じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ広島県激戦区の広島に初出店!「銀座に志かわ」の食パンは総菜やお酒にもぴったり♪

激戦区の広島に初出店!「銀座に志かわ」の食パンは総菜やお酒にもぴったり♪

2019.12.05

昨年銀座で開業した「銀座に志かわ」は、行列ができる食パン専門店。今回広島県に初進出し、「広島駅前店」が2019年12月1日(日)にオープンします。

これまでに30店以上の店舗を展開してきた「銀座に志かわ」ですが、広島は高級食パン専門店が何店も進出済みの激戦区。あえて厳しい環境で勝負する「銀座に志かわ」について詳しくご紹介します。

記事配信:じゃらんニュース

広島の高級食パン激戦区に進出!

銀座に志かわ

「銀座に志かわ」は、これまで33店舗を展開していますが、12月1日(日)に広島に初進出し、「広島駅前店」をオープンします。出店するのは、既に複数の高級食パン専門店が進出済みのエリアで、激戦が予想されているとか。

「銀座に志かわ」の食パンは、水にこだわって作られた高級食パン。どの店舗でも同じ品質を提供するため、スタッフは環境に応じて吸水率・発酵時間を調整し、数値管理を徹底して行っているそうです。各店の食パンは毎月本店でチェック、工房内にはWEBカメラを設置して本店が製造課程を把握・確認できるシステムを構築。全国どこのお店でも、同じおいしさを味わえる食パン作りを行っているそうです。

総菜やお酒とも相性のよい食パン

銀座に志かわ

銀座に志かわ

「銀座に志かわ」の商品は、「水にこだわる高級食パン」1種類のみです。原材料はカナダ産の高級小麦粉に、マーガリンは使用せずバター100%。しっとりとしてほのかに甘さがあり、耳までやわらかく、食感はモチモチ!買ったその日は焼かずにそのまま味わって、水分が若干抜けた2日目以降はトーストすると中はふんわり外はカリッ、生食とは違う味わいが楽しめるとか。

また、「銀座に志かわ」の食パンは、和食材との相性の良さが特徴で、きんぴらごぼうなどの惣菜、お漬物や佃煮にぴったりだそうです。いかの塩辛や明太子・酒盗といった酒の肴とも相性抜群とか。

お酒とも相性が良く、ワインなら少し酸味のある軽めの赤やロゼ、しっかりとした味わいの白がおすすめ!スパークリングワインにも合うらしいので、これからのパーティーシーズンにも重宝しますね。日本酒に合わせるなら、微発泡やにごり系、スパークリング酒がぴったりだそう。食パンはどうしても朝食のイメージが強い食品ですが、この食パンは夜にもしっかり楽しめますね。

手土産にもぴったり

銀座に志かわ

こちらの食パンは1本864円。手提げ袋は料亭のおもたせのようなタイプで、ちょっと贅沢な感じ♪自分へのご褒美や手土産にもぴったりですね。

焼きたてのパンの蒸気がこもらないよう、パン保存袋は上が大きく開くタイプで、紙袋の底にはポール紙を敷いて型崩れを防ぐなど細かいところまで配慮し、最高の状態で焼きたての食パンを届けたいということです。

まとめ

食パン1種のみで勝負する「銀座に志かわ」が広島県に初進出し、12月1日(日)「広島駅前店」がオープンします。伊勢神宮に奉納実績もあるこの食パンは、和惣菜や酒の肴、ワイン・日本酒にも合うとか。「朝食用」という従来の食パンのイメージとかなり違いますね。

複数の高級食パン店がならぶエリアに進出とのことなので、贅沢な食べ比べもできるかもしれませんね。

■銀座に志かわ 広島駅前店
[TEL]082-506-2400
[住所]広島県広島市南区松原町5-1
[営業時間]10時~18時(売り切れ次第終了)
「銀座に志かわ」の詳細はこちら

情報提供元/株式会社銀座仁志川

※この記事は2019年11月時点での情報です

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

ランキング

この記事に関連するエリア
中国
広島県
この記事に関連するキーワード
ファミリー
定番
オープン
パン屋
グルメ
パン
トレンド