新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ関東・東北キャンプ初心者なら知っておきたい!楽しく過ごすためのQ&Aに漫画『ゆるキャン△』が答える

キャンプ初心者なら知っておきたい!楽しく過ごすためのQ&Aに漫画『ゆるキャン△』が答える

2019.10.05

アウトドアブームの昨今、家族連れにも恋人同士のデートにも、キャンプ人気の波が♪ツウな人なら、ひとりで行くソロキャンプまで!
秋はキャンプデビューにお勧めの時期!キャンプって小学生中学生の頃の校外学習以来行ったことがない!キャンプ未経験!周りにいるそんな友人や家族、恋人も誘って、ぜひこの秋は自然を思い切りたのしみませんか?絶景や非日常空間に癒されたり、アクティビティを楽しんだり、料理にこだわったり、自然の中で何もしない贅沢な時間を味わったり…キャンプの楽しみ方は人それぞれ。今回はそんなキャンプの魅力と初心者も楽しめるキャンプの楽しみ方を、漫画『ゆるキャン△』からご紹介。キャンプの奥深い世界へいざ!

テントなどグッズを少し揃えて慣れてきたころには漫画「ゆるキャン△」の聖地巡りもおすすめ。

>>おすすめの初心者向けキャンプ場はこちらの記事から。

<目次>
■キャンプの魅力とは
■初心者のためのキャンプQ&A
■お手軽キャンプ1泊2日モデルスケジュール
■キャンプの泊まり方
■ゆるキャン聖地巡礼 あこがれキャンプ場
■『ゆるキャン△』とは?

記事配信:じゃらんニュース

秋キャンプの魅力とは

キャンプといえば夏?いえいえ、実は本当にキャンプが楽しいのは秋なのです!秋なら装備も冬ほどは必要なく、デビューにぴったり!
今の時期のキャンプがおすすめの理由をご紹介します。

焚き火が楽しい!

秋キャンプの魅力とは

秋キャンプの魅力とは

夏は暑い焚き火も、涼しい秋は焚き火の暖かさがより身にしみる。ぼーっと火を眺めるだけでも心が落ち着き、絶大なリラックス効果が!

食材が傷みにくい!

秋キャンプの魅力とは

生ものや野菜も傷みにくいから、この機会にキャンプ飯に挑戦!

キャンプの醍醐味

秋キャンプの魅力とは

ちょっと不便だけど自然の中で過ごすと、森の香りに癒やされたり、夜の暗さを実感したり。疲れた心と体が自然とリセットできる。しかも比較的予約もとりやすいのが秋冬キャンプ。ちょっと空いているのも魅力!

虫が少ない!

秋キャンプの魅力とは

涼しくなると虫たちはどこへやら。虫嫌いの方は秋がオススメ。

夜が楽しい!

秋キャンプの魅力とは

秋キャンプの魅力とは

秋はスッキリと晴れる日が多く、空も夏よりも澄み夜空には満天の星が広がるよ。美味しいゴハンやホットワインなどと共に秋の夜長を楽しもう。

絶景がとにかく最高!

秋キャンプの魅力とは

林間や湖畔、高原など絶景が望めるキャンプ場はたくさん!はじめての人にも安心な施設・設備充実なキャンプもあるのでお気に入りの場所を見つけよう。

自然の中で食べるゴハンは本当に美味しい!

秋キャンプの魅力とは

食材がプランに含まれていたり、事前予約で準備してくれるキャンプ場ならより手軽に楽しめる。

>>簡単で美味しい「ゆるキャン△」のキャンプ飯はおすすめ!レシピを再現した記事はこちらから。

初心者のためのキャンプQ&A

【Q】最低限必要なものは?

【A】着替え、洗面用具、お風呂に入る場合はタオルなど泊まり旅行で必要なものは各自用意を。また秋とはいえ、日が落ちると山は想像以上に冷え込むので防寒着はお忘れなく。BBQの際に使用する軍手、着火ライター、マッチも念のため持参を!

【Q】火をおこすのが苦手…

【A】備長炭より火がつきやすい成型炭(おがくずや炭の粉末を固めた炭)を用意するのがオススメ。ライターで簡単に火がつくよ。

はじめてキャンプQ&A

■キャンプ場スタッフ(PICA富士吉田)勝又さん伝授!焚火の基本■
乾いた薪を5~6本、十字形もしくはアスタリスク型に組み、焚火台中央へ。着火剤は2~3個で十分。薪の下に入れて着火をし、時折あおごう。

PICAスタッフ勝又さん伝授!焚火の基本

薪が燃えてきたら、円錐形に薪を足していこう。最初は細い薪のほうが燃えやすい。濡れた薪ははぜて危ないので乾いてから使用を。

PICAスタッフ勝又さん伝授!焚火の基本

【Q】BBQの火加減が難しい!

【A】場所ごとに炭の量で火力を調整するのがうまくいくコツ。弱火の保温ゾーンをつくると、寒い時期も冷めずに美味しく食べられる。

はじめてキャンプQ&A

【Q】夜、寒くて眠れなそう…

【A】キャンプ場の朝や夜はかなり冷え込むので、不安な人は暖房のあるコテージや電気毛布がある常設テントなどを選ぶのがポイント。

はじめてキャンプQ&A
昼間はこれでほかほか!カイロを貼る場合は、首の付け根、みぞおちなど太い血管が通るところに服の上から貼ると効果的

【Q】キャンプってお風呂に入れないの…?

温泉がついたキャンプ場があるよ。温泉のついているキャンプ場を選ぼう!
>>温泉付きの初心者向けキャンプ場はこちらの記事で紹介

秋キャンプの魅力とは

お手軽キャンプ1泊2日モデルスケジュール

キャンプってそもそも、どんな風に過ごすんだろう?そんな疑問にお答えすべく、1泊2日のモデルスケジュールをご紹介します!

<Start!>
●ロビーや管理棟でチェックイン。
レンタル用品などもここで受け取ることが多いよ。売店などがあるところも。

はじめてのお手軽キャンプ1泊2日スケジュール
PICA富士吉田


●今回は常設のテントヴィラへ!
面倒な組み立てがないので、すぐにアクティビティを始められたり、リラックスできるのが常設テントの魅力。テントの中にベッドや暖房があるところもあるので快適に過ごせるよ。

●そしてのんびり…なにをしてもいい、自由でぜいたくな時間に浸ろう。
大自然に包まれ、澄んだ空気を吸い込めばなんとも爽快な気分に!森の中は癒やし効果も抜群。非日常な時間を堪能して。

●暗くなるのが早いから早めの夜ご飯♪
秋は夏と比べて日の入りが早くなっているので、日が高いうちからご飯を作り出せば準備も後片付けもスムーズ。カンタンな調理でも、外でご飯を食べると驚くほど美味しい!

はじめてのお手軽キャンプ1泊2日スケジュール
食材セットのプランなら、買い出しも不要!ほぼ切って焼くだけ!


●揺らめく炎を見つめながら語らいの時間を。
夜はぐっと冷え込むので、焚き火の暖かさが心地よい。温かい飲み物と共にゆらゆら揺れる炎を眺めれば、自然と穏やかな気持ちに。

●お風呂でサッパリ。
お風呂は次の日の朝や、到着後に近隣の日帰り入浴施設で入ってもOK。営業時間を要チェック。

はじめてのお手軽キャンプ1泊2日スケジュール


●トイレ行って、歯を磨いて、お休みなさい。
キャンプ場によっては洗面所やトイレが離れているので、就寝前に立ち寄って。

はじめてのお手軽キャンプ1泊2日スケジュール

はじめてのお手軽キャンプ1泊2日スケジュール


●青空の下でらくちん朝ごはん。
食材付きのプランなら準備も簡単。各自調達する場合は火を使わないメニューを準備しておくと楽チン!

秋キャンプの魅力とは


●片付けせずにチェックアウト!
常設テントならテントを片付ける必要もないので、チェックアウトもスムーズ。

キャンプの泊まり方

泊まり方過ごし方は人それぞれ。お気に入りの過ごし方で楽しもう!

テント泊

常設、設営済み
常設テントやレンタルセットを設営してくれるサービス等で手軽に本格キャンプ!

持込み、レンタル
自分のテントがなくてもレンタルを利用し設営すれば、すっかりキャンパー気分に♪

テント以外

キャンピングカー泊
キャンプ場内に設置され、車内にキッチン、シャワー、トイレ、冷暖房、寝具も完備!

コテージ泊
キッチンやお風呂、冷暖房付き。貸別荘のようなプライベート空間で、快適に楽しめる。

バンガロー泊
コテージに比べて設備がほとんどない分、比較的安価。寝袋などは準備が必要な場合も。

豪華に過ごすなら

グランピング
グラマラスなキャンプ=グランピング。ホテルクオリティでアウトドアが楽しめる。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
エリア無し
この記事に関連するキーワード
自然
宿泊
ノウハウ
キャンプ場
グランピング