じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ京都府体験型ドーナツ工場「コエ ドーナツ」誕生!メニューも店内もおしゃれすぎた【京都】

体験型ドーナツ工場「コエ ドーナツ」誕生!メニューも店内もおしゃれすぎた【京都】

2019.03.30

京都・河原町にこれまでにない新感覚のドーナツショップがオープン。なんでもドーナツの製造工程を見ながら、店内で食べることができるんだとか。人気ファッションブランドを手掛ける「koe」が運営する新業態ということで、きっと素敵なお店のはず…!スイーツ大好き、編集部・那須がさっそく潜入してきました。

記事配信:じゃらんニュース

作っている工程をそばで見られるなんて新感覚!

koe donuts
ドーナツを作るスタッフさんがすぐ目の前に
koe donuts
こんなに近くで見たら、このあと間違いなく買ってしまいますよね(笑)

「koe donuts」の特徴はショップやイートインスペースだけでなく、工場が併設されていること。石臼で粉を挽き、オリジナルのベルトコンベヤー式フライヤーでドーナツを揚げ、トッピングしていくという製造工程を見ながらイートインが楽しめるんです!

「工場」といっても店内はとってもおしゃれ!かわいい制服を着たスタッフさんたちが、ドーナツを次々と仕上げていきます。餡を挟んだりバーナーであぶったり、クリームを塗ったり…他店ではなかなか見ることができないスタッフさんの様々な作業と、きびきびとした手捌きを見るのが面白くて、ずっと眺めてしまいます。

バラエティ豊富なメニューは写真映えも◎

koe donuts
好きなものをチョイスしてレジへ。たくさんあって思わず目移り…

棚にはカラフルでとってもかわいいドーナツがずらり!イートインメニューとテイクアウトメニュー(イートインもOK)があり、バラエティもかなり豊富なので見ているだけでわくわくしてきます♪日や時間帯によりラインナップが少しずつ異なるので、まだ見たことのないドーナツに出会えるのも楽しみ。

koe donuts
様々な食感やフレーバーの中からお気に入りを見つけて

ドーナツはふわふわモチモチ食感の「koe donuts」や動物性不使用で身体に優しい「ヴィーガンドーナツ」など様々なタイプがありますよ。フレーバーは、「プレーン」や「チョコレート」などの王道に加えて、「京人参と白味噌」「みたらし」など、日本らしい・京都らしいものまで幅広く揃っています。

koe donuts
かわいいパッケージは食べ歩きにぴったり

袋に描かれたかわいいイラストは、人気イラストレーター・長場雄氏のデザイン。カラーやモチーフも様々なバージョンがあります。店頭では袋に入っていないものも、持ち帰りの際には入れてもらえるので、どのドーナツを選んでもかわいい袋をゲットできるのが嬉しい!

koe donuts
イートインメニューの「ドーナツメルト・ストロベリー」(918円)

一晩シロップを浸み込ませているそうで、しっとりとした生地がたまりません!和三盆を使ったクリームが上品な甘さで、まったく重たくなくペロリと食べてしまいました(笑)

koe donuts
「koe donuts ピンクストロベリー」(270円)「レモンメレンゲ」(302円)「クレームブリュレ」(270円)

テイクアウトOKのドーナツも、どれもかわいくて目でも舌でも楽しめます。なかでも私のお気に入りは、「クレームブリュレ」!甘いクリームがたっぷりのっていて大満足です。

koe donuts
チーズタピオカティー(宇治抹茶・丹波黒豆・ほうじ茶・マンゴー 各734円、ストロベリーミルク・ロイヤルミルク 各788円)

今大人気の「チーズタピオカティー」もありますよ。ふわふわのチーズムースに、厳選した茶葉を使用したお茶とタピオカが絶妙にマッチ!見た目よりも甘さが控えめなので、甘いドーナツとも相性◎です。

koe donuts
京都の素材を使用したドーナツもたくさん

「ほうじ茶」「みたらしクルーラー」「抹茶オールドファッション」「ベイク黒豆」「ベイク五色豆」「ベイク京人参と白味噌」など、京都に来たなら食べてみたいフレーバーも多数揃っています。京都みやげにしても喜ばれそう!

素材や製造、店舗デザインにもこだわりがたくさん

近年の健康志向の高まりから、「koe donuts」がテーマに掲げているのが「ウェルネス」。そして、ブランドコンセプトでもある「エシカル」の観点から、地球環境にも配慮し、素材や製造、店舗の内装にもこだわっているそう。

koe donuts
豆や野菜を使用したドーナツも多数ラインナップ

素材は「オーガニック」「天然由来」「地産地消」を意識し、自家製の有機小麦全粒粉に有機グラニュー糖、国産米油、京都美山産の「美山牛乳」や「美卵」など、安心・安全なものを厳選しています。

ドーナツというと、どうしても高カロリーなイメージがありますが、「koe donuts」では素材にこだわったことで、砂糖や添加物を加えなくても素材本来の甘味・旨味を活かすことができ、一般的なドーナツよりもヘルシーな仕上がりになったそう。

koe donuts
スタイリッシュでありながら、京都らしさも感じる店内

店舗デザインを手掛けるのは日本を代表する建築家である隈研吾氏。京都・嵐山の竹を使用した伝統的な六ツ目編みのかごを572個用いた店内は、かごの網目から漏れるライトの光で、柔らかな印象に。65席+スタンディングがあり、テーブル席のほか、おひとりでも気軽に利用できるカウンターもあります。

オリジナルグッズもおしゃれすぎる!

ショッパーやボックスなどに描かれた、koe donutsのキャラクター「ドーナツ博士」をモチーフにしたグッズも店内で限定販売。毎日使いたくなる、シンプルでかわいいデザインです。

koe donuts
キャップ(3013円)、マグカップ(2149円)、コーヒータンブラー(2689円)
koe donuts
オーガニックコットンバッグ(3229円)

オーガニックコットンを使用したTシャツやバッグ、回収した不要食器を粉砕し、新しい形に生まれ変わらせた再生陶器のマグカップなど、環境に配慮した素材や工程で作られたグッズは6種類。全部揃えたくなっちゃいました♪

まとめ

koe donuts

おしゃれな店内に、かわいいドーナツ、珍しい製造工程の見学…見どころが満載!そして、健康を意識した素材や製造工程に、環境に配慮した店舗デザインやグッズ…おしゃれ・かわいいだけでない「koe donuts」のこだわりを感じました。新感覚のドーナツファクトリー、ぜひ体感してみてくださいね。

koe donuts
[住所]京都府京都市中京区新京極四条上ル中之町557番地京都松竹阪井座ビル1階
[営業時間]8時~20時
[定休日]不定
[アクセス]阪急 河原町駅より徒歩1分、京阪 祇園四条駅より徒歩5分
「koe donuts」の詳細はこちら

※この記事は2019年3月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関西
京都府
この記事に関連するキーワード
工場見学
グルメ
フォトジェニック
スイーツ