新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ三重県なばなの里イルミネーション2019-2020!光の「さくら」に感動!【三重】

なばなの里イルミネーション2019-2020!光の「さくら」に感動!【三重】

2019.10.26

今年も東海地方の冬の風物詩「なばなの里イルミネーション」が始まりました。

注目ポイントは毎年テーマが変わるメインイルミネーション。
2017年度は「くまもとだモン!」として、くまモンが登場。2018年度は「JAPAN」をテーマに日本の美しい情景が表現されていました。そして今年、2019年度は一体どんな演出になるのか?

開催期間は2019年10月19日(土)~2020年5月6日(水・振休)と長いですが、早く知りたい方のために内覧会に参加した様子をまとめました!

イルミネーションの詳細ほか、なばなの里内のグルメや周辺の立ち寄りスポット、名古屋からのアクセス、点灯時間、チケット料金などものっているので、事前に調べて素敵な一日を過ごして下さいね!

記事配信:じゃらんニュース

2019年-2020年のテーマは「さくら」!

なばなの里メインテーマ

冬のおでかけスポットとして人気の「なばなの里のイルミネーション」。魅力のひとつは、毎年テーマが変わるメインイルミネーションです。

高さ約30m、幅約155mという圧倒的なスケールで、自然美を最大限に生かしたライトアップは圧巻の一言。今年のテーマは「さくら」。千本桜や壮大な里山の情景が四季折々ダイナミックに表現されていました。

それでは早速内容をお伝えします!

趣ある日本ならではの情景が次々と表現される。

和楽器の音色が響く中、朝霧のベールに包まれる里山。

しばらくすると、かわいらしい「花咲か爺さん」が登場。かわいらしく桜を咲かせます。里山は徐々にピンク色に染まっていき千本桜の風景に!蝶々が舞い、活き活きとした春が表現されています。

次のシーンは夏。モクモクとした入道雲、清らかなせせらぎが里山を彩ります。

色鮮やかな濃淡が美しいです。

しばらくすると静寂が訪れ、どこからともなくフクロウの声も聞こえてきます。里山には満月がのぼり、ホタルが舞う幻想的な風景に。

次に訪れたのは「秋」。錦色に色づく山々と、澄み渡る青のコントラストに魅了されます。イチョウや紅葉など色とりどりの落ち葉が舞いますよ。

なばなの里メインテーマ

雪景色が終わり、日本の伝統模様が現れたら、再度桜が咲き誇ります。山桜の花が開花し、舞い踊り、里山はピンク色に包まれ、下には藤の花が!千本の桜が一目で見渡せる場所「一目千本」の景色がイメージされています。

今年登場の藤棚に注目!

テーマエリアの里山の最前列に、藤の花が咲く藤棚が今年初登場。約70mの藤棚をくぐるように歩くことができ、光の中からイルミネーションを楽しめます。

藤の花の色は、里山の演出する内容によって変わり、様々な表情が見られるのも魅力。

先ほどまでの写真は展望台からの景色でしたが、この藤棚の下から見るとまた違った雰囲気になります。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
東海
三重県
この記事に関連するキーワード
イベント
イルミネーション