じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ東北「人気温泉地ランキング2019」発表!もう一度行きたい【東北】の温泉地はここだ!

「人気温泉地ランキング2019」発表!もう一度行きたい【東北】の温泉地はここだ!

2019.01.19

じゃらんが発表する人気温泉地ランキング2019!
東北エリアの数ある温泉地の中からランキングに入ったのはどこ!?

インターネット調査によるアンケートの回答から東北エリア在住者が「もう一度行きたい温泉地」ランキングを発表します!

「お肌すべすべになったあのお湯にもう一度浸かりたい」
「あの神社へお礼参りにいきつつ温泉につかりたい」
「貸切の露天風呂でまたゆっくりデートしたいな」
「次行くなら露天風呂付きの客室に泊まろう♪」
なんて読者の声が聞こえてきそう。
温泉だけじゃない魅力満載の温泉地がずらり!

ランキングと各温泉地の名所や人気の観光スポット、
温泉旅館やホテルなどの宿泊先の紹介も参考に、
あなたにぴったりの温泉地を探してみて。

温泉を楽しみながらその土地ならではの魅力をぜひ満喫してみてくださいね。
記事配信:じゃらんニュース

もう一度行きたい温泉地ランキング
まずはベスト10をご紹介!続きは最後のページをご覧ください。

1位 秋保温泉 【宮城県仙台市】
2位 乳頭温泉郷【秋田県仙北市】
3位 花巻温泉郷【岩手県花巻市】
4位 鳴子温泉郷【宮城県大崎市】
5位 銀山温泉【山形県尾花沢市】
6位 蔵王温泉【山形県山形市】
7位 つなぎ温泉・鴬宿温泉【岩手県盛岡市・雫石町】
8位 八甲田温泉・酸ヶ湯温泉【青森県青森市】
9位 作並温泉・酸ヶ湯温泉【宮城県仙台市】
10位(同率) 浅虫温泉【青森県青森市】
10位(同率) 八幡平温泉郷【岩手県八幡平市】

1位:秋保温泉【宮城県仙台市】

さくっと満足♪心身オールマイティにととのえよう。
仙台市街地からの手軽なアクセスでたどり着くのは、たくさんの魅力が詰まった東北髄一の愛され温泉地。ココロやカラダをととのえて、感性を磨いて運気もUP!そんなワガママも叶えてくれる秋保温泉に、週末トリップ♪

【泉質】塩化物泉、単純温泉、硫酸塩泉など
【アクセス】電車:JR愛子駅よりバスで15分。車:東北道仙台南ICより15分
【問合せ】TEL:022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所)

伝承千年の宿 佐勘

政宗公も愛した湯浴み処でゆるり。

伝承千年の宿 佐勘
政宗公の湯浴み処を再現した「名取の御湯」

伝統と現代の感覚を融合させた老舗宿。古くは伊達政宗公が浸かったとされる湯処で、趣向を凝らした浴場巡りも楽しみのひとつだ。日帰り入浴はランチとのットプランで利用を。

伝承千年の宿 佐勘(さかん)
TEL/022-398-2233
住所/宮城県仙台市太白区秋保町湯元
営業時間/ショッピングプラザ7時30分~11時30分、13時30分~21時(日帰りプラン利用時間10時~14時)
定休日/休館日
料金/秋保温泉源泉100%化粧水「ひとしずく」1本(80g)1080円、【美肌小町コース】1人5254円(入浴+ランチ)
「伝承千年の宿 佐勘」の詳細はこちら

奥州秋保温泉 蘭亭

季節を愛でる露天で体と心を潤そう。

奥州秋保温泉 蘭亭
柔らかい湯はお肌に優しい単純温泉
奥州秋保温泉 蘭亭
女性用大浴場は2017年に畳風呂にリニューアル

秋保温泉の中でも特に、女性や小さな子ども連れの家族に評判の宿。自家源泉(加水・加温)の湯量豊富な温泉は、ガーデンを設えた露天や、畳を敷いた大浴場(女性)でゆっくりと浸かりたい。

奥州秋保温泉 蘭亭
TEL/022-397-1515
住所/宮城県仙台市太白区秋保町湯元字木戸保7-1
営業時間/日帰り入浴11時~17時(最終受付16時)
定休日/火、混雑時には受付制限あり、年末年始は要問合せ
料金/大人900円、中学生830円、小学生500円、未就学児無料(入湯税込み)
「奥州秋保温泉 蘭亭」の詳細はこちら

観光ならここ!磊々峡

四季に彩られる渓谷でハートを探そう♪

磊々峡
覗橋(のぞきばし)から見える窪みはハート型

温泉街の入り口にある渓谷で、近年では「覗橋」から見下ろした岩の窪みがハート型に見えることから、「恋人の聖地」となり注目されている。恋愛運UPも期待できちゃうかも!?

磊々峡(らいらいきょう)
TEL/022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所)
住所/宮城県仙台市太白区秋保町湯元字枇杷原
営業時間・定休日/見学自由
「磊々峡」の詳細はこちら

2位:乳頭温泉郷【秋田県仙北市】

温泉郷にこもって湯めぐり。脱デジタルで体内リセット。
毎日をがんばるアナタにオススメしたい秘湯・乳頭温泉郷。日常の喧騒を離れて温泉地に着いたら、おこもり時間の始まり!仕事も忘れて、SNSもちょっとお休み。上質のお湯でココロとカラダをリセットしましょ♪

【泉質】単純温泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、硫黄泉※宿により源泉が異なる
【アクセス】電車:JR田沢湖駅よりバスで45分。車:東北道盛岡ICより1時間30分
【問合せ】TEL:0187-43-2111(仙北市田沢湖観光情報センター「フォレイク」)

大釜温泉

木造校舎を移築。ノスタルジックな温泉。

大釜温泉
源泉温度が98℃と高温のため加水している

趣深い木造の建物は、廃校になった小学校の校舎を温泉郷に移築してきたもので、その面影がそこかしこに残る。天候や季節で、薄茶系や灰色と表情を変えるお湯の様子も楽しみ。

大釜温泉
TEL/0187-46-2438
住所/秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
営業時間/日帰り入浴9時~16時30分
定休日/なし
料金/中学生以上600円、小学生300円、小学生未満無料
「大釜温泉」の詳細はこちら

休暇村乳頭温泉郷

利便性と良質の湯を持つ現代宿でのんびり自然浴。

休暇村乳頭温泉郷
木々の緑、紅葉、雪見露天と四季折々に変化

ブナの二次林に囲まれた露天には乳白色の湯が満ちるほか、2種類の異なる湯を楽しむことができる。温泉郷の7つの宿の中では、最もリゾート色の強い宿。

休暇村乳頭温泉郷
TEL/0187-46-2244
住所/秋田県仙北市田沢湖生保内駒ケ岳2の1
営業時間/日帰り入浴11時~18時(最終受付17時)
定休日/なし
料金/中学生以上600円、4歳~小学生300円、3歳以下無料
「休暇村乳頭温泉郷」の詳細はこちら

蟹場温泉

原生林の中にある野趣溢れる露天。

蟹場温泉
お湯はほぼ透明。混浴の露天風呂だが脱衣所は男女別

温泉郷の一番奥にある宿。名物の露天風呂(混浴)は本館から50mほど歩いた川沿いにあり、ワイルドさは格別。源泉100%かけ流しの湯で、自然体の入浴を存分に満喫できる。

蟹場(かにば)温泉
TEL/0187-46-2021
住所/秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50林班ヘ小班
営業時間/日帰り入浴9時~16時30分
定休日/なし
料金/中学生以上600円、小学生200円、乳幼児100円
「蟹場温泉」の詳細はこちら

鶴の湯温泉

乳白色の湯が満ちる茅葺屋根の湯宿。

鶴の湯温泉
女性専用風呂。冬はより幻想的なムードに

温泉郷のシンボル的存在。茅葺屋根の長屋「本陣」の先に、青白い湯をなみなみと湛えるひょうたん型の混浴風呂が現れる。ほかに、女性用の露天や小さいが内湯も備わっている。

鶴の湯温泉
TEL/0187-46-2139
住所/秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
営業時間/日帰り入浴10時~15時(月は内湯のみ)
定休日/なし
料金/中学生以上600円、3歳以上就学前の幼児~小学生300円、2歳以下無料
「鶴の湯温泉」の詳細はこちら

黒湯温泉

茅や杉皮の屋根が軒を連ねる湯治場。

黒湯温泉
11月中旬~4月中旬は休業

あたりには硫黄の匂いが漂い、敷地内には源泉が湧き出る河原が。湯量の豊富さは温泉郷トップクラスの湯処で、混浴のほか、男女別の露天や打たせ湯などがある。冬期は閉鎖。

黒湯温泉
TEL/0187-46-2214
住所/秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢2-1
営業時間/日帰り入浴9時~16時
定休日/なし※11月中旬~4月中旬は冬期休館
料金/中学生以上600円、小学生300円、小学生未満無料
「黒湯温泉」の詳細はこちら

孫六温泉

歩いてたどり着く宿は湯治場風情満点!

孫六温泉
ひとつひとつの湯船は小さいが心地よい静かな湯処

「山の薬湯」とも呼ばれ、川沿いに湯小屋が立ち並ぶ。温泉郷の中では唯一車で行けない場所にあり、夏は5分、冬は15分ほどの道のりを歩く行程も秘湯感をかきたてる。

孫六(まごろく)温泉
TEL/0187-46-2224
住所/秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林50
営業時間/日帰り入浴8時~16時(冬期は9時~)
定休日/不定
料金/中学生以上520円、小学生以下260円
「孫六温泉」の詳細はこちら

妙乃湯

2種類の湯に浸かり肌美人を目指そう。

妙乃湯

秘湯ならではの素朴さに、現代の感性をミックスしたジャパニーズモダンな雰囲気。弱酸性の金の湯と緩和性単純泉の銀の湯は、順番に入ることで美肌にも期待ができるそう。

妙乃湯(たえのゆ)
TEL/0187-46-2740
住所/秋田県仙北市田沢湖生保内駒ケ岳2の1
営業時間/日帰り入浴10時~最終受付15時
定休日/火
料金/中学生以上800円、0歳~小学生400円
「妙乃湯」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東北
青森県
岩手県
宮城県
秋田県
山形県
この記事に関連するキーワード
ランキング
温泉
露天風呂
日帰り温泉