close

【山形県】もう一度行きたい!人気温泉地ランキングベスト5<2019>

2019.06.05

夕日絶景を望む海辺の温泉地から、山あいの情緒あふれる温泉地まで、県内のいたるところに名湯が点在する山形県。今回は“東北在住者が選んだ、もう一度行きたい温泉地“のアンケート結果をもとに、じゃらんが発表した山形県の人気温泉地を、ランキング形式でご紹介します!

ノスタルジックな温泉街が郷愁を誘う銀山温泉あり、東北でトップクラスの強酸性を誇る蔵王温泉あり。その他にも行ってみたいと思わせる魅力的な温泉がランクイン。

ご贔屓の温泉地は果たしてランキングに入っているか、乞うご期待!!

記事配信:じゃらんニュース

■ランキングを発表!

1位 銀山温泉【尾花沢市】
2位 蔵王温泉【山形市】
3位 湯野浜温泉【鶴岡市】
4位 かみのやま温泉【上山市】
5位 あつみ温泉【鶴岡市】

各市町村に温泉が湧いている温泉県です。パワー系の蔵王温泉、風情満点の銀山温泉、海辺の湯野浜と温泉地の特色が明確な傾向があります。

山形県

1位 銀山温泉【尾花沢市】

ノスタルジックな街並み。

銀山温泉
日が暮れるとガス灯の柔らかい光でより幻想的な雰囲気に
銀山温泉

大正から昭和初期にかけて建てられた旅館が今も残り、ガス灯が並ぶ温泉街です。細かな意匠を凝らした建物を眺めながら、そぞろ歩きを楽しみましょう。

[湯]旅館・共同浴場ともに、無色透明のクセのない湯が満ちる。

[食]ソバや尾花沢牛のカレーのほか、カレーパンや豆腐も評判。

[遊]着物貸衣装あり。白銀公園の銀坑道の見学もオススメ。

銀山(ぎんざん)温泉
[問い合わせ]銀山温泉観光案内所(TEL:0237-28-3933)
[アクセス]東北中央道東根ICより40分
[宿数]12軒

2位 蔵王温泉【山形市】

力強い湯にファンも多数。

蔵王温泉
川沿いの野趣溢れる混浴の大露天風呂。冬期は閉鎖
蔵王温泉

開湯1900年。東北でもトップクラスの強酸性の湯が溢れる温泉地です。蔵王の色濃い四季が楽しめるマウントリゾートとしても有名です。

[湯]pH1.2~1.6の強酸性泉。辺りは硫黄の匂いが立ち込める。

[食]一説には発祥の地とも言われるジンギスカンや玉こんにゃくなど。

[遊]大自然をベースとした山遊びが一年中できる。冬には樹氷も。

蔵王(ざおう)温泉
[問い合わせ]蔵王温泉観光協会(TEL:023-694-9328)
[アクセス]山形道山形蔵王ICより40分
[宿数]78軒

3位 湯野浜温泉【鶴岡市】

夕日絶景を望む海辺温泉地。

湯野浜温泉
7月中旬~8月中旬は海水浴で賑わう

開湯1000年。海岸線沿いにホテルや旅館が立ち、広大な砂浜と日本海に沈む夕日が自慢です。夏場はマリンスポーツも楽しむことができます。

[湯]肌に付く塩分が汗の蒸発を防ぎ湯冷めしにくいといわれる塩化物泉。

[食]初夏から夏にかけての砂丘メロン、夏は岩ガキ、冬は寒鱈汁が有名。

[遊]市内にはクラゲで有名な水族館が。羽黒山など歴史スポットも豊富。

湯野浜(ゆのはま)温泉
[問い合わせ]湯野浜温泉観光協会(TEL:0235-75-2258)
[アクセス]山形道鶴岡ICより20分
[宿数]19軒

4位 かみのやま温泉【上山市】

ぶらりと散策。城下町温泉。

かみのやま温泉
周辺の山々と上山の町並みを一望(有馬館)
かみのやま温泉
自社農園を持つタケダワイナリー

江戸時代からの城下町に湯処が点在しています。町にはいくつもの足湯があり、上山城を中心にゆるりと散歩を楽しめるようになっています。

[湯]無色透明でクセのない湯は、赤ちゃんでも入れるほど優しいと評判。

[食]沢庵和尚ゆかりのたくあん漬け、季節のフルーツ、こんにゃくやワイン。

[遊]上山城では歴史資料を展示。少し離れた宿場町・楢下宿も趣がある。

かみのやま温泉
[問い合わせ]上山市観光物産協会(TEL:023-672-0839)
[アクセス]東北中央道山形上山ICより10分
[宿数]20軒

5位 あつみ温泉【鶴岡市】

早起きが楽しい湯のまち。

あつみ温泉
温泉街には3カ所の共同浴場が(正面湯)
あつみ温泉
特産品が並ぶ朝市は、期間中毎日5時30分~8時30分に開催する

あつみ川沿いに宿が立ち、4月~11月には朝市も開催されます。町のあちこちに足湯や飲泉所があり、温泉気分を気軽に満喫できるのが嬉しいです。

[湯]舐めるとほんのりと塩気を感じる塩化物硫酸塩泉は、温まりの湯。

[食]温海かぶやだだちゃ豆といった伝統野菜が充実。海の幸も揃う。

[遊]温泉街を見渡すバラ園、7月中旬~8月中旬はビーチレジャーも。

あつみ温泉
[問い合わせ]あつみ観光協会(TEL:0235-43-3547)
[アクセス]日本海東北道あつみ温泉ICより5分
[宿数]7軒

チャートの見方と各スポットの特徴
[湯]…泉質数や希少性、泉質の強さなど
[雰]…街並みや温泉地全体の世界観
[遊]…観光スポットなど湯・宿以外の楽しみ
[食]…食事ができるスポットの充実度
[交]…ICから近いなど、アクセスのしやすさ
※編集部の観点で、独自に作成しています。
※チャート画像は東北ランキングで上位10スポットのみ掲載。

>>東北の人気温泉地ランキングはこちらからチェック!<<

人気温泉地ランキング2019 調査概要
【調査時期】2018年8月22日~31日
【調査対象】「じゃらんnet」会員または「じゃらんnet」予約者
【調査方法】インターネットでのアンケートを実施。東北在住者を対象に「もう一度行ってみたい」温泉地を調査
【回収】1万1157人(うち東北在住者695人)
【有効回答数】1万1157人(うち東北在住者695人)
【対象温泉】全国計327の温泉地を選択肢として設定

※紹介情報は2019年2月21日時点のものです。内容が変更になる場合もありますので、最新の情報をご確認の上、おでかけください。

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。