close

国内で海外旅行気分!?フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた【三重県】

2019.04.21

志摩が誇る英虞湾(あごわん)ブルーの絶景と、地中海の白い街並みが楽しめる「志摩地中海村」は、ホテルをメインに展開するリゾート施設です。

3つの宿泊棟ゾーンと1つのレストランからなり、それぞれ異なる地中海リゾートをモチーフにした街並みが楽しめます。
この街並みが、「映える~!」「日本とは思えない!」「海外リゾート気分が味わえる♪」と数年前からSNSで話題に。今や国内有数のフォトジェニックスポットとして知られています。

記事配信:じゃらんニュース

英虞湾を望む丘陵地に突如現れた地中海リゾート♪

カーナビの案内に任せて、伊勢自動車道の玉城インターで降りることに。
途中、意外と山道が多いなぁとか、わぁ~~海際ギリギリを走るんだ~とかキャッキャ言いながらドライブを満喫。
インターを降りて45分くらいで目的地、到着です~!

今回は日帰り利用なので日帰り用の駐車場に車をとめ、入門ゲートへ向かいます。すでにワクワク♪

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた1
着きましたー!入口からテンション上がる~。日帰り入場料は1人500円
フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた2
入門ゲートで持ち歩ける案内マップがもらえますよー


まずは地中海のリゾートアイランドを模した「サルジニアゾーン」から♪

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた3
街路樹や植栽が彩りを添える。よく見ると、2階の窓の格子のデザインが蔦模様。オサレ!

入口ゲート正面にある噴水広場の右手に広がるのが「サルジニアゾーン」です。
イタリア本島の西、地中海に浮かぶリゾートアイランド、サルジニア島(イタリア語だとサルディーニャ島)をモチーフに造られたエリアで、土壁の街並みが印象的。
晴れた日は、空をた~~っぷり入れて広めに撮ると、海外旅行っぽい写真が撮れますよ!

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた4

「サルジニアゾーン」と「アンダルシアゾーン」の境目あたりで早くもSNS映えスポット発見!
白壁にランダムに飾られている黄色い鉢植えが映える~~。かわいい~~!
さっそくポージングしてみました!

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた5
鉢植えでジャグリング~♪

建物の窓を入れた広めのパターンと、鉢植えの回りに寄ったパターンと両方撮ってみました。さすがSNS映えスポットだけあって、実は目の前には撮影待ちの人だかり…だったりします。
でも今日は海外リゾート気分!だからハメを外してこんなポーズもできちゃうんです(笑)

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた6
白壁をフレーム代わりに、建物と建物の間から覗く英虞湾を撮ってみた!


どこを切り取っても絵になる「アンダルシアゾーン」。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた7
撮りたいところだらけで、なかなか先に進めないのが悩み(笑)
フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた8
さっきより空を多めに…こ、こ、これはSNSに速攻上げたい! いい写真!

黄色い鉢植えの映えスポットの奥から始まるのが「アンダルシアゾーン」です。
このエリアはスペイン南部、地中海に面したアンダルシア地方にあるロンダやカサレスという街並みをイメージして造られています。

さっき通った「サルジニアゾーン」もそうですが、「志摩地中海村」の建物に使われている屋根、塗り材、タイル、通りの敷石などはスペインやイタリア、モロッコなど地中海沿岸の国から取り寄せたものがたくさん使われているそうです。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた9
海辺の街らしい明るくポップな色使いもGood!

これはテイクアウトカフェの「ペスカドール」。訪れたのは3月半ばだったので、まだオープンしていませんでしたが、GW以降はハンドグルメやドリンクがテイクアウトできるそう。

おすすめは、オレンジ丸ごと器にして飲めるフレッシュジュース。リゾート気分が高まる~~。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた10
空の面積もグーンと広がって開放感たっぷり。天気予報をチェックして、晴れの日狙いで出かけたい♪

「ペスカドール」と棟続きにあるのがカフェ&サロン「漁師の酒場」。階段を上ると屋上テラスがあり、「アンダルシアゾーン」の街並みを眼下に見ながらお茶が楽しめます。

目線の高さが変わると眺めが新鮮~!下(通り)からは見えなかったテラコッタ色の屋根と白壁と空のコントラストがすてき過ぎる。ザ・地中海リゾートですね!

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた11

ちなみに「アンダルシアゾーン」のつきあたりにあるのが、宿泊者専用の温泉施設「スパ・アルハンブラ」。(※日帰り入浴はできません)

「志摩地中海村」のなかでも比較的、新しめの施設で2018年3月に完成したそう。外観も露天風呂も内湯も、スペインの古都グラナダにあるアルハンブラ宮殿や、同じく古都コルドバのメスキータ(モスク)をイメージ。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた12
英虞湾の絶景を望む露天風呂
フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた13
内湯はリラックスして楽しめるよう、ぬるめの湯温に設定されているそう。これぞホスピタリティ♪

英虞湾を望む絶景露天風呂と、異国情緒たっぷりの内湯が男女別にありますよ。内湯のアラビック模様のタイルがエキゾチック!天井の星形の明かりとりやアーチ状のデザインなども必見です。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた14
日が暮れるとこんな感じ。エントランスではキャンドルも焚かれ、ムーディー
フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた15
エントランスも絵になる~。他のお客様に迷惑がかからないよう撮ろうね(内湯、露天はもちろん撮影禁止!)


白×ブルーのリゾートカフェで映えスイーツ、食べよ♪

さて、日帰り利用で楽しめるエリアに戻ります~。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた16

そろそろお腹が空いてきたということで、入口ゲート付近まで戻り、「カフェ・アミーゴ」へ。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた17
壁絵は本場スペインから職人を呼び、手描きしてもらったのだそう。ブルーの家具もめずらしいですよね。店内も撮影OK!
フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた18
写真はハニーチーズピザ。チーズソース×ナチュラルチーズ×ハチミツ×バニラアイスをオン。単品1080円(ドリンクセット1404円)

フードはピッツァやカレーなど計8種類。ピッツァはトマトやバジル風味のスタンダードなタイプからスイーツ系ピッツァまで揃います。カレーにはご当地グルメ・松阪牛入りハンバーグがトッピングできるメニューも!

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた19
スイーツセット1404円。写真右のドリンクは別注したオリジナルソフトドリンク「地中海サンライズ」650円

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた20

実はスイーツメニューも充実!人気は、5種類の中から好きなケーキ1品×パンナコッタ×レインボーアイス×ドリンク(セットドリンクメニューから1品)がセットになったスイーツセット。

ピンク色のハート最中が「かわいい」と大人気。確かにこれは撮りたい!食べたい!
かわいいだけじゃないですよ!最中でサンドしているのはソーダ味などのレインボーアイス。食べるのがもったいない…けど、とけちゃうから食べるーーー(笑)。

フォトジェニックすぎる「志摩地中海村」へ行ってみた21
「カフェ・アミーゴ」を出てすぐ左手はゲストルームのエントランス。レインボーカラーの階段もフォトジェニック

児島あさこ  児島あさこ

岐阜在住の編集・ライター。旅先での楽しみは日頃おせわになっている人へのおみやげ選び。道の駅、美術館、セレクトショップ、うつわ屋さん…など贈る人の好みに合わせて物色している時間が幸せです。好きな町は金沢。

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード