新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページエリア無し映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』出演の成田凌さんに直撃!「今、行きたいのは山形県」

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』出演の成田凌さんに直撃!「今、行きたいのは山形県」

2019.09.06

蜷川実花さん監督、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を映画化した禁断のエンタテインメント『人間失格 太宰治と3人の女たち』。

豪華キャストが勢揃いしていると既に話題となっているこの作品で太宰治の担当編集者・佐倉潤一役を演じたのは、モデルや俳優として活躍している成田凌さん。男と女に関する自身の考え、そしてプライベートな願望までたっぷり伺ってきました!!

記事配信:じゃらんニュース

「太宰を演じた小栗旬さんは、とにかく愛に溢れている人です」

成田凌さん

―今回、太宰治の担当編集者・佐倉潤一役を演じられた成田さん。太宰役・小栗旬さんと共演された感想を教えてください。

「撮影中は一緒にいる時間がとても長かったのですが、小栗さんが立っているだけで十分すぎるくらいの存在感がありました。まさに太宰治。それだけでなく、小栗さんって本当、愛に溢れている人なんですよ。よく笑うし、褒め上手だし、人のことをよく見ているし。色んな人に好かれる理由ってこういうことなんだろうなぁと思いましたね」

成田凌さん

―プライベートで、ご一緒されたことは?

「ちょうど昨日(取材時)、一緒に食事をさせていただきました。その帰り道、小栗さんが道でいきなり走り出したんですよ。『夏がそうさせた』とか言って(笑)。普段はすごくカッコいいのに、そういうユニークな面を見せてくれるところも素敵でした」

「危険な香りがする男性は、同性でも魅了されてしまう」

成田凌さん

―禁断の恋や破天荒な生き方をしつつも、佐倉が崇拝してしまうほどの太宰治の魅力とは何だと思いますか?

「才能以外で尊敬できる部分はこの人にはない。でも、それを超えるくらいの才能がある、というところが太宰治の魅力だったのかもしれないですね。太宰がどんなことをしていても、敬意の方が上回るという佐倉の気持ちは僕もわかります。
女性の気持ちはわからないけれど、色んな意味でリスクと戦っている生き様が、男から見てもどこか魅了されるところがあるんじゃないかな。振り回されすぎていると、悔しいけれどつい行ってしまうという危険な香り。それだけ才能があったんだと思います」

成田凌さん

成田凌さん

―そんな太宰治に惹かれる、3人の女性。身重の妻・美知子(宮沢りえ)、恋に生きる愛人・静子(沢尻エリカ)、最後の女・富栄(二階堂ふみ)、個人的に成田さんが魅力的だと思うのはどのタイプですか?

「僕は、一緒に死のうとは言われたくないので(笑)、宮沢さん演じる美知子かな。包容力だけでなく、絶対的に旦那の才能を信じて惚れ込んでいる感じ。一番どんと構えていてくれるのが素敵ですよね。それでいて、緊張感が少しある。
静子や富栄は何をしても許してくれるけど、美知子には怒られる!とか思ってしまうような、そんな雰囲気に惹かれる気持ちは僕もわかります」

「落ち着いた場所で、何もしない時間を過ごしたい」

成田凌さん

―包容力や緊張感。成田さんがお話されているように本妻の強さを感じられる美知子ですが、もし現実で彼女のような女性と一緒に過ごすとしたらどこに行きたい?

「静かで落ち着いている田舎。でも、どこかへ遊びに行ったり何かをしに行くことを目的にするというより、あえて何もないところに行きたいです」

成田凌さん

―2人でのんびりできるようなデートが良いということでしょうか?

「そうですね。2人で歩くだけでも、同じ空間を一緒に過ごしている時間があればそれで幸せだから。特に大きなものがなくても、その場所でいかに楽しく、豊かにいられるかということがなんか良いですよね」

「今行きたいのは山形県。温泉に入ってみたいな」

成田凌さん

―映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開日、9月13日(金)は3連休の前日。世間では外出する人も多い時期ですが、成田さんが今行きたいところを教えてください!

「近場だと、自然の多い場所でキャンプがしたいです。もし旅行に行けるのであれば、山形にすごく行きたい。この間、寝起きにインスタグラムを見ていたら山形県に行った人の投稿が上がってきて、すごく素敵な印象を感じたんですよ。そのときは寝ぼけていたから、何が写っていたのかは覚えてないんですけれど…(笑)。でも、山形に行けば何かがある。だから行きたいです」

―(笑)。山形でしたいことは?

「温泉に入ったことがないので、行ってみたいですね。でも本当に詳しくないので、じゃらんさん、山形特集お願いします!」

成田凌

成田凌さん

PROFILE/1993年11月22日生まれ。埼玉県出身。2013年より男性ファッション誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活動中。映画『キセキ -あの日のソビト』(’17)、ドラマでも話題を呼んだ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』の3rd seasonと劇場版に出演するなど俳優としての幅も広げている。今後は映画『カツベン!』が2019年に、『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』、『糸』、『窮鼠はチーズの夢を見る』が2020年に公開予定。

『人間失格 太宰治と3人の女たち』

成田凌さん
©2019「人間失格」製作委員会

天才作家・太宰治(小栗旬)。身重の妻・美知子(宮沢りえ)と2人の子どもがいながら恋の噂が絶えず、自殺未遂を繰り返す。その破天荒な生き方で文壇から疎まれているが、ベストセラーを連発して時のスターとなっていた太宰は、作家志望の静子(沢尻エリカ)の文才に惚れこんで激しく愛し合い、同時に未亡人の富栄(二階堂ふみ)にも救いを求めていく。女たちに求められるがままに応え、ゆえに女たちを傷つけている。そんな姿に、担当編集者・佐倉(成田凌)から「どこまでも罪深い小説、『人間失格』を書いてください!」と言い放たれ、遂に自分にしか書けない物語に取り掛かるが―。
2019年9月13日(金)より全国ロードショー

[出演]
小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
成田 凌 千葉雄大 瀬戸康史 高良健吾 藤原竜也

『人間失格 太宰治と3人の女たち』
予告編はこちら

構成・取材・文/高橋夏実 撮影/大靍円(昭和基地 ¥50)
ヘアメイク/宮本愛(yosine.) スタイリスト/伊藤省吾(sitor)

※この記事は2019年8月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

高橋 夏実  高橋 夏実

フリーランスのマルチエディター&ライター。HOT PEPPER Beautyの編集者を経て独立。現在は様々な雑誌・webにて企画制作や執筆、動画ディレクション等に携わる。ジャンルは芸能エンタメ系からヘアやコスメなどの美容系と幅広く担当。趣味は音楽、お酒、旅行、アクセ作り。 【Instagram】@spacy72.store

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
エリア無し
この記事に関連するキーワード
トレンド