新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページエリア無し「父の日何欲しい?」新橋にいるお父さんたちに直撃してきた

「父の日何欲しい?」新橋にいるお父さんたちに直撃してきた

2019.06.13

母の日が終わったら、翌月にやってくる父の日。

毎年のことなのに、「あ、そういえば」とうっかり忘れがちになるのは私だけじゃないはず……。母の日に比べると、ちょっと存在感が薄いポジションに感じるのは何故なのでしょうか?

また、プレゼントを渡そうにも、母の日には定番のカーネーションがありますが、父の日はコレといったものがありません。

「お父さんが父の日に欲しいモノって、なんだろう?」

そこでライターのツマミ具依が、新橋のお父さんたちに直撃インタビューをしてきました! 今からでもきっと間に合う! 今年はお父さんの生の声を参考に、プレゼントを選んでみよう!

記事配信:じゃらんニュース

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

ということで、金曜日夜の新橋にやってきました! 賑わう飲み会帰りのお父さんたちから、率直な意見を聞いてみたいと思います!

「お父さん! ズバリ父の日に欲しいモノってなんですか~!?」

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

「愛、かなあ……」

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

「愛だね」

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

「愛、ください!」

本当に驚いたのですが、「愛」と答える人が続出でした。
令和時代のお父さん、愛に飢えすぎでは……? ZOOかよ。

哀愁と自虐と照れと本音が入り混じっていそうな回答でしたが、「愛」と言われてもどうすればいいか困ってしまいます。

愛が伝わるものとは、何になるのでしょうか? 
どんどん聞いてみます!



手作りのモノと、時間!

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
まずは、0歳のお子さんがいるお父さん(写真右)

――愛って、形にするとどんなものですか?

「手紙とか、思いが伝わるものですかね。夜遅くに疲れて帰ってきても、みんな寝ていて家族に会えないので、手紙ひとつあるだけでうれしくなりそう」

――手書きの文字や言葉が、疲れたお父さんの心に響くんですね!

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
12歳の娘がいるお父さん(写真左から二人目)

「似顔絵もらったときはうれしかったなぁ~。似てなかったけどね(笑)でも、気持ちがうれしいんだよね」

――お金で買えるものよりも心が伝わる手作りのものがいいってことですね! 勉強になる?!!

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
続いて、4歳のお子さんがいるお父さん

「たまにはゆったりする時間がほしい。いつも遊びに連れて行ってばかりの土日に疲れるんで……。それが一日でもフリーになったらうれしい」

――そうか、家族と仕事に精一杯になると、自分の時間もほしくなるのか……。

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
30歳の娘がいるお父さん

「モノというよりは一緒に過ごす時間が欲しい。ご飯を食べたり旅行に行ったりできたらいいね」

――「一緒に過ごす時間」をほしがるお父さんもいるわけね?なるほど?! お子さんが世話が焼ける年頃か、大人になって親元を離れているかどうかでも、回答が分かれそうですね。



自由すぎる新橋のお父さんたち

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

このあとも居酒屋のキャッチ並みにどんどん声をかけていきました。

「すみません~! 父の日、何が欲しいですか~!?」

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
9歳から30歳までと、幅広い年齢のお子さんを持つお父さんたち

「僕は英検の合格かな。いまうちの子、英語の勉強を頑張っているみたいなので」

――めっちゃいいお父さんいた。

「俺は肩たたき券! 昔もらってよかったなぁ。要はモノじゃないよ。基本的に肩たたき券ってうれしいよね?」

「でも、会社で肩たたかれたらイヤでしょ?」

「それ冗談になってないからね!?」

――お父さんの冗談、切れ味が良すぎる。

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
8歳と6歳の二人のお子さんを持つお父さんは、ちょっとご立腹の様子

「俺はとにかく宿題をやってもらいたい! 毎日帰ってきたら(ニンテンドー)スイッチかスマホばっかりやっとる!!」

――それ、電話とかでこの場で伝えるのはどうですか……?

「電話? よし、かけてみようか」

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

「タカシ~~~! 帰ったら宿題、やってよ~! 」

――口調が一気に優しくなった(笑)

あいにく電話はつながらなかったので留守番電話に音声を入れましたが、電話を切った途端、「本当にやらないんだから宿題! 帰ったら宿題やれよ、もう!!」とまた怒りが。

いざ本人の前だと強く言えないお父さん、めちゃくちゃ可愛い。

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
続いて、31歳の息子がいるお父さん(取材にノリノリで自ら手でモザイクをかけてくれました)

「息子は女嫌いだし、多分童貞やな(笑)」

――その情報いらないですよ(笑)そんなお父さんが欲しいものは?

「『俺、結婚するよ』っていう報告かな。『親父、デキちゃったよ』くらいがうれしい!」

――その展開は電撃すぎる気もするけれど、確かに親からしたら最高のプレゼントかも!

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
お孫さんまでいるお父さんにも聞きました

「僕は何も欲しいとは思わない。期待もしてないし。いまは終戦後の我々が育った時代と大きく違うから。自分たちが生きるので精いっぱいでしょう?」

――ま、まぁ……。

「あげなくていいと思うよ。今の時代は飲み行っても割り勘でしょ? ありえない、絶対ありえない。我々の時代は、全部上の世代がおごってくれてたから。お代を払えないなら部下を連れて行っちゃいけないよね。誘っちゃいけない。飲みの場ひとつにしても自分のことで精いっぱいで、人のことまで目配りできる時代じゃなくなったから。わかる?」

(20分経過)

「だから大変だったんだよ当時は。で、質問なんだっけ? ああ、プレゼントね。父の日なんてのはね、そりゃあなんだってもらえればうれしいですよ。でもね、さっきも言ったけども、お金がないんだったら、無理に渡す必要はない。時代のせいだもの、それは仕方ないでしょう? わかった? もう行っていいかな?」

――ありがとうございます……。

大変ためになる話を伺うこともできました。新橋すごい。次行きます。

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

続いては、外国人の方。

「手作りのご飯かな。うちの子は14歳だけれど、こどもが作ったものならなんでもいいですよ。気持ちがこもっていれば」

――では、今までもらって一番うれしかったものは?

「息子自身ですね。それが最高のプレゼントです」

――なんで外国人はイケメンな発言をさらりと言えちゃうの……?



もらって困るモノもある

いろんな意見を聞けましたが、逆に「もらって困るモノ」ってなんでしょうか?
聞いてみることにしました!

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
31歳の息子を持つお父さん

「ゴルフ用の服を3着くれたんだけど、全部着なかったな~」

――えー! なぜですか?

「若者風のデザインで年齢的に合わなかったんだよね。次から事前にネットでどれがいいか聞かれるようになって、そこで選んだものを買ってもらうようになったよ」

――趣味に合わないプレゼントは確かに困りますもんねえ……。サプライズにはなりませんけど、選んでもらったほうが確実に喜んでもらえますね。

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー
25歳の息子がいるお父さんと、31歳の娘がいるお父さん

「正直、もうネクタイとかやめてほしいな~」

――えええ!! それは意外です!

「あ~、わかるな。6月だとクールビズでネクタイつけないしね。半年あとにならないと使わないから」

――なるほど~! 盲点でした! 季節に合ったモノを贈るのもポイントですね。



インタビュー結果発表!

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

金曜の新橋で19時から終電近くまで、約5時間にわたってたくさんのお父さんたちにインタビューしました! その結果が、こちらになります!

【手作り系】
手紙/似顔絵/手料理/ありがとうの言葉/オリジナルの曲/肩たたき券

【時間系】
一緒に食事/一緒に旅行/一人の自由な時間

【報告系】
結婚報告/妊娠報告/英検の合格報告

【モノ系】
腕時計/ユニクロのポロシャツ/名入りの品(グラス、靴下など)/お酒/ネクタイ/ゴルフセット/パソコン/スポーツブランドのジャージ/パンツ/煙草/靴下/電動ヒゲ剃り/Bluetoothのイヤホン/仕事で使うもの(キーボード、写真プリント用紙)

「え、肩たたき券って本当に需要あるんだ」といった小さな発見や、「ヒゲ剃り、なるほどなあ!」と思えるものまで、多種多様な声が集まりました。

そして、「いや、これだけじゃあんまり参考にならんわあ」と思った皆さんのために、取材したことで見えてきた「気軽にできるお父さんへの贈り物」も考えてみました!

案1 イラストアプリで似顔絵を書く
小さいころに描いた似顔絵も、大人になってからだと新鮮なはず。紙や色鉛筆がなくても、イラストアプリを使えばスマホ一つで簡単に似顔絵を描けちゃいます。LINEのアイコンにしてもらえたらいいですね。

案2 旅行のパンフレットを集めてくる
旅行をプレゼントするのは、計画を練ったり予約をしたり大変です。でも旅行の「提案」をプレゼントすると解釈すればちょっとハードルが下がります。まだ何も計画できてなくても、旅行パンフレットを集めて、フセンを貼って、「どれがいい?」なんて一緒に話せば、それだけでも喜んでもらえるのでは。

案3 暑さ対策グッズ
モノをプレゼントする場合、それをお父さんが愛用してくれるかがポイントのようです。しかし、好みやこだわりを想像すると結構悩んでしまいます。そこで「クールビズだからネクタイは使わない」というのをヒントに、暑さ対策グッズはいかがでしょうか? 父の日はこれから暑くなっていく時期。暑くて困るのは全国のお父さん共通なので、きっと役に立つはずです。



おわりに

ということで父の日に欲しいモノを聞く企画、以上で終わりになります! 

「父の日何欲しい?」新橋インタビュー

たくさんのお父さんにインタビューしましたが、「私は娘にとって、母であり、父でもあるんですけど」と、自ら声をかけてくださったシングルマザーの女性が、「父の日にBluetoothのイヤホンをもらって、超泣きそうになりました」とコメントを残してくださったときは、こちらも泣きそうになりました。

また、あるお父さんが「父の日は日頃の通信簿みたいなもの」と言っていたことが印象的でした。やっぱり子どもにどう思われているのかは、気になる訳です。そんなお父さんの気持ちに寄り添える父の日にできたら素敵ですね。

もう目前ですが、みなさんもお父さんに向けたプレゼント、考えてみてはいかがでしょうか!

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

ツマミ 具依  ツマミ 具依

企画や体験レポートを好むフリーライター。過去の企画は「渋谷ハロウィンでいらない仮装を集めて全部着る」「1万日目の誕生日に1人で1万本のローソクを吹き消す」など。週1で歌舞伎町のバーに在籍。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
エリア無し
この記事に関連するキーワード
記念日
読み物
父の日
イベント
プレゼント