーの先行営業は12月20日(木)から。グランドンオープンは、2019年1月16日(水)です。また、料理は全てテイクアウト可能なデリメニューとしても提供されます。ヘルシーな“日本茶デリ”の数々は、オフィスでのランチや夕食としても便利ですね♪

DELI&BAR1899 東京
朝食メニュー一例
DELI&BAR1899 東京
スイーツ(イメージ)

朝食のコンセプトは、「美味しいものを、あれこれ、少しずつ楽しめる、お食事どころ」。

お茶ソーセージと彩り野菜のグリル、抹茶ドレッシングのサラダ、彩り野菜の碾茶(てんちゃ)オイルマリネ、グリルチキンの抹茶チーズソースがけといった日替わりの“お茶料理”の惣菜を、抹茶パン、茶粥、抹茶豆乳スープなどとともに楽しめます。

からだに優しいメニューが目白押しです。

実際に試食!!!!

DELI&BAR1899 東京
彩り豊か

さてさて、本当にお茶が使われているのか確認するために、試食させていただきました。

この日の特別メニューは…

・グリルチキン 抹茶チーズソース
・抹茶ポテトサラダ
・彩り野菜の碾茶(てんちゃ)オイルマリネ
・サーモンと茸のマリネ
・かぼちゃとカッテージチーズのスイーツサラダ
・パン(抹茶、他)
・抹茶豆乳スープ
・茶粥
・江戸番茶

というラインナップ。では実食!

DELI&BAR1899 東京
「んんん~上品なお味!!」

日頃ジャンクフードばかり食べている筆者、抹茶がほんのり香るパンを食べながら感動。
「ヘルシーなのに食べごたえがある」とはこのメニューのためにある言葉なのでは?というくらい体に良さそうなメニューが満載でした。

DELI&BAR1899 東京

そして、これはコーヒー…ではなく江戸番茶。日本茶の魅力をより手軽に感じて欲しい!という思いが詰まっています♪

2階フロントは茶室をイメージ

「お・も・て・な・し」な試飲カウンタ―

ホテル1899東京
茶室をイメージした2階のフロント
ホテル1899東京
茶釜を発見!
ホテル1899東京
お茶のイメージ
ホテル1899東京
オリジナル茶葉がズラリ。

茶室をイメージした2階のフロントには、カウンターに茶釜が。
なんと、お茶を知り尽くした “茶バリエ”が、湯の温度を管理しながら日本茶を淹れてくれるんです!

希望に応じて抹茶を点てて、おもてなしてくれるそうですよ♪
また、お茶に関するアイテムやアメニティ、オリジナル茶葉などが販売されています。

庵(いおり)をイメージした「ホテル1899東京」の客室

4種類のくつろげる居場所

ホテル1899東京
コーナーデラックスツイン
ホテル1899東京
お茶を点てる「茶せん」がモチーフの照明が全室に
ホテル1899東京
室内着にも一芯二葉のマークが

1階や2階の共有スペースが縁側だとすると、3階から9階の客室は庵(いおり)。

コーナーデラックスツイン、スーペリアダブルA -IORI-、スーペリアダブルB -ENGAWA-、スタンダードダブルの4種類の落ち着いた空間が用意されています。すべての部屋でお茶を楽しむことができ、部屋の照明やアメニティのいたるところまでお茶の要素が詰まっています。

コーナーデラックスツインには縁側をモチーフにしたベンチソファが。心穏やかに過ごせそう。

ホテル1899東京
スーペリアダブルB -ENGAWA-
ホテル1899東京
デスクでお茶を楽しめる

スーペリアダブルB -ENGAWA-は特にお茶を「愉しむ」ためにデザインされた空間。

水回りが使いやすく、机の上で読書をしながら一杯…とお部屋の中で誰でも気軽に自分流の茶屋体験を愉しめます。
小上がりになっているベッドエリアは、ベッドなのに畳の上に布団を敷いて寝ているような心地良さ。

縁側で寛いでいるかのような「ゆるやかな時間」を過ごせますよ。

ホテル1899東京
スーペリアダブルA -IORI-

 

ホテル1899東京
スタンダードダブル(夜)

ほかにも茶室を想わせる丸窓や、四畳半の畳の敷き詰め方をイメージしたカーペットなどお部屋によって個性豊かな特徴が!お気に入りのお部屋を見つけてくださいね♪

まとめ

日本のお茶文化をより現代的に泊まって楽しめる「ホテル1899東京」、そしてヘルシーなお茶料理が味わえるレストラン&デリカテッセン「DELI&BAR1899 東京」。

ぜひ一度、茶屋体験をしに足を運んでみてください♪

ホテル1899東京
TEL/03-3432-1899
住所/東京都港区新橋6-4-1
アクセス/都営 御成門駅より徒歩6分、JR・東京メトロ・都営・ゆりかもめ 新橋駅より徒歩9分、都営 大門駅より徒歩10分、JR・東京モノレール 浜松町駅より徒歩13分
料金/ 1泊 2万3000円~4万5000円
「ホテル1899東京」の詳細はこちら

※この記事は2018年12月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

阿部叶  阿部叶

SMAPがバイブルのミーハー男子大学生です。 最近の悩みは値段を気にせずスイーツやスナック菓子など食べたいものは何でも買ってしまうこと…。大学では子どもと関わるボランティアサークルに所属しています♪

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関東
東京都
この記事に関連するキーワード
家族旅行
高級ホテル
カップル
友達
グルメ
ホテル
デート
トレンド