close

【関東近郊・2019】紅葉スポット82選!人気観光地の名所から穴場まで!見頃情報も

2019.10.10

富士山奥庭【山梨県鳴沢村】

富士山の山肌や溶岩と、紅葉を望む大迫力の景観。

富士山奥庭

富士山5合目手前にある奥庭駐車場にあります。遊歩道を巡りながら矮小化したカラマツやコメツガの紅葉を眺めましょう。

[見頃]10月上旬~下旬

■富士山奥庭
[TEL]0555-85-2312(鳴沢村役場企画課)
[住所]山梨県南都留郡鳴沢村
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】富士急行線河口湖駅より富士登山バス富士山五合目行きで50分、奥庭より徒歩15分【車】中央道河口湖ICより50分
[駐車場]35台
「富士山奥庭」の詳細はこちら
「富士山奥庭」のクチコミ・周辺情報はこちら

芦川渓谷【山梨県市川三郷町】

清らかな流れと共演する黄色と赤のコントラスト。

芦川渓谷

黒岳を源とする約25㎞の清流です。名勝や奇勝が多く自然がそのまま残っています。渓流と紅葉のコントラストが美しいです。

[見頃]11月上旬~中旬

■芦川渓谷
[TEL]055-240-4157(市川三郷町役場商工観光課)
[住所]山梨県西八代郡市川三郷町中山
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】JR身延線芦川駅より徒歩45分【車】中央道甲府南ICより30分
[駐車場]なし
「芦川渓谷」の詳細はこちら
「芦川渓谷」のクチコミ・周辺情報はこちら

清里高原【山梨県北杜市】

八ヶ岳や南アルプスなど、紅葉と山容を楽しむ。

清里高原

八ヶ岳の麓にある高原です。高さ100m、全長490mの八ヶ岳高原大橋は「黄色い橋」と呼ばれ、周囲の紅葉に調和します。

[見頃]10月下旬~11月上旬

■清里高原
[TEL]0551-20-8000(清里観光振興会)
[住所]山梨県北杜市高根町東井出
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】JR小海線清里駅より清里ピクニックバス(大泉周遊ルート)で22分、八ヶ岳大橋・中村農場前より徒歩5分【車】中央道長坂ICより20分
[駐車場]10台
「清里高原」の詳細はこちら
「清里高原」のクチコミ・周辺情報はこちら

川俣川渓谷【山梨県北杜市】

赤い橋と紅葉の八ヶ岳、滝と紅葉の共演も美しい。

川俣川渓谷

「赤い橋」と呼ばれる東沢大橋は、紅葉した山々に映えます。川俣川渓谷の遊歩道沿いにある吐竜の滝と紅葉も格別です。

[見頃]10月中旬~11月上旬

■川俣川渓谷
[TEL]0551-20-8000(清里観光振興会)
[住所]山梨県北杜市高根町東井出・大泉西井出
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】JR小海線清里駅より清里ピクニックバス(大泉周遊ルート)で25分、吐竜の滝より徒歩25分、または東沢大橋より徒歩1分【車】中央道長坂ICより30分
[駐車場]吐竜の滝・東沢大橋:各20台
「川俣川渓谷」の詳細はこちら
「川俣川渓谷」のクチコミ・周辺情報はこちら

昇仙峡【山梨県甲府市】

紅葉の時期こそ魅力満開!自然の神秘を湛えた渓谷美。

昇仙峡
覚円峰(かくえんぽう)/昇仙峡の主峰で「全国観光地百選」渓谷の部第1位に選ばれた名勝。直立180mの急峻な花崗岩が大迫力
昇仙峡
もみじ回廊/仙娥滝から下ったところにある紅葉のトンネル。東屋の休憩所があり、美しい写真が撮影できるスポット
昇仙峡
昇仙峡ロープウェイ/仙娥滝駅からパノラマ台を結ぶ全長1015mの空の旅。山頂からは富士山や弥三郎岳の見事な眺望が
昇仙峡
仙娥滝(せんがたき)/覚円峰の麓、昇仙峡の最奥部に位置する落差30mの滝。花崗岩の白い岩肌を削って落下する姿が優美
昇仙峡
天鼓林(てんこりん)/特定の位置で足を踏み鳴らすと、地中からポンポンと鼓に似た音が返ってくる不思議なスポット
昇仙峡
長潭橋(ながとろばし)/昇仙峡の玄関口に佇む大正14年竣工のレトロなアーチ橋。土木遺産にも認定された人気フォトスポット

日本有数の渓谷美を誇る国の特別名勝です。約4㎞にわたって続く渓谷には、主峰・覚円峰をはじめ珍しい岩や美しい滝が点在します。標高差があるため、1カ月以上もの間カエデやモミジ、ナナカマドなどの紅葉が楽しめるのがポイントです。遊歩道に沿って歩いてじっくり見物しましょう。

[見頃]10月下旬~11月下旬
[混雑ピークタイム]お昼前後

■昇仙峡
[TEL]090-8648-0243(昇仙峡観光協会)
[住所]山梨県甲府市
[アクセス]中央道甲府昭和ICより40分
[駐車場]200台
「昇仙峡」の詳細はこちら
「昇仙峡」のクチコミ・周辺情報はこちら

もみじ回廊【山梨県富士河口湖町】

夜の闇に赤く浮かび上がる光と紅葉のイリュージョン。

もみじ回廊
11月1日~23日の「富士河口湖紅葉まつり」中は日没~22時にライトアップ実施。昼夜の表情の違いを楽しんで

富士山を背景に、およそ500本ものモミジで彩られる河口湖畔。中でも必見スポットとして毎年人気なのが河口湖美術館通りのもみじ回廊です。約60本のモミジが150mにわたって連なる一角は昼間も風情たっぷりですが、夕方からライトアップされると幻想的な雰囲気になります。

[見頃]11月上旬~下旬
[混雑ピークタイム]9時~14時

■もみじ回廊
[TEL]0555-72-3168(富士河口湖町観光課)
[住所]山梨県南都留郡富士河口湖町河口
[営業時間]見学自由(ライトアップは11月1日~23日の日没~22時頃)
[定休日]なし
[アクセス]中央道河口湖ICより15分
[駐車場]近隣の有料駐車場を利用

もみじトンネル【山梨県富士河口湖町】

紅葉・富士山・河口湖のトリプルコラボならココ!

もみじトンネル
モミジの本数はさほど多くないが、この絶景が撮れるのはココだけ!

道路沿いに並んだモミジの木が燃えるような赤になり、トンネルのように覆いかぶさっている名所です。富士山×河口湖を望む絶景ポイントでもあり、手前に紅葉を絡めると奇跡のトリプルコラボが実現します!あまりのフォトジェニックさに外国人観光客からも大人気です。

[見頃]11月上旬~中旬
[混雑ピークタイム]10時~16時

■もみじトンネル
[TEL]0555-72-3168(富士河口湖町観光課)
[住所]山梨県南都留郡富士河口湖町大石
[アクセス]中央道河口湖ICより20分
[駐車場]20台

西沢渓谷【山梨県山梨市】

日本の滝百選の滝を彩る美しい渓谷紅葉をぜひ!

西沢渓谷
西沢渓谷最大の七ツ釜五段の滝の紅葉 写真提供/山梨市観光協会

秩父多摩甲斐国立公園内に広がる景勝地です。原生林の中に幾つもの滝があり、秋には真っ赤な紅葉に包まれます。そのコントラストはじつに見事です。

[見頃]例年10月中旬~11月上旬

■西沢渓谷
[TEL]0553-22-1111(山梨市観光協会)
[住所]山梨県山梨市三富川浦
[営業時間]見学自由
[定休日]見学自由
[料金]なし
[アクセス]中央道勝沼ICよりR140経由で50分
[駐車場]260台
「西沢渓谷」の詳細はこちら
「西沢渓谷」のクチコミ・周辺情報はこちら

八ヶ岳高原大橋【山梨県北杜市】

雄大な八ヶ岳を背景に紅葉の絨毯が広がる。

八ヶ岳高原大橋
息を呑むほど美しい大迫力の紅葉風景が見られる。酒旅の翌日は、この時期だけの絶景を愛でに、足を延ばしたい アマナイメージズ

八ヶ岳高原大橋は通称「黄色い橋」と呼ばれる紅葉名所の一つです。眺望ポイントとしては、清里駅側にある展望台からの眺めが美しいです。

[見頃]例年10月下旬~11月上旬

■八ヶ岳高原大橋
[TEL]0551-30-7866
[住所]山梨県北杜市高根町東井出
[営業時間]見学自由
[定休日]見学自由
[料金]なし
[アクセス]中央道長坂ICより15分
[駐車場]15台
「八ヶ岳高原大橋」の詳細はこちら

身延山ロープウェイ【山梨県身延町】

西谷の紅葉を眼下に一望し、のんびりと山頂の聖域へ。

身延山ロープウェイ
車内は木目調の落ち着いたデザイン。ゆったりと紅葉を眺められる

関東一の高低差763mをほこる、片道約7分間のロープウェイです。山頂には3つの展望台があり、富士山や伊豆半島、南アルプス、甲府盆地など絶景の大パノラマを存分に楽しめます。年に数回はダイヤモンド富士の観賞ポイントにもなっています。

[見頃]11月上旬~下旬

■身延山ロープウェイ
[TEL]0556-62-1081
[住所]山梨県南巨摩郡身延町身延字上の山4226-2
[営業時間]8時40分~16時40分(季節により変動あり)
[定休日]なし(悪天時運休あり)
[料金]往復中学生以上1400円、4~12歳700円
[アクセス]中部横断道富沢ICより30分
[駐車場]130台
「身延山ロープウェイ」の詳細はこちら
「身延山ロープウェイ」のクチコミ・周辺情報はこちら

旧碓氷峠見晴台【長野県軽井沢町】

名物の力餅を食べながらアルプスや紅葉を眺望する。

旧碓氷峠見晴台

長野県と群馬県の県境にある展望台です。眼下に広がるモミジやナラなどの紅葉とともに、八ヶ岳や南北アルプスを望む絶景は格別です。

[見頃]10月上旬~中旬

■旧碓氷(うすい)峠見晴台
[TEL]0267-45-6050(軽井沢観光案内所、くつかけテラス内 )
[住所]長野県北佐久郡軽井沢町峠野町
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】北陸新幹線軽井沢駅より町内循環バスなどで5分、旧軽井沢で乗り換え観光会館前より見晴台行きで10分、終点より徒歩6分【車】上信越道碓氷軽井沢ICより35分
[駐車場]6台
「旧碓氷峠見晴台」の詳細はこちら

雲場池【長野県軽井沢町】

水面に映り込む紅葉と雲。心に残る秋の風景。

雲場池

寒暖差が大きい軽井沢の紅葉名所です。水面に映えるモミジやツタウルシなどが美しいです。池周囲の遊歩道をゆっくり回りましょう。

[見頃]10月中旬~11月上旬

■雲場(くもば)池
[TEL]0267-45-6050(軽井沢観光案内所、くつかけテラス内)
[住所]長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】北陸新幹線軽井沢駅より町内循環バスなどで7分、六本辻・雲場池より徒歩5分【車】上信越道碓氷軽井沢ICより25分
[駐車場]30台
「雲場池」の詳細はこちら

乗鞍高原【長野県松本市】

乗鞍岳が背景の一の瀬園地、3つの滝など名所が点在。

乗鞍高原

紅葉は、標高2700mの山頂から高原に下りてきます。番所大滝や善五郎の滝、三本滝のほか、一の瀬園地が美しいです。

[見頃]9月中旬~10月下旬

■乗鞍高原
[TEL]0263-93-2147(乗鞍高原観光案内所)
[住所]長野県松本市安曇
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】アルピコ交通上高地線新島々駅よりアルピコ交通バス乗鞍高原行きで1時間、観光センター前より徒歩すぐ【車】長野道松本ICより1時間
[駐車場]乗鞍観光センター:200台
「乗鞍高原」の詳細はこちら
「乗鞍高原」のクチコミ・周辺情報はこちら

上高地【長野県松本市】

紅葉から黄金色に変わる。山岳景勝地で感動。

上高地

シンボルの河童橋から穂高連峰を望めます。山頂が冠雪すると、黄金色のカラマツ、針葉樹の緑の三重奏を楽しめます。

[見頃]9月下旬~10月下旬

■上高地
[TEL]0263-34-3295(松本観光コンベンション協会)
[住所]長野県松本市安曇上高地
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】アルピコ交通上高地線新島々駅よりアルピコ交通バス上高地行きで1時間5分、上高地より徒歩すぐ【車】長野道松本ICより1時間
[駐車場]沢渡駐車場:1900台(1回600円)
「上高地」の詳細はこちら
「上高地」のクチコミ・周辺情報はこちら

上田城跡公園けやき並木遊歩道【長野県上田市】

上田城跡に整備されたケヤキ並木。幻想的なライトアップが魅力。

上田城跡公園けやき並木遊歩道

二の丸堀跡に整備された遊歩道です。道沿いには樹齢100年といわれるケヤキ並木が続きます。ライトアップも美しいです。

[見頃]10月下旬~11月上旬
[ライトアップ]10月26日(土)~11月4日(月・祝) 日没~22時
[イベント]11月2日(土)・3日(日)上田城紅葉まつり

■上田城跡公園けやき並木遊歩道
[TEL]0268-23-5408(上田市観光課)
[住所]長野県上田市二の丸
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】北陸新幹線上田駅より徒歩12分【車】上信越道上田菅平ICより15分
[駐車場]104台(3時間500円)
「上田城跡公園けやき並木遊歩道」の詳細はこちら
「上田城跡公園けやき並木遊歩道」のクチコミ・周辺情報はこちら

富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら【長野県阿智村】

星空の美しさで有名な地は紅葉の素晴らしさも格別。

富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
標高差600m。麓から頂上までの15分の旅の間、紅葉の海が眼下に広がる

日本一星がきれいと有名ですが、案外紅葉のイメージは少ない?ということで選定されました。富士見台高原山頂からは360度のパノラマが広がり爽快です。夜だけではなく昼の絶景も楽しみましょう。ゴンドラは簡易座席のみで立ち乗りが基本というのが珍しいですよ。

[見頃]10月中旬~11月上旬

■富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら
[TEL]0265-44-2311
[住所]長野県下伊那郡阿智村智里
[営業時間]9時~16時30分
[定休日]期間中なし
[料金]往復大人2200円、小中学生1100円
[アクセス]中央道園原ICより2分
[駐車場]2000台
「富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら」の詳細はこちら

中央本線富士見駅付近【長野県富士見町】

色づいたカラマツを背景に特急あずさが走り抜ける。

中央本線富士見駅付近
車窓からながめて楽しもう。近くには旧立場川橋梁もある

標高が高い地域で夏との寒暖差が大きく紅葉もきれいです。広葉樹の葉っぱが落ちる頃カラマツが色づいて秋の終わりを告げます。一番の見どころは富士見駅~信濃境駅間にある立場川橋梁です。新型にすべて置き換わった特急あずさ号にも注目です。

[見頃]10月下旬~11月上旬

■中央本線富士見駅付近
[TEL]0266-62-5757(富士見町観光協会)
[住所]長野県諏訪郡富士見町落合
[アクセス]中央道小淵沢ICより12分
[駐車場]付近の駐車場を利用
「中央本線富士見駅付近」の詳細はこちら

赤沢森林鉄道【長野県上松町】

樹齢300年のヒノキ林をトコトコと走る可愛い車両。

赤沢森林鉄道
開園期間中の春~秋に運行。美林を縫って走る姿が絵になる

かつて木材を運び出すために作られた森林鉄道で、現在は公園内の保存鉄道として残されています。園内はヒノキ林と広葉樹のコントラストがきれいで、短い運転区間ながら楽しめます。可愛らしい機関車と小さな客車がフォトジェニックです。

[見頃]10月中旬

■赤沢森林鉄道
[TEL]0264-52-4830
[住所]長野県木曽郡上松町小川入国有林
[営業時間]9時30分~15時30分(11月8日より冬季休業)
[定休日]11月8日~4月下旬まで冬季休業
[料金]乗車料:中学生以上800円、4歳~小学生500円
[アクセス]中央道伊那ICより1時間30分
[駐車場]200台
「赤沢森林鉄道」の詳細はこちら

雑魚川の大滝【長野県栄村】

原生林の奥深くで出会う鮮やかな紅葉と飛沫の白煙。

雑魚川の大滝
水量豊富な雑魚川の水を力強く一気に下へ落とす
雑魚川の大滝
落差3mだが可愛らしいハーモニカの滝

ブナの原生林の奥に現れる大迫力の滝です。険しい場所にあり近づけないが、少し離れた展望台まで飛沫が届くほどの力強さがあります。展望台から望むと、赤や黄の紅葉がフォトフレームのように滝を包み込んで、感動すること間違いありません!

[見頃]10月中旬~下旬

■雑魚川の大滝
[TEL]0269-87-3333(栄村役場秋山支所)、0269-87-3333(栄村秋山郷観光協会)
[住所]長野県下水内郡栄村切明
[アクセス]関越道湯沢ICより2時間
[駐車場]5台
「雑魚川の大滝」の詳細はこちら

大田切渓谷【新潟県妙高市】

渓谷を染める紅葉を温泉に浸かりながら観賞。

大田切渓谷

燕温泉から大田切川沿いにある渓谷です。遊歩道の途中や惣滝近くには無料野天風呂があり、紅葉を見ながら入浴可能です。

[見頃]10月中旬~下旬

■大田切渓谷
[TEL]0255-86-3911(妙高高原観光案内所)
[住所]新潟県妙高市燕温泉
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】えちごトキめき鉄道関山駅より妙高市市営バス燕温泉行きで35分、終点より徒歩7分【車】上信越道妙高高原ICより25分
[駐車場]30台
「大田切渓谷」の詳細はこちら

妙高高原スカイケーブル【新潟県妙高市】

標高1300mの空中散歩。遠くの山々の紅葉も見事。

妙高高原スカイケーブル

妙高の大自然を眼下に望みながら約11分の空中散歩が楽しめます。眼下だけでなく、遠く志賀や野尻の紅葉も望めます。

[見頃]10月中旬~下旬

■妙高高原スカイケーブル
[TEL]0255-87-2503
[住所]新潟県妙高市田切216
[営業時間]8時~、下り最終15時30分(土日祝は~下り最終16時)
[定休日]なし(悪天候時は運休の場合あり)
[料金]往復大人1800円、小学生900円
[アクセス]【電車】えちごトキめき鉄道・しなの鉄道妙高高原駅より妙高市市営バス赤倉行きで20分、新赤倉三叉路より徒歩1分【車】上信越道妙高高原ICより8分
[駐車場]1000台
「妙高高原スカイケーブル」の詳細はこちら
「妙高高原スカイケーブル」のクチコミ・周辺情報はこちら

国上山【新潟県燕市】

標高313mの低山が、紅葉によって彩られる。

国上山

山内では江戸時代の名僧・良寛の史跡が巡れます。山頂付近の朝日山展望台や千眼堂吊り橋からの紅葉風景もオススメです。

[見頃]10月下旬~11月中旬

■国上山(くにがみやま)
[TEL]0256-77-8233(燕市商工振興課)
[住所]新潟県燕市国上
[料金]観賞無料
[アクセス]【電車】JR越後線分水駅より車で10分【車】北陸道三条燕IC・中之島見附ICより各30分
[駐車場]53台
「国上山」の詳細はこちら

苗場ドラゴンドラ【新潟県湯沢町】

全長約5.5kmのゴンドラから紅葉が映える風景を楽しむ。

苗場ドラゴンドラ

渓谷や湖を眼下に山頂の田代高原まで結ぶ日本最長級のゴンドラです。期間後半は運がよければ雪の苗場山と紅葉が楽しめます。

[見頃]10月中旬~下旬
[イベント]10月26日(土)・27日(日)秋の苗場感謝デー

■苗場ドラゴンドラ
[TEL]025-789-4117
[住所]新潟県南魚沼郡湯沢町三国202
[営業時間]9時~15時
[定休日]期間中なし
[料金]往復大人2700円~、小学生1400円~
[アクセス]【電車】上越新幹線越後湯沢駅より南越後観光バス西武クリスタル行きで40分、苗場プリンスホテルより徒歩3分【車】関越道湯沢ICより30分
[駐車場]3800台
「苗場ドラゴンドラ」の詳細はこちら
「苗場ドラゴンドラ」のクチコミ・周辺情報はこちら

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。