close

【京都】秋におすすめのアフタヌーンティー5選!秋の味覚で優雅な時間を

2019.09.07

紅茶とスイーツで優雅に過ごせるアフタヌーンティー。今回は、秋の味覚も取り入れた京都の華やかな秋のアフタヌーンティーをご紹介します。

秋らしさとともに、ちょっとした贅沢気分を味わいに、アフタヌーンティーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

記事配信:じゃらんニュース

フォーシーズンズホテル京都「ザ・ラウンジ&バー」

「ランバン」の世界観を堪能。バラやリボンをモチーフとした優美なスイーツにうっとり

フォーシーズンズホテル京都「ザ・ラウンジ&バー」
秋のアフタヌーンティーでは、「ランバン」のアイコンでもあるバラやリボンをモチーフにしたスイーツなどを用意

平家物語にも記された800年もの歴史ある名庭「積翠園」を継承する「フォーシーズンズホテル京都」。その庭園を眺めながら寛げるのが3階の「ザ・ラウンジ&バー」です。大理石や木を設えた伝統とコンテンポラリーが融合する優雅な空間では、季節のアフタヌーンティーが堪能できます。

フォーシーズンズホテル京都「ザ・ラウンジ&バー」
大理石を設えたシックで落ち着いた「ザ・ラウンジ&バー」。窓の外には、歴史ある池庭「積翠園」が広がる

9月20日~10月31日は、今年で創業130年を迎えるフランスの老舗メゾン「ランバン」のセカンドライン「ランバン コレクション」との、国内ホテル初となるコラボレーションアフターヌーンティーを実施。バラやリボンなど「ランバン」のモチーフを取り入れたスイーツや、ブランドの世界観を表現したオリジナルスイーツ&セイボリーが味わえます。特典として「ランバン コレクション」のハンカチーフプレゼントも!

見事な庭園の眺めとともに、エレガントなスイーツ、そして雅やかな京の秋を満喫してみては。

フォーシーズンズホテル京都「ザ・ラウンジ&バー」
フォーシーズンズならではのモダンな感性と、日本伝統のおもてなしの心が融合したラグジュアリーホテル
■フォーシーズンズホテル京都「ザ・ラウンジ&バー」
[住所]京都府京都市東山区妙法院前側町445-3
[営業時間]10時~24時 ※アフタヌーンティー<二部制>12時~14時30分、15時~17時30分
[定休日]無休
[アクセス]京阪本線「七条駅」より徒歩約10分、または「京都駅」からタクシーで約7分
[駐車場]あり
[秋メニュー期間]9月20日(金)~10月31日(木)
[料金]5,300円(税サ別)※「ランバン コレクション」ハンカチーフプレゼント付き(お一人さまにつき一点)
「フォーシーズンズホテル京都「ザ・ラウンジ&バー」」の詳細はこちら

THE THREE BEARS

秋はかぼちゃのカップケーキも!童話の世界のような空間で優雅なティータイムを

THE THREE BEARS
アフタヌーンティーセット1,700円~(紅茶の種類によって変わります)。1人前からオーダーできるのが嬉しい

日本では「3びきのくま」として知られるイギリスの童話から名付けられたカフェ。ダークな木目調の調度品が設えられた英国風の店内は、優雅で落ち着いた雰囲気が漂います。

アフタヌーンティーセットは、下段には4種のサンドイッチ、真ん中の段にはクロテッドクリームとストロベリージャムを添えたミニスコーン2個、上段には4種のケーキや焼き菓子が。この内容で1,700円~とリーズナブルなのも魅力的です。カップケーキは旬の素材を取り入れ週替りで提供。

THE THREE BEARS
通常は3段のスタンドを2段のスタンドにも変更可能。バーレイ社のブラックウィローやT.Gグリーンのコーニッシュウエアなど、テーブルウエアも英国製

秋にはほくほくとした甘いかぼちゃを使ったカップケーキが登場することも♪ケーキの上にデコレーションされた、かぼちゃの飾りがとってもキュートですよね。イギリスのテーブルウエアでいただくアフタヌーンティーセットで、英国貴族気分を味いましょう。

THE THREE BEARS
かぼちゃを使ったカップケーキ。デコレーションされた飾りのかぼちゃも手作り
■ THE THREE BEARS
[住所]京都府京都市中京区烏丸通蛸薬師南入ル手洗水町647 トキワビル1F
[営業時間]11時30分~19時(LO 18時30分)、土日祝11時30分~19時30分(LO 19時)
[定休日]なし
[アクセス]阪急「烏丸」駅より徒歩3分、地下鉄烏丸線「四条」駅より徒歩3分、地下鉄烏丸線・販売東西線「烏丸御池」駅より徒歩4分
[駐車場]なし
[秋メニュー期間]2019年10月1日(火)~10月31日(木)
[料金]1,700円~(税込)1名様より利用可能
「THE THREE BEARS」の詳細はこちら

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都「茶寮 八翠」

秋は老舗京菓子店『俵屋吉富』とのコラボレーションメニュー

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都「茶寮 八翠」
秋は『俵屋吉富』とコラボレーション。中段には芋羊羹「夕鏡」、下段には三笠焼きにマーマレードをはさんだ「MIKASA」も

嵐山の保津川沿いにあるホテル「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」。その敷地内にあるカフェ「茶寮 八翠」は、築100年を超える建造物、旧「八賞軒」の伝統をリノベーションし現代に継承するモダンな空間です。

翡翠色に輝く保津川に嵐山、渡月橋を望むロケーション、また秋には錦織り成す紅葉も満喫できるここでは、老舗京菓子司とコラボレーションした和のアフタヌーンティーがいただけます。

9~10月のコラボレーション先は、江戸時代創業の『俵屋吉富』。スタンドの上段には代表銘菓の雲龍をアレンジした「茶寮 八翠」オリジナルの「龍翠」でご用意。代表銘菓の雲龍や芋羊羹といった和菓子に、鯖やもろ味などを使った巻き寿司やスモークサーモンと菊花のサンドウィッチに黒胡麻と湯葉のキッシュ、椎茸のベニエ、白菊松葉、海老真蒸などセイボリーメニューが充実。舌はもちろん目でも楽しませてくれます。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都「茶寮 八翠」
白い重箱に美しく盛り付けられているのは和洋のおぞよ(京ことばでおかずの意)
■翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都「茶寮 八翠」
[住所]京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町12
[営業時間]11時~17時 ※アフタヌーンティー11時、13時、15時の3部制
[定休日]無休
[アクセス]京福電鉄嵐山本線「嵐山駅」より徒歩6分
[駐車場]あり
[秋メニュー期間]2019年9月1日(日)~10月31日(木)
[料金]4,200円(税別)+サービス料15%
「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都「茶寮 八翠」」の詳細はこちら

デザートカフェ長楽館

好評の「洋ナシのタルト」が今年も登場。絢爛豪華な迎賓館の応接間で特別な時間を

デザートカフェ長楽館
アフタヌーンティースタンドの上段にはケーキや焼き菓子などのスイーツ、下段にはサンドウィッチなどが並ぶ

明治42年に実業家・村井吉兵衛氏により迎賓館として建てられた⻑楽館は、京都市の指定有形文化財でもある歴史ある建物。アフタヌーンティー専用の「迎賓の間」は、かつて応接間として使われていた部屋で、ロココ調の内装にバカラ社製シャンデリア、アンティークの家具や調度品と、当時の姿を色濃く残した気品あふれる空間です。

デザートカフェ長楽館
秋には栗やいちじくなど、旬の味覚をふんだんに使ったスイーツも登場。その時期ならではの美味を堪能して

銀のアフタヌーンティースタンドには、季節のケーキやフルーツ、焼きたてのスコーン、サンドウィッチにカナッペ、ケークサレなどが並び、お茶とともに優雅な午後を彩ります。食材豊富な秋には、毎年好評を得ている洋梨のタルトに、モンブラン、そしていちじくやぶどうなどの旬のフルーツを用意。

デザートカフェ長楽館
西洋の数々の建築様式を取り入れて建てられた迎賓館。華麗なる歴史の面影が今も残り、古きよき時代の香りが漂う
■デザートカフェ長楽館
[住所]京都府京都市東山区八坂鳥居前東入円山町604
[営業時間]11時~18時30分(L.O.18時)※アフタヌーンティーは12時~18時 <2部制>
[定休日]不定休
[アクセス]京阪電鉄「祇園四条駅」6番出口より徒歩約10分
[駐車場]あり
[秋メニュー期間]2019年10月~11月下旬頃
[料金]4,000円(税サ別)2名様より
「デザートカフェ長楽館」の詳細はこちら

北山紅茶館

緑に彩られた紅茶店。秋はキャラメルとクルミのパウンドケーキなど、濃厚なおいしさを堪能!

北山紅茶館
スコーンやケーキなど、同店のおすすめを沢山のせたアフタヌーンティーセット

閑静な住宅地が広がる北山エリアに佇む、平屋の一軒家の紅茶専門店「北山紅茶館」。木材を使ったカントリー調の店内は、天井が高く開放的な雰囲気でリラックスできる空間です。店の扉を開けると、バターたっぷりのスイーツの匂いが漂い、それだけで幸せな気分に!

北山紅茶館
木を基調とした店内は、どこか懐かしさと温かさが感じられる。地元の人だけでなく、全国の紅茶ファンからも愛されている癒しの空間

15時からいただけるアフタヌーンティーセットは、スコーンやフィンガーサンドイッチ、ジンジャークッキーにプチシュークリーム、そして2種のケーキと、人気のスイーツが勢揃い!この秋のケーキは、キャラメルとクルミのパウンドケーキ、ラムレーズンのベイクドチーズケーキなどが登場。ミルクティーのパンナコッタでは同店自慢の紅茶を味わうことができます。

ドリンクは、オリジナルブレンドの北山紅茶館やアールグレイ、苺キャラメル、林檎、フルーツマジックに、アッサム(HOTのみ)、ヌワラエリア(HOTのみ)などからチョイス可能。スイーツとの相性バツグンの、薫り豊かな紅茶と一緒に召し上がれ!

北山紅茶館
1995年12月15日にオープン。緑に抱かれたログハウスのような外観が目印
■北山紅茶館
[住所]京都府京都市左京区松ケ崎雲路町6-12
[営業時間]10時~20時(L.O.19時30分)※アフタヌーンティーは15時~18時(数量限定のため、なくなり次第終了)
[定休日]水曜日
[アクセス]地下鉄烏丸線「松ヶ崎駅」より徒歩5分 叡山電鉄「修学院駅」より徒歩10分
[駐車場]あり
[秋メニュー期間]2019年9月~11月頃
[料金]1,700円(税込)
「北山紅茶館」の詳細はこちら

まとめ

秋の京都を彩るアフタヌーンティー特集、いかがでしたでしょうか?
フルーツをはじめとする秋の旬素材を使ったスイーツから、老舗の伝統の味まで、カフェそれぞれの個性やこだわりが存分に感じられるメニューばかりですね。観光地が注目される京都ですが、美しい紅葉などのロケーションと共に、優雅なアフタヌーンティーで非日常の時間をゆっくりとお過ごしください。

※この記事は2019年8月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

■消費税の税率変更に伴うお知らせ
2019年10月以降に係るお支払につきましては、施設利用時に現地にて税率変更による差額分のお支払いが発生する場合がございます。
実際のお支払い金額に関しましては、ご利用いただく施設までお問い合わせください。

ケイズ  ケイズ

ビューティやブライダル、旅行など、女性向けの案件を中心に、幅広いジャンルの記事・広告制作を行っています。ちょっとしたネタからオススメ情報まで、思わず誰かに教えたくなるような、わかりやすくてワクワクする記事をお届けしていきます!

Topics

tag

この記事に関連するエリア

この記事に関連するキーワード