新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われている可能性があります。ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。また、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願いいたします。

じゃらんnetじゃらんニュースTOPページ全国日本全国の“登れる灯台”全16基まとめ。海を望む絶景!千葉・犬吠埼灯台など

日本全国の“登れる灯台”全16基まとめ。海を望む絶景!千葉・犬吠埼灯台など

2020.04.30

全国には参観灯台という「登れる灯台」が16基あり、参観寄付金300円で灯台の中に入り登ることができます。登れない季節がある灯台もあるので、事前に確認してくださいね。

階段は少しキツイですが、その先にある美しい景色は圧巻です。海を一望するのはもちろん、山や花、馬がいる灯台もあり、それぞれが個性的。
ぜひ全16基制覇に挑戦してみて!

記事配信:じゃらんニュース
※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

尻屋崎灯台(尻屋崎) 【青森県】

尻屋崎灯台(尻屋崎)
出典:じゃらん 観光ガイド 尻屋崎灯台(尻屋崎)

尻屋崎は津軽海峡と太平洋に面した本州最北東端に位置し、その突端には歴史的・文化的にも価値の高い、白亜の「尻屋埼灯台」が船舶の安全を見守っています。また、灯台周辺の草地には青森県天然記念物の「寒立馬」が放牧されており、その愛らしい姿を眺めることができます。

\口コミ ピックアップ/
あたり一帯には寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されており、観光の要所になっています。下北半島国定公園に指定されており、尻屋崎への道にはゲートが設けられていますが夜間と冬期は閉鎖されるので注意が必要です。
(行った時期:2018年6月)

青い空、青い海、白い灯台、そして寒立馬!素晴らしい絶景でした!私たちのところに1頭の子馬が近くまできて、離れようとしなかったので、すごく近くで写真を撮れました!とてもかわいかったです!道のりは遠かったけど、またいつか絶対に行きたいと思いました!
(行った時期:2019年7月30日)

■尻屋崎灯台(尻屋崎)
[住所]青森県下北郡東通村尻屋
「尻屋崎灯台(尻屋崎)」の詳細はこちら

入道埼灯台 【秋田県】

入道埼灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 入道埼灯台

黒白の縞模様の灯台にのぼると入道崎と周辺の地磯、沖合いにある水島などを一望できます。灯台には灯台資料展示室も併設され、灯台の歴史と知識を見学することができます。

\口コミ ピックアップ/
日本海側だからか、岬だからか、定かではありませんが、風が強く、さすが北緯40度です。
灯台からも岬からも景色はよく、青く広い海を見ながら、心洗われます。
白と黒のストライプの灯台は、かわいいものです。
駐車場前には、数多くの売店・食堂があり、地元料理の石焼は試す価値ありです。
(行った時期:2019年6月)

男鹿半島巡りで寄りました。
平地からでも眺めの良いところですが灯台からの眺めは迫力満点です。
180度海岸線で時間を忘れるほどの景色です。
(行った時期:2018年8月)

■入道埼灯台
[住所]秋田県男鹿市北浦入道崎
「入道埼灯台」の詳細はこちら

塩屋埼灯台 【福島県】

塩屋埼灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 塩屋埼灯台

海抜73メートルの断崖上に立つ白亜の灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれました。灯台の白と、海の青さとのコントラストが詩情を誘う景勝地として多くの観光客が訪れます。

\口コミ ピックアップ/
お天気にも恵まれて、素晴らしい眺望でした。灯台に登って双眼鏡で海を眺めたところ、沖を大型の客船が航行していて、海の青に映えていました。
灯台の歴史や仕組みを学べる小さな展示室もあります。
(行った時期:2019年5月)

こちらの灯台からの景色には感動しましたよ。大興奮してしまったほどでしたよ。素晴らしいし、飽きないですよ。
(行った時期:2019年5月)

■塩屋埼灯台
[住所]福島県いわき市平薄磯宿崎34
「塩屋埼灯台」の詳細はこちら

犬吠埼灯台 【千葉県】

犬吠埼灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 犬吠埼灯台

犬吠埼灯台は、銚子半島の最東端、太平洋に突き出た岬にあります。三方を海に囲まれた高さ約20mの海食台地の突端、海抜52mの白亜の灯台です。犬吠埼の探勝の中心地にあります。光遠距離19.5海里、15秒ごとに1閃光を放って露信号、無線方位信号も放つことができます。

\口コミ ピックアップ/
銚子といえば犬吠埼。
灯台に登るのは、ちょっと大変だけど、上からの景色は最高。
270度くらい、まあるい海が見える。
灯台下には、ちょっとした灯台の説明館みたいなのもある。
ただ、閉まる時間が結構早いので注意。
登らなくても、一見の価値あり。
(行った時期:2019年6月)

灯台のすぐしたに最近できたテラステラスという施設の二階にハンモックのようなものがあり、寝転びながら太平洋をゆっくり眺めれます。
灯台に上った後の休憩にちょうど良かったです笑
(行った時期:2019年8月)

■犬吠埼灯台
[住所]千葉県銚子市犬吠埼9576
「犬吠埼灯台」の詳細はこちら

野島埼灯台 【千葉県】

野島埼灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 野島埼灯台

高さ24メートルの灯台の中は螺旋状の階段で、誰でも展望台に上ることができます。灯台の光源であるレンズの直径は2メートル68ミリ。人の背丈以上の大きさで、間近にみるとどこかユーモラスな雰囲気が感じられます。

\口コミ ピックアップ/
灯台見学に登って風景を楽しみましょう。周辺には良い具合の遊歩道や遊覧船、特徴的な神社があります。これらの散策もセットでバランス良く楽しむことができます。
(行った時期:2019年5月)

灯台にも登ることができますし、海辺にはフォトスポットになりそうな場所が沢山!天気が良いと良い写真が撮れます!!
近くの定食屋さんの海女カレーと海女定食が凄く美味しかったのでまた行きたいです。
(行った時期:2019年8月)

■野島埼灯台
[住所]千葉県南房総市白浜町白浜630
「野島埼灯台」の詳細はこちら

観音埼灯台 【神奈川県】

観音埼灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 観音埼灯台

\口コミ ピックアップ/
観音崎公園の先端にある立派な灯台です。ここからは東京湾を見渡すこともでき、ロケーション抜群の場所です。
(行った時期:2019年7月12日)

目の前にみえる海が中々に綺麗な感じで、灯台からの見晴らしも良いと思いましたが、そこまでの道もなかなか情緒あるもので良かったです。
(行った時期:2019年5月)

■観音埼灯台
[住所]神奈川県横須賀市鴨居 4-1187
「観音埼灯台」の詳細はこちら

初島灯台(初島) 【静岡県】

初島灯台

\口コミ ピックアップ/
朝早い便で向かいました。フェリーも初島アイランドリゾートもわんこオッケーだったのでわんこ連れで向かい、灯台まで散歩したり、アイランドリゾートでは温泉に入ったりハンモックで昼寝したり、南国っぽいランチもいただき一日楽しめました。
(行った時期:2019年6月1日)

■初島灯台(初島)
[住所]静岡県熱海市初島
「初島灯台(初島)」の詳細はこちら

御前埼灯台 【静岡県】

御前埼灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 御前埼灯台

1874年、イギリス人技師の監督のもとに誕生した白亜の洋式灯台。
百三十余年という長い時を、烈風や地震等の被害にも屈せず、美しい姿を保ちながら海の安全を見守っています。

ぐるぐる廻るらせん階段から、眼下に大海原が広がります。
天気が良ければ、伊豆半島、富士山、南アルプス、遠州灘と360°静岡を体感できます。

\口コミ ピックアップ/
灯台の上は一周できるようになっており、果てしなく続く大海原を見ると、地球が丸い事がわかります。美しい灯台です。
(行った時期:2018年6月)

水平線を見ると本当に地球は丸いと実感できます。
夜は灯台に電気が付きライトアップされ綺麗でした。
行った日が曇空でしたが、天気のいい日は最高だろうなと思いました。
(行った時期:2019年5月)

■御前埼灯台
[住所]静岡県御前崎市御前崎1581
「御前埼灯台」の詳細はこちら

安乗灯台(安乗岬) 【三重県】

安乗灯台(安乗岬)
出典:じゃらん 観光ガイド 安乗灯台(安乗岬)

的矢湾入口の岬で江戸時代幕府直営の灯明台があった。岬の先は断崖と荒磯で、海女の漁場。

\口コミ ピックアップ/
中に入れる灯台は珍しいので、ワクワクして上っていくと、360℃、素晴らしい風景を見ることができます。遠くにうっすらと富士山も見え、最高の眺めです。
(行った時期:2018年11月)

■安乗灯台(安乗岬)
[住所]三重県志摩市阿児町安乗
「安乗灯台(安乗岬)」の詳細はこちら

大王埼灯台(大王崎) 【三重県】

大王埼灯台(大王崎)
出典:じゃらん 観光ガイド 大王埼灯台(大王崎)

昔から多くの絵かきが訪れる大王崎。断崖に立つ白亜の灯台や古くからの漁村の街並、狭い石畳の坂道など、絶好の画材を提供している。

\口コミ ピックアップ/
灯台ってあまり登ることが出来ないですが、ここは出来ます。 そして登ってから見る景色は本当に最高でした!
(行った時期:2019年5月)

風光明媚な場所です。青い海と空に白い灯台が映えます。灯台までは細い道に昔懐かしいお土産屋さんがあります。
(行った時期:2019年4月)

■大王埼灯台(大王崎)
[住所]三重県志摩市大王町
「大王埼灯台(大王崎)」の詳細はこちら

潮岬灯台 【和歌山県】

潮岬灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 潮岬灯台

\口コミ ピックアップ/
灯台の中に入って上まで登りました。 目の前の海と青い空、白い雲。 空気感が凄く南国って感じで、ムチャムチャ気持ち良かったです。
(行った時期:2018年8月)

内部のらせん階段で68段登った後、
最後はほぼ直角に近い階段を数段登り、頂上へ。
眺めは良いが足がすくんだのも事実です。
横には資料館もあり、勉強になった。
(行った時期:2019年1月)

■潮岬灯台
[住所]和歌山県東牟婁郡串本町潮岬2877
「潮岬灯台」の詳細はこちら

出雲日御碕灯台 【島根県】

出雲日御碕灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 出雲日御碕灯台

\口コミ ピックアップ/
夕日が綺麗と聞き、日の入りの時刻を調べて行きました、日本海の海は穏やかで、太陽の光が注ぎ、キラキラ、船もなく静かに時間は過ぎました、やがて、空がオレンジ色になり、ステキな景色が、出雲日御碕燈台の白さも一段と輝きめちゃ癒されました。
(行った時期:2019年9月5日)

灯台の周りの景色が凄い!断崖絶壁!是非、島根へ来たなら立ち寄って見る事をおすすめします!足元に気をつけて下さい。
(行った時期:2019年8月)

■出雲日御碕灯台
[住所]島根県出雲市大社町日御碕
「出雲日御碕灯台」の詳細はこちら

角島灯台 【山口県】

角島灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 角島灯台

イギリスの技師により建てられたもので、石造り(総御影石)の灯台としては日本でも最も美しいとされています。
灯台内部の105段のらせん階段を上ると、360度のパノラマが広がります。

\口コミ ピックアップ/
角島の先端に石造りの灯台がそびえていました。青い空と青い海に、柔らかい白色の灯台がある景色は美しかったです。今も活躍中です。
(行った時期:2019年4月6日)

灯台からは下関、門司港、巌流島など有名観光地を見ることができます。
また夜は煌びやかな夜景がみることができ、とても綺麗です。
(行った時期:2018年9月)

■角島灯台
[住所]山口県下関市豊北町大字角島2343-2
「角島灯台」の詳細はこちら

都井岬灯台 【宮崎県】

都井岬灯台
出典:じゃらん 観光ガイド 都井岬灯台

255mの断崖上に建つ。眺望がすばらしく絶好の展望台。灯台展示資料室も併設。

\口コミ ピックアップ/
岬の上にたつ白い灯台。
とても美しいです。
中に入ると螺旋階段から機材がみえ、展望台からは灯台を真横から眺めることができます。
晴れていると、海や馬が見えます。
(行った時期:2019年6月26日)

霧だらけで景色があまりよくなかったが、それはそれで幻想的でした。灯台からは都井岬の地形がとてもよくわかります。天気がいいと、とてもいい眺めだと思います。
(行った時期:2018年7月10日)

■都井岬灯台
[住所]宮崎県串間市大字大納(都井岬)
「都井岬灯台」の詳細はこちら

残波岬灯台(残波岬) 【沖縄県】

残波岬灯台(残波岬)
出典:じゃらん 観光ガイド 残波岬灯台(残波岬)

\口コミ ピックアップ/
初めて訪れた時は下から吹きあがって来る強風にまず興奮しました。岩場からのパノラマは360度素晴らしく特に夕日が絶景です。残波は朝と夕方どちらも違った風情が楽しめるので沖縄に来ると必ず訪れます
お勧めは夕方ですね
(行った時期:2019年1月)

風が強く波が高い日に灯台に登りました。
波が高くて迫力のある海で怖いくらいでした。
残波岬という名前だけあって波が迫力ありました!
穏やかな日に行くとまた違った海を見れると思います。
(行った時期:2020年1月)

■残波岬灯台(残波岬)
[住所]沖縄県中頭郡読谷村宇座
「残波岬灯台(残波岬)」の詳細はこちら

平安名埼灯台(東平安名崎) 【沖縄県】

平安名埼灯台(東平安名崎)
出典:じゃらん 観光ガイド 平安名埼灯台(東平安名崎)

宮古島の最東端。紺碧の海に2キロにわたって突きでた美しい岬。テッポウユリの咲く春は特に絶景です。

\口コミ ピックアップ/
宮古島の最東端にある東平安名崎。岬の先端の平安名崎灯台までは少し歩きます。周囲は断崖絶壁、自然の地形と海の青さは最高でした。途中、マムヤの墓の巨石があり思わず見入ってしまいました。
(行った時期:2018年6月)

宮古島着いたときに夕方行きました。
人もまばらでよいお散歩ができました。夕焼けは見られなかったですが、360度自然に囲まれ癒されました。
(行った時期:2018年11月)

■平安名埼灯台(東平安名崎)
[住所]沖縄県宮古島市城辺字保良平安名
「平安名埼灯台(東平安名崎)」の詳細はこちら

※この記事は2020年4月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください
※旅行・お出かけの際は、安全、体調に十分に配慮しましょう。お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

じゃらん編集部  じゃらん編集部

こんにちは、じゃらん編集部です。 旅のプロである私たちが「ど~しても教えたい旅行ネタ」を みなさんにお届けします。「あっ!」と驚く地元ネタから、 現地で動けるお役立ちネタまで、幅広く紹介しますよ。

  • Facebook
  • ツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • pinterest

オススメの宿泊施設

エリア関連記事

キーワード関連記事

人気記事ランキング

エリア関連記事

キーワード関連記事

ランキング