じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国絶品の和食が味わえる「極上の美食宿」おすすめ6選!春夏の旬食材を堪能【全国】

絶品の和食が味わえる「極上の美食宿」おすすめ6選!春夏の旬食材を堪能【全国】

2019.04.20

冬から春へ、春から夏へ。移ろいゆく季節を愛でる楽しみは、旅の景色はもちろん、滞在先の宿のひと皿にもあります。旬の食材を贅沢に使った宿で味わう郷土の味。今日はどんなごちそうがいただけるのだろうと、胸を躍らせながら旅路につくのもいいものですね。今回は全国から選りすぐり、絶品の和食が味わえる「極上の美食宿」をご紹介します。

今回ご紹介するのは6つの宿。初夏の訪れを感じさせる鮎のコース料理にするか、それともちょうどこれから旬を迎える鮑のしゃぶしゃぶや、鯛の香草蒸しも捨てがたい…。春のお楽しみ食材、筍や山菜や、夏は爽やかに鱧をいただくのもいいし…美食をめぐる楽しい悩みは尽きませんが、どれもこの上ない極上のひとときとなることは確実!

ぜひ今年の春夏は、至福のごちそう宿を訪れてみませんか。

記事配信:じゃらんニュース

1.枕流荘 京亭【埼玉県・寄居】

初夏の訪れとともに味わえる香(かぐわ)しい鮎を圧巻のコース料理で。

枕流荘 京亭
枕流荘 京亭
\季節の逸品 鮎飯/鮎を丸ごとお米の上にのせて、鉄鍋で炊き込みご飯に。炊き上がると女将が鮎の身をほぐしてご飯と混ぜてくれる。香ばしく焼けたおこげも美味。うるかとの相性も抜群だ。
枕流荘 京亭
鮎のうるか。内臓の塩辛で、特有の爽やかな苦みがある。日本酒好きにはたまらない珍味
枕流荘 京亭
天然鮎の塩焼。目の前の荒川を始め各地の鮎を釣り人から直接購入する
枕流荘 京亭
白身魚のもと焼。季節の魚介をすり身にして石焼きにしたひと品
枕流荘 京亭
枕流荘 京亭
デザイナーでもあった紅華が設計図を引き、5年かけて完成させたという建物は、床の間や壁に独特な意匠が施されており、建築の専門家も訪れるほど
枕流荘 京亭
建物の奥には日本庭園があり、その先を荒川が流れる。対岸に鉢形城跡を望むロケーション
枕流荘 京亭
旅館というよりは別荘を訪れた気分にさせてくれるエントランス

県指定の名勝である玉淀は、秩父に源を発する荒川が山と平野部の間で見せる景勝地です。水が淀むようにゆったりと流れる渓谷の眺めが、古くから文化人に愛されてきました。浅草オペラの創始に関わり、作曲家として活躍した佐々紅華もそのひとりです。かつて訪れた時に見た美しい風景が忘れられず、昭和初期に終の棲家となる邸宅をこの地に築きました。紅華が晩年、建物の一部を貸席として開放したのが「枕流荘 京亭」の始まりです。その後、食事だけの利用もできる割烹旅館として営業を続けてきました。

メニューは季節の懐石コースを用意していますが、看板となるのは鮎料理です。荒川で鮎釣りが解禁される6月になると、鮎づくしがスタートします。鮎のうるかやお造り、塩焼などさまざまな調理法で姿を変えた鮎がコースを彩ります。ハイライトは、女将自ら炊き上げる鮎飯です。鉄鍋から立ち上る香しい匂いに、満たされていたはずの食欲が改めて刺激されてしまいます。

宿泊は1日2組まで。鮎をとことん堪能しつつ、歴史的な建物でのんびりと過ごす時間は贅沢なこと、この上ありません。

枕流荘 京亭
[TEL]048-581-0128
[住所]埼玉県大里郡寄居町寄居547
[料金]1泊2食付き1万9008円~
[アクセス]関越道花園ICより10分
「枕流荘 京亭」の詳細はこちら

2.古香里庵【石川県・湯涌温泉】

客室の湯船で名湯に浸かり金沢の贅に舌鼓を打つ幸せ。

古香里庵
\季節の逸品 鮑のしゃぶしゃぶ/近海の活鮑を薄切りにして、九谷焼の器に美しく盛り付け。初夏から夏は旬を迎えて食べ頃だ。しゃぶしゃぶは通年メニューにあり、季節の魚介類を味わうことができる。
古香里庵
しゃぶしゃぶは土鍋に張った出汁の中で。炭で鍋を温めるこだわりも
古香里庵
寒い時期が旬ののどぐろ姿焼きは4月頃までチョイス可能
古香里庵
夕食のシメは季節の土鍋ご飯
古香里庵
先付けの和え物。季節の素材に金箔をのせるのが金沢らしい
古香里庵
郷土料理の治部煮は定番のひと品。鴨肉は別に火入れしてから合わせるなど独自の工夫も
古香里庵
食事は朝夕ともに1階にある個室ダイニングで味わうことができる
古香里庵
古香里庵
1階の客室「古九谷」はリビングを備えた寝室に広々した露天風呂付き。1階の2部屋は露天風呂で、2階の2部屋は半露天風呂になる。冷蔵庫のドリンクは無料で飲むことができる
古香里庵
小さなデスクがフロント。パブリックスペースはロビーに置かれたソファと食事処だけ
古香里庵
静かな温泉街に誕生したばかりの小さな宿。近くに共同浴場の「総湯白鷺の湯」がある

金沢駅から車でわずか30分ほど。人気観光地からアクセスのよい湯涌温泉は、開湯1300年の歴史ある湯です。加賀藩の歴代藩主が浸かり、金沢の奥座敷と呼ばれる温泉街で、2018年にオープンしたのが「古香里庵」です。客室は4室のみ。大浴場は敢えて用意せず、かわりにすべての部屋に露天風呂か半露天が付いています。チェックイン後は自室で気の向くまま名湯を楽しめる、おこもり宿です。

おこもり宿に欠かせないのが、食べる楽しみ。その期待に応えるべく、こだわりの創作懐石でゲストをもてなします。テーマは、金沢の贅を感じてもらうことです。日本海の新鮮な魚介類や加賀野菜をふんだんに使うだけではありません。地産地消の料理に合わせるのは、九谷焼や山中塗の器。視覚や手触りも意識しながら、郷土の味覚を表現します。「お客様に喜んでいただきたくて、つい原価率が上がってしまう」と料理長の上埜桟十郎さん。朝食も牛肉のしゃぶしゃぶなど贅沢かつボリュームたっぷりです。休暇を終えて日常へ戻るときには、しっかりパワーチャージされていることに気づくはずです。

古香里庵(こかりあん) じゃらんnet
[TEL]076-235-1144
[住所]石川県金沢市湯涌町イ68
[料金]1泊2食付き2万4450円~
[アクセス]北陸道金沢東ICより30分
「古香里庵」の詳細はこちら

3.島別荘 悠月【愛知県・日間賀島】

春は貝類、夏になれば肉厚の鱧。タコとふぐの島の奥深さを知る。

島別荘 悠月
\季節の逸品 鱧(はも)のおとし/肉厚の地元産鱧を細かく骨切りしてから湯引きに。手作りの梅肉ダレでいただく、夏らしい爽やかな味わい。6月中旬頃からスタートし、9月頃まで堪能できる鱧会席のひと品。
島別荘 悠月
地魚の多様さに驚かされるお造り盛り合わせ。基本プランでも伊勢エビ付き
島別荘 悠月
脂ののった鱧を出汁とともに味わう土瓶蒸し。鱧会席のひと品
島別荘 悠月
魚介類は地元の漁師から仕入れるので新鮮そのもの
島別荘 悠月
島別荘 悠月
客室は2階にあり、和室が4室、和洋室が1室。すべての部屋に海を望む露天風呂とデッキテラスがある。食事は1階のダイニングで
島別荘 悠月
客室から遮るもののない海の風景を眺められる
島別荘 悠月
黒い外壁の建物は昔の漁師小屋をイメージしたもの。夜の星空も美しい

日間賀島の高台にあり、大海原の先に遠く伊勢志摩を望む美しい眺め。宿泊は1日5組限定です。客室でのんびりと、時間とともに移りゆく風景を愛でながら過ごすゲストも多い、大人の隠れ宿です。周囲約5㎞の小さい島ながら、訪れる観光客数は愛知県内の島でトップクラスです。

その理由のひとつに海産物の豊富さがあります。日間賀島の名物といえば、タコと冬の天然とらふぐ。ですが、獲れるのはそれだけではありません。春は白ミル貝や大アサリなどの貝類、夏になれば鱧や穴子が次々に水揚げされます。この宿では獲れたての地魚や貝を漁師から直接購入しています。ひと品ずつ手間暇かけたコース料理に仕立てていきます。鱧のおとしなど季節の逸品もさることながら、朝獲れの魚介を数種類盛り合わせたお造りも圧巻です。小さな島の豊かな幸に、思わず頬が緩むことになるでしょう。

島別荘 悠月(ゆうづき) じゃらんnet
[TEL]0569-68-3015
[住所]愛知県知多郡南知多町日間賀島天ノ山16
[料金]1泊2食付き2万5920円~
[アクセス]日間賀島西港より3分(無料送迎あり)
「島別荘 悠月」の詳細はこちら
  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
関東
東北
北陸
東海
山形県
埼玉県
新潟県
石川県
愛知県
三重県
この記事に関連するキーワード
グルメ
旅館
宿泊
高級